トレーディング手法

新FXネオ取引アプリへ乗り換えキャンペーン

新FXネオ取引アプリへ乗り換えキャンペーン
今すぐ告発

GMO CLICK GMOクリック証券

Financial Services Agency

FSA

VPS Standard

WikiFX VPSの最もお手頃なプランです / どんなFX業者のMetaTraderでも稼働可能です

ブローカー情報

GMO CLICK Securities, Inc.

Download on the

Download on 新FXネオ取引アプリへ乗り換えキャンペーン the

Download on the

GMO CLICK GMOクリック証券

日本

  • マーケティング戦略

新規ユーザー

強制決済率

スプレッド

ネット入金額

配信インデクス

ブランド配信

リソース検索

外部リンク

外部リンク

GMOクリック証券 · GMO CLICK · チャート

Alternate Text

データーソース WikiFX研究所 2022.05.28 更新

データーソース WikiFX研究所 2022.05.28 更新

Alternate Text

データーソース WikiFX研究所 2022.05.28 更新

WikiFX

新FXネオ取引アプリへ乗り換えキャンペーン

GMO CLICKGMOクリック証券

Financial Services Agency (FSA)

金融庁(FSA)は、外国為替ブローカーを含む日本のすべての金融サービスプロバイダーを規制しています。 FSAの最終目標は、国の金融システムを維持し、安定性を確保することです。また、証券投資家、保険契約者、預金者の利益を保護する責任もあります。計画とポリシー、金融サービスプロバイダーの監督、証券取引の監督、民間金融機関の見直しなど、さまざまな方法で目標を達成しています。 FSAの当初は行政機関に過ぎませんでしたが、2001年に日本の内閣府の外部代表になったとき、その責任は拡大しました。金融再構築委員会の責任を引き継ぐだけでなく、支払不能の金融機関も引き継ぎます。今日、FSAは日本の財務大臣に説明責任を負い、幅広い責任を負っています。

GMOクリック証券株式会社

No content

Load failure

VR調査

今すぐ告発

GMO CLICK · GMOクリック証券

0086

还可以输入3000个字

確認且つ提出

影響力比率

GMO CLICKGMOクリック証券 · 会社概要

GMOクリック証券の概要·規制

GMOインターネット証券は2005年に設立され、2006年にオンライン証券取引サービス、店頭外国為替証拠金取引サービス、日経225先物·オプション取引サービスの提供を開始した。2007年には、社名を「GMOクリック証券」に変更し、日経225先物·オプション取引は「イブニング·セッション」での注文受付を開始した。2008年、クリック証券は本社を東京に移し、エキサイトFX株式会社の全株式を取得した。2009年、クリック証券は、ジャスダック証券取引所、東京証券取引所、大阪証券取引所、日本証券クリアリング機構での取引資格を取得した。2011年には、GMOクリックインベストメント株式会社を設立し、外為オプション取引サービスを開始し、外為オプション取引用アプリ-iClick Forex OP-の提供を開始した。2014年にはGMOクリック証券が、外国株式スプレッドの取引を開始し、2016年には新たにFXシステムの運用を開始し、2019年には株価指数バイナリーオプション事業を開始した。GMOクリックは現在、金融庁のリテールFXライセンス(ライセンス番号:4011001045946)を取得している。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる