FX取引の利点

オプションの使用方法について

オプションの使用方法について

引用:Googleマイビジネス – Googleで顧客エンゲージメントを促進

環境変数の使用

非公開のプロジェクト全体で使用するプライベートキーまたはシークレット環境変数を追加するには、CircleCI アプリケーションで[Project Settings (プロジェクト設定)] の [Environment Variables (オプションの使用方法について 環境変数)] のページに移動します。 設定された後の変数の値は、アプリで読み取ることも編集することもできません。 環境変数の値を変更するには、現在の変数を削除し、新しい値を設定して再度追加します。

[環境変数へのアクセスをさらに制限する]には、コンテキストを使用してください。 CircleCI アプリケーションの [Organization Settings (組織設定)] で設定します。 コンテキストを使用して環境変数へのアクセスを制御する方法について、詳細は「コンテキストの制限」を参照してください。

シークレットのマスキング

シークレットのマスキングは、オンプレミス版である CircleCI Server では現在サポートされていません。

シークレットのマスキングは、[Project Settings (プロジェクト設定)] または [Contexts (コンテキスト)] で設定されている環境変数に適用されます。 環境変数は、プロジェクトのシークレットやキーを保持します。 シークレットやキーはアプリケーションにとってきわめて重要なものです。 シークレットのマスキングは、 echo や print が使用される際にジョブ出力における環境変数を不明瞭にすることで、CircleCI のセキュリティを強化します。

  • 環境変数の値が 4 文字未満
  • 環境変数の値が true 、 True 、 false オプションの使用方法について オプションの使用方法について オプションの使用方法について 、 False のいずれか

注: シークレットのマスキングは、ビルドの出力で環境変数の値が表示されないようにするだけの機能です。 -x や -o xtrace オプションを使ってバッシュシェルを呼び出すとマスキングされていないシークレットが誤ってログに記録される場合があります (シェルスクリプトの使用を参照してください)。

別の場所 (テスト結果やアーティファクトなど)に出力される場合、シークレットはマスキングされません。 コンテキストの値には、SSH を使用したデバッグを行うユーザーがアクセスできます。

組織とリポジトリの名前変更

過去に CircleCI に接続した組織やリポジトリの名前を変更する場合は、以下の手順を参考にしてください。

  1. VCS で組織またはリポジトリの名前を変更します。
  2. 新しい組織またはリポジトリの名前を使用して CircleCI アプリケーションにアクセスします (例: app.circleci.com/pipelines/// )オプションの使用方法について 。
  3. プラン、プロジェクト、設定が正常に転送されたことを確認します。
  4. これで、必要に応じて VCS の古い名前で新しい組織やリポジトリを作成できます。

注: この手順を実行しないと、環境変数コンテキストなど、組織またはリポジトリの設定にアクセスできなくなる可能性があります。

環境変数の使用オプション

CircleCI は Bash を使用しますが、ここでは POSIX 命名規則に従った環境変数が使用されます。 大文字・小文字のアルファベット、数字、アンダースコアが使用でき、 環境変数の頭文字はアルファベットとします。

  1. FOO=bar make install など、 run ステップのシェル コマンドで宣言された環境変数
  2. run ステップで environment キーを使用して宣言された環境変数
  3. ジョブで environment オプションの使用方法について キーを使用して設定された環境変数
  4. このドキュメントの「CircleCI 定義済み環境変数」セクションで解説されている特別な CircleCI 環境変数
  5. コンテキスト環境変数 (ユーザーがコンテキストへのアクセス権を持つ場合)。 手順については、コンテキストに関するドキュメントを参照してください。
  6. [Project Settings (プロジェクト設定)] ページで設定されたプロジェクトレベルの環境変数

FOO=bar make install のように、 run ステップのシェルコマンド内で宣言された環境変数は、 environment キーおよび contexts キーを使用して宣言された環境変数よりも優先されます。 [Contexts (コンテキスト)] ページで追加された環境変数は、[Project Settings (プロジェクト設定)] ページで追加された変数よりも優先されます。

環境変数の優先順位

セキュリティに関する注意事項

.circleci/config.yml ファイル内にシークレットやキーを追加しないでください。 CircleCI 上のプロジェクトにアクセスできる開発者には、 config.yml の全文が表示されます。 シークレットやキーは、CircleCI アプリのプロジェクトやコンテキストの設定に保存します。 オプションの使用方法について 詳細については、セキュリティに関するドキュメントの「暗号化」セクションを参照してください。

環境変数の設定例

以下のような config.yml を例に考えてみましょう。

この config.yml では以下が行われます。

  • カスタム環境変数の設定
  • CircleCI が提供する定義済み環境変数 ( CIRCLE_BRANCH ) の読み取り
  • config.yml オプションの使用方法について での変数の使用 (または挿入)
  • プロジェクトまたはコンテキストで設定される環境変数に適用されるシークレットのマスキング

この設定ファイルを実行すると、下図のように出力されます。 プロジェクトに格納されている環境変数がマスキングされ、 **** と表示されていることに注目してください。

環境変数の挿入例

上の設定ファイルと出力には、「今いるブランチを表示」という 2 つの類似するステップが含まれています。 これらのステップは、環境変数を読み取るための 2 つの方法を示しています。 なお、 $ オプションの使用方法について 構文と $VAR 構文がどちらもサポートされています。 シェル パラメーターの展開については、Bash のドキュメントを参照してください。

パラメーターと Bash 環境の使用

原則として、CircleCI はビルド設定への環境変数の挿入をサポートしていません。 使用する値はリテラルとして扱われます。 そのため、 working_directory を定義するときや、 オプションの使用方法について オプションの使用方法について PATH を変更するとき、複数の run ステップで変数を共有するときに、問題が発生する可能性があります。

ただし、プライベート イメージをサポートするため、Docker イメージ セクションは例外となっています。

以下の例では、 $ORGNAME と $REPONAME に挿入は行われません。

version: 2.1 の設定ファイルを使用すると、 config.yml 全体の設定の一部を再利用できます。 以下のように parameters 宣言を使用することで、再利用可能な commands jobs や executors に挿入を行う (値を渡す) ことができます。

設定ファイルに値を挿入する方法として、以下のように、 run ステップを使用して環境変数を BASH_ENV にエクスポートすることもできます。

各ステップで、CircleCI は bash を使用して BASH_ENV を取得します。 つまり、 BASH_ENV が自動的にロードおよび実行されることで、挿入を使用して複数の run ステップで環境変数を共有できるようになります。

注: この $BASH_ENV による回避策は bash でのみ機能します。 他のシェルではおそらく機能しません。

Alpine Linux

Alpine Linux ベースのイメージ (Docker など) は ash オプションの使用方法について シェルを使用します。

以下の 2 つのパラメーターをジョブに追加するだけで、 bash で環境変数を使用できます。

シェル コマンドでの環境変数の設定

CircleCI は環境変数の設定時の挿入をサポートしませんが、 BASH_ENV を使用して、現在のシェルに変数を設定することは可能です。 これは、 PATH を変更するときや、他の変数を参照する環境変数を設定するときに便利です。

注: オプションの使用方法について シェルによっては、 ~/.tcshrc や ~/.zshrc などのシェル スタートアップ ファイルに新しい変数を付加しなければならない場合があります。

ステップでの環境変数の設定

注: 各 run ステップは新しいシェルなので、環境変数はステップ間で共有されません。 複数のステップで環境変数にアクセスできるようにする必要がある場合は、 BASH_ENV を使用して値をエクスポートします。

ジョブでの環境変数の設定

1 つのジョブで環境変数を設定するには、 environment キーを使用します。

注: 7 桁以上の整数は指数表記に変換されます。 これを回避するには、整数を文字列として格納してください (例: “1234567”)。

コンテキストでの環境変数の設定

CircleCI Web アプリで、左のナビゲーションにあるリンクをクリックして、[Organization Settings (オプションの使用方法について 組織の設定)] に移動します。

コンテキスト

プロジェクトでの環境変数の設定

CircleCI Web アプリで、プロジェクトの設定に移動します。 以下の 2 つの方法があります。: サイドナビゲーションのProjects に移動し、プロジェクトの行の省略符号ボタンをクリックするか、プロジェクトの各Pipelines のページの Project Settings オプションの使用方法について ボタンをクリックします。

環境変数

コンテナでの環境変数の設定

環境変数は Docker コンテナにも設定することができます。 設定するには、 environment キーを使用します。

注:この方法で設定する環境変数は、コンテナ内で実行されるステップでは使用できません。 これらを使用できるのは、コンテナによって実行されるエントリポイントとコマンドのみです。 CircleCI のデフォルトでは、ジョブのプライマリ コンテナのエントリポイントは無視されます。 プライマリコンテナの環境変数を利用可能にするには、エントリポイントを保持する必要があります。 詳細については、カスタム ビルドの Docker イメージの使用ページの_エントリポイントの追加_セクションを参照してください。

以下に、プライマリ コンテナ イメージ (最初にリストされたイメージ) とセカンダリ サービス コンテナ イメージに別々の環境変数を設定する例を示します。

複数行にわたる環境変数のエンコード

複数行の環境変数を追加する際に問題が発生した場合は、 base64 を使用してエンコードします。

結果の値を CircleCI 環境変数に格納します。

注: すべてのコマンドラインプログラムが docker と同じ方法で認証情報を受け取るわけではありません。

API v2 を使用した環境変数の挿入

CircleCI API v2 を使用すると、パイプライン パラメーターから変数を渡すことができます。

パイプラインをトリガーする API v2 エンドポイントを使用すると、特定のパラメーターの値でパイプラインをトリガーすることができます。 これを実行するには、 POST 本体の JSON パケット内で parameters キーを渡します。

下の例では、上記の設定ファイルの例で説明したパラメーターを使用して、パイプラインをトリガーしています (メモ: API からパイプラインをトリガーするときにパラメーターを渡すには、設定ファイルでパラメーターを宣言している必要があります)。

重要: パイプラインパラメーターは機密データとして扱われないため、機密の値 (シークレット) には使用しないでください。 オプションの使用方法について シークレットは、プロジェクト設定ページとコンテキスト ページで確認できます。

API v1 を使用した環境変数の挿入

  • 使用できるのは ASCII 文字、数字、アンダースコア文字のみです
  • 先頭に数字を使用することはできません
  • 少なくとも 1 文字を含む必要があります

環境変数における通常の制約の他に、変数値自体に注意すべきところはありません。単純な文字列として扱われるところも変わりありません。 ビルド パラメーターがロードされる順序は保証されないため、ビルド パラメーターに値を挿入して別のビルド パラメーターに渡すことは避けてください。 順不同の独立した環境変数リストとしてビルドパラメータを設定するのがおすすめです。

重要: ビルド パラメーターは機密データとして扱われないため、機密の値 (シークレット) には使用しないでください。 シークレットは、プロジェクト設定ページとコンテキスト ページで確認できます。

ビルドパラメータは各ジョブのコンテナ内で環境変数としてエクスポートされ、 config.yml のスクリプトやプログラム、コマンドで使われることになります。 代入された環境変数はジョブ内のステップの実行内容を変えるのに使われることもあります。 ここで念頭に置いておかなければいけないのは、代入された環境変数は config.yml で定義されたものでも、プロジェクトの設定で定義されたものでも、上書きできないことです。

連続的に異なるターゲット OS で機能テストを行うのに、 build_parameters キーに環境変数を代入したくなるかもしれません。 例えば、複数の異なるホストに対して機能テストが必要なステージング環境へのデプロイを実行するような場合です。 下記の例のように、 bash と curl を組み合わせ (開発言語にあらかじめ用意されている HTTP ライブラリを使ってもかまいません)、 Content-type: application/json として JSON フォーマットでデータ送信する形で build_parameters を含ませることが可能です。

ここで使われている $CIRCLE_TOKEN は パーソナル API トークンです。

POST API 呼び出しを使用して実行を開始します。 詳細については、API ドキュメントで新しいビルドのセクションを参照してください。 パラメータなしで POST リクエストした場合は名前付きブランチが新規で実行されます。

定義済み環境変数

オプションの使用方法について オプションの使用方法についてオプションの使用方法について オプションの使用方法について オプションの使用方法について
変数 タイプ
CI ブール値型 true (現在の環境が CI 環境かどうかを表します)
CIRCLECI ブール値型 true (現在の環境が CircleCI 環境かどうかを表します)。
CIRCLE_BRANCH 文字列型 現在ビルド中の Git ブランチの名前。
CIRCLE_BUILD_NUM 整数型 現在のジョブの番号。 この番号はジョブごとに一意です。
CIRCLE_BUILD_URL 文字列型 CircleCI での現在のジョブの URL
CIRCLE_JOB 文字列型 現在のジョブの名前。
CIRCLE_NODE_INDEX 整数型 (並列実行を有効化してジョブを実行する場合) 並列実行の現在のインデックスです。 0 から “ CIRCLE_NODE_TOTAL - 1” までの値を取ります。
CIRCLE_NODE_TOTAL 整数型 (並列実行を有効化してジョブを実行する場合) 並列実行の総数です。 設定ファイルの parallelism の値と等しくなります。
CIRCLE_OIDC_TOKEN 文字列型 CircleCI が署名した OpenID Connect トークン。現在のジョブの詳細情報を含みます。 コンテキストを使用しているジョブで使用可能です。
CIRCLE_PR_NUMBER 整数型 関連付けられた GitHub または Bitbucket プル リクエストの番号。 フォークしたプルリクエストのみで使用可能です。
CIRCLE_PR_REPONAME 文字列型 プル リクエストが作成された GitHub または Bitbucket リポジトリの名前。 フォークしたプルリクエストのみで使用可能です。
CIRCLE_PR_USERNAME 文字列型 プル リクエストを作成したユーザーの GitHub または Bitbucket オプションの使用方法について ユーザー名。 フォークしたプルリクエストのみで使用可能です。
CIRCLE_PREVIOUS_BUILD_NUM 整数型 現在のブランチのこれまでのビルドの数。 注: この変数はランナー Executor には設定されません。
CIRCLE_PROJECT_REPONAME 文字列型 現在のプロジェクトのリポジトリの名前。
CIRCLE_PROJECT_USERNAME 文字列型 現在のプロジェクトの GitHub または Bitbucket ユーザー名。
CIRCLE_PULL_REQUEST 文字列型 関連付けられたプル リクエストの URL。 ひも付けられたプルリクエストが複数ある時は、そのうちの 1 つがランダムで選ばれます。
CIRCLE_PULL_REQUESTS リスト 現在のビルドに関連付けられたプル リクエストの URL の一覧 (カンマ区切り)。
CIRCLE_REPOSITORY_URL 文字列型 GitHub または Bitbucket リポジトリ URL。
CIRCLE_SHA1 文字列型 現在のビルドの前回のコミットの SHA1 ハッシュ。
CIRCLE_TAG 文字列型 git タグの名前 (現在のビルドがタグ付けされている場合)オプションの使用方法について 。 詳しくは Git タグを使ったジョブの実行を参照してください。
CIRCLE_USERNAME 文字列型 パイプラインをトリガーしたユーザーの GitHub または Bitbucket ユーザー名 (そのユーザーが CircleCI のアカウントを持っている場合のみ)
CIRCLE_WORKFLOW_ID 文字列型 現在のジョブのワークフロー インスタンスの一意の識別子。 この ID は Workflow インスタンス内のすべてのジョブで同一となります。
CIRCLE_WORKFLOW_JOB_ID 文字列型 現在のジョブの一意の識別子。
CIRCLE_WORKFLOW_WORKSPACE_ID 文字列型 現在のジョブのワークスペースの識別子。 この識別子は、特定のワークスペース内のすべてのジョブで同じです。
CIRCLE_WORKING_DIRECTORY 文字列型 現在のジョブの working_directory キーの値。
CIRCLE_INTERNAL_TASK_DATA 文字列型 内部用。 ジョブ関連の内部データが格納されるディレクトリ。 データ スキーマは変更される可能性があるため、このディレクトリのコンテンツは文書化されていません。
CIRCLE_COMPARE_URL 文字列型 非推奨。 同じビルドのコミットどうしを比較するための GitHub または Bitbucket URL。 v2 以下の設定ファイルで使用可能です。 v2.1 では、この変数に代わり “パイプライン値” が導入されています。

ドキュメントの改善にご協力ください

このガイドは、CircleCI の他のドキュメントと同様にオープンソースであり、GitHub でご利用いただけます。 ご協力いただき、ありがとうございます。

  • このページの編集をご提案ください (最初に「コントリビューションガイド」をご覧ください)。
  • ドキュメントの問題点を報告する、またはフィードバックやコメントを送信するには、GitHub で オプションの使用方法について issue を作成してください。
  • CircleCI は、ユーザーの皆様の弊社プラットフォームにおけるエクスペリエンスを向上させる方法を常に模索しています。 フィードバックをお寄せいただける場合は、リサーチコミュニティにご参加ください。

サポートが必要ですか?

CircleCI のサポートエンジニアによる、サービスに関する問題、請求およびアカウントについての質問への対応、設定の構築に関する問題解決のサポートを行っています。 サポートチケットを送信して、CircleCI のサポートエンジニアにお問い合わせください。日本語でお問い合わせいただけます。


CircleCI Documentation by CircleCI is オプションの使用方法について licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International License.

Google広告の住所表示オプションとは?基本から使い方のコツまで徹底解説!


引用:Googleマイビジネス – オプションの使用方法について Googleで顧客エンゲージメントを促進

Google広告管理画面から、マイビジネスとの連携を行う

  1. 広告管理画面左カラムの「広告と広告表示オプション」をクリックし、その後「広告表示オプション」をクリック。
  2. 「+」をクリックすると、住所表示オプションの作成画面が出てきます。
  3. ここで「Googleマイビジネスアカウントを選択してください」を選択すると、広告アカウントと同じGoogleアカウントで登録されたGoogleマイビジネスのアカウントが表示されます。
  4. Googleマイビジネスのアカウントを選択すると紐づけが完了します。

効果的な運用のポイント

ポイント1. フィルタリングを活用する

ポイント2. Googleマイビジネスの情報整備を並行して進める

あわせて読みたい記事

SNS運用するなら知るべき縦型動画とは?メリットや作成方法を解説

  • 2022.05.30
  • 集客・広告
  • Instagram SNS Twitter YouTube 動画制作 動画広告

【2022年最新版】LINEマーケティングツール29選を徹底比較

  • 2022.05.26
  • 集客・広告
  • BtoBマーケティング LINE

電子帳簿保存法の対応内容まとめ|対象企業・対応期限・対応書類

  • 2022.05.16
  • 集客・広告
  • PR ビジネス

マス広告とは?デジタル広告との違い・効果を高める併用メソッド

  • 2022.05.15
  • 集客・広告
  • マス広告 マーケティング

ブランドチャンネル

大手Webマーケティング会社にてWeb広告を中心としたアカウントプランナーに従事し、 ダイレクトマーケティング業種を中心としたコミュニケーション立案を経験。2014年よりシナジーマーケティング社に入社。CRMのコンサルタントとして従事し、お客様向けにメールマーケティングやDMPの設計支援を従事。2021年よりSO Technologies株式会社に参画し多店舗向け集客支援サービス「ライクル」のマーケティング活動に従事。

Linux 基礎知識(目次)

Linux ユーザとグループ ユーザーとグループの説明。ユーザーの種類やグループの機能などについて。 Linux ユーザー一覧の確認と/etc/passwd ファイル Linuxの基礎知識。ユーザー一覧の確認。/etc/passwd ファイル、/etc/shadowについての説明。 Linux 新規ユーザの作成 - useradd Linuxに新規ユーザーを作成する。useradd コマンドのデフォルト設定の確認とオプションについての説明。新規に作成されるユーザのデフォルト情報の変更方法について説明。 Linux ユーザ情報の変更 - usermod ユーザ情報、アカウント情報の変更の仕方について。usermodコマンドの説明。グループの変更や、ホームディレクトリの変更の仕方、オプション、書式と、使用例をここで説明します。 Linux ユーザーアカウントの削除 - userdel ユーザーアカウント削除の仕方。ユーザーアカウント削除のコマンドuserdelの説明。書式、オプションと使用例。ホームディレクトリごと消したり、そのユーザーの全ファイル削除の仕方など。 Linux グループ一覧の確認と/etc/group ファイル グループ一覧の確認とグループ一覧の出力の仕方。グループへログインの説明。/etc/group ファイル、/etc/gshadowについての説明。 Linux 新規グループの作成 - groupadd 新規グループの作成コマンドgroupaddについての説明。コマンドのオプションとgroupaddコマンドによって変更されるファイルについて。 Linux グループ情報の変更 - groupmod グループ情報に変更を加えるコマンドgroupmodについての説明。グループ名、GIDの変更が可能です。コマンドのオプション、groupmodコマンドによって変更されるファイルについての説明。 Linux グループの削除 - groupdel グループの削除コマンドgroupdelについての説明とgroupdelコマンドによって変更されるファイルについて。 suコマンドでユーザーを切り替える suコマンドでのユーザーを切り替え方。オプション「-」の有無での動作の違い、特定アカウント環境でコマンドを実行する。

ファイル・ディレクトリパーミッション管理

ファイル・ディレクトリのアクセス権限 ファイル・ディレクトリのアクセス権限についての説明。設定されているアクセス権限の確認の仕方と、表示された内容の見方を説明。 アクセス権(パーミッション)の記号表記と数値表記 ファイル・ディレクトリのアクセス権限(パーミッション)の記号表記と数値表記についてを説明。 アクセス権(パーミッション)の変更 - chmod ファイル・ディレクトリのアクセス権限(パーミッション)の変更の仕方。chmodの細かい使用方法について説明。 ファイル・ディレクトリの所有者とグループを変更する - chown オプションの使用方法について ファイル・ディレクトリの所有者とグループの変更の仕方。chownの細かい使用方法について説明。 ファイル・ディレクトリのグループを変更する - chgrp ファイル・ディレクトリのグループの変更の仕方。chgrpコマンドの使用方法について説明。 SUID(Set User ID) - 特殊なアクセス権 SUID(Set User ID)という特殊なアクセス権についての説明。 SGID(Set Group ID) - 特殊なアクセス権 SGID(Set Group ID)という特殊なアクセス権についての説明。 スティッキービット(Sticky Bit) - 特殊なアクセス権 スティッキービット(Sticky Bit) - 特殊なアクセス権についての説明。 デフォルトのアクセス権 - umask ファイル・ディレクトリのデフォルトのアクセス権についての説明。umask値の説明と設定手順の解説。

Linuxファイルシステム

Linuxのディスク管理 Linuxのディスク管理についての説明。ハードディスクを使う手順と、用語の説明。ファイルシステム、パーティション、マウントについて。 Linux ハードディスクのデバイス名を確認する Linuxのハードディスクのパーティション管理について説明。fdiskコマンドで、ハードディスクのデバイス名、パーティション情報の確認の仕方を解説します。 Linux fdiskコマンドでパーティションを作成する Linuxのハードディスクのパーティション管理について説明。fdiskコマンドで、ハードディスクにパーティションを作成する手順を解説します。 Linux fdiskコマンドで論理パーティション(拡張領域)を作成する Linuxのハードディスクのパーティション管理について説明。fdiskコマンドで、ハードディスクに拡張領域を作成し、その上へ論理パーティションを作成する手順を解説します。 Linux パーティションにmkfsでファイルシステムを作る 増設したハードディスクを使うには、パーティションを作り、作ったパーティションの上にファイルシステムを作る必要があります。ここでは、Linuxで使えるファイルシステムの種類と、mkfsコマンドでファイルシステムの作成手順を解説します。 Linux ハードディスクをマウント(mount)する 増設したハードディスクのマウント(mount)手順の解説、再起動後もマウントされるための設定、fstabの書式について説明。 Linux ハードディスクをアンマウント(umount)する Linux上でハードディスクを外すには、OSが認識しているmount状態を解除します。マウント(mount)されたハードディスクを解除するには、umountコマンドを使います。ここではumountコマンドについて解説します。 linux スワップ(swap)領域の作成 mkswapコマンドによる、スワップ(swap)領域の作成手順と、スワップ(swap)領域の有効/無効(swapon/swapoff)の切り替え手順について説明します。 iノード(inode)とは iノード(inode)についての説明、ファイル、ディレクトリのinode番号の確認方法、inodeの使用状況の確認方法、inodeが枯渇した場合の挙動について。 ハードリンクとは linuxハードリンクについての説明、ハードリンクの作成方法についての解説。 シンボリックリンクとは linuxシンボリックリンクについての説明、作成方法、コピーの仕方について解説。

プロセス管理

現在のプロセスの確認(ps) Linuxのプロセス管理の説明。プロセスとは。現在のプロセスの確認手順。psコマンドの見方。 プロセスを終了させる(kill、killall) プロセスを終了させる手順について説明します。killコマンド、killallコマンドを使用します。killコマンドや、killallコマンドは、プロセスにシグナルと呼ばれるメッセージを送ります。このシグナルをかいしてプロセスと通信します。 プロセスを停止する(kill、killall、Ctrl+z) プロセスを停止させる手順について説明します。プロセスを停止させるには、killコマンド、killallコマンド、Ctrl+zを使います。 バックグラウンドでプログラムを実行する(&アンド) バックグラウンドでプログラム(コマンド)を実行するには、(&アンド)を使います。 Linuxのジョブという考え方(jobs) ジョブとは。Linuxにはジョブいう概念があります。ここではジョブの考え方についての説明と、ジョブの確認方法(jobs)について説明します。 実行中のプログラムをバックグラウンドにもっていく。フォアグラウンドにもってくる(bg、fg) linuxでは、実行中のプログラムをバックグラウンドにもっていったり、フォアグラウンドにもってきたりできます。ここでは、bg、fg コマンドの使い方と、プロセスの停止方法、ジョブの参照方法について説明します。 ログアウトした後もプログラムの処理を続ける?(コマンド実行時にnohup) nohup コマンドを使うとログアウト時に処理を停止させないでプログラムを続けるようにさせることができる。という説明をよくみかけますが、実際には、nohup を使わなくても、プログラムを「&」を使ってバックグラウンドで処理していれば、ログアウト後も起動されたプログラムは処理をそのまま継続します。nohupコマンドを使うと、例えばターミナルが突然切断された等の理由でシェルがHUPシグナルを受け終了した場合でも処理を続けることができるようになります。

パッケージ管理

パッケージの管理|yumとは yumとは、RedHat系ディストリビューションのパッケージ管理システムの事です。リポジトリと呼ばれるパッケージ置き場からのパッケージをダウンロードし、インストール、アンインストール、更新をする事ができます。ここではyumコマンドについて説明していきます。 yum|パッケージの一覧 yum list コマンドを使うと、リポジトリにあるパッケージや、インストールされているパッケージの一覧を確認することができます。yum grouplist コマンドを使うと、パッケージグループの一覧を確認する事ができます。ここでは、yum list 、yum grouplist の使い方を説明します。 yum|パッケージの検索 オプションの使用方法について yum search コマンドを使うと、パッケージ名の一部分や、関連する用語からパッケージを検索する事ができます。yum provides コマンドを使うと、いろいろなファイル名から、そのファイルを提供するパッケージ名を検索する事ができます。ここでは、yum search、yum provides の使い方を説明します。 yum|パッケージ情報の確認 yum info コマンドを使うと、パッケージの情報を表示させることができます。ここでは、yum info の使い方を説明します。 yum|パッケージグループ情報の確認 yum groupinfo コマンドを使うと、パッケージグループの情報を表示させることができます。ここでは、yum groupinfo の使い方を説明します。 yum|パッケージのインストール yum install コマンドを使うと、指定したパッケージをシステムにインストールする事ができます。また、yum groupinstall コマンドを使うと、指定したパッケージグループをインストールすることができます。ここでは、yum を使ったパッケージのインストール手順について説明します。 yum|パッケージの更新 オプションの使用方法について オプションの使用方法について オプションの使用方法について yumでパッケージに更新があるかどうかの確認と、パッケージの更新手順について説明します。yum check-update と、yum update を使います。 yum|パッケージの削除 yumでパッケージを削除する場合は、yum remove を使います。パッケージグループを削除する場合は、yum groupremoveを使います。yum remove、yum groupremove の使い方を説明します。 yum|yum の設定 yum コマンドの動作については、/etc/yum.conf で設定します。ここでは、yum.conf について説明します。 yum|yum リポジトリの設定と追加 yumのリポジトリの設定は、repository セクションに記述します。オンラインリポジトリだけでなく、ローカルにあるリポジトリや、DVDのパスを指定する事もできます。repository セクションの書き方、リポジトリの追加手順を説明します。 yum|yum リポジトリの有効/無効 yumコマンド実行時の有効なリポジトリ、無効なリポジトリの確認方法、設定方法、切り替え方法を説明します。設定にかかわらずyumコマンド実行時だけ有効/無効を切り替えるオプションもあります。 yum|rpm パッケージをダウンロードする yumコマンドでインストール、更新しているパッケージは、rpmパッケージとしてダウンロードすることができます。rpmパッケージのダウンロード手順を説明します。 yum|yum リポジトリを作成する yumのリポジトリの作成手順を説明します。createrepo コマンドを使ってリポジトリを作成します。

サービスの管理

(CentOS6まで)Linux ランレベル(runlevel) ランレベル(runlevel)とは、Linuxの動作モードのことをいいます。いくつかの種類があり、ランレベル毎に起動させるサービスを設定できます。ランレベル(runlevel)について説明します。 (CentOS6まで)サービス自動起動の設定 Linuxでは、どのランレベル(runlevel)で、どのサービスを起動させるかを設定することができます。chkconfig コマンドを使います。ここでは、サービスの自動起動の設定について説明します。 オプションの使用方法について (CentOS6まで)サービスの起動と停止と状態確認 Linuxでは、service というコマンドを使ってさまざまなサービス・デーモンを起動、停止させることができます。またサービスの状態もserviceコマンドで確認できます。ここでは、serviceコマンドの使い方について説明します。 (CentOS6まで)自作のサービスをchkconfigで登録する Linuxでは、chkconfigコマンドでサービスを登録し、service というコマンドを使ってさまざまなサービスやデーモンを起動、停止させることができますが、自作のサービスも一定の手順を踏めば同じようにサービスとして登録し、serviceコマンドで操作することができます。ここでは、自作のサービスをどうやって登録していくか説明します。 (CentOS7から)Systemdによるシステムとサービスの管理 - 概要と変更点 CentOS 7からは、システムとサービスの管理に「Systemd」というサービスマネージャーが採用されました。これまでの、chkconfigや、serviceコマンドは、「systemctl」というコマンドに置き換わります。ここでは、Systemd の概要と、各管理用コマンドの変更点について説明します。

オプションの使用方法について

PHP バイナリにより提供されるコマンドラインオプションの一覧は、 オプションの使用方法について -h スイッチを指定して PHP を実行することにより いつでも調べることができます。

PHP を対話的に実行します。詳細な情報は、対話シェル を参照ください。

外部 FASTCGI サーバーモードでのバインドパス (CGI のみ)。

スクリプトのディレクトリへ chdir しません (CGI のみ)。

スクリプトを count 回繰り返して実行した時間を計測します (CGI のみ)。

このオプションを使用することにより、 php.ini を探すディレクトリを 指定したり、カスタマイズされた INI ファイル ( php.ini という名前である必要はありません)を直接指定する ことが可能です。例:

このオプションにより php.ini で指定できる設定ディレクティブに カスタム値を設定することができます。構文は以下のようになります。

-f オプションに指定したファイル名をパースし、 実行します。このスイッチはオプションで省略することもできます。 実行するスクリプトを指定するだけで充分です。

このオプションにより、指定した PHP コードの 構文チェックのみを簡単に行なうことができます。成功した場合、 テキスト No syntax errors detected in が標準出力に書き込まれ、リターンコードは 0 となります。失敗した場合、テキスト Errors parsing に加え、内部パーサエラーメッセージ オプションの使用方法について が標準出力に書き込まれ、シェルリターンコードは、 -1 となります。

このオプションは、(未定義の関数のような)致命的なエラー(fatal error) はみつけません。致命的なエラーについても調べたい場合は、 -f を使用してください。

注意:

このオプションは、オプション -r と共に使用することは できません。

例1 PHP に組み込まれた (そしてロードされた) Zend モジュールの表示

このオプションにより、コマンドラインのみで PHP の実行ができるようになります。 PHP の開始および終了タグ ( ) は不要で、これらを付けると パーサエラーとなります。

注意:

このように PHP を実行する際に、コマンドラインの 変数がシェルにより行なわれる置換と干渉しないように注意してください。

例2 ダブルクォートの使用時に構文エラーが出る例

ここでの問題は、2 重引用符 " を用いた場合でも sh/bash が変数置換を行うことです。 $foo はおそらく定義されていないので、 空文字列に展開された後、実行用に PHP に そのコードが渡され、以下のように読み込むことになります。

正しい方法は、1 重引用符 ' を使用することです。 1 重引用符で括られた文字列の中の変数は、sh/bash により展開されません。

例3 シングルクォートを使い、シェルの変数置換を防ぐ例

sh/bash 以外のシェルを使用している場合には、別の問題を経験したことが あるかもしれません。バグを » https://github.com/php/php-src/issues に報告してください。 オプションの使用方法について シェル変数をコードに取得しようとしたり、エスケープを行なうために バックスラッシュを使用したりした場合にも、容易に問題を発生する 可能性があります。注意が必要です。

注意:

このオプションはあくまで基本的な機能を提供するものです。そのため、 いくつかの設定ディレクティブ(例: auto_prepend_file および auto_append_file)は このモードでは無視されます。

標準入力を処理する前に実行する PHP コードを指定します。

それぞれの入力行に対して実行する PHP オプションの使用方法について コードを指定します。

このモードには 2 つの特別な変数 $argn と $argi が用意されています。 $argn は PHP がその瞬間に処理している行を含み、 $argi はその行番号を含んでいます。

全ての入力行に対して実行する PHP ファイルを指定します。

入力を処理した後に実行する PHP コードを指定します。

例4 とあるプロジェクトの行数をカウントするための -B, -R そして -E オプションの使用例

このオプションは、ファイルをパースし、HTML ハイライト表示版のファイルを生成し、標準出力に書き出す内部機 構を使用します。行うのは [. ] のブロックを 生成することだけで、HTML ヘッダは 出力されないことに注意してください。

注意:

このオプションは、-r オプションと同時に 使用することはできません。

注意:

このオプションは、-r オプションと同時に 使用することはできません。

Zend エクステンションをロードします。ファイル名のみが指定された場合、 PHP はこの拡張をカレントのシステムのデフォルトライブラリパスから ロードしようとします (Linux システムの場合は /etc/ld.so.conf で 指定されています)。 ファイル名を絶対パスで指定した場合、システムのライブラリサーチパスを 使用しません。ディレクトリ情報を有する相対ファイル名を 指定すると、PHP は カレントのディレクトリの相対パスから拡張モジュールをロードする ことのみを行ないます。

例6 --ini の例

指定した関数あるいはクラスメソッドについての情報 (たとえばパラメータの数と名前など) を表示します。

このオプションは、PHP が リフレクション のサポートつきでコンパイルされている場合にのみ使用可能です。

例7 基本的な --rf の使用法

指定したクラスについての情報 (オプションの使用方法について 定数、プロパティおよびメソッドの一覧) を表示します。

このオプションは、PHP が リフレクション のサポートつきでコンパイルされている場合にのみ使用可能です。

例8 --rc の例

指定した拡張モジュールについての情報 ( php.ini オプション、 定義されている関数、定数およびクラスの一覧) を表示します。

このオプションは、PHP が リフレクション のサポートつきでコンパイルされている場合にのみ使用可能です。

例9 --re の例

指定した Zend 拡張モジュールについての情報 ( phpinfo() が返す情報と同じもの) を表示します。

指定した拡張モジュールについての設定情報 ( phpinfo() が返す情報と同じもの) を表示します。 コア機能に関する設定情報は、 "main" オプションの使用方法について というモジュール名で取得できます。

例10 --ri の例

User Contributed Notes 2 notes

If we start the php's built in webserver (PHP v5.4 onwards) with:
php -S localhost:8000 -t htdocs
and have an image file picture.jpg in it
and reference it in a html page with: オプションの使用方法について

the rendered page will not show the image and the html code behind the オプションの使用方法について image is:
http://localhost:8000/index.php/picture.jpg

If however, the html code in the page is:

the picture displays correctly.

Hence relative addressing is broken in PHP 5.4.33 Win32 VC9 build.

php -i |grep configure

Configure Command => './configure' '--prefix=/app/webserver/php5' '--with-config-file-path=/app/webserver/php5/etc' '--with-config-file-scan-dir=/app/webserver/php5/etc/php.d' '--enable-inline-optimization' '--disable-debug' '--disable-rpath' '--enable-shared' '--enable-opcache' '--enable-fpm' '--with-fpm-user=appuser' '--with-fpm-group=appuser' '--with-mysql=mysqlnd' '--with-mysqli=mysqlnd' '--with-pdo-mysql=mysqlnd' '--with-gettext' '--enable-mbstring' '--enable-exif' '--enable-ftp' '--enable-wddx' '--with-iconv' '--with-mcrypt' '--with-mhash' '--with-openssl' '--enable-bcmath' '--enable-soap' '--with-libxml-dir' '--enable-pcntl' '--enable-shmop' '--enable-sysvmsg' '--enable-sysvsem' '--enable-sysvshm' '--enable-sockets' '--enable-gd-native-ttf' '--enable-gd-jis-conv' '--enable-calendar' '--with-curl=/app/webserver/curl' '--with-zlib' '--enable-zip' '--with-bz2' '--with-readline' '--with-gd' '--with-freetype-dir' '--with-png-dir' '--with-jpeg-dir' '--with-vpx-dir' '--with-xpm-dir' '--with-t1lib' '--disable-json'

よくあるご質問

MOBIRY

2. ユーザー登録をします 。トップページの「新規登録する」をタップ

3. クレジットカードの登録をします。トップページ下部の「クレジットカード管理」をタップ

4. チケットを購入します。※購入決済ごとに、クレジットカード裏面に記載してあるセキュリティコード(3ケタの数字)の入力が必要です。

5. チケットを使用します。(スマートフォン・タブレットのみ使用可能) https://maas.mobiry.jp/ からログイン後、「購入済みチケットの確認・使用」をタップし、使用するチケットを選択して、「使用開始」します。

  • 広島エリアの路面電車・バス・フェリーなどの交通機関で利用できるデジタルチケットを購入できるサービスです。
  • 購入したデジタルチケットは、スマートフォンに表示させて、乗務員や係員に「見せるだけ」で使用できます。
  • 広島の旅や日常のお出かけに便利なサービスです。

デジタルチケットの購入・使用には、スマートフォン(要インターネット接続)および、クレジットカードが必要です。

Webブラウザによるサービスのため、スマートフォンアプリのダウンロードは不要です。

パソコンでは、デジタルチケットの購入のみ利用可能です。

デジタルチケットの使用(券面表示)は、パソコンではできません。
ご使用の際は、スマートフォンにてご利用ください。

チケット(乗車券)について

電車・バスの降車時に乗務員・係員に見せてください。
ただし、「広島空港リムジンバス」および「めいぷるーぷ」は、乗車時に乗務員に見せてください。

チケットの使用開始期限は、購入後90日間です。使用開始期限を過ぎると、使用できなくなります。

使えなくなります。

有効期限内に乗車された場合でも、電車やバスの降車時に有効期限が切れていた場合、乗車券は使えなくなりますので予めご了承ください。

小児運賃は、小学生 (6歳以上、12歳未満) が対象です。

オフラインではサービスをご利用いただけません。
必ず、インターネット接続が必要です。

払い戻しをする場合、チケット1名分ごとに所定の手数料が必要です。

使用開始後のチケットの払い戻しは行えませんのでご了承ください。

オプション券について

オプション券は、対象となる「広島たびパス(Visit Hiroshima Tourist Pass)」(以下、「広島たびパス」)と組み合わせて購入できるチケットです。
※「広島たびパス」とは…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる