攻略方法を紹介

エントリーポイント

エントリーポイント
Androidユーザーの方はこちらから

エントリーポイント -->

> > This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the エントリーポイント CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Tell your friends エントリーポイント about Wikiwand!

Suggest as cover photo

Would you like to suggest this photo as the cover photo for this article?

Thank you for helping!

Your input will affect cover photo selection, along with input from other users.

Thanks for reporting this video!

This browser is not supported by Wikiwand :(
Wikiwand requires a browser with modern capabilities in order to provide you with the best reading experience.
Please download and use one of the following browsers:

An extension you use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.


If you're using HTTPS Everywhere or you're エントリーポイント unable to access any article on Wikiwand, please consider switching to HTTPS (https://www.wikiwand.com).

An extension you use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.

If you are using an Ad-Blocker, it エントリーポイント might have mistakenly blocked our content. You will need to temporarily disable your Ad-blocker to view this page.

Please click the "Downloads" icon in the Safari toolbar, open the first download in the list,
then click Install

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

エントリーポイントと起点が乖離している場合の損切りについて、どちらの手法が安全と思えるかご意見をお聞かせください。

エントリーポイントと起点が乖離している場合の損切りについて、どちらの手法が安全と思えるかご意見をお聞かせください。なお今から上げる方は実績もあり長年FXで勝ち続けておられる方なので、全面否定するのではなく、その長所と短所をちゃんと分析できる方のみご回答をお願い致します。

設問
〇年〇月〇日、新型コロナのときのように病気が世界中に広まり、米国で緊急利下げが決定。それ以降も利下げは続くと思われ、ドル円は101円まで下落しました。
その後、揉み合い(足場を作る)、上抜けしたことで、底が101円だったであろうことが確認できました。

補足)
このトレンド転換のサインは、TAKAさんの手法を用いています。
https://www.youtube.com/channel/UCN8PJZmGDTymErQF7Pl-Lqg/videos
この方は急反転のトレンド転換については、エントリーは危険(だましに遭うかの性が高い)として捨てており、底値圏で足場を作ってから上抜けすれば上昇トレンド発生として、第3波を捉える形(つまり抜けた後の戻りでエントリー)でエントリーする手法を取っています。

さて、そうやってエントリーしたのが102円だったとします。
そこで損切りラインをどこに置くかですが、損切りラインは起点(101円)です。

TAKAさんは新型コロナの下落時、起点とエントリーポイントが乖離したため、そのリスクは取れないとしてエントリーしておりません。
その考えもあるかと思います。
でも、絶好のチャンスなのでエントリーしたいけれど、1円の幅のリスクは取れないという話しで、その対処法が質問です。
なおlotを減らすと言う回答は論外と致します。
(損切り額の問題では無いからです)

そこで参考になるのが、ラジオオヤジさんの手法です。 エントリーポイント

この方はドル円で今までに負けなしの方(プラスとマイナスのポジションを同時決済することで、負けなし)です。
https://www.youtube.com/c/RadiOyazi

この方はドル円は、日足の25MAに絡んで動くという法則性があるので、25MAより大きく上昇すれば売り、大きく下落すれば買いでエントリーする手法です。
当然大きく乖離すればトレンドが出ているはずなので、25MAに接近することなど簡単に起こらないはずですが、その場合は、ナンピンで対応しておられます。
ナンピンの幅は2~3円と大きいです。
(ご本人もトレンド相場に弱い事は自覚があります)

考えて分かるように、無駄が多く、その割には大量の含み損を抱える手法です。
でも公開トレードで、勝ち続けておられる、元投資顧問の方です。

この手法の弱点を克服するには、トレンド継続中は手を出さず、TAKAさんのトレンド転換のサインが出てからナンピンするのが、良いと思われます。

102円でエントリー、抜かれたら100円、98円でエントリーです。
元の手法より少しマシです。


そもそも問題なのは101円を抜かれた場合(トレンド継続)で、101円は損切りできますが、102円は損切り額が大きくなりすぎることです。
プラマイ0で損切りする方法も有りますが、今回のドル円の上昇で途中からエントリーしたところ、プラマイ0でことごとく切られ、結果、エントリーポイントがどんどん高くなってしまう事態が起きました。
少し離して損切りラインを設定すれば回避できるかもしれませんが、もし損切りになった場合は、その損切り額はリスクです。
今回の設問では、リスクリワードは相当なものでしょうが、リスクリワード1:3で見ているなら、1度損切りすれば1:2に減ります。2度の損切りで1:1になるので、損切りはジリ貧です。
もちろんこれは、損切りをしなくて良いという意味で言っているのではなく、リスクリワードがかなり良いところでのみエントリーするか、別の対処法を取るか、その必要性の話になります。

私が思いつくのは、102円を抜かれれば両建てする手法です。
もし101円を抜かれてトレンド継続するならロングは損切りし、ショートは止まったところで利確すれば、損切り額はカバーできます。
リスクヘッジというやつです。
101円まで行かずに102円に戻ってきたら、ショートはプラマイ0で切ります。

ここで101円~102円のレンジ相場を作っているとチャートを見て考えるなら、102円のロングも切って、101円からロングすればいい。
102円を抜いて上昇を開始すれば御の字。

これについてどう思われますか?


私は今までのトレードからして、足場を組みだしたら、その足場の下限(101円よりやや上か)でエントリーしておりますが、設問ではTAKAさんの手法としました。

ベストアンサーに選ばれた回答

普通に【建値を引き突きつけてエントリーする=建値が背】なのですから、【建値が割れた時点でエントリー計画が破綻している】ので即損切りで良いではないのですか?

根本的に…エントリーをするということは【エントリーポイントから逆行しない価格で入るのが大前提となります。】
エントリーしたのに担がれるということは明らかに【価格の判定や解析、エントリーの方針が間違っている】からです。

要は【担がれる=解析したつもりなだけで何も分かっていない】となるのですから、【担がれるのが前提のポジション取りならノーポジの方が損をしない分遥かにマシ】だという事です。

担がれる前提のポジション取りを計画するのはナンピンをしたがる人に多い傾向にありますけど、【ナンピンで生き延びることが出来ない価格推移をしたらどうするのか?】という問題がクリアされていないとナンピンは成立しません。
逆を言えば、これがクリアできていないのであれば【ナンピン自体が死路なので選ぶことが出来ません。】

質問で挙げている例では
前者は単純に、反転後の順張りを目指すのだから2番底や2番天井で入ればOK、でも心配なら一巡は見送って調整なり、次の一巡を待ちましょうと普通の話しで、これは定石ですから一定の参考にはなります。

後者は上下でどちらにでも行きそうだと思うなら両建てして伸びた方を残して、ダメな方は損切りすれば良いじゃん、とかなりアバウトな手法で本当に利益が出せているか?は疑問です。

また通常の両建てというのは
①最初のエントリーで利益を出す(当然だが逆行は損切りする)

②①のエントリーから半分の利確などをして原資抜きをする

③利益確定ポイントで同じレバレッジ+残したロットと同数のヘッジエントリーをする(ヘッジのストップはロスカットがリスク許容内のPips)

④①のエントリーがノビてきたらノバして、ヘッジはロスカットでも少しは利益が出る

⑤ヘッジがノビて来たら、①のエントリーが建値ストップになるか、途中で調整が終わるか?まで見極める

のが両建てであって、【エントリー時点で両建てというのは本来は成立していない】ので、そもそもとしてそれは両建てなのか?という疑問すら出てきてしまいます。

FXにしろ、株式のデイトレにせよ短期トレードで【最優先で考えるのは価格なのは不変】です。
【今の価格が市況に対して安いのか?高いのか?これを当てるのが短期トレードの現実】です。

このことから価格を考えないでエントリーをしてナンピンすれば良いじゃん、両建てしてノビたらラッキーだしというのは、もう【トレードではなくパチンコと同じギャンブル】となっています。

あなたの根本的な問題点としては損切り貧乏が嫌なので、どうしたら損切りしないで済むのか?ということですよね?
その答えは単純明快で…
・きちんと価格分析をして逆行リスクが極めて少ない価格まで【待つ】
・ロット数とレバレッジを張りすぎないで、資金に余裕を持たせる
・全ツッパ、フルレバ、フルロットはダメ絶対
・【短期で沢山儲けるのは不可能】なので、小銭の利益を積み上げることを意識する
・どっちに行くのかが分からないのなら絶対に触らない
・ポジポジ病は卒業する
を徹底するだけの話しです。


そして、トレードを真面目にするなら【価格】を真剣に考えることです。
【何故この価格なのか?】をテクニカル分析に落とし込むのは基本中の基本なのですから、もう少し価格というモノを考えた方が【あなたの手法】がブラッシュアップされると思います。

今考えているのが為替FXなのであれば、せめて【何故為替が変動するのか?】くらいは勉強してみてから、改めてテクニカル分析に臨んでは如何でしょうか?
そうすれば見るべき指標、情報、テクニカル分析による価格裁定がもっと良くなると思いますから、今回のような【他人の手法】を見て悩むことはだいぶ少なくなると思います。

少なくとも【他人の手法】をコピーしても絶対に成功はしないので、基本から学び直して【あなたの手法を】固めるのが最優先です。
何故なら【他人とあなたでは学習進捗度が異なる】ことから、他人の手法をコピーしたくても【同じ指標やデータを見て同じ裁定が出来ない】ことから【コピー自体が成立しない】のです。

【トレードにはゲームみたいな攻略法は存在しない】ので、地道に基本の学習を固めてから改めてエントリーの仕方、資金管理の仕方を計画してみてください。
焦ったところで成功は出来ませんから、本当に難しいトレードにのめり込まずに落ち着いて学んでみてください。

【利益機会なんて待っていれば必ず訪れますからね】

インドのeビザエントリーポイントとルール

あなたは旅行の4つの異なるモードでインドを離れることができますが。 飛行機、クルーズ船、電車、バスで、 2つのエントリーモードのみ インドeビザ(インドビザオンライン)で入国した場合に有効です 飛行機とクルーズ船で.

インドeビザまたは電子インドビザのインド移民規則に従い、申請する場合は、指定された港および港で飛行機またはクルーズ船でインドに入国する必要があります。 インドの観光eビザ or インドのビジネスeビザ or インドの医療eビザ.

以下は、インドのeビザに指定された28の空港と5つの港です。

  • アーメダバード
  • アムリツァル
  • バグドグラ
  • バンガロール
  • ブバネシュワル
  • カリカット
  • チェンナイ
  • チャンディーガル
  • コーチン
  • コインバトール
  • デリー
  • ガヤー
  • ゴア
  • グワハティ
  • ハイデラーバード
  • ジャイプル
  • コルカタ
  • ラクナウ
  • マドゥライ
  • マンガロール
  • ムンバイ
  • ナーグプル
  • ポートブライア
  • Pune
  • ティルチラパッリ
  • トリバンドラム
  • バラナシ
  • ヴィシャカパトナム

またはこれらの指定された港:

eビザ保有者の場合は、上記の国際港または海港のいずれかを経由して入国する必要があります。 他の人が来ることを計画している場合 ポート 入国の際には、最寄りのインド大使館またはインド高等弁務官事務所で通常のビザを申請する必要があります。

ここをクリックして、の完全なリストをご覧ください。 許可された出口空港、港、入国審査のチェックポイント 許可されている インドのeビザ (インドビザオンライン)。

海外FXでのデイトレード手法とエントリーポイント

こんにちは、はるパン(@harupanfx)です。 今回は、私がFXやCFDで強制ロスカットされて大損した時の話を書きます。 その前に簡単に自己紹介させてください。 私は大学在学中にFXを始めて、かれ .

スパンモデルのトレード手法と雲・遅行スパンの見方
ローソク足の組み合わせと水平線だけで勝つFX手法

ローソク足の組み合わせはあらゆる場面で登場します。 基本的なパターン分析ですが、知っているだけで勝てる可能性がかなり上がります。 まず、日足と4時間足でポイントを絞ります。模式図で見ていきましょう。 .

MT4でフィボナッチの引き方と効果的な使い方
海外バイナリーオプションのハイローオーストラリアで勝つ手法

トラリピEA 無料プレゼント-2

FXの質問受付中

海外FX業者おすすめランキング2022!人気FX会社16社を口座比較
【2022年6月】海外FXおすすめ新規口座開設ボーナス(ノーデポジット・未入金キャンペーン)

口座開設ボーナスとは? 入金不要! エントリーポイント 資金ゼロからトレードできる! 口座開設ボーナスとは、新規口座開設を条件にもらえる、その業者専用の取引資金のこと。 この口座開設ボーナスを活用すれば、たとえ自己資金ゼ .

海外FX入金100%ボーナスをクッションあり・なしで徹底比較【2022年最新おすすめ版】

入金ボーナスとは? 口座に入金するだけ! 資金を2倍3倍にできる! 口座への入金額に応じた取引ボーナスがもらえる。 海外FX業者が実施するキャンペーンの中で最も還元率が高い。 入金額に対し還元率100 .

海外FXで出金拒否なし・詐欺じゃない安全な業者BEST5

海外FXでよく問題視されるのは「出金拒否」。 これは、利益を出金したいのに業者側によってストップされてしまうというケースのことです。 その理由はさまざまですが、業者によってはユーザーに落ち度がないにも .

海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは 「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」 という点ですよね? 今回は、海外FX業者11社分のスプレッド計測データをもとに、スプレッドの広がり方の特徴を .

ローソンで楽しくお得にポイント活動 ポン活しよう!

Google Play

Androidユーザーの方はこちらから

App Store

iOSの方はこちらから

キャンペーンに関するお問い合わせ

よくある質問

すでにローソンアプリやau PAY アプリをインストールしていても本キャンペーンの対象でしょうか? すでにアプリをインストールしている方も対象です。 すでにau IDとPonta会員IDを連携していても本キャンペーンの対象でしょうか? 本キャンペーン開始前から連携されている方も対象です。 エントリーポイント すでにローソンアプリ内でPontaカードを連携していても本キャンペーンの対象でしょうか? 本キャンペーン開始前から連携されている方も対象です。 Pontaカードの提示と、au PAYでのコード支払いの順番がわかりません。 エントリーポイント Pontaカードをご提示いただき、その後au PAYでお支払いください。 プラスチックのPontaカードの提示でも本キャンペーンの対象でしょうか? プラスチックのPontaカードでもデジタルPontaカードのどちらも対象です。キャンペーン終了までに、ローソンIDでローソンアプリにログインし、Pontaカードのアプリ内連携をしてください。 支払い完了後にPontaカードを提示してもキャンペーンの対象でしょうか? お支払い完了後にPontaカードを提示してもキャンペーン対象になりません。お支払い前にPontaカードをご提示ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる