外国 為替 取引

月足での相場の大勢確認

月足での相場の大勢確認
みんなのシストレ webサイトより

株式投資はチャートをうまく活用しよう!おすすめ証券会社やスマホアプリも紹介

株式投資はチャートをうまく活用しよう!おすすめ証券会社やスマホアプリも紹介

2022年現在「松井証券株アプリ」がリリースされており、機能面で「株touch」から大幅にパワーアップしています。「株touch」では資産状況の把握すらWebサイトへ移動して確認しなければいけませんでしたが、「松井証券株アプリ」ではアプリ上で確認できるようになりました。 その他、銘柄検索や注文機能も充実したため、「株touch」を使う意味はありません。松井証券を利用する人は「松井証券株アプリ」を使いましょう

GMOクリック証券(GMOクリック 株)

アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
GMOクリック証券 GMOクリック 株
iClick株(iOS)
逆指値

GMOクリック証券(GMOクリック 株)の特徴

こちらも2022年現在「GMOクリック株」がリリースされており、これまでiPhoneとAndroidで別名称だったアプリが統一されました。気になる銘柄を長押しするとチャート、保有状況、新着ニュースを1画面で一覧できる「ブラウジングモード」が便利です。

チャートのテクニカル分析を3つまで保存して切り替えできるだけでなく、11種類のチャート描画機能も備えています。サービスが終了した「株roid」と比べて大幅にパワーアップしています。

DMM.com証券(DMM株)

DMM株

アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
DMM.com証券 DMM株 逆指値
米国株取引

DMM.com証券(DMM株)の特徴

初心者向けの「かんたんモード」と詳しい情報が見られる「ノーマルモード」の切り替えができるアプリです。投資経験が浅いうちは「かんたんモード」にして、慣れてきたら「ノーマルモード」に切り替えるなど、投資経験に合わせて使い分けられます

ただし、モード切り替え以外に特徴のある機能は少なく、チャートの表示数も13種類、一度に表示できるのは2種類までです。

岡三オンライン証券(岡三ネットトレーダーWEB2)

アプリ名 iPhone・Android対応 PCとの同期 主な特徴
岡三オンライン証券 岡三ネットトレーダーWEB2 逆指値

岡三オンライン証券(岡三ネットトレーダーWEB2)の特徴

パソコンで使える「岡三ネットトレーダープレミアム」の下位互換という印象がぬぐえないアプリです。別アプリ「岡三ネットトレーダースマホ」もありますが、特段使える機能に差はなく、なぜ別々のアプリで提供されているのか理解に苦しみます。

スペック表では最低限の銘柄チェックや注文ができるのみで、資産の確認は全てパソコンに委ねられています。あくまでパソコンのサブ的な立場にとどまるため、他社のスマホアプリを使うほうが良いでしょう。

投資初心者におすすめの証券会社

ここまで紹介した証券会社以外に、初心者でも使いやすい証券会社が1社あります。

  1. シンプルなチャートで使いやすいLINE証券
  2. LINE証券の会社概要
  3. 初心者でも分かりやすい注文画面
  4. 1株単位でリアルタイムの売買が可能

シンプルなチャート表示のLINE証券

LINE証券は、スマホでの株式取引のしやすさにこだわっています。チャートはローソク足、移動平均線、出来高の3種類のみで非常にシンプルです。

初心者にとっては、詳しい分析ツールが20種類〜30種類あっても使いこなせないでしょう。最低限の表示ができれば十分と考えるのであれば、LINE証券は情報がコンパクトにまとまっており、初心者でも使いやすいです。

LINE証券の基本情報

LINE証券は、2019年にLINE Financial株式会社と野村ホールディングス株式会社がタッグを組んでできた証券会社です。初めはLINEアプリからのログインしかできませんでしたが、現在はスマホやパソコンのブラウザからでもログインできます

機能が絞られている分初心者にもわかりやすくなっており、取引画面やチャート画面でも迷うことなく直感的に操作できるのが特徴です。

LINE証券は株購入までのステップが簡単

LINE証券は、他社と比べて複雑な注文ができない分、株式購入までのステップが簡単です。 購入する株価を決めたい場合は取引画面で価格と数量を入れるだけで完了し、株価を決めずに購入する場合は数量を入れるだけで完了します。

他社の取引画面なら4ヵ所〜5ヵ所入力・指定しなければいけない注文が、わずか1ヵ所〜2ヵ所の入力でできます

LINE証券は1株(数百円)から株の売買が可能

LINE証券は、100株未満の売買に力を入れています。100株未満の株は単元未満株と呼ばれ、株式は通常100株単位でしか取引していないので、他社はリアルタイムで取引できません。

単元未満株

取り扱っている証券会社でも、注文が成立するのは11:30以降または15:00以降に固定されています。それまではいくらで売買できたのかわかりません。 LINE証券なら、単元未満株の注文でもリアルタイムで成立します。有名企業の株なら手数料も最小0.2%と、単元未満株のリアルタイム注文の中では最低水準です。

テクニカル分析も万能ではない

テクニカル分析は200年以上の知見がありますが、決して万能ではありません。 株式投資に絶対がない以上、万能な分析など存在しません。

  1. テクニカル分析は過去に基づく分析でしかない
  2. 一つの手法を疑う目を持つ
  3. 企業の決算や四季報も活用する

過去事例が将来も続くとは限らない

テクニカル分析は、過去に同様の事例があれば、その事例通りに動くと仮定して分析しています。膨大なデータに基づく分析なので的外れではありませんが、過去の事例が将来も続くわけではありません。

2022年現在、株式投資を行う個人も増え金額も増えています。これだけ市場に参加する人が増えれば、過去のチャートに基づいた分析も機能しないことがあります

1つの手法に拘りすぎない

株式投資では、1つの手法に拘りすぎないのが鉄則です。仮に1つの手法で10回中9回うまくいったとしても、最後の1回で想定とは逆に動いてしまうことがあります。

1つの手法に拘りすぎてしまうと、手法も絶対ではないことを忘れてどんどん損失を拡大させてしまいます。他の分析手法も頭に入れ冷静に分析し、時にはこれまでうまくいった手法を疑うのも大切です。

ファンダメンタル分析も活用する

他の分析手法として、ファンダメンタル分析も活用しましょう。ファンダメンタル分析は、企業の決算や財務状況、ニュースなどで将来性を判断して取引する分析方法です。

証券会社のチャートツールの大半は、各企業の四季報を確認できるようにしています。四季報は、年間4回出る企業の決算をもとに、将来性や独自予想も含めてまとめたものです。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違い

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違いは、過去の情報をどれほど重視するかです。 テクニカル分析は、過去の値動きに基づいたチャート分析から行うため、過去の情報が全てです。

一方、ファンダメンタル分析は未来の情報を重視します。 現状の決算や過去の決算も見ますが、企業の状況や新事業の状況などを見て「将来この会社は成長しそうか」という視点で分析します。 実際に成長するかどうかはわからないため、人によって真逆の判断になることもあり、客観性はテクニカル分析より低いです。

チャートを勉強したい投資初心者におすすめの本は?

「ではさっそく、テクニカル分析を使ってみよう!」と思い立っても、全く知識がなければ分析できません。投資初心者なら、まずは勉強して知識を身につける必要があります

  1. 7日でチャートの基本をマスターする本
  2. チャートを詳しく理解するための本
  3. 実際のチャートで練習できる本
  4. チャートの練習問題で実践できる本
  5. 超短期取引について学べる本

7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本

初心者2人と先生が登場し、対話形式が一部取り入れられており読みやすいです。

1日ずつステップを踏みながら、テクニカル分析で重要なチャートについて、基本的な指標や買いサイン、売りサインを中心にマスターしていきます

7日目では、初心者が陥りやすい失敗例も挙げながら、株で失敗しないためのポイントもまとめられています

投資に使える知識のみに絞っているので初心者でも分かりやすく、チャートや絵も交えて丁寧に解説されており読みやすい1冊です。

株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書

「最低限」のタイトルに反し、売り買いのタイミング、決算、増資、IPO、トレンド、吹き値など、とにかく事細かに記載されている本です。

読み込んで理解するには根気が必要で、全体的に文章が多く読みやすくはありません。

初心者向けに書いた本ではなく、プロ投資家が「個人投資家は、これくらいは最低限理解してほしいよね」という考え方で書かれた本です。

解説は丁寧にされているので、文章を読むのが苦にならない人で、チャートについて詳しく理解したい人にはおすすめです。

株価チャート練習帳

単に読んで理解するだけではなく、ローソク足、移動平均線、出来高について実際のチャートを使った練習ができます内容の講義、図を用いた説明、実際のチャートを用いた練習問題と解説という3ステップで全ての項目が書かれています。

3つの指標は、チャートの中で基本的な指標ですが奥が深く、正しく使うには実践的な理解がなければいけません

投資初心者が実践的な理解を目指して読んでも良いですし、ある程度知識を身に着けたあとの確認用として読んでもためになる本です。

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳

後半は全て練習問題になっており、チャートを実践的に理解できます。チャートに必須のキーワードを5つにまとめており、日経平均に対する理解も深まります

2008年3月に出版された本で、日経平均に組み入れられている企業は現在と異なっているので、読む上で注意は必要です。 それでも、儲けるためのコツやチャートのポイントを押さえて、後半の練習問題で実践力まで身につく構成になっており、実践的に理解できる本です。

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳 スキャルピング編

スキャルピングという、わずかな時間と利幅で1日に何回もトレードする超短期取引を解説しています。基本的なチャート分析は理解した上で、一つの投資手法として読むべき本です。

スキャルピング

超短期取引をする上で絶対に理解しておかなければいけない指標について、詳しく解説されています。出版から既に10年以上経過し、ネット証券に関する記述など明らかに古い部分はありますが、超短期取引を行う上で重要なツールに対する理解が深まります。

株式投資はチャートをうまく活用しよう

株式投資において、チャート分析はとても大切です。過去の事例が必ず起きるわけではありませんが、売られすぎや買われすぎ、買い時や売り時を客観的に見る指標になります。

2022年現在、高度なチャート分析はスマホでもパソコンでも簡単にできます。 基本的なチャート分析をマスターして、皆さんの株式投資に活かしてください。

FXデイトレードに60分足(1時間足)を使う理由と取引手法3つ!

FX手法

湊

FXで 60分足 を使った取引手法が知りたい

明日香

エントリーすると必ずと言っていいほど 為替レートが逆に動くわ ・・・

  • FXデイトレードは5分足や1分足よりも60分足を使う理由
  • FX60分足を使ったデイトレードのおすすめ取引手法
  • FXデイトレードで利益を上げやすくするための考え方

本記事で紹介する、「FXデイトレードは5分足や1分足よりも60分足を使う理由2つ」を読んでいただければ、ポジションを持った途端に為替レートが反対に動くという現象を抑えることができ、FXで利益を上げやすくなります。

なぜFXのデイトレードは5分足や1分足よりも60分足(1時間足)を使うのか?

  • 長期足を見ることにより相場の対局が分かる
  • 利益を大きく狙うことができる

長期足を見ることにより相場の対局が分かる

60分足という長期足を見ることで、5分足や10分足という短期足を見ているだけでは掴むことができない 相場の対局 がわかりやすくなります。

さくら

湊

短期足を見ていてポジションを持った途端に為替レートが反対に動くという現象を経験したことがある方もいるかもしれませんが、その理由はここにあり、短期足だけでは本当のトレンドを捉えることができずにそうした現象が起こってしまうのです。

利益を大きく狙うことができる

60分足を使うことで、 より大きな利益 を得やすくなるという利点もあります。

すなわち、短い時間足よりも長い時間足の方が値幅が大きく、より大きな利益を狙うことができるのです。

FX60分足(1時間足)を使ったデイトレードのおすすめ取引手法3つ

  • 水平線を使った60分足のデイトレード取引手法
  • 移動平均線を使った60分足のデイトレード取引手法
  • ボリンジャーバンドを使った60分足のデイトレード取引手法
  • 一目均衡表を使った60分足のデイトレード取引手法
  • 水平線+RSIを使った60分足のデイトレード取引手法

水平線を使った60分足のデイトレード取引手法

水平線 は、価格の抵抗帯として一般的に多く利用されており、反発する確率が高くなります。

うまく反発し直近安値まで下落して利確しておりますが、青色の水平線を抜けて上昇する動きを見せたときは、素早く損切りを行いましょう。

移動平均線を使った60分足のデイトレード取引手法

移動平均線 は、短期移動平均線と中長期移動平均線の2つを表示させると、売買サインを視覚的に判断することができます。

デッドクロスの注意点としては、何度もクロスをし方向感が分からなくなった際は、必ず損切りを行いましょう。

ボリンジャーバンドを使った60分足のデイトレード取引手法

ボリンジャーバンドの注意点として、エクスパンションした後に、再度収縮するような動きを見せた場合には損切りを行いましょう。

FX60分足(1時間足)を使ったデイトレードで取引を行う際の注意点4つ

  • 激しい値動きになりやすい指標発表前後は気をつける
  • 損切り幅を限定して取引を行う
  • ポジポジ病にはなってはいけない
  • レバレッジのかけすぎに注意する

激しい値動きになりやすい指標発表前後は気をつける

指標発表前後 は値動きが激しくなりやすいため、取引には注意が必要です。

想定外の大きな値動きになることも十分に考えられますし、たとえそれまで自分の保持するポジションが思惑通りに動いていたとしても、指標発表を境に急に逆方向に動き出すということも起こり得ます。

損切り幅を限定して取引を行う

取引を行う際は、 損切り幅 を限定することがおすすめです。

例えば、利食い幅が50pipsであれば、損切り幅は25pipsにするといった具合です。

ポジポジ病にはなってはいけない

FXの初心者が特になりやすいとされる ポジポジ病 にも要注意です。

その時の相場とは関係なしに、とにかくトレードがしたい、ポジションが持ちたいという気持ちになってしまう状態のことをポジポジ病と呼びますが、相場を見極めることなく、無駄なトレードを重ねることは、損失に繋がりかねません

レバレッジのかけすぎに注意する

そして最後に、 レバレッジのかけすぎ にも注意が必要です。

ですので、初めのうちはレバレッジを5〜10倍程度に抑えての取引が安心でしょう。

FXデイトレードで利益を上げやすくするための考え方3つ

  • 損失は小さく利益は大きく伸ばす
  • 勝率を意識しない
  • 待つのも相場

損失は小さく利益は大きく伸ばす

FXのデイトレードで利益を上げやすくするために大切な考え方のひとつめは、損失はできるだけ小さく抑え、利益はできる限り大きく伸ばすということです。

損失を自分の手で確定させるというのは抵抗があるという方も多いでしょうし、実際に含み損を持つとどこで決済し損失を確定させるのか正しく判断することは難しいでしょうから、ポジションを持つと同時に ストップ注文 を入れるのが確実です。

勝率を意識しない

意外に感じるかもしれませんが、FXで利益を上げるために 勝率 を意識しすぎる必要はありません。

なぜなら、FXでは勝率よりも 損益 の方が重要だからです。

要するに、勝率が高くなくても、利益をなるべく大きく取り、損失は出来るだけ小さく抑えることで、利益を上げることができるのです。

待つのも相場

FXの有名な格言に「 待つのも相場 」というものがあるように、FX取引において「待つ」ということは非常に大切です。

そういった時は無理な取引を行わずに、自分にとっての読みやすい相場の時だけ取引に参加すれば良いのです。

FX60分足(1時間足)で取引を行うならチャート分割機能が必須

60分足(1時間足)でFXの取引を行うなら、 チャート分割機能 は欠かせません。

FXのデイトレードにおすすめなのは60分足ですが、実際の取引に必要なのはそれだけではなく、エントリーのタイミングを計ったり、より長期的な相場を確認したりするためには、複数の時間足を確認することが必要です。

チャート分割ができるおすすめFX会社2選

外為どっとコム

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
- 無料 1千 通貨
(※2)
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
30 通貨 平日 24 時間
(※4)
最大 30.5万
(※5)

※2022年5月2日時点
※2 ロシアルーブル/円は1万通貨
※4 午後11時~午前7時(夏時間の土曜日は午前6時)までは、ユーザーID(口座番号)忘れ、パスワード忘れ、アカウントロックの解除などアカウント関連のお問い合わせのみ受け付け
※5 口座開設月から翌々月末まで(2022年2月1日(火)午前7時00分より開始)

※A 本広告は『外貨ネクストネオ』における1,000Lot以下のスプレッドを表示するものです。国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合があります。外為どっとコムのスプレッド表記は、提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出しております。本広告では、1pip=0.0001(米ドル、スイスフラン、豪ドル、英ポンド、カナダドル、NZドル)、1pip=0.001(トルコリラ)として表現しております。提示スプレッドにつきましては、外為どっとコムの都合により予告なく変更または中止する場合があります。なお、大口スプレッドおよびダイレクトカバーは本広告の対象外です(詳細はこちら)。外為どっとコム広告表示値スプレッドの提示実績は、こちら (PDF)をご参照願います。
【ご注意ください】2022年4月19日~同4月22日における、『外貨ネクストネオ』の取扱通貨ペアのうち「米ドル/円」の広告表示スプレッド「0.2銭」以下の提示率が基準値を下回ったため、2022年4月25日(月)より当該通貨ペアのスプレッド広告を一時中止いたします。
【ご注意ください】本年(2022年)4~5月の大型連休期間においては例年以上にインターバンク市場の著しい流動性低下が予想され、これに伴う相場急変発生の可能性も指摘されております。こうした状況下では成行・マーケット注文でのスリッページ発生頻度上昇やスリッページ幅拡大など一部サービスレベル低下を招く懸念があるため、2022年4月29日(金)~同5月6日(金)の各営業日に限り、対象25通貨ペアを含む全通貨ペアにおける原則固定スプレッド(広告表示値)の提示、およびスプレッド縮小キャンペーンを一時休止いたします。

Point1 初心者に嬉しいサービスが充実

Point2 少額からFXが可能

Point3 情報量が豊富

「外為どっとコムといえば情報コンテンツ」と言ってもいいほど、外為どっとコムの情報量の豊富さは際立っています
グループ会社に外為どっとコム総研というシンクタンクを設立しているくらい情報に特化している会社です。
FXでは、マーケットで今何が起きているのかを把握することはとても重要なこと。
外為どっとコムでは、最新のニュースや著名なアナリストによるレポートなど、取引の参考になる情報が豊富です。

Point4 初心者向けコンテンツが豊富

入門コンテンツやオンラインセミナーなどが充実しており、初心者がFXをマスターするためのコンテンツが豊富です。

Point5 初心者の取引をサポートするツール

外為どっとコムには初心者の取引をサポートするツール「ぴたんこテクニカル」があります。ぴたんこテクニカルでは指定した通貨ペアで複数のテクニカル分析を行った結果を表示してくれるので、初心者でも直感的に相場の状況を把握でき、取引の判断に活用することが可能です。

月足での相場の大勢確認

ビジュアル系ロックバンドのギタリストとしてメジャーデビューを果たし、華やかな世界で、大勢のファンから熱い歓声を浴び続けてきたコウスケ氏。 コウスケ氏がFXトレーダーに本格的に転身したのは3年前のこと。10代から憧れてきた音楽の世界から潔く身をひき、トレーダーの世界を選んだのはいったいなぜだったのでしょうか。 そして、たった3年で勝てるようになれたのはなぜなのでしょうか。

過去にはビジュアル系バンド「Moran」のメンバーとして日本のみならず世界各国で公演を行っていた。
音楽CDセールスにおいても実績あり、自身作曲の曲がオリコンメジャーチャート27位がランクインしている。 月足での相場の大勢確認
日本武道館・ZeepDiverCityTokyo・渋谷公会堂など公演を行っていた。
20代の頃から投資を始める。

投資歴:10年
トレード歴:4年
日本テクニカルアナリスト(CMTA R)
世界トレードコンテストWTC
(ロビンスカップ)第3位

■証券会社タイアップ
・マネックス証券
・スイス銀行グループデューカスコピージャパン
・外為ファイネスト

まず、「マルチタイムフレーム」という考え方です。時間軸の違うチャートを見て、トレンドの方向を把握してうえで、エントリーポイントを探るという方法です。
例えば、僕は、日足、8時間足、4時間足、2時間足、1時間足、15分足、5分足、1分足、この全てを日々必ず見て、相場の大きなトレンドを捉えています。
特に重視しているのが「日足」で、まず、この日足チャートをベースに直近の高値(レジスタンスライン・上値抵抗線)と、安値(サポートライン・下値支持線)を判断して、 次に、1時間足でその高値(安値)をレンジブレイクしたところが、トレードすべきところだとしています。
「マルチタイムフレーム」とは、上位足(長期の時間足チャート・ここでは日足)を見ながら、下位足(短期の時間足チャート・1時間足)でタイミングを取ってエントリーすることを言います。 相場が、長い時間足のトレンド方向に進む確率が高いという点に着目したトレード方法ですよね。

はい。そこで、僕はローソク足のパターン分析をそこに加えて、エントリータイミングを判断するようにしています。 例えば、ローソク足で陽線が3本続いた後に、陰線が3本続くことはとても少ないんです。 ということは、陽線が3本続いた後に、陰線が2本出たら、その後のローソク足は、陽線になる確率が高いということです。
だから、15分足でこのローソク足のパターンが出現したら、さらに下位足の1分足でエントリータイミングを計り、ロング(買い)でエントリー。 値動きが、大きなトレンドに逆らって動いていて、それが逆転して、トレンド通りになったタイミングを狙います。
僕は、短い時間しかポジションを持たない手法なので、15分足と1分足の組み合わせでトレードしていますが、 スイングトレード(数日間ポジションを持ち続ける、比較的長めのトレード)を中心にトレードされている方は、週足でこのパターンが出現した時にトレードしてみたらいいと思いますよ。 このローソク足の特徴は、どの時間足でも有効だと思っています。

15分足のローソク足のパターンを予測してエントリーしているので、その15分足のローソク足が完成する前には利確すると決めています。 その先の予測はしていませんし、自分の認識では予測できませんから。
損切りに関しても、間違えたと思えばすぐに切ります。逆指値はもちろん入れますが、その指値に引っ掛かる前に自分で切るようにしていますよ。 間違えたのは自分ですから、失敗は受け入れないといけない。

はい。だから、得意手法がスキャルピングでありながら、一日の取引回数はとても少ないですね。
それどころか、トレードを全くしないこともありますね。取引時間も得意な時間に絞っていて、日本時間の夜中24時から2時までと決めています。 この時間は、欧州勢がいなくなったNY時間で、経済統計の発表もほぼ終わった頃です。値動きがとても素直なので、トレードしやすいと思いますよ。

そうですね(月足での相場の大勢確認 笑)。師匠に教えてもらってからの2年で、最初に入れた証拠金と、残っていた利益を足した700万円は、今、3倍超になりました。 音楽もコピーからはじまります。人のいいところを取り込んで成長していくのは、FX取引でも同じことです。 人のいいところを、自分の中に落とし込んでいく過程で、気づくこともたくさんありますから、それを加えて、独自のトレード手法を構築すればいい。
師匠には、「デモトレードで練習したほうがいいという人もいるけれど、本当のお金で取引するのとは真剣さが違う。ロットは小さくても、実弾で練習したほうがいい」と教わりました。 真剣に練習してきたからこそ、今がある。10代、20代と、人生の3分の2をバンド活動に捧げてきた同じ熱さで、FXと向き合っています。
真剣に取り組むことで、安定も手に入れることができるのがFXです。それを多くの方にわかってもらえると嬉しいですね。

1998年にラジオNIKKEIへ入社。『経済情報ネットワーク』、『東京株式実況中継』等の株式情報番組を担当し、その後はフリーに転身。
現在はラジオNIKKEIや日経CNBCの番組パーソナリティを務めるほか、ライターとして複数のメディアに記事を執筆するなど、多方面で活躍中。
2017年11月には、初の著書となる『FX億トレ! 7人の勝ち組トレーダーが考え方と手法を大公開』を刊行した。

【現在出演中の番組】
・ザ・マネー 15:10-16:00 (毎週月曜日担当)
・投資戦略ラジオ きらめきの発想 毎週火曜日14:30-15:00
・トレードパーティー♪ 毎週水曜日 16:00-16:30
・ザ☆スマートトレーダーPLUS 毎週木曜日16:00-16:30
・夜トレ 21:30-22:30 (隔週金曜日担当)
(いずれもラジオNIKKEIで放送中)
・夜エクスプレス 21:00-22:40 毎週木曜日(日経CNBC)

【現在連載中の雑誌等】
・ForbesJAPAN
・東洋経オンライン
・All About FX担当ガイド
・CEO 社長情報

車の足回りの修理はどのくらいかかる?費用相場と異常の見つけ方

カーコンコールセンター24時間受付中 0120-0120-55

車の足回りに不具合が生じ始めると、まず異音が発生します。この異音を聞き逃し、長期間放置するとトラブルに発展するため、車の運転中は足回りからの異音に気を付ける必要があります。

車の足回りの修理費用の相場とは

車からの異音を察知し、自己診断で足回りのトラブルに繋がる不具合を早期発見できれば、深刻なトラブルに発展した場合より修理費用を抑えられることが期待できます。しかし、異音発生時点で不具合が生じている訳ですから、一定の出費は覚悟すべきでしょう。

大切な車の足回りの修理は専門家に任せよう!

カーコンビニ倶楽部 スーパーショップ認定店ならカーライフを総合的にサポート!

『スーパーショップ』は、 カーコンビニ俱楽部の提供サービスをお客様に総合的にご提供可能な特に優れている店舗に付与している称号です。
カーコンビニ俱楽部のスーパーショップ認定店なら愛車の修理・点検も、新車にお乗り換えも ワンストップでご提案いたします。

FX自動売買(シストレ)ツール/アプリおすすめランキングを比較【初心者・中級者向け】

FX自動売買アイキャッチ

初心者

トライオートFX webサイトより

\キャンペーン実施中/

新規口座開設(無料)&条件達成で最大5万円のキャッシュバックがもらえる!

②みんなのシストレ(トレイダーズ証券)

みんなのシストレ

項目 内容
自動売買の種類選択型(トレーダー、プログラム)
リピート系注文
取引通貨29種類(リピート系注文は13種類)
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
口座維持管理費無料
スプレッド(米ドル/円)1.9銭
スマホアプリあり
サポートあり(電話、メール)

みんなのシストレの特徴

  • 取引できる通貨ペアの種類が豊富
  • ランキングから優秀なストラテジーを簡単に探せる
  • 優秀なトレーダーのトレードを真似できる
  • リピート系注文は用意されている戦略を選ぶだけでOK
  • 取引コストが安い
  • サポート体制が充実

1,000通貨から取引できるので、少額から自動売買を始められます。

みんなのシストレの使い方

みんなのシストレは、あらかじめ用意されているストラテジーの中から使いたいものを選ぶだけで始められます。

代表的なストラテジー

  • タクミリラックス(選択型、トレーダー)
  • 【CADJPY】みんなのリピート注文_買(リピート系注文)
  • 【USDJPY】みんなのリピート注文_買(リピート系注文)
  • 【CNHJPY】みんなのリピート注文_買(リピート系注文)

3ステップ

みんなのシストレ webサイトより

\最短5分で申し込み/

あわせて読みたい

③トラリピ(マネースクエア)

トラリピ

項目 内容
自動売買の種類リピート系注文
取引通貨16種類
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
口座維持管理費無料
スプレッド(米ドル/円)約4銭
スマホアプリあり
サポートあり(電話、メール、個別面談)
トラリピ詳細

トラリピの特徴

  • 国内のFX会社で初めてリピート系注文を提供
  • 5年以上継続運用している人が多い
  • 運用試算表をはじめ、運用に役立つサービスが充実
  • 「トラリピ戦略リスト」なら選ぶだけで運用開始
  • 個別面談に対応など、サポート体制が充実

リピート系注文の元祖として有名なのが、マネースクエアが提供している「トラリピ」です。

利用者の平均取引期間は8.5年(マネースクエア調べ)と長く、 長期的な運用方法としてトラリピを使っているユーザーが多い ようです。

サポート体制が充実しているのも魅力で、トラリピの設定方法から運用に関するあらゆる悩みまで、個別面談形式で対応してくれます。

トラリピの使い方

代表的なストラテジー

  • 豪ドル/NZドル(ダイヤモンド戦略)
  • 豪ドル/NZドルとユーロ/ポンド(複数運用)
  • ユーロ/ポンドと米ドル/円(複数運用)

トラリピ

トラリピ webサイトより

\スマホで口座開設できる/

④ループイフダン(アイネット証券)

ループイフダン

項目 内容
自動売買の種類リピート系注文
取引通貨20種類
最小取引単位1,000通貨
取引手数料無料
口座維持管理費無料
スプレッド(米ドル/円)2.0銭
スマホアプリあり
サポートあり(電話、メール)
ループイフダン詳細

ループイフダンの特徴

  • 3つの設定を行うだけで自動売買を始められる
  • 取引コストが安い
  • 1,000通貨から取引可能なので、少ない資金で始められる
  • リスク管理に使える「レート変動幅確認表」「目安資金表」

アイネット証券のループイフダンは、3つの簡単な設定をするだけで始められるリピート系注文の自動売買です。

取引コストが安く、少額から始められるので、少なめの資金でリピート系注文をやってみたい人に向いています。

ループイフダンの使い方

代表的なストラテジー

  • AUD/NZD_S20
  • AUD/NZD_B20
  • AUD/NZD_S40
  • USD/JPY_B50

\3万円キャッシュバック/

⑤iサイクル2取引(外為オンライン)

外為オンライン

項目 内容
自動売買の種類リピート系注文
取引通貨26種類
最小取引単位1,000通貨
取引手数料新規、決済ごとに20円
口座維持管理費無料
スプレッド(米ドル/円)1.0銭
スマホアプリあり
サポートあり(電話、メール、オンライン)
iサイクル2取引詳細

iサイクル2取引の特徴

  • 「トレンド」機能で、初期設定時の「買い」「売り」の判断も自動化
  • 1,000通貨から取引可能なので少ない資金で始められる
  • 取引できる通貨ペアの種類が豊富
  • Zoomを使ったオンライン面談で自動売買の相談ができる

miniコース(1,000通貨)と1万通貨コースという、1回の取引数量が異なる2つのコースがあるため、あなたの資金状況に応じて使い分けることが出来ます。

一般的なリピート系注文の場合、最初に想定した変動幅(レンジ)から外れてしまうと損失が膨らんでしまうことがリスクでしたが、 「iサイクル2取引」では想定変動幅そのものが、トレンドにあわせて自動的に追従します。

iサイクル2取引の使い方

「iサイクル2取引」では自動売買が初めてでも迷わず始められるように、(1)ランキング方式・(2)マトリクス方式・(3)ボラティリティ方式 といった3通りの選択方法を提案しています。

  • (1)ランキング方式:利益率の高い注文方法をランキング表示。好きなものを選択するだけで始められる。
  • (2)マトリクス方式:外為オンラインの店頭取引のシミュレーション結果をもとに注文の設定方法をサポートする機能。想定変動幅や注文間隔などを自分で選ぶ必要あり。
  • (3)ボラティリティ方式:3つの項目(​​想定変動幅・ポジション方向・通貨ペア)を設定するだけで始めらる。

代表的なストラテジー

    月足での相場の大勢確認
  • GBP/JPY_トレンド(SMA)_月足_30
  • GBP/JPY_トレンド(月足での相場の大勢確認 月足での相場の大勢確認 MACD)_月足_30
  • GBP/JPY_トレンド(SMA)_週足_30
  • EUR/USD_トレンド(SMA)_日足_15

外為オンラインでは、新規口座開設(無料)で最大15万円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

\キャッシュバック実施中/

FX自動売買ツール(アプリ)の種類

FX自動売買見出し2

チャートツール「MT4」や「MT5」にセットアップして使うEA(Expert Adviser)が有名 です。

プログラミングの知識がない人でも簡単にストラテジー(プログラム化した売買ロジック)を作れて、そのストラテジーで自動売買ができてしまうFX会社のサービスもあるワン!

ストラテジーを作れるFX会社のサービス

ストラテジーには、プロトレーダーの取引をコピー(再現)する「トレーダータイプ」と、開発型のような「プログラムタイプ」があります。

リピート系注文

あらかじめ決められた価格帯(レンジ)の中で自動的に売買を繰り返し、コツコツと利益を積み重ねていく取引方法です。

利益率や損益グラフなどを参考に運用するストラテジーを選ぶだけなので、FX初心者でもスムーズに始められる自動売買と言えるでしょう。

リピート系注文のイメージ図

開発型の自動売買(シストレ)ツール【年利100%以上を目指す】

FX自動売買見出し3

開発型自動売買のメリット

開発型自動売買のメリットとしては、 トレードスタイル・戦略の選択肢が多いことが挙げられます。

販売されているEAには、スキャルピング系、デイトレード系、スイング系など様々なトレードスタイル・戦略のEAがあるため、あなたの投資目的に見合った自動売買をすることができるでしょう。

無料でEAを提供しているFX会社

開発型自動売買のデメリット

こんな人におすすめ

  • Windowsユーザー、ある程度のパソコンスキルがある
  • (リスク承知で)年利100%以上を目指している
  • テクニカル分析に興味がある
  • スプレッドが狭いFX口座で自動売買がしたい
  • 自動売買のプログラムをカスタマイズしたい
  • ほったらかしの運用で資産を増やしたい

開発型自動売買(MT4・MT5)ができるFX口座

\口座開設&取引で最大40万円キャッシュバック/

選択型の自動売買(シストレ)ツール【簡単に始められる】

FX自動売買見出し4

選択型自動売買のメリット

開発型とは違い、取引ツールにあらかじめ用意されているストラテジーから運用したいものを選ぶだけなので、自動売買を始めるハードルの低さがメリットと言えるでしょう。

EAを購入するような自動売買を始めるのにかかる費用がゼロである点もFX初心者には嬉しいですよね。

選択型自動売買のデメリット

あらかじめ用意されたストラテジーを使うため、相場の状況に応じて売買ロジックを細かく調整することができません。

こんな人におすすめ

  • サポートの手厚い環境で自動売買をやってみたい
  • 月足での相場の大勢確認
  • コツコツと安定した運用で年利10〜30%を目指したい
  • FXに詳しくないが自動売買に興味がある
  • ほったらかしの運用で資産を増やしたい

選択型自動売買ができるFX口座

\最大5万円キャッシュバック/

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

リピート系注文の自動売買(シストレ)ツール【コツコツと利益】

FX自動売買見出し5

リピート系注文のメリット

リピート系注文最大のメリットは、 ほぼ放置した状態で年利10〜30%を目指せること

そのため、選択型の自動売買のように「気になった売買ロジックを選ぶだけ」でリピート系注文を始めることも可能です。

また、長期間ポジションを保有することが前提のため、通貨ペアによってはスワップポイントの利益にも期待できます。

リピート系注文のデメリット

リピート系注文ではその特性上、複数のポジションである程度の含み損を抱え続けることがあるため、取引口座の資金管理には細心の注意を払う必要があります。

こんな人におすすめ

  • サポートの手厚い環境で自動売買をやってみたい
  • 運用資金が100万円以上あり、年利回り10〜30%を目指したい
  • 高金利通貨の通貨ペアでスワップポイントを受け取りたい
  • FXに詳しくないが自動売買に興味がある

リピート系注文の自動売買ができるFX口座

    月足での相場の大勢確認
  • トラリピ(マネースクエア):リピート系注文の元祖!手厚いサポート体制が魅力!
  • ループイフダン(アイネット証券):3ステップで自動売買をスタート!
  • iサイクル2取引(外為オンライン):miniコース(1,000通貨)と1万通貨コースが選べる!

\スマホで口座開設できる/

あわせて読みたい

MT4、MT5(メタトレーダー)を使った自動売買

FX自動売買見出し6

MT4

MT4、MT5自動売買に必要なもの

  • Windows PC
  • MT4、MT5専用口座(FX会社の取引口座)
  • EA
  • VPSサービス(用意しなくても可)

開発型自動売買(MT4・MT5)ができるFX口座

VPSは簡単にいうと、どこかのサーバー上に用意された仮想のパソコンを使えるサービスだと思ってください。

どちらを選ぶかは経費や好みの問題ですが、EAの開発者や販売に携わっている人によれば「EAをやるならVPSを使った方が良い」という意見が主流です。

FX専用VPSサービス

  • お名前.com(FX専用VPS)
  • 月足での相場の大勢確認
  • 使えるねっと(FX専用VPS)

EA単体では何もできず、チャートツールのMT4やMT5にEAと取引口座を紐づけることで自動売買ができるようになります。

プログラムの知識があれば自分で作ってもいいですし、プログラムの知識がなくてもFX会社で配布されているものを利用したり、EA販売サイトで購入することも可能です。

無料でEAを配布しているFX会社

  • OANDA Japan:「市場開始レンジ戦略EA」「窓埋め戦略EA」などを提供。
  • FOREX EXCHANGE:30種類以上のEAが使い放題の「俺のEA」を提供。

稼げるEAの人気ランキングは?

有名なEA販売サイト

  • ゴゴジャン(GogoJungle)
  • テラス
  • レッツリアル(LET’S REAL)

EAで自動売買を行う手順

  • MT4(MT5)に対応した取引口座を用意(楽天証券FXなど)
  • EAを用意
  • MT4(MT5)をパソコンにインストールし、取引口座情報を入力してログイン
  • EAをMT4(MT5)にセットし、MT4(MT5)画面上部にある「自動売買」ボタンをオン

\口座開設&取引で最大40万円キャッシュバック/

【まとめ】おすすめのFX自動売買ツール・アプリ

FX自動売買見出し7

  • 自動売買は開発型・選択型・リピート系に分類できる
  • 初心者はFX会社の自動売買ツールがおすすめ
  • 初心者は「トライオートFX」や「みんなのシストレ」がおススメ
  • MT4、MT5の自動売買はFXとパソコンの知識が必要

裁量取引と違って自動売買なら、FXをやりながらFX以外のことに時間を使えるようになります。

\キャンペーン実施中/

新規口座開設(無料)&条件達成で最大5万円のキャッシュバックがもらえる!

あわせて読みたい

IPO証券会社ランキングアイキャッチ

【2022年】IPO投資におすすめの証券会社ランキングは?投資家180人が選んだ1位はあのネット証券!【独自調査】

野村スリーゼロアイキャッチ

野村スリーゼロ先進国株式投信の口コミ・評判は?利回りやメリット・デメリットを解説【LINE証券の投資信託】

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

Podcast更新情報

法人クレカのおすすめは?

ETCカードおすすめランキング

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。 月足での相場の大勢確認
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる