トレードを学ぶ

取引ルールと仕組み

取引ルールと仕組み
商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 取引ルールと仕組み 一般社団法人 日本STO協会

流通業界における商流・価格構造・取引ルールについてお話できます

■その他
どちらでご経験されましたか?: 三菱食品株式会社 商品開発本部 担当部長
ダイエー 商品本部 グロサリー
いつごろ、何年くらいご経験されましたか?: 1980月4月 〜 2016年6月
その時どのような立場や役割でしたか?: ダイエー・明治屋商事 取引ルールと仕組み バイイング業務及び部門管理 加工食品PB商品の開発指導
三菱食品 加工食品PB商品の開発指導
得意な分野・領域はなんですか?: 加工食品全般
地域: 東京 札幌
役割: バイヤー 部長
規模: 1部上場会社 従業員4000人以上

プロフィール 詳細を見る

ダイエー グロサリーDIV DMM
明治屋商事 執行役員 RS推進部 食品商品部担当
三菱食品株式会社 フードコーディネート本部 副本部長
株式会社リリーコーポレーション代表取締役社長
三菱食品株式会社 商品開発本部 本部長付 担当部長

  • コンサルタント 2016/7 - 現在
  • 商品開発本部 担当部長 2014/4 - 2016/6
  • 理事 フードコーディネート本部副本部長兼MYブランド推進部長 2011/10 - 2012/3

リリーコーポレーション株式会社

  • 代表取締役社長 2012/4 - 2014/3

明治屋商事

  • 執行役員 営業本部副本部長兼食品商品部 2006/4 取引ルールと仕組み - 2011/10
  • DMM 1980/4 - 2006/3

謝礼金額の目安

似ているトピック

経営戦略・販売・組織・内部統制・食品関連法規・物流実務について話せます

■背景 三菱商事に36年間勤務。2011年理事食品本部長、2013年理事北海道支社長。その間、一貫して食品を担当。2回の海外駐在(ニューヨーク、上海)、小売業(1部上場)、コンビニ専用物流会社、菓子・食品・酒類卸会社での勤務。三菱商事退職後2015年から6年間2部上場及び1部上場会社の常勤監査役や、日本監査役協会本部実務部会幹事を務め、以下の分野に対するノウハウを蓄積した。 ■話せること ・食品輸出入実務、 ・食品関連法規 ・食品流通実務 ・物流実務 ・内部統制(金商法、会社法内部統制システム)関連知識 ■その他 2022年4月に中小企業診断士資格を取得。コンサルタントとして独立

海外人材マネジメントについて話せます

■背景 現在はフリーランスとして、企業経営者に対して経営戦略や事業戦略のアドバイスを行っています。 ・ソニーではエンジニアとしてキャリアをスタートし、事業部長としては予算規模1,000億円の事業部を統括しておりました。 ・日本電産では、汎用モーター事業部(予算規模約1,500億円)の本部長兼常務執行役員として事業戦略の構築、エグゼキューションを管掌。M&Aについても、買収候補先の選定、企業価値算定から交渉、PMIまでをすべて実務として経験しておりますので、特に事業の成長角度を変える経験に富んでいます。 大企業の事業責任者から、スタートアップの経営者まで、幅広にご相談をお受けしております。 ■話せること PMIにおける海外人材のマネジメントについて

【流通業のリベートについて(FMCG)】流通業のリベート契約の種類・仕組み・交渉など全工程についてお話しできます。

■お役にたてそうと思うご相談分野 ・小売業界のリベート契約に関係する全工程 ・リベート契約についてのスケジュール感 ・リベート契約に関係する項目(棚割、販促、商品投入、売場展開、など) ・卸売業の役割/小売業、メーカーとの関係、調整など ・メーカーとの関係/交渉 ・フロントマージンとリベートのバランスなど 基本的な考え方は消費財は共通することが多いため、商品部での経験カテゴリー外であっても お応えすることが可能なことが多くございます。 ■具体的な経験の内容 (小売の立場として) ・大手ドラッグストアの商品本部バイヤーとして、リベート契約に関しての全工程を経験 ・外資系ホールセラーの商品本部マーチャンダイザー/バイヤーとしてリベート契約に関しての全工程を経験 (卸売業の立場として) ・卸売業のアカウントマネジャーとして、リベート契約に関係する各種調整の全工程を経験 ■業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無 (経験業界) ・ドラッグストア ・ホールセラー(スーパーマーケット) ・コンビニエンスストア (経験カテゴリー:バイヤー/マーチャンダイザーとして) ・飲料、酒、お茶、コーヒー ・菓子 ・日配(和洋デイリー商品全般)、冷凍商品 ・加工食品(調味料、レトルト、乾物など全般) (経験カテゴリー:卸売業アカウントマネジャーとして) ・ペットフード、用品 (経験カテゴリー:ストアマネジャーとして) ・ドラッグストア取り扱いの全カテゴリー

取引ルールと仕組み

チャージバックとは?クレジットカードの不正利用の仕組みと対策を解説しています。

チャージバックは、「VisaやMaster Cardなどの国際ブランドが定めた不正な取引や処理からカード会員を保護するルール」として定められており、このルールに基づき運用されています。チャージバックが発生した場合、カード会社にはなぜチャージバックとなったか、理由を表すリーズンコードと共に通知されます。

  • サービスが提供されていない、または商品を受領していない
  • 有効期限切れのカード
  • 通貨コードまたは取引コードのエラー
  • 取引ルールと仕組み
  • ドキュメントが無効またはドキュメントに不備があるため
  • 非対面決済における不正利用 取引ルールと仕組み / カード会員の利用認否

「クレジットカード売上の取消」を指す言葉であって、

そのため、オンラインクレジットカード決済で発生するチャージバックの中でも、クレジットカード不正利用によるチャージバックが非常に目立つ様になっています。

クレジットカードの不正利用とは?

日本クレジット協会の発表(2019年3月)によると、2018年の年間を通じたクレジットカードの不正使用による被害金額は約219億円であり、2017年以降、「番号盗用」と呼ばれる不正使用による被害が急増していることがわかります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる