外国為替取引とは

外為トレードバトル

外為トレードバトル
---------------------------------------------------------------------------------------

10月23(水)のトレードバトルでは、勝者当てキャンぺーンを実施いたします。
キャンペーン対象者の方には、弊社の人気キャンペーン商品(食品)をお送りいたします。
※キャンペーンのお申込みには、ツイッターの登録が必要となります。
ツイッターアカウントをお持ちでいらっしゃらない方は事前にご登録ください。

外為トレードバトル

本日は私の大ファンである JFX小林社長 VS のりたんくさんとのトレード・バトルのご紹介です。

ヒロセ トレードバトル

トレードバトルキャンペーン期間
申込期間 2013年1月14日AM 9:00~2013年1月25日AM 9:00まで
取引期間 2013年1月21日AM 7:00~2013年2月2日AM 6:00まで

キャンペーン内容
■ キャンペーン取引期間中の累積損益合計ランキングによって 総額118万円キャッシュバック!

- 通貨ペア別 -
・ドル/円 1位5万円、2位4万円、3位3万円、4位2万円、5位1万円
・ユーロ/ドル 1位5万円、2位4万円、3位3万円、4位2万円、5位1万円
・ユーロ/円 1位5万円、2位4万円、3位3万円、4位2万円、5位1万円
・ポンド/円 1位5万円、2位4万円、3位3万円、4位2万円、5位1万円
・豪ドル/円 1位5万円、2位4万円、3位3万円、4位2万円、5位1万円

■ のりたんく氏に累積PIPS損益合計で勝った方 LIONFXストロベリーチョコレート
■ のりたんく氏に累積PIPS損益合計で負けた方 謹製芳彦瓦せんべい

しかし… 昨年11月に日本へ一時帰国した時に、一緒に飲みに行かせて頂いた 小林社長 ですが、こんなに演技がお上手だとは知りませんでした

友情編 恋心編と続いてますが、その次はどんな展開となるのか 先が楽しみです

N20 (松崎美子)

Author:N20 (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。
口座残高ゼロ経験あり

Net Money

2012年11月16日より 毎週金曜日 に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

Net Money

2013年7月8日より 毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!

第18回ガチンコバトル終了目前で、円安加速!
トラッキングトレード停止中の各プレイヤーは、
運用を再開した? カギはルール厳守の一貫性

トラッキングトレード ガチンコバトル・プレイヤー

【停止レート変更】
怠け者の楽々投資です。
今回のガチンコバトルも後半戦に入り、残り1か月ほどになったので、私の豪ドル円買い運用の利食い方向の停止レートを、89円から【86円】に変更します。
怠け者の楽々投資さんの運用詳細はコチラ ⇒ https://t.co/DiBcgQUtT6 pic.twitter.com/3OL7kRpLkm

外為トレードバトル — トラッキングトレード (@tracking_trade) March 10, 2022

あのまま89円の設定を動かさなければ…と客観的にはもったいない気もしてしまいますが、怠け者の楽々投資氏は運用を再開せず、次回(第19回)のバトルに向けて「 今の上昇(円安)がどこまで続くのか見ていきたい 」ということでした。

目先の相場に左右されず、決めたルールは守る!という一貫性が、利益を積み上げる秘訣なのかもしれません。

2位のチャーティスト先生は果敢に短期トレードに挑むも、今のところ苦戦中!?

累計実現損益2位は、46万995円のチャーティスト先生です。チャーティスト先生はユーロ/円の「売り」「買い」両建て戦略でバトルをスタートしましたが、前回当コーナーでお伝えしたとおり、2月中にすでに両運用とも停止していました。

今回のバトルは、3月17日(木)に怠け者の楽々投資氏が運用をストップしたところで全員が運用停止となったのですが、バトル残り1週間となった3月24日(木)に、チャーティスト先生が短期決戦でユーロ/円の「売り」運用を開始したんです!

【速報・運用再開!】
チャーティスト先生です。今回のバトルも残り1週間ほどになりましたが、短期決戦でユーロ円売り運用を開始しました!
チャーティスト先生の運用詳細はコチラ ⇒ https://t.co/fbIP56tZEe pic.twitter.com/8TkEz2lIsU

— トラッキングトレード (@tracking_trade) March 24, 2022

しかし、翌3月25日(金)に早々に損切方向の停止レート134.5円付近に到達してしまい、運用は停止。残った売りポジション13個は、翌週(3月28日~)の押し目を想定して保有としました。

仮に、この含み損をそのまま決済したとしても、46万995円の累計実現損益から引いて、18万6605円のプラスですから、今回のガチンコバトルをプラスで終えられる可能性は残されているのではないでしょうか。

ファンダメンタリスト氏が4位、そのマネ運用をしているトラトレめがね氏が3位に

続いて第3位は、ファンダメンタリスト氏のマネ運用をしているトラトレめがね氏で、累計実現損益は40万2245円4位ファンダメンタリスト氏で累計実現損益38万6976円となっています。

両者とも米ドル/円の買い設定で運用していましたが、ファンダメンタリスト氏は3月11日(金)に116.外為トレードバトル 74円付近まで上昇したところで運用を停止。それを見て、マネ運用をしているトラトレめがね氏も運用を停止しました。

運用を停止するにあたって、ファンダメンタリスト氏は 「引き続き米ドル円の上昇も予想されますが、バトルの残り期間を考え 」停止を決意したとのこと。怠け者の楽々投資氏の豪ドル/円同様、米ドル/円もその後上昇を続け、一時125円をトライするほどに!

バトル期間最後の週末を迎えるにあたり、ファンダメンタリスト氏は、「 残り1週間ですが、短期勝負での運用もありえます 」とコメントしていましたが、3月28日(月)終了時点では、まだ動きを見せていません。

役立つ情報満載のFXブロードネット公式サイト、マネ運用開始後のトラトレめがね氏の躍進ぶりにも注目!

一般のトラッキングトレードユーザーが、4人のプレイヤーのマネ運用ができる点、そして、各プレイヤーのトレード戦略やチャート分析、市況予想など、トラッキングトレードユーザーでなくても役立つ情報を、FXブロードネットの公式サイトで詳しく学べる点も、支持される理由となっています。

なぜ一般ユーザーが各プレイヤーのマネ運用をできるのか。それは、先ほどから紹介しているように、4人のプレイヤーが運用開始時や停止時、戦略変更時などに、逐一ツイッターで報告をしてくれるからなんです!

マネ運用トレーダーのトラトレめがね氏も、マネをするプレイヤーがツイッターでつぶやいたのを見て、自身の運用停止やポジション決済などをおこなっていますが、マネ運用を始めてから1年半の累積利益はなんと132万5070円に!

マネ運用開始後~第18回バトル途中までのトラトレめがね氏の実現損益

FXブロードネット・「今週のピックアップ」(2022年3月18日公開)

マネするだけで利益が得られるなんて、そんなうまい話があっていいの!? と思ってしまいそうですが、マネ運用にも注意すべき点があります。それは、「終始一貫、マネ運用に徹する」ということです。実はこれ、難しい側面もあるのではないかと思います。

つまり、マネをする場面があったり、マネをしない場面があったりすると、結果が安定せず、先に紹介したトラトレめがね氏のような成績を収められる可能性は低くなってしまうのではないかと思われます。

ですから、自己を抑えて機械的にマネをする!という心構えでスタートする必要がありそうですね。それができれば、トラトレめがね氏のようにきちんと結果を出せる可能性が高いのではないかと思います!

第18回ガチンコバトルの行方を見守りつつ、FXブロードネットの公式サイトのガチンコバトル関連コンテンツも、ぜひチェックしてみてくださいね!

FXブロードネットの公式サイト

◆ FXブロードネットの公式サイト

優勝賞品は特製トロフィー!外為どっとコムのFXデモトレードアプリ「Be a trader!」でトレードバトル!

デモトレードで、狙えAmazonギフト券! 外為トレードバトル
僕のアイコンを使った、 JIN特製トロフィー もぜひ狙ってみてくれよな!

外為どっとコムのFXデモトレードバトル

外為どっとコムが提供するFXデモトレードバトル:Be a trader!

デモトレードですから最初みんな資金は同じで、本当のお金じゃありません。
今まで資金力がなくてFXに参加できなかった人も、デモトレードなら誰でもできるところがいい所ですよね。

優勝賞品はJINトロフィー

FXデモトレードはただFXの練習をするだけでなく、上位100位に入ればAmazonギフト券が賞品でもらえます。

外為どっとコムは取引ツールが豊富!使いこなして相場を読もう

僕もよく使ってる “外為どっとコムの取引ツール” を、使いこなしてくださいね。

外為どっとコムの売買ポジションで、他のトレーダーの方向性をみる

外為どっとコムのFXツールでは、 外為トレードバトル 他のトレーダーが売り・買いそれぞれどのレートにどのくらい出されているか 、注文情報で確認できます。

他のトレーダーが予測して出している注文ですから、自分が予想した方向性と合っているか見てみてください。
もちろん他のトレーダーも予想を外しますから、確実に今後の展開がわかるわけではありません。

しかし多くのトレーダーの予想が集中していれば、信憑性は高いのではないかと思います。
確率論ですがFXでは他のトレーダーのポジションに影響されますから、 注文量が多いところは反発の可能性が高い わけです。

自身のテクニカル分析で今後の方向性を予測して、他のトレーダーの予想と答え合わせをする。
FXも勉強と同じで何度も練習してこそ、予測の精度も上がるはずですよ。

大きく注文方向が偏るときは要注意

動画でも紹介しましたが、4月の米ドル円110円ラインの反発は、 大きく110円付近で売り注文 が重なっていました。
さすがにこれだけ米ドル円も強い状況なら、 多くの投資家が110円くらいで反発する と考えていたのでしょう。

僕の予想通り、米ドル円は110円付近で反発。
その後も110円付近をフラフラしていますが、110円付近で精神的な壁があることは、注文情報でも明らかだったわけです。

片方にポジションが偏れば、その後に大きく動く兆候かもしれません。
普段から眺めていると、何かと気が付くことがあるはずです。

トレードツールを使いこなしてこそ、一流のトレーダーです。
外為どっとコムなら標準でトレードツールが揃っています から、ぜひ使いこなしてくださいね。

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析の両面から予想する

何が起きても不思議ではないFXでは、 多くの情報から判断した方が合理的 なのはいうまでもありません。
テクニカル分析だけでは先の展開は読みづらいですし、ファンダメンタルズ分析だけでもわからない。

チャート分析・経済指標ニュース・ポジション比率と、外為どっとコムではFXの情報を入手するためのツールが揃っています。
あとはあなたの経験と勘が揃えば、FXトレードで利益が出せるわけです。

今回はデモトレードだから、誰でも参加できます
トレードの実力だけ!ガチンコ勝負!

BigBoss、7月19日よりFXトレードバトル投票キャンペーンを開催

blockHeadVisual

BigBoss のFXトレードバトルキャンペーンは、同社の公式グローバルアンバサダーを務める総合格闘家のボブ・サップ氏と、初代・第3代K-1 WORLD GPクルーザー級王者であるシナ・カリミアン氏が、FXトレードで対決する前代未聞のビッグイベントだ。ユーザーは両氏のトレードバトルの勝敗を予想することで、大量のボーナスを獲得することができるという。同キャンペーンの詳細に関しては7月19日に発表される予定だが、それに先立ち、FXトレードバトルキャンペーンの予告サイトにて、サップ氏とカリミアン氏のインタビュー動画が公開されている。

2013年に創業した BigBoss は、セントビンセント・グレナディーンにおいて効果的に国際展開を図ることができる国際事業会社(International 外為トレードバトル Business Company, IBC)としての認可を受けた海外FXブローカーだ。日本を始めとするアジア諸国で知名度の高いボブ・サップ氏の起用など、 BigBossはブランディング戦略 として様々な施策を講じ、着実にユーザー数の増加に成功している。また、International Business Magazine Awardsにて BigBossは3つの賞を受賞 するなど、ブランド力も高めている状況だ。更に、同社では今回のFXトレードバトルキャンペーンのような期間限定キャンペーンが非常に豪華であることに加え、 BigBoss と当社(FXplus)がタイアップした5,000円の新規口座開設ボーナスや、1ロット当たり4ドル相当のクレジットを付与する無制限取引ボーナスを常時開催している。

release date 2021.07.14

BigBoss のトレード環境を概観したい。同社最大の特徴は、GoogleやAmazonといった名だたる企業を顧客に持つEquinix(エクイニクス)のトレーディングサーバーを活用した高速約定だ。 BigBoss は業界トップクラスの約定力を誇っており、ヘッジファンドや機関投資家の大口注文も安定して執行できるという。また、2021年4月より BigBossは最大レバレッジを999倍 に引き上げており、より資金効率を高めた取引が可能な他、FOCREXと呼ばれる仮想通貨(暗号資産)取引所を運営しており、仮想通貨の現物取引ができる。更に、同社は競合他社との差別化を図るべく、VPN(Virtual Private Network)を利用しないコピートレードシステムであるMASS(Multi Account Sharing System)をリリースした他、MetaTrader5(MT5)を導入する予定である。その他、 BigBoss のサポートデスクは完全日本語対応であり、ブログやメルマガなどを通じた市況情報の提供も日本語で配信しており、日本人にとって使い勝手の良い海外FXブローカーと言える。同社が、更なる顧客取引の活性化に向けて如何なるソリューションを提供するか今後も注目したい。

第1位


現役FXトレーダー1000名に聞き取り調査(調査元:投資の教科書)

2013年10月23日(水)トレードバトル!


申込時間:2013/10/23 19:45~20:30

重要なお知らせ

<放送時間>2013年10月23日(水)20:00~22:00
<出演者>八千草氏・alohawaii氏・小林芳彦
<放送内容>八千草氏・alohawaii氏によるトレードバトルを生Liveで速報します。

クリックするとバージョンアップ情報がご覧いただけます

<出演者プロフィール紹介>

八千草氏:

最近は短期の取引が中心だったが、2012年12月にドル円350万通貨を81.10円で買い、2013年に持越し、利益に耐えるストレスで1円玉ハゲが出来たが、約6円の上昇幅で利確し約2,100万円の収益を得た。
---------------------------------------------------------------------------------------
外為トレードバトル
alohawaii氏:

今年は、元金の年10%~20%の利益です。年単位で目標を決めています。月だとマイナスもあり、
プラスもある感じです。私にとって、銀行の金利に比べると十分な数字です。
---------------------------------------------------------------------------------------

小林芳彦:
1979年3月慶応義塾大学商学部卒、同4月株式会社協和銀行入行。外国為替研修生・営業店外国為替業務経験後、1987年から本店資金為替部調査役。インターバンク(フォワード)ディーラー・カスタマーデスクヘッドなどを歴任後、1989年10月よりクレディスイス銀行(資金為替部長)、1997年クレディスイス・ファーストボストン銀行(シニアセールス)、1998年バイエリッシェ・ヒポ・フェラインス銀行(外為トレードバトル 為替資金部長)、2001年バンク・オブ・アメリカ(為替資金部営業部長)で当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(外為トレードバトル 日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。

パスタ調理

2013.10実施「パスタキャンペーン」↓画像をクリックするとキャンペーンページにリンクします。

パスタ調理

2013.10実施「パスタキャンペーン」で八千草様より調理いただいた写真です。ボーノ!

番組中にご紹介できなかったので本ページにてご紹介させていただきます。
<八千草様トレードルームお写真>

<alohawaii様トレードルームお写真>

---------------------------------------------------------------------------------------

10月23(水)のトレードバトルでは、勝者当てキャンぺーンを実施いたします。
キャンペーン対象者の方には、弊社の人気キャンペーン商品(食品)をお送りいたします。
※キャンペーンのお申込みには、ツイッターの登録が必要となります。
ツイッターアカウントをお持ちでいらっしゃらない方は事前にご登録ください。

■キャンペーン詳細
キャンペーン申込期間:2013/10/23(水)19:45 ~20:30
トレードバトルの勝者を予想し当てた方にキャンペーン商品(食品)をプレゼント!
■キャンペーン条件
①当社小林芳彦のツイッター(@JFXkobayashi)のフォローをすること。
ツイッターのアカウントをお持ちの方⇒@JFXkobayashiさんをフォロー
ツイッターアカウントをまだお持ちでない方⇒(ツイッター登録・フォロー方法はこちら)

Twittercp申込ボタン

【注意事項】
・同一住所からの複数のお申込みがあった場合は、一番最後の方のお申込みを対象とさせていただきます。
・同一人物による複数のツイッターアカウントのお申込みは全てキャンペーン対象外とさせていただきます。
・キャンペーンのお申込み内容に不備があった場合はキャンペーンの対象外とさせていただきます。

■関東財務局長(金商)第238号/(社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

copyright c 2015 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる