バイナリー オプション

ETF購入におすすめの証券会社は

ETF購入におすすめの証券会社は
信用売りでは、証券会社から株式を借りて、その株式を売ることができます。株価が下がりそうな銘柄を信用売りして、実際に株価が下がったときに買戻し、差額分が自分の利益ということです。信用売りをしたあとに株価が下がった場合でなければ成り立たないため、信用売りをしたあとに株価が上がった場合は損失が発生します。

ETFの売買ってどうやればいい?ETFの買い方・売り方まで分かりやすく解説!

上場投資信託であるETFは、株式と同じように取引所に上場しているため、証券取引所が開いていればリアルタイムで売買が可能です。その際は、リアルタイムに変動する取引所価格で取引が行われます。
ETFには価格が2種類あり、「市場価格」と「基準価格」の2つです。この2つの価格については、後述しています。
ETFも株と同じように、証券会社に口座を開設していれば、原則として全国にあるどの証券会社からでも購入可能です。

流動性には注意が必要

ETF購入におすすめの証券会社は
【この記事もおすすめ】株式投資の基本とは?まずは仕組みを知ろう!

ETFの選び方、売買タイミングの計り方

連動するインデックスについてよく調べる

株取引と同じくチャート分析も大切

注文・取引の方法、手順

注文の方法

取引の方法

信用取引とは、投資家が補償金を担保として、証券会社から資金を借りたり株を借りたりして売買する取引です。信用取引には、「信用買い」と「信用売り」の2つの取引方法がある。信用買いとは、株式を購入する際にお金を借りて購入する方法。信用売りとは、証券会社から借りた株券を売却する方法。

信用売りでは、証券会社から株式を借りて、その株式を売ることができます。株価が下がりそうな銘柄を信用売りして、実際に株価が下がったときに買戻し、差額分が自分の利益ということです。信用売りをしたあとに株価が下がった場合でなければ成り立たないため、信用売りをしたあとに株価が上がった場合は損失が発生します。

信用取引とは、投資家が補償金を担保として、証券会社から資金を借りたり株を借りたりして売買する取引です。信用取引には、「信用買い」と「信用売り」の2つの取引方法がある。信用買いとは、株式を購入する際にお金を借りて購入する方法。信用売りとは、証券会社から借りた株券を売却する方法。

ETFを買うとき・持っているときのポイント

買うとき・持っているときのコスト

取引高に応じた手数料

保有高に応じた信託報酬

分配金にかかる税金

価格が2つある

ETFの取引をする際には、流通市場における取引価格である市場価格(取引所価格)と、発行市場における取引価格の基準となる基準価格が関係します。
市場価格とは、一般的な株取引と同じように、ETFを取引所で売買する際の価格です。リアルタイムで需給が反映されるため、常に価格も変化しています。
基準価格とは、ETFに組み込まれている有価証券における時価評価に、株式の配当金や債券での利息など、ほかの収入を合わせた総資産額が関係します。総資産額からETFを運用するために必要な費用を差し引いて割り出された金額を、総口数で割ることで一口あたりの価格が決まるためです。基準価格が公表される時間帯は20時頃で、1日1回、保有している資産などの市場の終値から算出されます。

売買単位に注意

円建て・外貨建て、ヘッジ有無

為替の変動の要因

ETFの中には外貨で運用する銘柄もあります。その場合、為替変動リスクにも注意が必要です。為替ヘッジ(為替変動リスクの軽減)をすることによって、為替変動リスクは大幅に軽減されます。しかし、円資産から外国資産へ投資する場合、現時点ではヘッジコストのようなコストがかかります。外貨で運用するETFの場合、将来的な為替レートが確定していないため、為替変動リスクが発生します。そのようなリスクを軽減させる方法が為替ヘッジです。為替ヘッジとは、為替予約取引を利用して為替変動リスクを低減させる仕組みです。
為替ヘッジなしの場合と為替ヘッジありの場合、どちらを選ぶのがよいかということは一概には言えません。為替変動の影響を受け、比較的大きい価格変動を受け入れることができる人や、通貨分散をしたい人は、為替ヘッジなしを選ぶことをおすすめします。
為替変動の影響を可能な限り軽減し、リスクを抑えて、投資対象資産の値動きにおけるリスクのみで運用したいような人には為替ヘッジありがおすすめです。

ETF購入におすすめの証券会社は

投信積立の利用分も対象になるので、そこまでハードルは高くありません。 たとえば、4月と5月に5万円ずつ合計10万円をカード決済すれば、それだけで達成できます。

キャンペーン3:Apple Payの設定で200ポイント

ApplePayのイメージ図

ちなみに、Apple Payとは、iPhoneやApple WatchなどのApple端末をかざすだけで決済できるサービスのことで、クレジットカードと紐づけるだけで利用できます。

\マネックスカードと相性抜群/

マネックス証券の公式サイトへのリンク

4.「MAXISシリーズETF5銘柄の現物取引手数料が実質無料」

MAXISシリーズETF5銘柄の現物取引手数料が実質無料

■プログラムの概要

■取引手数料無料の国内ETF

  • 1597 MAXIS Jリート上場投信
  • 1660 MAXIS高利回り Jリート上場投信
  • 2517 MAXIS Jリート・コア上場投信
  • 2558 MAXIS米国株式(S&P500)上場投信
  • 2559 MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信

\JリートのETFを選べば分配金も期待できる/

マネックス証券の公式サイトへのリンク

5.「米国ETFの買付手数料が実質無料(USAプログラム)」

米国ETFの買付手数料が実質無料(USAプログラム)

■プログラムの概要

■買付手数料無料の米国ETF

  • VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)
  • VOO(バンガード・S&P500ETF)
  • VTU(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)
  • IVV(iシェアーズ・コア S&P 500 ETF)
  • SPY(SPDR S&P500 ETF購入におすすめの証券会社は ETF)
  • EPI(ウィズダムツリー インド株収益ファンド)
  • DHS(ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド
  • DLN(ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド)
  • DGRW(ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド)

米国籍ETFの平均経費率比較

マネックス証券は国内の証券会社のなかでも米国株取引に力を入れており、 米国の個別株取引をする前にETFの買付から始めたい人に、このプログラムは特におすすめです。

\米国株取引に興味がある人にもおすすめ/

マネックス証券の公式サイトへのリンク

マネックス証券では、外国株取引口座への初回入金日から20日間の米国株取引手数料を、最大3万円分まで米ドルでキャッシュバックするプログラムを常時実施しています。米国の個別株取引に興味がある人は、 「米国株デビュー応援プログラム」 でご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる