FX取引データ

上限と計算方法をご紹介します

上限と計算方法をご紹介します
“会社都合”と呼ばれる退職
→ 「特定受給資格者」 と 「特定理由離職者」 の2つに分けられる

d払いで2重におトクな「ふるさと納税」と控除について徹底解説

最近CMなどで、目にしたり耳にしたりすることがある「ふるさと納税」。気になる自治体の応援にもつながり、返礼品を自分で選べることから関心がある方も多いのではないでしょうか。 この記事では、ふるさと納税の魅力や、d払い/dカードを利用してふるさと納税をさらにおトク楽しむ方法を紹介します。 また、ふるさと納税で控除を受けることで得られるメリットも詳しく見ていきましょう。ふるさと納税での控除上限額や還付される税額の計算方法についても紹介します。

  • 裏技を公開!d払い/dカードで「ふるさと納税」をさらにおトクに!
  • 還付される税額は?控除額を計算してみよう!
  • 意外とかんたん!?税控除を受けるための方法
  • 今年こそはチャレンジ!ふるさと納税で楽しい&おトクを同時に叶えよう

裏技を公開!d払い/dカードで「ふるさと納税」をさらにおトクに!

d払いやdカードを利用すれば、返礼品をおトクに受け取れるだけでなく、納税金額に応じてdポイントを獲得できます。たまったdポイントはふるさと納税のお支払いに充当したり、街のお店やネットのお店のお買物代金につかったりできるため、さらにおトクになりますよ。

ふるさと納税の仕組みを理解しよう

ふるさと納税とは、自治体への寄附のこと。ご自身のふるさとや応援したい自治体に寄附することで、寄附金のうち2,000円を超える部分に対して税金の還付や控除を受けられる仕組みです。自治体によっては納税金額に応じた返礼品を送付しているため、控除上限額内でふるさと納税をすれば、実質的に2,000円の自己負担だけで返礼品を受け取れます。

手続き方法は2パターン!ふるさと納税で寄附をする方法は?

各自治体のホームページから申込む

自治体の多くは、ホームページにふるさと納税に関する情報を掲載しています。気になっている自治体のホームページを閲覧すれば、「ふるさと納税に関する考え方」「寄附金のつかい道」「返礼品の内容」などの情報を集めることが可能です。ホームページには手続き方法も掲載されているため、手順にしたがって申込みしましょう。

ポータルサイトから申込む

気になる自治体がいくつもある場合、それぞれのホームページをすべて閲覧すると時間も労力もかかります。そんなときに活用したいのが、ふるさと納税に関する情報をまとめたポータルサイトです。数多くの返礼品が掲載されているほか、「返礼品の人気ランキング」「寄附先」「つかい道」などから自治体を絞り込むことができて便利です。

「dカード ポイントモール」でふるさと納税をおトクにできる

dカード ポイントモールは、dカードをお持ちの方限定の優待サイトです。連携しているネットショップにdカード ポイントモールを経由してアクセスし、dカードでお支払いするとdポイントがおトクにためられます。

複数のふるさと納税サイトがdカード ポイントモールと連携しており、dカードをつかってふるさと納税を行うと、dポイントを通常よりも高還元率でためられます。

また、dカード ポイントモールと連携していないサイトでも、dカードをつかってお支払いするだけで100円(税込)につき1ポイントがたまります。dカード ポイントモールを経由しなくても、dカードでお支払いするだけでdポイントがたまるのはうれしいですよね。

ROIとは?指標の役割や算出時の計算法、ROASとの違いを解説

ROI

ROIの計算式

ROI =(個数×平均利益単価-広告費)÷広告費×100

例えば、平均利益単価が2,000円の商品を広告費500,000円で1,000個売ったとします。この場合のROIの算出方法は以下のとおりです。

利益÷投資したコスト
=(個数×平均利益単価-広告費)÷広告費×100
=(1,000×2,000-500,000)÷500,000×100
=300(%)

ROIとROASの違い

ROASとは、Return On Advertising Spend の略語で、投資に対して、どれだけ売上が伸びているかを見る指標です。計算式は以下のとおりです。

ROIを利用する2つのメリット

メリット1:投資によって儲かっているのかが分かる

ROAS計算例

ROAS =売上÷広告費=2,000×100÷100,上限と計算方法をご紹介します 000×100=200(%)

ROI計算例

ROI =(利益-投資額)÷投資額=(500×100-100,000)÷100,000×100=-50 (%)

メリット2:規模が異なる事業の費用対効果が比較できる

ROIのグラフ


このように、規模が異なる事業の費用対効果を比較でき、どの投資が最も効率がよいか分かります。ROIが高い事業ほど投資対効果が高いといえ、集中して投資できるようになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる