無料オンラインコース

トレンドラインの引き方手法

トレンドラインの引き方手法
トレンドラインを引くことで、相場が上昇トレンドにあるのか下降トレンドにあるのかがわかります。

トレンドライン とは|初心者でも簡単!正しい トレンドラインの引き方手法 引き方 で株価の動きを読んで利益を上げる方法

【応用編】
トレンドライン は「チャネルライン」と
一緒に使うと売買タイミングが分かる

チャネルラインの 引き方

チャネルラインの 引き方 は、下記のようになります。

    1、 トレンドライン と平行に トレンドライン の反対側に引いた直線。
    つまり上昇トレンドでは波動の上に描き、下降トレンドでは波動の下に描く。
    2、そして波動が全て収まるようにという条件の下に波動に一番近いところに引く。

【上昇トレンドの トレンドライン とチャネルライン】

【下降トレンドの トレンドライン とチャネルライン】

価格は上がったり下がったりを繰り返しており、チャート上で価格だけを見ていてもイマイチ動きが分かりづらいですが、 トレンドライン トレンドラインの引き方手法 とチャネルラインを引くことで、ゾーンがはっきりして、そのゾーン内での価格の動きを見てみると、格段に流れが分かりやすくなります。

トレンドライン とチャネルラインを使ったもみあい時の分析方法

もみ合いのトレンドでは、上昇トレンド(または下降トレンド)のように、どちらが トレンドライン 、どちらがチャネルラインとは正確に識別されていません。

しかし、上昇トレンドの後に出てきたもみあい相場は下限が トレンドライン 、上限がチャネルライン、下降トレンドの後に出てきたもみあい相場では上限が トレンドライン 、下限がチャネルラインと呼ばれることが一般的です。

つまり、 トレンドライン とチャネルラインは端的に言えば、支持線と抵抗線の関係をあらわしています。これを踏まえて、もみあい時を考えて見ます。

トレンドライン とチャネルラインを使ったもみあい時の売買サイン

価格は トレンドライン (支持線)とチャネルライン(抵抗線)の間で変動していくので、支持線まで下がったら買う、抵抗線まで上がったら売るという逆張り戦法が有効となります。

これはトレンドがある時も同じ考え方をします。例えば、上昇トレンドなら トレンドライン 近辺で買い、チャネルライン近辺で売り抜けるというトレードが有効となります。また、下降トレンドなら トレンドライン 近辺で売り、チャネルライン近辺で買い戻すというトレードが有効となります。

そして、重要なポイントとして、価格の変動には「もみあい相場の後、 トレンドライン であれチャネルラインであれ、破った方に新しいトレンドができやすい」という特徴があります。

    ・トレンドの初期・中期:大相場につながりやすい。
    ・トレンドの終盤:天井(或いは底)が近いというシグナル。
    ・上昇トレンドにおいて加速した相場は天井を付けた後に暴落しやすい。

チャネルラインを使ってトレンドの転換を見極める

【トレンド破綻の予兆】
その1、チャネルラインを未達成。
その2、 トレンドライン を割り込む。
その3、(上昇トレンド時)前回の安値を下回る。
(下降トレンド時)前回の高値を上回る。

チャネルラインの 引き方 &見方 まとめ

・チャネルラインとは トレンドライン と平行に波動の反対側に引く線。
・ トレンドライン とチャネルラインは支持線と抵抗線をあらわす。
・もみ合い相場の後にどちらかの線を価格がブレイクするとそちらへ新しいトレンドができやすい。
・トレンド終了の予兆は、チャネルラインの未達成、 トレンドラインの引き方手法 トレンドライン のブレイクという順番であらわれ、上昇トレンドは前回の安値(下降トレンドは前回の高値)を更新することによってトレンドは終了とみなす。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

テツヤ流チャネルラインの引き方と実践方法

マニュアル

FXトレードで狙う方向が分からない方に

おすすめな チャネルライン の実践方法

  • 狙う方向が分からない
  • エントリータイミングがつかめない
  • 自分のトレードに自信が無い
  • 無駄なトレードを減らしたい

チャネルラインとは

この2本のラインの組み合わせを チャネルライン と言います。

↓ GBPUSD 日足

相場全体の動きが見えるので環境認識に有効

チャネルラインの引き方

チャネルラインを使った実践方法

↓ GBPUSD 4時間足

チャネルラインの応用

中期足や短期足に応用する

↓ EURUSD 日足

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる