オプショントレーダー

投資信託のリスクと費用について

投資信託のリスクと費用について
性別:男性
年齢:30代
職業:個人事業主
手数料の安さに惹かれて、これはNISA用にとてもいいだろうなと思って試してみようと開設しました。案の上、NISAで使うには手数料ゼロで使えるので、とても重宝しています。情報ツール系もとても充実していて、様々な需要に対応できるだろうなと思います。投資初心者の方にも特にいい証券会社だと思います。少額から投資体験ができる点も初心者向けにいいと思います。総合的に堅実で優秀だと思います。

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset 投資信託のリスクと費用について Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the 投資信託のリスクと費用について accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information 投資信託のリスクと費用について on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information 投資信託のリスクと費用について on this website be deemed to constitute an offer of securities or 投資信託のリスクと費用について an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United 投資信託のリスクと費用について States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

気になる不動産投資…。年収別の投資額は? 調査してみました!

不動産投資とは、マンションやアパートのほか、土地を駐車場にするなどして、その賃料や売却によって収益を狙う投資手法です。 不動産は一般的に、本体価格やメンテナンスなどにかかる費用が高額になりやすく、不動産投資には大きな資金力が必要となる反面、成功すれば長期間、安定して収益を上げることも可能になります。 また、不動産を直接購入するほかにも、REIT(リート)という投資信託を通じた不動産投資もあります。 REITは、運用会社が投資家からお金を集めて不動産を購入し、その運用によって得られた収益を投資家に配分します。大きくもうけることは難しいのですが、少額からでも始められことや、1つの不動産に投資するわけではないためリスクを減らせるというメリットがあります。

年収別の不動産投資額

もちろん不動産投資にはリスクもあるため、年収だけで一概に投資額を決めていいということではありません。今回は、あくまでも筆者自身の経験や、他の投資家への取材などによって得た結果による目安の金額としてお考えください。 ■年収500万円未満 年収500万円未満の場合、例えば相続により多額の財産を得たケースなどのほか、既に土地を所有していて、駐車場など初期費用があまりかからない方法で運用できる立地であるなど特殊な状況を除き、実物の不動産への投資は現実的ではありません。また、不動産投資のために融資を申請しても審査を通過することは難しいでしょう。 この場合、REITを通じた投資信託での不動産投資が現実的な選択肢になります。収支の状況などにもよりますが、月1万円から2万円程度(年間で12万円から24万円程度)の不動産投資信託というのがいいでしょう。 ただし、現状はREITよりも株式の投資信託へ投資した方が、長期的には安定して利益が見込める状況にある点にはご注意ください。 ■年収500万円から700万円 投資信託のリスクと費用について この辺りの年収から、銀行の融資を利用して不動産投資が可能となってきます。融資される金額としては2500万円から5000万円程度、投資する金額は自己資金含めて3000万円から7000万円ほどが目安でしょうか。 また、これくらいの年収があれば人によっては融資を受けずとも、築年数20年から30年程度のワンルームマンションやアパートの一室なら、購入して不動産投資に回すこともできるでしょう。 ただし、金融機関や頭金の有無、その他のローンなど個別の状況によっては借り入れができないケースがあります。その場合はやはり、投資信託での不動産投資が無難でしょう。 ■年収700万円超から1000万円 年収700万円を超えますと、中古マンション一棟など本格的な不動産投資が可能になってきます。 融資を受けられる額も跳ね上がることが多く、自己資金として1割から2割の頭金を用意すれば、融資を受けた分を含めて1億円近い資金で不動産投資を行うこともできます。また、立地にある程度こだわった不動産も投資の対象になります。 ■年収1000万円超 年収1000万円を超えた場合、融資を受けられる金額もさらに上がり、頭金次第では1億円を超えて2億円近い金額を借り入れて投資することも可能になります。 ここまできますと、好立地のマンション一棟買いなど条件のいい大型物件への投資も現実味を帯びてきます。また、複数の不動産を購入して運用するということも不可能ではないでしょう。

不動産投資の金額は年収の5倍から10倍くらいを1つの目安に

不動産に投資する金額は方法にもよりますが、マンションやアパートなどを対象に本格的な不動産投資を行う場合、年収の5倍から10倍程度の投資額が1つの目安になります。 しかし、投資額が大きく、融資を受けることがほぼ前提となる不動産投資は、リスクも非常に高くなります。不動産投資が気になるなら、まずはREITから始めてみたり、十分な下調べとリスクを許容した上で、利益が見込めると思った場合に行うようにしてください。 執筆者:柘植輝 行政書士

新生ポイントプログラム

お客さまの個人情報や取引関係情報は、マネックス証券と当行で共有します。なお当該情報については当行およびマネックス証券のそれぞれにおける個人情報の利用目的の範囲内で利用いたします。
当行において金融商品仲介でのお取り引きをされるか否かが、お客さまと当行との融資等他のお取り引きに影響を与えることはありません。また、当行での融資等のお取引内容が金融商品仲介でのお取り引きに影響を与えることはありません。
<委託金融商品取引業者について>
商号:マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

  • 利息は源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。
  • 商品によって、当行の判断により、満期日が延長または繰り上げとなるものや満期金をお客さまにとって 不利な為替レート(特約設定レート)で外貨(相対通貨)に交換 のうえお受け取りとなる可能性があるものがあります。満期金が外貨となった場合は、 外貨特有のリスク(為替手数料や為替変動に起因する元本割れリスク) が発生します。
  • 中途解約は原則できません。 なお当行がやむを得ないものと認め満期前解約に応じる場合、 元本割れ が生じる可能性があります。市場の環境等によっては 大きく元本割れ する可能性もあります。
  • 必ず余裕資金でお預け入れください。仮に預入時以降にまとまった資金が必要となった場合でも、この預金にお預け入れの資金を充当する必要がない程度の十分な流動性が確保されていることをご確認のうえ、お申し込みください。
  • 満期時に、元金または元利金は特約条件に従って同口座の普通預金に入金となり、以降、当該通貨の普通預金店頭表示金利が適用されます。
  • 預入通貨が円の場合は預金保険の対象です。ただし、本預金の利息の一部は預金保険の対象外となります。詳しくは各商品の商品説明書をご確認ください。
  • 円建て二重通貨定期預金の満期時の元金または元利金は、満期時受取通貨が外貨(相対通貨)となった場合、預金保険の対象外となります。
  • 預入通貨が外貨の場合は預金保険の対象外です。
  • 適用金利は市場動向等により変更されます。また、市場動向等によっては取り扱いを中止する仕組預金もあります。
  • お申し込みの際には、商品説明書(契約締結前交付書面)を必ずご確認いただき、商品内容を十分にご理解のうえ、自己の判断と責任においてお申し込みください。 は店頭やインターネットにご用意しております。
  • 有価証券は銀行の預金ではありません。
  • 有価証券は預金保険の対象ではありません。金融商品仲介サービスで販売する有価証券は、マネックス証券の証券総合取引口座でのお買い付けとなり、投資者保護基金の対象となります。
  • 有価証券は元本保証または利回り保証のいずれもなく、当該有価証券またはその裏付け資産に係る株式相場、金利水準、為替相場等の変動、発行者等の信用状況の変化、国内外の政治経済状況の変化等に伴う価格変動リスクがあり、投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資した資産価値の減少を含むリスクは、有価証券をご購入のお客さまが負うことになります。
  • 有価証券には、発行者等の信用リスクが存在します。
  • 流通性の低い有価証券は価格変動が大きくなったり、売買ができない場合があります。
  • 外貨建て有価証券の場合、為替変動リスクが存在します。
  • 新生銀行は、マネックス証券を委託金融商品取引業者とし、有価証券の売買の媒介等を金融商品仲介業務として行います。
  • 証券口座開設とは、マネックス証券に「証券総合取引口座」を開設することをいいます。金融商品仲介サービスにおける有価証券のご購入に際してはマネックス証券における証券総合取引口座の開設が必要となります。
  • 証券口座開設の受け付けはマネックス証券所定の条件を満たすお客さまに限らせていただきます。
  • 証券口座開設後の株式売買等の金融商品取引はすべて、マネックス証券とのお取り引きになります。新生銀行は、注文の申し込みを受け付け、マネックス証券が受注・執行を行います。
  • 新生銀行の金融商品仲介サービスにおいて、お客さまが新生銀行に支払う手数料はありません。
  • 新生銀行が金融商品仲介サービスにて取り扱う金融商品取引には、マネックス証券所定の手数料や必要経費等がかかります。マネックス証券とのお取り引きに係る手数料等は商品・銘柄・取引金額・取引方法等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。なお、マネックス証券と直接お取引される場合のお取扱商品・手数料体系等とは異なることがあります。
    マネックス証券とのお取り引きに係る手数料・費用、およびご留意点については、下記をご確認ください。
    https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html
  • 金融商品仲介サービスを通してマネックス証券商品をお申し込みの際には、最新の目論見書・販売説明書および契約締結前交付書面を必ずご確認いただき、商品内容を十分にご確認のうえ、ご自身の判断と責任においてお申し込みください。
  • 目論見書・販売説明書は、新生銀行の店頭で入手いただけるほかマネックス証券のウェブサイトでもご確認いただけます(店頭限定で取り扱う商品については新生銀行の店頭にて、マネックス証券ウェブサイト限定で取り扱う商品についてはマネックス証券ウェブサイトにてご確認ください)。なお、金融商品仲介サービスの取り扱いのない新生銀行店舗ではご用意しておりません。
  • 新生銀行において金融商品仲介でのお取り引きをされるか否かが、お客さまと新生銀行の融資等他のお取り引きに影響を与えることはありません。また、新生銀行での融資等のお取引内容が金融商品仲介でのお取り引きに影響を与えることはありません。
  • 委託金融商品取引業者・売出人
    マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)
    第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
  • 販売取扱登録金融機関・売出取扱人 株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)
    第10号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会
  • 本商品は預金ではなく、元本保証および利回り保証のいずれもありません。本商品は、預金保険制度の対象ではありません。また、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託のリスクと費用について
  • 本商品は、原則として中途解約ができません。
  • 新生銀行は、新生信託銀行が発行する合同運用指定金銭信託(商品名:新生パワートラスト、以下、「本商品」)の募集取扱業務(電子募集取扱業務を含みます)を行います。なお、新生銀行では本商品の取得勧誘を行いますが、本商品の申し込みの受け付けは行いません。本商品の申し込みの受け付けおよび契約締結にかかる最終判断はすべて新生信託銀行にて行います。
  • 新生信託銀行は、本商品の発行者であり、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律その他の適用法令を遵守し信託業その他の業務を行います。本商品は、新生信託銀行が受託者として資産の運用および管理を行う実績配当型の金銭信託です。お客さまからお預かりした資金は、信託設定日以降、法律(信託法)によって、信託銀行自身の財産や他の信託の信託財産とは分別して管理することが義務付けられております。本商品においては、お客さまに投資いただいた金銭を、同社が受託者となる単独運用指定金銭信託を通じて、ショッピングクレジット債権や自動車ローン債権等の金銭債権(当行のグループ会社が保有していた債権を含む場合があります)を裏付資産とする信託受益権や信託勘定向けの貸付等に投資または融資することにより運用します。
  • 裏付資産である上記金銭債権に係る債務者の信用リスク(運用先の信託勘定における想定を上回る貸し倒れの発生)、市場金利の変動(運用資産の価値の下落)等により運用資産から予定された収益が得られず、さらには元本割れが生じる可能性があります。したがって、予定配当額通りの収益金支払がなされない場合があります。また、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。これらの運用による損益はすべてお客さまに帰属します。
  • 運用の状況により元本の償還を停止し、信託を終了する場合があります。その場合、元本の償還が満期予定日から大幅にかい離する可能性があります。
  • お客さまが受け取る収益金は源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)の対象となります。
  • 満期時において自動継続はありません。信託元本は償還日に登録済みの新生総合口座パワーフレックス円普通預金に入金となり、以降は普通預金店頭表示金利が適用されます。
  • 本商品の運用および管理に対して、信託財産の中から支払う信託報酬およびその他の費用をお客さまに間接的にご負担いただきます。信託報酬については、信託元本に対して年率0.01%~3%の範囲とし信託財産の運用成果に基づき計算します。また、信託財産に関する租税および信託事務の処理に必要な費用が信託財産の中から支払われます。これらは信託財産の運用成果その他の状況により変動するため、信託報酬およびその他の費用の総額について、事前に金額または上限を提示することができません。なお、本商品に関して、お客さまから新生銀行に対してお支払いいただく手数料その他の対価はございません。
  • 本商品には、クーリングオフの適用はありません。
  • お申し込みにあたっては新生銀行または新生信託銀行が提供する契約締結前交付書面等(商品説明書。募集要項、信託約款を含みます)を必ずご確認いただき各商品のリスクや手数料・費用等につき十分ご理解のうえお客さまご自身の判断と責任でお申し込みください。
  • 契約締結前交付書面は、新生銀行の店頭で入手できるほか、新生銀行のウェブサイトからご確認いただけます。なお、本商品の取り扱いのない店舗ではご用意しておりません。

<募集取扱業務(電子募集取扱業務を含む)を行う者>
株式会社新生銀行
登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

<合同運用指定金銭信託の受益権発行者>
新生信託銀行株式会社 代表取締役社長:栗原美江 投資信託のリスクと費用について
所在地:東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
登録金融機関:関東財務局長(登金)第22号
加入協会:日本証券業協会

  • 新生銀行は、お客さまと株式会社お金のデザインとの間で締結する投資一任契約の締結の媒介を行い、資産の運用は株式会社お金のデザインが行います。また、株式会社お金のデザインの提携金融機関に、お客さまご本人名義の証券口座を開設いただく必要があり、当該提携金融機関が「THEO+[テオプラス]新生銀行」に関する資産の管理を行います。
  • 株式会社お金のデザインの提携金融機関に開設されたお客さまご本人名義の証券口座におけるお取り引きにつきましては当該提携金融機関が定める取引約款等に従うものとし、新生銀行および株式会社お金のデザインは「THEO+[テオプラス]新生銀行」以外のお取引に関しては一切関知いたしません。
  • 主に海外の上場投資信託(ETF)で資産の運用を行うため、金融商品取引市場の相場の変動、為替相場の変動等により運用資産の時価評価額は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。運用による損益はすべてお客さまに帰属します。
  • 一連のサービスに対し、株式会社お金のデザインに投資一任報酬をお支払いただきます。投資一任運用報酬は運用資産の円貨換算時価残高に対して最大1.10%(税込・年率)を乗じた金額となります。また間接的にご負担いただく費用として組入ETFに係る運営管理費等がありますが、その合計額は銘柄、組入残高等によって異なりますので、事前に料率または上限額を表示することができません。
  • お客さまが株式会社お金のデザインの提携金融機関に開設した証券口座に関するお取り引きに関して、別途当該提携金融機関に対し当該提携金融機関が定める手数料・費用等が必要となる場合があります。詳細は株式会社お金のデザインの提携金融機関までお問い合わせください。
  • 「THEO+[テオプラス]新生銀行」は預金ではなく投資一任契約に基づくサービスのため、預金保険制度の対象ではありません。
  • 株式会社お金のデザインは、お客さまからお預かりしている資産を、会社固有の資産とは分別して管理する金融機関と提携しています。「THEO+[テオプラス]新生銀行」の証券口座を管理する提携金融機関は、投資者保護基金に加入しており、万が一分別管理に不備があった場合でも、日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行うことになっています。詳細は株式会社お金のデザインの提携金融機関までお問い合わせください。
  • 投資信託のリスクと費用について
  • 「THEO+[テオプラス]新生銀行」は投資一任契約に基づくサービスであるため、お客さま自身で個別の有価証券につき売買注文を行うことはできません。
  • お申し込みにあたっては株式会社お金のデザインがインターネットで提供する契約締結前交付書面等を必ずご確認いただき、各商品のリスクや手数料・費用等につき十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任でお申し込みください。
  • 法人のお客さまは、お申し込みいただけません。

株式会社お金のデザイン
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会

「R&Iファンド大賞2022」確定給付年金部門 受賞のお知らせ

【重要な注意事項】
■投資顧問契約および投資一任契約にかかるリスクについて
投資一任契約に基づき投資する又は投資顧問契約に基づき助言を行う金融商品・金融派生商品は、金利・通貨の価格・金融商品市場における相場その他の指標の変動により損失が生じるおそれがあります。
変動要因としては、有価証券等の価格変動リスク又は発行体等の信用リスク、金利や金融市場の変動リスク、十分な流動性の下で取引を行うことができない流動性リスク等(外貨建て資産に投資する場合は為替変動リスク等)があります。
したがって、お客さまの投資元本は保証されているものではなく、金融商品等の価値の下落により、投資元本を割り込むことがあります。

■投資顧問契約および投資一任契約にかかる手数料等について
1.投資顧問報酬
投資顧問契約及び投資一任契約に係る報酬として、契約資産額(投資顧問報酬の計算に使用する基準額)に対してあらかじめ定めた料率*を乗じた金額を固定報酬としてご負担いただきます。

2.その他の手数料等
上記投資顧問報酬のほか、以下の手数料等が発生します。
(1)受託資産でご負担いただく金融商品等の売買手数料等
(2)投資一任契約に基づき投資信託を組み入れる場合、受託資産でご負担いただくものとして信託財産留保額等、並びに信託財産から控除されるものとして信託報酬及び信託事務の諸費用※等
(3)投資一任契約に基づき外国籍投資信託を組み入れる場合、信託財産から控除されるものとして外国運用会社に対する運用報酬・成功報酬、投資信託管理・保管会社に対する管理・保管手数料、トラスティ報酬、監査費用及びその他投資信託運営費用等
※投資一任契約資産に投資信託を組み入れる場合、若しくは組み入れることを前提とする投資信託の場合の諸費用には、投資信託の監査費用を含みます。

NISA口座は複数持てる?口座開設におすすめ証券会社も紹介!

NISA口座は複数持てる?NISAのメリット・デメリットとおすすめ証券会社を5つ紹介!

性別:女性
年齢:50代
職業:正社員

SBI証券でつみたてNISAをやっています。なぜSBI証券なのかというと、つみたてNISAの銘柄が豊富で、初心者でも利用しやすいと聞いたからです。100円から積立ができるので、投資ってなんだか怖いという人も、お手軽に始められます。三井住友カードで積立投資をすると、Vポイントも貯まります。ただ、サイトの使い勝手は悪いです。感覚的には使えないので、どこを見ればいいのかイチイチ調べながら使っています。

NISA講座は複数持てる?NISAのメリット・デメリットとおすすめ証券会社を5つ紹介!

楽天証券はこんな人におすすめ

  • 人気の証券会社を選びたい
  • 豊富な銘柄から投資先を決めたい
  • 楽天ポイントを貯めたい・使いたい
  • NISA専用窓口に相談したい
つみたてNISA対象銘柄数 投資信託 外国株 IPO
180銘柄 2,655銘柄 6ヵ国 74社

最大の強みはなんといっても楽天グループ共通で利用できる「楽天ポイント」でしょう。日頃から楽天市場や楽天トラベルなどをよく利用し、楽天経済圏で生活している人には特におすすめです。

楽天証券でNISA口座を開設し、投資信託の積立購入の引き落としに楽天カードのクレジットカードを利用すれば、積立金額100円ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります。たとえば、年間40万円分を楽天カードで決済した場合、1年で4,000円分もの楽天ポイントを獲得できます。貯まった楽天ポイントは、毎月の積立額にあてることもできます。

また楽天証券にもNISA専用窓口があるため、投資初心者にとって安心です。

ただし、NISA口座でIPO投資をすることはできないため、注意してください。

性別:女性
年齢:40代
職業:専業主婦

つみたてNISAを始めたかったので口座開設しました。普段楽天で買い物もよくするし、楽天カードも持っていたので比較的作りやすく時間もあまりかからずスムーズだった。楽天銀行とマネーブリッジすることで優遇金利になったり、楽天ポイントも増えるので楽天をよく利用する人に特にオススメです。主婦の方でも気軽に始められますよ。

楽天証券の口座開設方法

STEP1 メールを送信する

楽天1

STEP2 本人確認を行う

楽天2

STEP3 重要書類へ同意する

楽天3.

STEP4 口座開設完了のメールが届く

楽天4

NISA口座は複数持てる?口座開設におすすめ証券会社も紹介!

松井証券はこんな人におすすめ

  • 歴史ある証券会社を選びたい
  • 日本株や投資信託を中心に投資したい(一般NISAで外国株に投資する予定はない)
  • リモートサポートを受けたい
つみたてNISA対象銘柄数 投資信託 外国株 IPO
173銘柄 1,588銘柄 1ヵ国 56社

大正7年創業の松井証券は、100年以上の歴史を持つ老舗の証券会社です。長い歴史を持ちながらも、早くからインターネット取引をスタートし、ネット証券としても存在感を発揮しています。

松井証券は、サポート体制が手厚いことに定評があります。HDI-Japan(ヘルプデスク協会)投資信託のリスクと費用について 主催の「サポートポータル格付け(証券業界)」と「問合せ窓口格付け(証券業界)」で、それぞれ11年連続で三ツ星を獲得しています。

松井証券は、2022年2月より、米国株の取り扱いをスタートしました。しかし、2022年3月現在、NISA口座で米国株を購入することはできません。NISA口座で米国株に投資したい人は、他の証券会社を検討してください。

ただし、つみたてNISAを利用したい人や、一般NISAで日本株に投資したい人にとっては、米国株の取り扱いがないことは特にデメリットにはなりません。長い歴史、サポート体制などの安心感を重視して証券会社を選びたい人には、松井証券がおすすめです。

性別:男性
年齢:30代
職業:個人事業主

手数料の安さに惹かれて、これはNISA用にとてもいいだろうなと思って試してみようと開設しました。案の上、NISAで使うには手数料ゼロで使えるので、とても重宝しています。情報ツール系もとても充実していて、様々な需要に対応できるだろうなと思います。投資初心者の方にも特にいい証券会社だと思います。少額から投資体験ができる点も初心者向けにいいと思います。総合的に堅実で優秀だと思います。

④LINE証券

NISA口座は複数持てる?口座開設におすすめ証券会社も紹介!

LINE証券はこんな人におすすめ

  • 操作が簡単な証券会社を選びたい
  • 銘柄数は厳選されているほうがいい
  • つみたてNISAを利用したい(一般NISAは利用しない)
  • LINEポイントを使いたい
つみたてNISA対象銘柄数 投資信託 外国株 IPO
9銘柄 33銘柄 1ヵ国 11社

LINE証券は、2019年にサービスを開始した比較的新しいネット証券です。LINEグループと、国内証券最大手の1つである野村證券グループがタッグを組み、サービスの提供をスタートしました。

LINE証券は、サービス開始から2年で口座開設数80万を突破するなど、驚異的な成長を見せています。

LINE証券は「投資をもっと身近に、もっと手軽に」というミッションを掲げ、初心者でも操作しやすい取引ツールを提供しています。スマホアプリのシンプルな画面は、初心者でも直感的に操作でき、「投資=ややこしい」というイメージを払拭してくれます。

使いやすさにとことんこだわって証券会社を選びたい人におすすめです。

ただしつみたてNISAしか取り扱いがないため、一般NISAを利用したい人、NISAで株式投資に挑戦したい人にはおすすめできません。

またつみたてNISAの銘柄数も9銘柄で、他のネット証券と比べて圧倒的に少ないことを押さえておきましょう。銘柄数が少ないと選択肢は狭まりますが、「いい銘柄だけを厳選している」とも考えられます。納得のいく銘柄が見つかれば、LINE証券でNISA口座を開設するのも1つです。

性別:男性
年齢:30代
職業:正社員

資産の分散を目的にLINE証券を開設しました。使ってみた感想ですが、単元未満株の購入ができ、コストも安いため、気に入って使っています。株価が1万円以上の株を一株ずつ購入できるのはメリットと思いました。ちょっと残念なのは投資信託の種類が少ないこととニーサに対応していないことです。そのため今は単元未満株をLINE証券、その他を他社で利用しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる