オンライン外国為替取引

おすすめ通貨をご紹介

おすすめ通貨をご紹介
そこで、もう一度、先ほどご案内したチャートをご覧ください。

おすすめ通貨をご紹介

そこで、下のチャートをご覧ください。

上のチャートの並べ方は、 超短期で売買を行う『スキャルピングトレード』 をされているトレーダーさんたちによって良く使われるチャートの並べ方です。

どうして同じ通貨で並べるの?

そこで、もう一度、先ほどご案内したチャートをご覧ください。

時間軸を変えて居場所を確認

クロス円・ドルストレートなど1つの通貨を軸とする

クロス円・ドルストレートと少し表現が専門的になってしまったのでご説明させて頂きますと、クロス円は「ユーロ/円」や「オーストラリアドル/円」と言った通貨ペアで「○○/円」と表記されるもので、ドルストレートとは「ユーロ/米ドル」や「オーストラリア/米ドル」と言った「○○/米ドル」と表記される通貨ペアの事になります。

【パターン1】全てのチャートの動きがバラバラ

【パターン2】1つのチャートだけが他と違う

【パターン3】全部の通貨ペアで同じ動き

クロス円チャートで実践トレーニング

それでは、最後に先ほどのクロス円チャートに矢印を入れたものを作成してみましたので、実践的にチャートから読み取れる相場状況を一緒にご想像していければと思います。先ずは、以下のチャートをご覧ください。

強さを頭の中で作る

次に、もう一度画像を先ほどの画像を見て頂きたいのですが、続いては矢印の角度についても意識して頂き、今度は「どの通貨が強くて、どの通貨が弱いのか?」を並べて頂きたいと思います。

さて、「どの通貨ペアが強いか?」想像できたでしょうか?

口座開設

【注意事項】
この記事は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。
また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。
投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。

この記事をシェア

新しい記事

西本豪

起業家/投資家。オーストラリア大手通信事業でのセールス時代にリーマンショックを経験。
『汗水流した給与も為替の影響で一瞬で半額になること』を知り、学生時代から始めたFXの世界へ本格参戦。
短期売買でエントリーしたポジションをスイングや長期ホールド型に伸ばすトレードを得意としています。

海外の仮想通貨取引所はおすすめしない!国内取引所との比較や危険性、特徴、手数料を徹底比較!

読者

  • 仮想通貨取引所の選び方をおさえる
  • おすすめの国内仮想通貨取引所5選を紹介
  • 海外仮想通貨取引所のリスク
  • 仮想通貨取引所を選ぶときの注意点を解説

仮想通貨取引所の選び方を解説!理想のトレードができる取引所を選ぼう

仮想通貨で何の取引をするか明確にしておく

メジャーな仮想通貨を売買したい 国内仮想通貨取引所がおすすめ
レバレッジ取引をしたい 国内取引所は2倍まで。
仮想通貨を貸して増やしたい 国内取引所の貸仮想通貨サービスがおすすめ
仮想通貨を積立したい 国内取引所の積立サービスがおすすめ
NFTを売買したい 国内取引所がおすすめ
(国内のNFTマーケットプレイスもある)
DeFiやステーキングで運用したい 海外取引所のみ対応
マイナーなアルトコインで取引したい 海外取引所のみ取引が可能なモノが多い

手数料や入出金方法をチェックする

  • 入金手数料・出金手数料
  • 取引手数料(メイカー・テイカー)
  • スプレット(売買時の価格差)
  • 海外の先物取引なら資金調達率など

このように、日本円や仮想通貨の入出金、仮想通貨の取引、売買では手数料が発生します。

  • 日本円で入金・出金できるか
  • クレジットカードで入金できるか
  • 対応している金融機関など

スマホアプリがあるかも重要

読者

FXの積立はお得?おすすめの通貨やFX会社を紹介

FXの積立投資はとても手軽に投資ができるとてもおすすめの方法なんですよ!

簡単で、しかもリスクが低く着実に利益が狙えるような夢のような方法、知りたくないですか?

  • 積立FXは、定期的に決まった額を購入し続ける方法
  • リスクが低く、少額からかんたんに始められる
  • 為替変動の利益に加え、さらにスワップポイントでの利益が狙える
  • 積立FXにおすすめの通貨は米ドル、南アフリカランド、トルコリラ
  • FXの積立におすすめのFX会社は、外為どっとコム、SBI FXトレードの2社

ひろぴーさんの画像

FXの積立とは?

FX積立

積立とは、定期的に決まった額を購入する方法です。

決まった期間で通貨を購入する方法は「ドルコスト平均法」とも呼ばれ、優位性があります。

例えば、米ドル毎回1,000円分、購入頻度を毎月レバレッジ1倍で購入するとします。

為替取引は値動きがありますので、購入する価格はその時によってばらばらです。

価格が安ければ多く購入することができ、価格が高ければ購入数は少なくなります。

ドルコスト平均法

このように購入価格や購入量を分散させることができるので、平均購入価格が下がります

また、少し価格が上がればその分が利益になるので利益を得やすくなります。

購入回数が多くなればなるほど購入時の価格がばらけ、購入時平均レートは低くなっていきます。

長期間かけてコツコツ積み立てることで値動きに左右されにくくなり、暴落してしまった時でも損失を最小限に抑えています。

積立FXは、時間はかかりますが通常のFXに比べて安全に資産を増やすことができる方法なのです。

積立FXの特徴

積立FX_特徴

でも、積立FXならではの特徴を知ることで積立FXでも大きな利益が狙えるようになります。

  • 1通貨単位から購入可能
  • リスクを抑えた低レバレッジ運用
  • 定期的な購入
  • いつでも売却可能

1通貨単位から購入可能

米ドル/円では1通貨あたりおよそ100円から積立を始めることができます。

そのくらい気軽に積立FXを始めることができるのです。

積立FXではまとまったお金を準備する必要がないので、簡単に始めることができます。

リスクを抑えた低レバレッジ運用

FXの レバレッジ とは、入金した額よりも多くの通貨を取引することができるしくみです。

でも、レバレッジは利益と同時に損失も大きくなってしまいます。

レバレッジをかけることで大きな額のお金を動かせる分、リスクも大きくなってしまうのです。

積立FXでは、基本的に低レバレッジで運用します。

高くてもレバレッジ3倍までの間で設定できる会社が多く、損失が出たとしても小さい額ですみます。

高レバレッジで取引するよりは利益は小さくなってしまいますが、低いリスクで投資ができるので安全です。

利益は大きなレバレッジをかけた場合よりも小さくなってしまいますが、リスクが小さい分着実に利益を積み上げることができます。

定期的な購入

購入する頻度は毎日、毎週、毎月など、自分で設定することが可能です。

毎日少額ずつ積み立てたり、毎月大きな額を貯金代わりに入金したりと自分にあったスタイルを選ぶことができます。

通貨を購入する日時が決まっているので、自分でチャートを見て取引をする必要がありません。

機械的に投資を行うので、通常のFXにありがちな個人の判断ミスによる損失がなくなります。

積立FXはとても簡単で、しかも利益を狙いやすいのです。

いつでも売却可能

積立FXには「満期」という概念がありません。

しかし、積立FXでは満期が存在しないので、いつでも購入した通貨を売却して積み立てたお金を手元に戻すことができます。

おすすめ通貨をご紹介

国・テーマ インデックス

【地域・国別にみる】

【テーマ別にみる】

研究活動のご紹介

研究活動のご紹介

出版物・レポート

出版物・レポート

研究者のご紹介

研究者のご紹介

研究所について

研究所について

図書館イデアス(IDEAS)研修プログラム

新興国・途上国のいまを知る

  • コラム
    • スポルティクス! スポーツから国際政治を見る
    • おすすめ通貨をご紹介
    • 途上国研究の最先端
    • フォーカス・オン・チャイナ
    • [インタビュー連載]シリコンバレーのアジア人企業家
    • 研究所という生態系
    • 手向け草
    • おしえて!知りたい!途上国と社会
    • 文化ののぞき穴
    • 続・世界珍食紀行
    • ベトナム改造農機傑作選
    • 新興国発イノベーション
    • 新型コロナと中国国境貿易:溜まるアジアの『生もの』たち
    • 新型コロナと移民
    • 中国貴州・ミャオ族の村々から
    • おしえて!知りたい!途上国とSDGs

    IDEスクエア

    新興国発イノベーション

    第7回 破綻経済と仮想通貨(ベネズエラ)
    ハイパーインフレと伝統的対抗策「ドル化」
    仮想通貨取引の拡大

    近年ベネズエラは有数の仮想通貨の取引量を誇る国となった。仮想通貨取引には販売所で提示された価格で購入するものと、取引所で希望価格や量を提示して取引先を探すP2P(Peer to Peer)取引がある。表1は、世界で最も取引量が多い仮想通貨であるビットコインのP2P取引の週間取引量(単位はBTC)とその世界シェアの上位5カ国をみたものだ。ベネズエラは、このビットコインのP2P取引量が米国、ロシアに次いで世界で第3位と有数の取引国だ。

    ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界、フォローしておくべきインフルエンサー特選

    おすすめ通貨をご紹介 暗号資産・ブロックチェーン業界でフォローすべきインフルエンサー

    野田俊也氏(ブリティッシュコロンビア大学 経済学部 Assistant Professor)と奥村恭平氏(東京大学大学院 おすすめ通貨をご紹介 経済学研究科博士課程)との共著にて、論文『「Bitcoinの難易度調整アルゴリズムの欠陥と、その解決策について」』を発表したほか、人気動画チャンネル「ビットコイナー反省会」へのレギュラー出演、イベント・セミナーでの登壇、Lien公式アンバサダーなど積極的な活動を行っています。橋本欣典氏の本名よりも、ハンドル名が有名です。

    ジョナサン・アンダーウッド氏

    田上智裕(たがみ ともひろ)氏

    福島良典(ふくしま よしのり)氏

    堀次泰介(ほりつぎ たいすけ)氏

    ブロックチェーン上の分散型アプリケーション(DApps)にトークン流動性を提供するプロトコル「Kyber Network」を開発するKyber Network日本責任者。シンガポールに活動拠点を構えるKyber Networkは、DeFiに関連する同名プロジェクトおよびコミュニティを主宰しています。同氏は、Medium「DeFi Japan」にて編集・ライターも務めており、主にDeFiについての情報を多く発信しています。

    山田宗俊(やまだ むねとし)氏

    SIer、ベンチャー企業、日立コンサルティングでのプロジェクトマネージャーを経て、エンタープライズ向けブロックチェーンCordaを開発するR3に日本人社員第1号として参画。その後、SBIとR3との合弁会社SBI R3 Japan株式会社ビジネス開発部長に就任しました。Cordaエバンジェリストとして、Cordaで企業のデジタル・トランスフォーメーションを推進する業務に携わっています。

    渡辺創太(わたなべ おすすめ通貨をご紹介 そうた)氏

    Stake Technologies株式会社CEO。ブロックチェーンで分散型のあたらしいWeb(Web 3.0など)を目指し、Polkadotに接続するトランザクションの高速処理に特化した日本発のパブリックブロックチェーン「Plasm Network」を開発。プロダクト開発事業、R&D、技術コンサルティング事業を行っています。Web3財団から6度の助成金獲得の他、Parity TechnologiesやUC Berkeley、Chainlinkなどと技術的な連携を行うなど、世界で活躍しています。

    ビジネスマン向けインフルエンサー

    新井進悟(あらい しんご)氏

    「ブロックチェーンや暗号資産を末端から最先端まで楽しむ」がコンセプトの専門メディア「CRYPTO TIMES(クリプトタイムズ)」の編集長。アラタ(arata) / Shingo Araiの名称で、主にTwitterにて情報発信を行っています。国内のみならず、海外の情報についても積極的にツイートしており、その内容からは国内外における暗号資産・ブロックチェーン業界の動向を知ることができます。

    岩村充(いわむら みつる)教授

    日本銀行企画局兼信用機構局参事を経て、1998年より早稲田大学教授(現職は早稲田大学大学院経営管理研究科教授)に。ゼミでは、金融ビジネスと企業財務戦略について研究。『貨幣進化論 「成長なき時代」の通貨システム』『中央銀行が終わる日 ビットコインと通貨の未来』『金融政策に未来はあるか』など、著書多数。政府の各種委員会の座長や委員など、要職を歴任する人物です。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる