FX初心者が稼ぐために

取引時間外にも取引できるPTS取引を解説

取引時間外にも取引できるPTS取引を解説

【株式投資】取引時間外にも取引できる「PTS取引」を解説

株式会社オーブレイン 代表取締役 (講演実績)一般向けセミナー、民間企業、高等学校、大学、資格専門学校、社団法人、NPO法人、商工会議所、男女共同参画センターなど(累計約1,000回以上)。(執筆実績)産経新聞、神戸新聞、Yahoo!JAPAN、ダイヤモンド社、わかさ出版など多数 ≪保有資格≫CFP、FP技能士1級、キャリアカウンセラー(CDA)、 1級DCプランナー(金融財政事情研究会) 、第二種証券外務員(未登録)、住宅ローンアドバイザー(金融検定協会) 【寄稿者にメッセージを送る】

岡田 佳久の著書

他の読者はこんな記事も見ています

  • ケンタッキー「ナゲット10ピース半額」 「新ツイスター(6/1~)」登場 待望のポテト復活も
  • 【かっぱ寿司】数量限定「極上カマトロ」&「週末限定クーポン」&「生ビール半額」5月ラストはお得が渋滞
  • セリア「スプレーボールペン&蛍光マーカー」110円でいつどこでもシュシュっと除菌 元救急隊がおすすめ

今参加できるセミナー

寄稿者の著書一覧 FPってなに? すまアレ 節約の達人 ふるさと納税の達人

スマートニュースグノシー ITmediaビジネスオンライン

© 2022 マネーの達人 All Rights Reserved. 無断転載を禁止します。
当サイトの提供する情報はその内容の真偽、正確性、安全性及び元本や利益を保証するものではありません。
記事に記載されている情報の実施はご自身の判断と責任において行ってください。

取引時間外にも取引できるPTS取引を解説

  • SOR注文は、東証の立会時間内のみ有効です。
  • ジャパンネクストPTS(JNX)は16:30より取引を行っておりますが、当社のPTS(ナイトタイムセッション)は注文受付開始時間・取引開始時間ともに17:00からとなりますので、ご了承ください。なお、ナイトタイムセッションのPTS株価、およびチャートは16:30~更新されます。
  • 6:00から6:30の間、システムの切り替えのため一時的に強制ログアウトされる場合がありますが、改めてログインすることで再度ご利用いただけます。
  • 夜間取引/PTS取引 取引ルールトップ
  • 取引時間/注文受付時間
  • 夜間取引/PTS取引の基本ルール
    > > > >
  • 取引時間

AIチャットボットに質問してみる

楽天銀行の口座連携がお済でない方

信用口座開設

AIチャットボットに質問してみる

商号等 楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者 加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

夜間取引(PTS取引)とは?15時以降も株取引ができる裏ワザを紹介

夜間取引とは、証券取引所の通常の取引時間外に取引する株式取引のことです。 また、PTSとは「Proprietary Trading System」の略であり、証券取引所の取引時間外の取引できるシステムを指します。 夜間取引(PTS取引)では市場の開いていない夜間に株取引を行うことで「東証」、「ジャパンネクストPTS」、「チャイエックスPTS」の3つの市場での取引ができます。そのメリットとデメリット、注意点について説明します。

夜間取引(PTS取引)とは?15時以降も株取引ができる裏ワザを紹介

押さえておきたい証券口座『楽天証券』の情報はこちらをクリック

楽天証券は低コストではじめられる、続けられる資産運用のサポートが特徴。 はじめてでも使いやすい商品が多く、楽天ポイントをゲットできるサービスも。 さらに楽天ポイントを使っての投資で、楽天市場でのお買い物時のポイントが最大+1倍になります。

  • ・ 夜間取引(PTS取引)を簡単に説明すると
  • ・ 夜間取引(PTS取引)のメリットとデメリット
  • 取引時間外にも取引できるPTS取引を解説 これから始める人のための注意点
  • ・ 夜間取引(PTS取引)が可能な証券会社

夜間取引(PTS取引)を簡単に説明すると

夜間取引(PTS取引)を簡単に説明すると

PTS取引とは、簡単に言うと、「 証券取引所の取引時間以外の時間に行う株取引 」のことです。

●夜間取引(PTS取引)をもう少し詳しく説明

PTS取引は、「Proprietary Trading System」の略称 取引時間外にも取引できるPTS取引を解説 で、日本語に訳すと「私設取引システム」です。

PTS取引は証券会社が独自に行っているもので、日本にはSBIジャパンネクスト証券の「 ジャパンネクストPTS 」とチャイエックス・ジャパンの「 チャイエックスPTS 」の2種類があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる