株初心者向け

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較

おすすめランキング1位は、大人気バイナリーオプション業者 ハイローオーストラリア です!

【公式】海外バイナリーオプション業者比較ランキング

バルサラの破産比率で破産可能性を知るバルサラの破産確率とは、数学者ナウザー・バルサラさんの「マネー・マネジメント・ストラテジー・フォー・フューチャーズ・トレーダーズ(Money Management 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 Strategies for Futures Traders)」で書かれたもので、「トレードを繰り返した結果、資金が底をつく確率」を計算したものを言います。運用資金に対する最大損失の割合によってこの表の内容が変わります。 計算が大変なので下記にバルサラの破産比率表を用意しました。 毎回軍資金の10%を投資する場合(最大損失割合.

信頼度が高く実績がある業者であること

海外バイナリーオプション業者は日本の金融庁の管轄外となるため、信頼できるかどうかは自分の目で確かめる必要があります。
実際、出金できない詐欺業者も残念ながら存在しているのは事実です。
長い間サービスを提供している業者や、ライセンス番号を持っている業者を選ぶ方がより安心です。

取引ツールが充実している業者であること

多彩な取引ができる業者であること

2022年おすすめ海外バイナリーオプション業者7選

ハイローオーストラリア(ハイロードットコム)

ハイローオーストラリアチャート

  • 安心の運営体制。国内でトップクラスの運営期間があり、30万人の実績があり実績が豊富です。お客様の大切な資産は全て分別管理されており、万一の場合でも安心な体制になっています。
  • ペイアウト率が業界最高!短期取引の「ターボスプレッド」は業界最高の2.3倍のペイアウト率を提示。人気のビットコインバイナリーオプションも2.3倍!
  • (マイナス点)取引ツールのチャート機能がイマイチ。MT4などのチャートツールとの併用がおすすめです。

他社と比べてもペイアウト率が絶対的に高く世間の評判も良いので、海外バイナリーオプションを始める時の第一選択肢になる業者で、海外バイナリーオプションを利用している人の中では知らない人はいないと思われるサービスです。 手数料0円で日本円の入出金が可能。出金から着金までは1銀行営業日で対応。また、正午までに入金された場合は即日対応。口座開設後のお取引時に¥5000のキャッシュバックがあり、初めての方でも安心でお得です。

ハイロードットコムの取引スペック

最大ペイアウト 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 2.3倍
最低入金額5,000円
最低出金額10,000円
最低投資単位1,000円
入出金手段国内銀行/クレジット/仮想通貨
取引時間30秒・1分・3分・5分・15分・1時間・1日
取引可能資産為替・株価指数・商品指数・仮想通貨
デモ口座あり(登録不要)
取引ツールWEB・Androidアプリ

ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)の口コミ

巷に聞く様な価格操作や口座凍結、出金拒否はハイローオーストラリア、TheOptionでは皆無です。1部稼ぎすぎによるもの(1ベット50万超)、過度なマーチン、自動売買など規約によって制限されるものを繰り返してる人が対象です。普通にやっていればまず対象になりません

theoption(ザオプション)


theoption

ザオプションチャート

  • 取引ツールの充実と約定力が魅力Web取引プラットフォームは使いやすく、単体で基本的なテクニカル分析も可能です、また、約定力は定評があるためtheOptionをメインで使うという意見も多くあります。
  • キャンペーンが充実。海外バイナリーをサービスしている業者の中でも一番キャンペーンを実施しており、毎月何かしらキャンペーンを実施。おトクに取引することができます。
  • (マイナス点)取引できる資産の数が若干少ない点、土日取引できない点がマイナスポイント。

取引ルールの充実と約定力の高いのが理由でtheoptionをメインで利用している人も多いバイナリーオプションサービス。 運営実績も長く、バヌアツ金融サービス委員会より認可された業者であり(番号:No. 300320日本人によるリアルタイムチャットでのサポートも受けられるので安心感があります。

theoptionの取引スペック

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較
最大ペイアウト2倍
最低入金額5,000円
最低出金額5,000円
最低投資単位1,000円
入出金手段国内銀行/クレジット/仮想通貨/bitwallet
取引時間30秒、60秒、2分、3分、5分、10分、60分、翌日6時満期
取引可能資産為替・商品指数・仮想通貨
デモ口座あり(登録不要)
取引ツールWEB・Androidアプリ・ Windowsアプリ

theoptionの口コミ

theoptionの入金はマジで早い。 昨日の夜出金申請したら、翌朝には入金されていた

ファイブスターズマーケッツ


ファイブスターズマーケッツはバヌアツ共和国に本社があるFull 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 Rich Limitedが運営しているバイナリーオプションサービス。日本国内でも5年以上のサービス提供実績がありトラブル報告もないため安心できるバイナリーオプション業者の1つです。ファイブスターズマーケッツの特徴は当日入出金という入出金対応の速さと、株式バイナリリー取引やFX取引に近い「WowFX」などの取引の幅広さにあります。

ファイブスターズマーケッツチャート

  • 他社にはないサービスを提供。株式のバイナリーオプション、「Wowfx」など他社では取引できないサービスを提供。仮想通貨は土日も取引可能です。
  • 業界最速の当日出金に対応。ファイブスターズマーケッツ も国内銀行入出金に対応した業者ですが、特筆すべきは対応の早さ。業界最速の当日出金対応で、その日のうちに着金を確認できます。出金に不安はありません。
  • (マイナス点)ペイアウト率が若干他社より低いのと、本人確認の提出書類が多いのがマイナスポイント。

出金対応をはじめとした対応の速さとユニークなWowFX取引など、独自の魅力の高いバイナリーオプション業者です。株式のバイナリーオプションも取引可能です。仮想通貨(暗号資産)バイナリーオプションは土日も対応可能です。WowFX取引でも仮想通貨(暗号資産)に対応しており、土日も取引可能なので、土日はファイブスターズマーケッツ を利用している人も多いと思われます。

ファイブスターズマーケッツの取引スペック

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較
最大ペイアウト1.9倍
最低入金額10,000円
最低出金額10,000円
最低投資単位500円
入出金手段国内銀行/クレジット/仮想通貨/bitwallet
対応取引時間30秒、60秒、2分、5分、以降一定間隔で60分まで
取引可能資産為替・株価指数・商品指数・仮想通貨、 株式、Wowfx
デモ口座なし
取引ツールWEB・Androidアプリ

ファイブスターズマーケッツの口コミ

8/3、8/4のUSD/JPY9時台ように 9:30-9:55に上昇する日が 少なくありませんね その対策としてお勧めは ファイブスターズマーケッツです エントリー時にトレード終了時刻を 30分後まで5分刻みで選択できます turboではハイロー にはない 2分や4分turboも選択できますし 他社と使い分けると便利ですね

Zentrader(ゼン・トレーダー)


zentrader

  • 通常時取引ペイアウトが高いスプレッド取引は提供されていませんが、通常取引のペイアウトが高めに設定されています。特に1分以内のスプレッドのない通常の取引は業界トップクラスです。
  • セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証。Zentrader(ゼン・トレーダー)はセントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証のバイナリーオプションサービスです。チャットサポート提供しておりサポートも充実しています。
  • (マイナス点)2019年に参入しているため、実績や口コミ情報が少ないのと、連勝すると割と簡単に口座凍結されるという報告が散見されるのがマイナスポイント

Zentrader(ゼン・トレーダー)は2019年に日本に参入を果たした最も新しいバイナリーオプションで、ペイアウト、入出金、入出金など特に欠点がないのが大きな特徴です。口座解説+初回入金(最低5,000円)で5,000円のボーナスがもらえるので実質無料で取引開始できます

Zentrader(ゼン・トレーダー)の取引スペック

最大ペイアウト1.95倍
最低入金額5,000円
最低出金額5,000円
最低投資単位500円
入出金手段国内銀行/クレジット/仮想通貨/bitwallet
対応取引時間30秒、60秒、3分、5分、15分、30分、60分、2時間、4時間
取引可能資産為替・株価指数・商品指数・仮想通貨
デモ口座あり(要登録)
取引ツールWEB・Androidアプリ

Zentrader(ゼン・トレーダー)の口コミ

ゼン・トレーダーは金融派生商品および外国為替のオンライン証券会社です。他に類を見ない高いペイアウトのバイナリーオプションが好評を頂いており、取引の透明性を第一に、即時の入金・最短翌日の確実な出金が自慢です

Bi-Winning(ビーウィニング)

バイウィニングマーケッツチャート

  • 取引可能対象が多い!。株式のバイナリーオプションも提供。暗号資産(仮想通貨)は20種類以上も取引可能。しかも土日も取引OKです。
  • 同値負けなし「アット・ザ・マネー」(買値と判定時点の値段が同一)の場合負けにならず払い戻しになるため、心理的負担が違います
  • (マイナス点)ペイアウトがもうひと頑張りほしいところ

BIwinning(ビーウィニング)の取引スペック

最大ペイアウト1.95倍
最低入金額5,国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 000円
最低出金額10,000円
最低投資単位500円
入出金手段国内銀行/仮想通貨
対応取引時間30秒、60秒、2分、5分、以降一定間隔で60分まで
取引可能資産為替・株価指数・商品指数・仮想通貨、 株式、Wowfx
デモ口座あり
取引ツールWEB・Androidアプリ

Bi-Winning(ビーウイニング)の口コミ

通貨ペアも多く2分や4分のトレードもできるbi winningの方がハイローオーストラリアよりもいいかも! ただデモで慣れてからじゃないと少し見づらかったりやりづらいから操作ミスするかも

Spectre.ai(スペクター)

スペクターアイ

  • ブローカーなしの取引環境を実現。トレーディングの世界には 如何わしいブローカーは存在せず、 全ての取引、結果、ペイアウトをグローバルブロックチェーン上で 管理するため100パーセント明瞭でピュアな取引、不正の心配がありません。
  • 入金なしで取引可能。ウォレット口座は自分の仮想通貨ウォレットとリンクする口座で、入金なしで取引可能。取り引きに応じて自動的に引き去りや利益が入金されます。入金しないので万一業者の破綻でもお金が返らないリスクがありません。
  • (マイナス点)取引ツールは様々な取引が提供されているのですが、日本語対応されておらず、わかりずらいのがマイナスポイント。

Spectre.ai(スペクター)の取引スペック

最大ペイアウト1.9倍
最低入金額 0.10 ETH
最低出金額
最低投資単位1$
入出金手段仮想通貨/advcash
対応取引時間1秒、3秒、5秒、10秒、30秒、60秒、5分、10分
取引可能資産為替・株価指数
デモ口座あり(要登録)
取引ツールWEB、Androidアプリ

spectre.ai(スペクター)の口コミ

Time to switch brokers. https:国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 //t.co/nAXOGxlCS4 is an amazing alternative. I'll be using it A 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 LOT more now.

— Jones (@Bitcoinapp1) January 28, 2021

エムトトランザクション

エムトランザクションチャート

  • ペイアウト率が高い通常のバイナリーオプション取引でも1.9倍程度、スプレッド取引では2倍のペイアウト率を提示。スプレッド幅も0.003と他社より狭いのが特徴
  • スプレッド幅が狭いペイアウト率2倍の「TRADE200」はスプレッド幅も0.003と他社より狭いのが特徴
  • (マイナス点)取引対象数が少ないのと出金1回あたり2,000円の出金手数料が必要。出金に関して悪い口コミが散見される

エムトランザクションの取引スペック

最大ペイアウト2倍
最低入金額10,000円
最低出金額10,000円
最低投資単位200円
入出金手段国内銀行/クレジットカード
対応取引時間1分/2分/3分/4分/5分
取引可能資産為替
デモ口座なし
取引ツールWEB

今、海外バイナリーオプションを選ぶ理由


 

海外バイナリー業者が淘汰され、怪しい会社が減った

海外バイナリーオプションは出始めの頃は実際に悪質な業者が存在しており、出金トラブルなどの報告も出ていました。
しかしながら、詐欺業者はネット上ですぐ悪評が立つため淘汰されてゆき、現在ある程度名前が知れている業者は特にトラブルの報告もないような安全な業者ばかりになってきているため、より安心できるようになってきています。

入金・出金が国内業者並みに早くなった

一昔前は海外バイナリーオプションの入金手段はクレジットカード、出金は海外送金というのが主流でした。特に海外送金は2週間近く時間がかかる上に数千円の送金手数料がかかるため気軽に始めずらい状況にありました。しかし現在は国内金融機関を利用し、当日中に着金するスピード入出金やビットコインなどの仮想通貨での直接送金が可能になったため出金トラブルも減り、より安心な環境になってきています。

国内業者では行えない短期取引や土日取引が可能

「外為オプション」などの国内バイナリーオプションは規制により短期取引などができません。短期取引や高いペイアウトを狙おうとした場合、海外バイナリー業者を選ぶしか手段はないため、海外業者を利用する人が増加している事実があります。また、「仮想通貨バイナリーオプション」は土日も取引できるため人気が上昇中です。

危険な海外バイナリーオプション業者の見分け方


CAUTION

運営者の情報が少ない

怪しい海外バイナリーオプション業者の共通点として、運営者情報の情報が少ないことが挙げられます。運営会社の所在地を含めた情報や会社登録番号、当局のライセンス番号がある場合より安心感がある業者と言えます。

やたらとボーナスの条件が良い

入金額の100%ボーナスとか記載されている業者は要注意です。大抵の場合は条件がつきます。これらの業者は、ボーナス付与額の40倍など、相当厳しい条件が利用規約に記載されており、口座開設時に利用規約に同意しているため、条件を満たすことができず結果的に出金に応じてもらえずトラブルになるケースがあります。 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較
タチが悪い業者の場合、入金すると勝手にボーナスを付与してくる業者もあるので注意しましょう。

利用規約サンプル

口コミが悪い

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの違い

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションは同じバイナリーオプションと言えども、内容的にはかなり異なっており、別物と捉えた方が良いと思った方が良いと思います。
海外バイナリーオプションで一番人気のあるハイロードットコム(ハイローオーストラリア)と国内バイナリーオプションで一番人気のあるGMOクリック証券の外為オプションの違いを見てみましょう。


取引時間平日24時間平日24時間
1日の取引数 制限なし 10回
1回の取引時間 30秒〜24時間 3時間
最低投資単位1,000円50〜999円
(判定時間に近くなるにつれて上昇)
最低投資時のペイアウト¥1,850〜¥2,300(取引時間・種類により変動)1,000円
取引可能資産 為替・株価指数・商品指数・仮想通貨 為替
判定方法判定時に【購入時の価格】より上か下か判定時に【選んだ基準価格】より上か下か
信託保全なし あり
利益の課税方式総合課税 申告分離課税
損益通算繰越不可能 可能
取引手数料無料無料
口座維持手数料無料無料
口座開設ボーナス あり(5,000円) 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 なし

取引の種類や取引機会の多さは海外バイナリーオプションが有利

国内のバイナリーオプションは、1回の取引の開始時間と判定時間が決まっています。例えば外為オプションの場合、1日目の取引は8時から始まり11時に終了するので、この間に買った場合11時まで待たないと結果が出ません。対して、海外バイナリーオプションは買ったタイミングから最短30秒のカウントダウンが始まり、カウントダウン終了時に勝負が決まるのでいつでも取引ができます。国内のバイナリーオプションのように、1時間後とか、長い場合24時間後に終了するオプションもあり、取引の長さはかなり柔軟に選べます。また、取引対象も外為オプションの場合5通貨ペアだけですが、ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)の場合、為替17通貨ペアに加えて商品指数・株価指数・仮想通貨の32種類と圧倒的に取引対象が多いのも特徴的です。

ペイアウトも海外バイナリーオプションが有利

ペイアウトの考え方も国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションは全く異なります。国内バイナリーオプションは買うときの1枚あたりの価格が変動しており、勝ったときは1枚=1,000円で払い戻されます。海外バイナリーオプションの場合、買った額×ペイアウト倍率の払い戻しとなります。国内バイナリーオプションの場合、1回の取引開始直後で、目標価格がかなり現在の値段と異なる(勝つ確率が低い)場合)20倍程度の高い倍率になる場合もありますが、勝てる確率も低いので、30秒後の価格の上下を予想するだけで最大2.3倍のペイアウトがもらえるハイロードットコム(海外バイナリーオプション)の方が勝てる確率とペイアウトの比率から考えても有利と言えます。

バイナリーオプション、日本と海外に違いはあるの?投資家のマル得裏情報も暴露します

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプション、日本と海外の違いは?

結論からあげてしまうと、バイナリーオプションは日本と海外で大きな差があります。

そもそも日本と海外では、サービスを提供している業者が異なります。日本のバイナリーオプションといえば、日本のバイナリーオプション業者を利用した取引のことを指します。

一方、 海外のバイナリーオプションは、海外を拠点とするバイナリーオプション業者に日本からアカウントを作成して取り組む ようなイメージです。

バイナリーオプション・日本と海外で違う要素は?

では、バイナリーオプションの日本業者と海外業者ではどのような部分が違うのでしょうか。ここでは国内のバイナリーオプション業者と国外のバイナリーオプション業者で、異なる要素をまとめてご紹介します。

  1. ルールの違い
  2. 入出金関係の違い
  3. 許可や安全性などに関する違い

ルールの違い

まずはじめに、ルールの違いについて確認します。

取引時間(判定時間)

日本のバイナリーオプション業者の取引時間は、2時間もしくは3時間と長め に設定されています。

取引時間は業者ごとに決まっており、 口座開設をしてから自由に選べるという形にはなっていません。 そのため、日本のバイナリーオプション業者を利用する際には、取引時間までしっかりと目を通した上で口座開設手続きに進むと良いでしょう。

それに対して、 海外のバイナリーオプション業者の取引時間は、最短30秒から1日までと様々 です。

業者によっては2週間という設定も可能ですが、 多いのは30秒や1分、5分、10分など細かい取引時間を設けている業者 です。

日本のバイナリーオプション業者は1回の取引時間が長く、1日の取引回数にも制限があります

取引回数の上限は業者によって異なりますが、 1日10回前後 であると考えておくと良いでしょう。

一方、 海外のバイナリーオプションは取引回数に関する制限がありません

先述したとおり取引時間も最短30秒から1日までの間で自由に選べるようになっており、 日本の業者よりも自由度の高い取引が可能 です。

ペイアウト率

この「1.8倍」のように、的中した場合に払い戻される倍率が常に一定となっているのが固定制で、 海外のバイナリーオプション業者はこの固定制が主流 となっています。

一方、 日本のバイナリーオプション業者が採用しているのは変動制 で、エントリーした金額に関わらず的中した場合は1,000円もしくは10,000円の払い戻しとなります。

日本の業者の場合、 日本円を中心としたメジャーな通貨の組み合わせが多く、選べる通貨ペアは4~7ペア程度 と少なめです。

それに対し、 海外の場合は日本円が絡まない通貨ペアも選べる ため、業者によっては20ペアなど多くの通貨ペアの中から好きな組み合わせを選べるようになっていることもあります。

入出金関係の違い

バイナリーオプションの投資取引を行う際は、取引口座に入金しておく必要がありますが、その方法も日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者では大きな違いがあります。

入出金方法

日本の業者に入金をする場合には、金融機関を通じた振込が一般的 です。通常の振込入金の場合は手数料がかかることになりますが、即時入金サービスを利用すれば振込手数料は無料となります。

それに対し、 海外のバイナリーオプション業者の場合は、クレジットカードまたは銀行振込から選べる ケースが多くなっています。

業者によっては仮想通貨にも対応 しており、国内の業者と比べると選択肢は豊富です。手軽に入金をしたいのであれば、手数料がかからないうえに反映も早いクレジットカードの活用を考えておくと良いでしょう。

最低投資額

日本のバイナリーオプション業者には、口座開設後に入金する金額に関する制限がありません。 最初にいくら入金するかは、トレーダーが自由に選ぶことができます。

実際の取引の際に必要となる 最低取引額は50円から990円 程度です。なぜこれだけの幅があるかというと、その理由はペイアウト率によって必要な取引金額が異なるためです。

それに対し、 海外のバイナリーオプション業者は最初の入金額が決められています

さらに、 海外業者はその後の取引も500円からや1,000円からなど業者によって差がある ため、口座開設前には最低入金額や取引額をしっかりと確認しておく必要があります。

税金の種別

海外のバイナリーオプション業者を通じて得た利益は「雑所得」 という形になります。

一方、 日本国内の業者を利用して得た利益は「申告分離課税」 で、稼いだ金額に関係なく所得税の税率は20.315%です。

つまり、 税金面では海外よりも日本国内のバイナリーオプション業者を利用したほうが断然お得 だということです。

許可や安全性の違い

また、日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者では「安全性」にも違いがあり、こちらも詳しく知っておくべきポイントの一つです。

金融庁登録

このような無登録の海外バイナリーオプション業者と取引を行うこと自体に違法性はありません。ただ、 無登録の海外業者には日本の金融商品取引法が適用されない ため、取引時に何らかのトラブルが発生したとしても、日本の金融庁では追及がきわめて困難です。

したがって、 海外バイナリーオプション業者との取引を行う際には「何があっても完全自己責任」だという心構えで臨む ことが重要となります。

各業者の情報量

日本と海外のバイナリーオプション業者を比較した場合、 日本の業者のほうがユーザーにとって企業の様々な情報が得やすい というメリットがあります。

先述したとおり、日本国内の業者は日本の金融庁から認可を受けており、 金融サービスを提供する企業としての信頼性 があります。その情報もホームページや様々なところで企業情報が公開されており、情報量も豊富です。

一方、 海外業者は言葉やネット検索の壁があるせいで、サービス企業の幅広い情報をなかなか得られません

海外業者でも「ハイローオーストラリア」のように日本人トレーダーが多数利用している業者であれば情報もそれなりに出回っていますが、そうでない場合は 信頼性を見極めるのがきわめて困難 です。

バイナリーオプション業者は日本と海外、どっちがいいの?

ここまで日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者の違いを様々な観点からご説明してきましたが、実際のところ日本と海外ではどちらの業者と取引を行うのが良いのでしょうか。

先に結論からお伝えすると、 収益性を重視するなら海外のバイナリーオプション業者を選ぶのがおすすめ です。

しかしその一方で、1回の取引回数やペイアウト倍率といった制限が多くなったことで「短期間で爆発的に資産を増やすチャンスがある」というバイナリーオプション本来のメリットまで失われてしまいました。そのため、 投資収益や投資効率を考えると日本の業者は海外業者には叶わない というのが現状です。

日本の法規制が及ばない海外のバイナリーオプション業者はいまだ投機性が高く、一歩間違えれば一瞬にして大損するおそれもあるため注意が必要ですが、 海外の業者でもリスク管理をしっかり行い確実なトレード手法で臨めば危険な取引になることはまずありません

現役トレーダーが海外バイナリーオプションを好む理由

バイナリーオプションは日本と海外それぞれに独自のルールや決め事がありますが、現役のトレーダーはどちらかと言うと海外バイナリーオプションを好む傾向にあります

答えはシンプルで、 海外のバイナリーオプションは自由度が高く一攫千金のチャンスも十分にあり、それでいて投資としてコツコツとした収益を取り続けることができる というメリットがあるからです。

先述したとおり、海外のバイナリーオプション業者は日本国内の業者のように金融庁などの指導監督を受けているわけではありません。日本の法律で規制できないということは、 万が一トラブルが発生した際にはすべて自分で責任を負わなくてはならない のです。

その答えもまたいたってシンプルで、 海外バイナリーオプションで結果を出したいなら、実際に海外バイナリーオプションで結果を出している人からその手法を教えてもらう こと。

それと同じで、 バイナリーオプションもより高みを目指すなら、そこへ到達する方法を知っているコーチが必要 というわけです。


今回は、日本と海外のバイナリーオプションの違いを様々な観点からご説明しました。

日本のバイナリーオプションと海外のバイナリーオプションの違いは、取引時間や回数、ペイアウト倍率などすべて含めて 「日本の法律が適用されているかどうか」 というところにあると言えます。

それゆえに 海外のバイナリーオプションは自由度の高い取引が魅力であり、一攫千金を狙うチャンスも十分にあります

そういったトラブルを未然に回避するためにも、 海外のバイナリーオプション業者を利用する際には安全性をきちんと確認することが大切 です。現在は日本語に対応している業者も増えてきています。

【2022年最新】バイナリーオプション海外業者おすすめランキングTOP5!口座選びで勝ち負けが決まる!

バイナリーオプションの海外業者おすすめTOP5


おすすめランキング1位は、大人気バイナリーオプション業者 ハイローオーストラリア です!

ミナト

★ハイローオーストラリアは、株式会社 HLMI Ltdによりマーシャル諸島共和国で法人営業している海外バイナリーオプション業者です。

ハイローオーストラリアの魅力

  • 運営歴が長く信頼感が高い
  • マーシャル諸島共和国事業会社法のライセンスを取得している
  • 賠償責任保険に加入している
  • 顧客の資金を分離管理している
  • 登録不要のクイックデモで練習できる
  • 入出金が迅速
  • ペイアウト率が高い(最大2.3倍)
  • 安心の日本語サポート
  • 口座開設キャッシュバック(ボーナス)5000円で取引できる
  • 沢山取引するほどお得なロイヤリティポイントプログラムがある

ハイローオーストラリアは、2019年6月に「Highlow Markets Pty. Ltd.」から「HLMI Ltd.」へと運営会社が変更となりました。

稼げる海外バイナリー比較

2020年1月17日 2020年5月22日

初心者マークを付けた車

こちらは、 これからバイナリーオプションを始める上で知っておくべき内容をまとめた記事 です。

  • この記事でわかること
  • 国内と海外バイナリーの違い
  • バイナリーオプションのリスクと対策法
  • バイナリーオプションの始め方

1. バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、 相場の上がり下がりを予想する金融商品 です。

ハイローオーストラリア取引画面

これから 上がる か 下がる かを予想

サイトキャラ

① 投資商品と投資額を決める

ハイローオーストラリア投資商品

② 取引時間を選択

5分取引攻略

③ 相場が上がるか下がるかを予想

ハイローオーストラリア取引画面

上がっていると予想すれば HIGH 、下がっていると予想すれば LOW で取引を開始します。

④ 予想結果で利益 or 損失

ハイローオーストラリア取引画面

2. 国内と海外のルールの違い

国内外バイナリー

サイトキャラ

2-1. 取引時間が違う

1つ目の違いは 取引時間というルール です。

ハイローオーストラリア取引時間

国内バイナリー回数

2-2. 勝敗が決まる価格が違う

2つ目の違いは、 勝ち負けが決定する価格の違い です。

対する国内バイナリーオプションは、始めに 目標レート を設定します。

ハイローオーストラリア取引時間

国内は目標レート( 矢印 )を自分で決める

2-3. 貰える報酬(ペイアウト)が違う

3つ目の違いは、 勝ったときに貰える報酬(ペイアウト)の違い です。

ハイローオーストラリアペイアウト

GMOクリック証券

海外の方が稼げる

国内外バイナリー

ただし、海外ということで不安な点や 危険 なのではと思われるかもしれません。

サイトキャラ

3. バイナリーオプションのリスク

3-1. 負けたら投資額が全てなくなる

海外バイナリーオプションのリスクの1つ目は、負けると 投資額が全てなくなる というリスクです。

3-2. 取引時間しだいで負けることもある

2つ目は、バイナリーオプションが 判定時間に依存する というリスクにあります。

ハイローオーストラリア取引画面

3-3. 業者から出金拒否を受けることがある

3つ目は、バイナリーオプション業者から 出金を拒否される リスクです。

  • 出金拒否が行われる状況
  • 本人確認書類の提出がちゃんと行われていない or 不備がある。
  • ボーナスを貰ったのに、その条件を満たしていない。
  • 海外ということもあり、出金の対応に時間がかかるところがある。

3-4. 詐欺や偽サイトによる誘導がある

4つ目は、 詐欺の被害にあう というリスクです。

サイトキャラ

4. リスクへの対策法

4-1. テクニカル分析を行う

バイナリーオプションのリスクの ① 負けたら投資額が全てなくなる、 ② 取引時間しだいで負けることもあるは取引に伴うリスクです。

トレーディングビュー画面

例えば、こちらはRSIと呼ばれるツールですが、 赤枠 で囲った線がラインに当たると相場が反転するといった特徴があります。

ハイローオーストラリア取引画面

そこでこれから価格が下がると見て、価格が下がる LOW でエントリーします。

トレーディングビュー画面

RSI( 紫 の線)を見ていると、ラインに当たって下がり出したのがわかりますね。

トレーディングビュー画面

4-2. 信頼できる業者を選ぶ

その他のリスクである ③ 出金拒否を受ける、 ④ 詐欺や偽サイトによる誘導があるに関しては、 信頼できる業者を選ぶ という方法があります。

これらを満たしている業者は 間違いなく信頼できる業者 といえますよ。

  • 信頼できる業者のチェックリスト
  • ビジネスの運営歴が長い
  • 金融庁に登録している
  • 事前に本人確認書類を提出する
  • 無料で取引体験ができるデモがある
  • ボーナスに出金条件がない

サイトキャラ

5. バイナリーオプションを始めよう

ちなみに、どの業者で始めたらいいかわからないという方は、上でご紹介した 信頼できる業者のチェックリストをすべて満たしたハイローオーストラリア で始めてみましょう。

5-1. 初心者はハイローオーストラリア

この業者は 運営歴が10年 とバイナリーオプション業者の中ではかなり長く、しかも オーストラリアの金融庁に登録 しています。

ハイローオーストラリア公式

そのため、これといってまだ特に業者を決めていない、全く持って始めてでどこで始めたらいいかわからないという方は 絶対的にハイローオーストラリアをおすすめ します。

サイトキャラ

ハイローオーストラリアトップ

5-2. ハイローオーストラリアの始め方

ハイローオーストラリアを始める手順は、口座開設 → 入金して取引 → 利益を出金という流れになります。

取引までの流れ

口座開設 → 入金して取引 → 利益を出金

① 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 口座開設をする

ハイロー口座開設

ハイローオーストラリアの 公式サイト に移ると、上のような画面が表示されるので、画面右上にある「 無料登録はこちら 」をクリックします。

ハイロー口座開設

ハイロー口座開設画面

ハイローオーストラリアで必要な本人確認書類は、 運転免許証、パスポート、マイナンバーカードのいずれか1点 です。

口座開設画像

② 入金して取引をする

入金画面

中には入金手数料がかかるところもありますが、ハイローオーストラリアはなんと 入金手数料が無料 です。

サイトキャラ

ハイローオーストラリア取引画面

ハイローオーストラリア取引画面

入金方法画像

ハイローオーストラリア取引画面

③ 利益を出金する

それをまた取引に使ったり、そのまま口座に置いたままにしてもいいですが、 最終的には利益を出金する のが目的ですよね。

ハイローオーストラリア出金手順

ハイローオーストラリア出金画面

ハイローオーストラリア出金手順

出金額が指定銀行に振り込まれる

サイトキャラ

ハイローオーストラリアは 最短翌日出金、しかも出金手数料が無料 というすごすぎ業者なんですよ!!

出金方法画像

キャッシュバックを貰おう

キャッシュバックバナー

そしてこのキャッシュバックには 出金条件がなく 、これを使って出した利益はそのまま出金できます。

つまり、ペイアウト2倍の取引で5,000円の キャッシュバックを使って勝てば10,000円まるまる出金できる というわけです。

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの業者情報

最大ペイアウト2.3倍 でとにかく稼げる業者!無料で使えるデモがあるので初心者も安心。出金手数料無料+翌日出金対応はここだけ!今なら 最短5分の無料口座開設で5,000円のキャッシュバック が貰える!

米ドル/円は、米金利の上昇でもっとも上昇
する通貨。新興国通貨と同じような危機に
直面している、英ポンドの反落にも警戒!

FRBによる0.50%の連続利上げを控える中、バンク・オブ・アメリカCEOの発言によりマーケットの不透明感が増すことに

今月(6月)、そして来月(7月)とFRB (米連邦準備制度理事会) による0.50%の利上げを控え、ただでさえ不安定な株式市場。そうした環境下での、このジェイミー・ダイモンCEOのコメントによりマーケットの不透明感が増す結果に。

0.50%の利上げが予測されているFOMC (米連邦公開市場委員会) は、6月14日(火)~15日(水)に開催されます。その前の6月10日(金)に米CPI (消費者物価指数) の発表を控えています。

米10年債利回り 日足

2022年後半のFX作戦会議&セミナー+【初心者限定】FXトレーダー養成講座

米ドル/円は基本的に押し目買いも、一方的な上昇はなさそう。今月は米金利の急上昇と米国株の動向に注目

米金利が再び上昇していることから、連動する米ドル/円は基本的に押し目買いでいいのでしょうが、米金利上昇により米国株が急落すると、今度は米金利が下落し米ドル/円が反落するという流れが再来する可能性があり、米ドル/円も一方的な上昇はなさそうです。

米ドル/円 日足

どちらにせよ、今月(6月)は米金利の急上昇と米国株の動向に注目が集まります。

英ポンドは新興国通貨並の危機に直面しているとの見方も。ユーロ/英ポンドの上値余地拡大

主要通貨の対米ドル騰落率

日本円の下落は鮮明でしたが、英ポンドの下落幅もなかなかのもの。筆者のユーロに対する強気のスタンスは変わりませんが、英ポンド/米ドルの反落がユーロ/米ドルの上値を抑えてしまう事、加えて、米国株の動向が不透明な環境下、ユーロのロングについては、対米ドルの通貨ペアであるユーロ/米ドルを避け、ユーロ/英ポンドにスタンスを変更しました。

月が変わると相場動向に大きな変化があることは珍しいことではありませんが、前述のようにFRBの連続利上げを控え、米国株が不透明になる公算が高いため、今月(6月)のFXトレードは細かい対応が求められるのかもしれません。

ユーロ/英ポンド 日足

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

2022年6月11日(土)14時から「2022年後半のFX作戦会議&セミナー+【初心者限定】FXトレーダー養成講座」を東京原宿ダイヤモンド社で開催します。

こちらのセミナーは 参加費無料 で、 専用フォーム から申込めば誰でも参加することができます(申し込みは以下のバナーをクリック)。

2022年後半のFX作戦会議&セミナー+【初心者限定】FXトレーダー養成講座

今回は、14時から専業トレーダーで投資家の田向宏行氏によるプレセミナー「【初心者限定】FXトレーダー養成講座」、その後、15時からは西原宏一氏と大橋ひろこ氏による本セミナー「2022年FX作戦会議&セミナー」の2本立てで開催します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる