FXの練習方法は

ストップリミット注文とは?

ストップリミット注文とは?
ストップ価格(指値が発動する価格)、指値価格(買いたい価格)、金額(購入したい数量)を入力して「 購入 」を選択します。

ロビンフッドでストップロスを設定する方法

ストップロスレベルを設定する場合、テクニカル分析が非常に役立つ場合があります。 たとえば、ロングポジションの場合、株式の下振れリスクを評価するために、株式の重要なサポートレベルを決定する必要があるかもしれません。 言い換えれば、大幅なサポートレベルが破られた場合、株式はさらに損失を被る可能性があります。 ただし、取引プラットフォームにストップロスレベルを入力する前に、誤った発生に注意し、テクニカル分析やその他のツールを利用して徹底的な調査を行ってください。

ストップロス注文を使用してロングポジションとショートポジションを保護できますか?

間違いなく、この文脈では、名前 stop-loss order 少し誤解を招くです。 ストップロス注文は、主にロングポジションとショートポジションの両方で重大な損失を防ぐことを目的としています。 ただし、証券の価格が指定されたレベルを超えて取引されたときにトリガーされるため、現在の持ち株の大幅な利益に対しても利用できます。 それでも、ストップロス注文とストップロス注文は、破られた後に成行注文に変換されるため、実際の価格執行はストップロス価格を大幅に下回るか上回る可能性があります。

あなたの株をよりよく管理する

投資家とトレーダーにさらに制御を提供するために、ストップロス注文では、各トランザクションの価格制限を設定できます。 株価がストップ価格に達すると、指値注文がアクティブになり、マーケットメーカーに指値で売買するように指示します。 このオプションは、投資家が損失を許容できないポイントを設定することにより、損失を制限します。

ストップロス注文は損失を最小限に抑えるのに役立ちますが、これらの戦略はどちらも間違いありません。 ストップロスのしきい値を超えた後は、ストップロスの注文はストップロスの価格とはかなり異なる価格で実行される場合があります。 注文する前に、必ず独自の調査を行い、このタイプの注文のメリットとデメリットを理解してください。

これまでにストップロス注文を設定したことがありますか? ロビンフッドで株を取引したことがありますか? このプラットフォームのどこが好きですか? 下のコメント欄でお知らせください!

Binanceで逆指値注文を出す方法

Binanceの会員サイトにログインし、画面上部のメニューから「トレード」>「クラシック」を選択します。

するとトレード画面が立ち上がります。

トレード画面右側にある通貨パネルの検索ボックスで取引したい 通貨のティッカー を入力して、取引したい通貨ペアを選択します。

仮想通貨のティッカーはビットコインなら「 BTC 」、イーサリアムなら「 ETH 」、Binanceコインなら「 BNB 」など通貨ごとに決まっています。

なお、通貨名の横にある星マークをクリックすると 通貨をお気に入り登録することも可能 で、登録しておくと次回以降は検索することなく簡単に表示できるようになります。

通貨を選択すると、画面右上の通貨名が選択した通貨ペア名に切り替わりチャートも選択した通貨のものが表示され、取引できるようになります。

画面下部の注文パネルから「 ストップリミット注文とは? ストップリミット 」を選択します。

ストップリミットを選択すると注文パネルがストップリミット(逆指値)に変わります。
(ストップ価格を入れるエリアが表示される)

ストップ価格(指値が発動する価格)、指値価格(買いたい価格)、金額(購入したい数量)を入力して「 購入 」を選択します。

    ストップ注文の例

なお、売却の場合も同様にストップ価格(指値が発動する価格)、指値価格(売りたい価格)、金額(売却したい数量)を入力して、「 売却 」を選択します。

注文が完了すると注文パネルの下にある注文履歴パネルに注文が表示されます。

cTraderを使うなら知っておきたい注文の種類や内容を解説

cTraderの注文について動画で説明します。(クイックトレード、新規注文ウィンドウ、アドバンス設定)

cTraderの注文について紹介します。 cTraderでは様々な注文方法が用意されていますので、初めて利用される方はわかりにくいでしょう。 このページは、注文についてまとめた記事です。 具体的には、 ・クイッ.

cTraderの注文

・成行注文
・指値注文
・ストップ注文
・ストップリミット注文
・部分決済注文
・アドバンス設定

ストップ注文

ストップリミット注文

部分決済注文

アドバンス設定

利食いについて
「利食い1~4」
最大4つの利食いポイントを増やすことができます。それぞれに「Pips」と「決済される取引枚数」を設定することができます。
「残玉取引数量」
アドバンス設定で設定した利食いが成功したあとの、残りの取引数量を示しています。

損切りについて
「追加」
利益が出たときに損切をどこに設定するかを設定できます。0なら建値に設定されます。
「含み益時にトリガー指定」
トリガーとして設定した数値で損切を変更することができます。

アドバンス・損切りは、cTraderがインターネットに接続され、起動している状態でのみ作動します。

細かな注文設定

許容スリッページ

ストップ注文や損切りの隣にある[→]

これは、「損切り注文」や「ストップ注文」の詳細な設定ができる機能です。クリックすることで[→][←][⇉][⇇]の4つのマークに変わります。

[→]トレードサイド:損切が実行されるタイミングとして、
◦買いポジション=Bid値で損切り
◦売りポジション=Ask値で損切り

[←]オポジットサイド:損切が実行されるタイミングとして、
◦買いポジション=Ask値で損切り
◦売りポジション=Bid値で損切り

[⇉]ダブルトレードサイド:損切が実行されるタイミングとして、
◦買いポジション=損切りの価格よりBid値のティックが、2回続いて低くなった時に損切り
◦売りポジション=損切りの価格よりAsk値のティックが、2回続いて高くなった時に損切り

[⇇]ダブルオポジットサイド:損切が実行されるタイミングとして、
◦買いポジション=損切りの価格よりAsk値のティックが、2回続いて低くなった時に損切り
◦売りポジション=損切りの価格よりBid値のティックが、2回続いて高くなった時に損切り

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる