初心者にもおすすめ

取引所取引の定義

取引所取引の定義
日本取引所グループより抜粋

「取引所」の定義を広げる──SECの提案に懸念の声

米証券取引委員会(SEC)は、「コミュニケーション・プロトコル・システム(CPS)」のSECへの登録と、記録、取引監視、報告を義務づける提案を発表した。 ここでのCPSとは、証券の買い手や売り手が「やり取り」する手段を提供するシステム、あるいはプラットフォームと定義されている。 この広範かつ新しいアプローチによって、暗号資産(仮想通貨)、その中でも特に分散型金融(DeFi)がSECの規制対象になってしまうのではないかという懸念が、暗号資産業界を吹き荒れている。 そうなれば、アメリカを拠点に暗号資産プロジェクトを運営するリスクを劇的に増加させるような執行行為が、絶え間なく押し寄せてくる可能性がある。

多くの懸念

アメリカの暗号資産市場に参加するすべての人が、声を上げることが不可欠だ。SECは4月18日まで、この提案に対するコメントを募集しており、すべての懸念を検討し、それに対処するまでは、最終的なルールをまとめることはできない。懸念は山積しているのだ。 出発点となる2つの大きな問題がある。 第一に、どのトークンが証券なのか?この長年の疑問に、SECの提案は明確な答えを与えてはいない。次に、SECはそもそも、この提案の範囲に暗号資産も含めようと意図していたのか?654ページに及ぶ提案のどこにも、暗号資産、DeFi、ブロックチェーンプロトコルは言及されておらず、疑問の余地が残るのだ。 SECは単純に、暗号資産は関係ないと明言することで、これらの問題を解決できる。そうしてくれることを、願わずにはいられない。

ゲンスラー委員長の指揮のもと、SECは暗号資産への監視強化を行う意思を示してきた。鍵となるのは、その方法だ。法律、規制、執行といったアプローチが、暗号資産をSECの管轄内に引き込むためのオプションとなっている。今回の提案が、そのような規制設定のためのSECの最初の取り組みだとすれば、暗号資産業界の方としても、多くの言い分が生まれてくるはずだ。 暗号資産業界側の懸念の最たるものは、このルールがSECの権威を超えるものではないか、という点だ。SECは取引所を規制するが、取引所とは従来、買い手と売り手が実際に売買を行うプラットフォームのことを意味し、付随的なサービスやプラットフォームは含まれなかった。 今回のルールは、その範囲を売り手と買い手が売買について単に話し合うだけのプラットフォームへと広げるものだ。これは大きな変化であり、SECはそのような変更を行う許可を、議会から得てはいない。 さらに今回の提案は、非現実的だ。CPSを「可能にするもの」に登録を義務づけるのだが、「可能にするもの」の意味するところは、謎である。

小池 善明

1.株式市場への上場促進
経済の成長・発展のためには、企業が増えていかなければならないところです。
企業を育て、上場して、更に成長して頂けるよう活動をしております。
2.企業を支える投資家を育てる
個人投資家向けのセミナーの実施、また “貯蓄から資産形成へ”のスローガンのもと、
株式以外の商品のバリエーションを広げ、より市場を利用して頂ける環境づくりを図って参ります。
3.投資家と企業を結び付ける市場の育成
金融・証券の情報発信基地として、情報の受発信を活発化して行きます。

指針を踏まえての活動といたしましては、
① 道内企業に対して、将来を見据えた人材確保や知名度アップのための新規上場による公開企業化と
企業成長を促すため、これに対応した各種セミナー活動や企業成長のための勉強会、
上場制度の見直しのための研究会などの活動を活発化させています。
② また一般投資家の皆様への情報提供として、適宜ホームページを見直しリニューアルして
個人投資家向けIR、資産形成セミナーなどを外部団体とも協調して開催、配信しております。
③ その他今後も当面はリアル活動の制約の中でもWEB の活用拡大などを図り、取引所の
「情報の受発信機能」を一層充実してまいりたいと思っております。

札幌証券取引所 概要

アクセスマップ

〒060-0061 取引所取引の定義 札幌市中央区南一条西5丁目14番地の1 ■地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」駅1番出口(昭和ビル)から徒歩2分

札幌証券取引所のご紹介

札幌証券取引所は、1949年(昭和24年)に設立され、翌年4月から会員17社をもって、取引が開始されました。
取引所の役割の一つは、上場有価証券の売買取引を行うための市場です。公益・投資者保護の観点から、取引の公正な価格形成と円滑な流通を図ることを目的としております。また、企業が発行する株券・社債等の上場申請を受け、これを審査し、市場へ上場していきます。
札幌証券取引所は、企業の資金調達等が円滑に行えるよう上場審査基準の緩和を図るなど、新規上場の促進に努めています。
そのほか、上場企業の重要情報の適時適切な開示(ディスクロージャー)、あるいは、売買にかかる相場情報の公表を証券会社、報道機関等へ迅速に伝達しています。
これからも「使い勝手のよい市場」を目指し、制度改革、システム改革に取り組んでいきます。
以下、「取引所の役割」、「組織・会員・機構」、「有価証券の上場と管理」などについて、ご説明します。

1.取引所の役割

企業は、事業活動を続けるための資金を広く一般から調達するために、株式や債券を発行しています。
これらの株式や債券に投資した人は、いつでも適正な価格で換金できることを望みます。しかし、自分で相手を探すことは非常に困難なので、証券会社に委託して公正な価格で売買を行ってもらいます。
取引所は、これら有価証券の売買等を行うために必要な市場を開設し、公正な価格の形成と円滑な売買ができるよう市場の運営と管理を行い、公益と投資者の保護をはかっています。
全国には、東京、名古屋、福岡、札幌の4ヵ所に証券取引所がありますが、札幌証券取引所は、北海道を中心に有価証券の売買取引等の流通市場として機能し、地域産業振興と国民経済の発展に大きく寄与しています。

3.取引所取引の定義 会員・機構組織

札幌証券取引所は、金融商品取引業者を会員とする会員組織の法人です。
金融商品取引法に基づき免許をうけて設立され、業務運営についても内閣総理大臣等の監督をうけています。
札幌証券取引所の最高の意思決定機関は会員総会であり、また取引所の業務の運営方針は理事会で決定します。
理事会は、理事長、会員から選ばれる会員理事、会員以外から選ばれる会員外理事及び常任理事によって構成され、公正を旨として運営されます。
機構組織図PDFはこちら

4.有価証券の上場と管理

取引所で売買取引が認められた有価証券を上場有価証券と呼びます。
有価証券の上場は、有価証券の発行者から上場申請が行われると、公益、投資者保護のため必要かつ適当であるかに重点をおいて総合的に審査を行います。
取引所が上場の承認を行ったときは、その旨を内閣総理大臣等へ届出します。
取引所は、投資者が適切な投資判断を行ううえで必要な情報を、適時、正確かつ公平に提供するため、タイムリーディスクロージャー(会社情報の適時開示)に努めています。上場会社から毎事業年度の業績・財産状況などを詳しく記載した有価証券報告書の提出や、その他有価証券の投資判断に影響を与える重要な会社情報の報告をうけ、広く一般の閲覧に供したり、報道機関を通じてその周知をはかるなど上場有価証券の管理に万全を期しています。

■上場・管理概図

上場・管理概図

5.売買と決済

売買の方法は、公正を図るため、競争売買によります。
売り注文については、最も低い値段の注文が他の注文に優先し、買い注文については、最も高い値段の注文が他の注文に優先します (価格優先)。同じ値段の注文であれば、最も早く市場に出された注文が他の注文に優先します(時間優先)。
取引所では、平成15年1月14日決済分より、取引所の有価証券の決済に係る業務を、株式会社日本証券クリアリング機構に移管しました。
平成12年8月からは、札幌証券取引所の単独上場銘柄にかかる売買の立会場(場立制度)を廃止し、「システム売買」に移行しました。なお、平成19年11月からは、CBを除く重複上場銘柄についても、「システム売買」に移行しました。

先渡取引 (さきわたしとりひき)

企業会計ナビ

EY is a global leader in assurance, consulting, strategy and transactions, and tax services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in 取引所取引の定義 economies the world over. We develop 取引所取引の定義 outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.com.

© 2020 EYGM Limited. All Rights Reserved.

This material has been prepared for general informational purposes only and is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please refer to your advisors for specific advice.

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。

【保存版】日本の株式市場の取引時間はいつ?取引所の種類も解説

日本の株式市場

市場再編

東京証券取引所の資料を元に作成

プライム市場は日本で最も審査基準が厳しく社会評価が高い株式市場であり、国内外を代表する大企業が集結しています。

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • 三菱商事(8058)
  • 取引所取引の定義
  • ソニーグループ(6758)
  • 松竹(9601)
  • リクルートホールディングス(6098)

②スタンダード

スタンダード市場はプライム市場と比べて取引の出来高などは小さいながらも、高い実績を誇る有名企業や中小企業が上場しています。

  • ブルボン(2208)
  • 日本KFCホールディングス(9873)
  • スターフライヤー(9206)
  • ヨネックス(7906)
  • フマキラー(4998)

プライム/スタンダード市場比較

日本取引所グループより抜粋

グロース市場は日本の株式市場の中でも、成長可能性を秘めたベンチャー企業が多く上場する市場です。

  • メルカリ(4385)
  • ウェルスナビ(7342)
  • BASE(4477)

スタンダード/グロース市場比較

日本取引所グループより抜粋

さらに事業の継続性や安定性重視の「スタンダード市場」と、成長性重視の「グロース市場」という二部構成である点も注目です。

金融商品取引法とは|目的と概要・法の禁止事項を分かりやすく解説

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

<金融商品取引法 第1条>

この法律は、企業内容等の開示の制度を整備するとともに、金融商品取引業を行う者に関し必要な事項を定め、金融商品取引所の適切な運営を確保すること等により、有価証券の発行及び金融商品等の取引等を公正にし、有価証券の流通を円滑にするほか、資本市場の機能の十全な発揮による金融商品等の公正な価格形成等を図り、もつて国民経済の健全な発展及び投資者の保護に資することを目的とする。

【引用:金融商品取引法 第1条】

金融商品取引法の目的について

  • (1)投資性の強い金融商品に対する横断的な投資者保護法制(いわゆる投資サービス法制)の構築

  • (2)開示制度の拡充

  • (3)取引所の自主規制機能の強化

  • (4)不公正取引等への厳正な対応

なかでも最大の変更点は、集団投資スキーム、信託受益権などを「みなし有価証券」と規定し、同じ法律の枠組みのなかで取り扱うようにしたことで、金融商品市場の健全化を図ったことでしょう。

  1. 第一種金融商品取引業
  2. 第二種金融商品取引業
  3. 投資助言・代理業
  4. 投資運用業

株式投資の口座を開設する証券会社は第一種金融商品取引業に該当します。また、金融商品取引業者が行う金融商品の販売や勧誘等の業務は、外務員として登録された従業員しか行うことができないので、覚えておきましょう。このように、金融商品という特性上、厳格に取り決めがなされています。

金融商品取引法のルールを解説

適合性の原則の遵守と断定的判断の禁止

金融商品取引法のルールで重要なのが、「適合性の原則」と「断定的判断の禁止」の2つです。

適合性の原則は、業者の勧誘を行う際には、「顧客の知識、経験、財産の状況、取引の目的に照らして、適切な勧誘を行わなければならない」というもので、堅実な投資をしたい投資家に対してハイリスクなものを紹介するなどの対応をしてはいけないというルールです。

損失補てん等の禁止

金融商品取引法では、こういったルールを「損失補てん等の禁止」として定めています。損失補てん等の禁止では、実際に損失を穴埋めするだけでなく、損失の穴埋めを約束するようなこともしてはいけません。

インサイダー取引の禁止

金融商品取引法では、「インサイダー取引」についても禁止しています。

上場企業等に一定情報を開示すること

金融商品取引法では、投資家が投資対象に対して、充分な投資判断材料を入手できるよう、上場企業等に一定の情報を開示するよう決められています

上場企業等が開示する情報としては、年に1回作成される事業内容や、経理状況などが記載された「有価証券報告書」、四半期ごとに提出される「四半期報告書」、「半期報告書」などの情報がこれに該当します。

有価証券報告書や、四半期報告書、半期報告書以外にも企業の財政や経営に大きな影響を与えることが生じた場合には、「臨時報告書」や、会社の重要情報を開示しなければなりません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる