元トレーダーが解説

指値注文と逆指値注文とは

指値注文と逆指値注文とは
As a result, even in situations where a stop-limit order could easily be executed with a comparatively small value for the price spread indicated by price spread information (3111), it is possible to hold a new position again and again as long as it is determined that the predetermined conditions are satisfied indicating that 指値注文と逆指値注文とは the market 指値注文と逆指値注文とは price is moving in the direction of increasing profit.

【FXの指値注文】使い方や成行・逆指値との違いをわかりやすく解説!

FX 指値

FXの指値注文は基本中の基本

FXには、下記のような 様々な注文方法 があります。

FXでトレードするには、エントリーをするための 「新規注文」 、利益確定・損切りをするための 「決済注文」 を行う必要があります。

指値注文とは?

指値(さしね)注文とは文字通り、 値を指定して注文すること です。

指値注文を使った取引例

注文期限の設定が可能

FXの指値注文は期間を設定できる

(画像はGMOクリック証券の取引画面)

指値注文のメリット・デメリット

指値注文には、次の メリット・デメリット があります。

成行注文との違い

FXの成行注文は指値注文と違いリアルタイムですぐに発注する

成行注文 は指値注文と違い、 現行レートで注文をする方法 です。

「今買いたい!今売りたい!」というときに使います。

【成行注文とは?】スグに注文・決済ができるFXの基本的注文方法

成行注文のメリット・デメリット

成行注文のメリットは、なんと言っても すぐに売買ができる ことです。

チャートを見ながらリアルタイムで発注できますが、相場が激しく動いていると スリッページが発生しやすい デメリットもあります。

逆指値注文との違い

逆指値注文

現行レートに対して、ポジションが有利になるときに入れる注文が指値注文でした。

ご注文時の、各種条件指定方法、及びご注意事項

■信用取引
・新規建て・・・成行注文の場合は制限値幅の上限、指値による買建の場合は指値、指値による売建の場合は指値と時価の高い方、に株数を乗じて算出した額が、信用新規建て可能額より拘束されます。
※「通常+逆指値」注文の場合には、「通常」注文の単価と「逆指値」注文の単価を比較して概算代金が高い方で拘束され、逆指値条件に到達して「逆指値」注文が発注された場合には、「逆指値」注文の単価により算出した概算代金で拘束されます。

  • 「逆指値」注文については、注文入力時には執行条件の設定ができません。逆指値条件に到達して市場へ発注されてから「通常」注文と同じ条件で執行条件の訂正が可能となります。
  • 「通常+逆指値」注文については、注文入力時に「無条件」、「不出来引け成行」の設定が可能です。逆指値条件に到達して市場へ発注されてからは「通常」注文と同じ条件で執行条件の訂正が可能となります。
  • 当日(当日が非営業日の場合は、翌営業日)を1営業日目として、10営業日目までご指定可能です。ただし、「通常」注文と同じく下記に該当する場合には注文の繰り越しは行いません。
  • 翌日に注文を繰り越す時点で値幅制限を超えた指値となった場合

※システム変更等により、注文の繰越処理を行わない場合があります。(ログイン画面等でご案内いたします。)
※注文を翌日に繰り越すための値幅チェック(繰越処理)は、毎営業日18:00頃完了します。この値幅チェックが完了するまでの間、対象となる注文の訂正・取消はご入力いただけません。
また、繰越処理において注文単価が制限値幅を超えた指値となった場合は、その注文は失効となります。なお、16:00~18:00の間は、出合注文にかかる可能額・株数の拘束が一旦解除になり、繰越処理が完了した時点で、再度可能額・株数の拘束を行います。この16:00~18:00の時間帯に他の注文を発注されて、元々発注されていた注文を繰り越すことにより可能額・株数が不足する場合には、元々発注分の繰り越しは行わず、失効となります。

■その他、繰越注文が失効となる場合
以下ケースの銘柄については、翌朝バッチ処理(午前3:30~午前5:30)で、’受付エラー’表示により失効となります。
株式分割、株式併合の権利落ち(配当落ちのみの場合は除く)が発生する場合…「権利落ちのため」
売買単位の変更がある場合…「売買単位変更のため」
※上記以外に通常の以下ケースの’受付エラー’表示による失効もあります。
各営業日の繰越処理時(15:40、17:40頃)、および翌朝バッチ処理時(午前3:30~午前5:30)で以下条件に該当した場合に失効となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる