取引プラットフォーム

投資ブローカーとは何ですか

投資ブローカーとは何ですか
言葉

職場の未来を支援するパートナー

Brokers Page - Hero image

契約総額(TCV)は、該当するメンバーシップ詳細フォームまたはメンバーシップ契約の料金表に記載されている、契約上の早期終了オプションを含めたメンバーの契約期間に対してコミットメントしている正味メンバーシップ料金から割引を差し引いたものです。 メンバー契約に明記されている通り、ブローカー料金にはカスタム設定料(該当する場合)、設計料、または追加サービス料金は含まれていないことにご注意ください。TCV には、契約料金表に反映されていない限り、年会費の増額は含まれていません。

私のクライアントを WeWork に紹介すると支払われる報酬は、どのように決定されますか?

報酬の計算には、契約総額のレートが適用されます。これは、次の質問とブローカー・パートナーシップ・プログラムのサービス利用規約で定義されています。適用されるレートは、紹介を受けたメンバーが使用するビルの所在地によって異なります(大文字で表記されている用語はすべて、ブローカー・パートナーシップ・プログラムの利用規約に記載されている意味を持つことに注意してください)。 アメリカおよびカナダ(USC) USC 地域での新規ビジネス、更新、拡張の場合、該当する取引の契約総額の 5% となります。 ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)/ラテンアメリカ(LATAM)/太平洋地域 EMEA、LATAM、および太平洋地域での新規ビジネスの場合、報酬レートは契約期間の長さに基づいて決定されます。契約期間が 12 か月以下の場合、該当するトランザクションの契約総額の 10% が支払われますが、契約期間が長くなるにつれ、パーセンテージは低くなります(最小は 24 か月以上の 5%)。 同一 WeWork ロケーション内での契約更新や座席数の増加の場合、該当するトランザクションの契約総額の 3% をお支払いします。契約更新や座席数の増加とみなされるためには、アカウントをご紹介いただいた時点で、そのアカウントが同一ロケーションに最低でもデスク 1 席を占有したことがあることが条件となります。紹介された組織のメンバーシップの最初の 12 か月間に契約更新または座席数の増加が発生した場合は、紹介された組織がメンバーになってから 12 か月目までは新規ビジネスレートで報酬が計算され、その後は、契約更新、座席数の増加、移動期間の残りの期間について、該当する報酬をお支払いいたします。

アメリカおよびカナダ(USC) メンバーシップ契約が締結されると、60 日以内に初期費用をお支払いいたします(振込みに必要なブローカーの詳細がすべて揃っている場合)。 ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)/ラテンアメリカ(LATAM)/太平洋地域 ブローカーへの報酬が支払われるには、メンバーがサービスリテイナーを支払っていることが条件となります。紹介された組織が使用するロケーションの所在国に応じて、当社はサービスリテイナーを受け取ってから 60 日以内にブローカーに報酬を支払うか、請求書の作成手順を提供します。該当する国がブローカーに法的請求書を当社に送付することを義務づけている場合、正確な請求書を受け取った時点から 30 日以内に報酬をお支払いします。

WeWork ブローカー・パートナーシップ・プログラムにご紹介いただく方とのコミュニケーションは、通常 WeWork がすべて管理しています。紹介情報の提出時に「私は WeWork がこの紹介先に連絡することを許可します」の欄にチェックを入れることで、あなたはこのコミュニケーションに同意することになります。しかし、もしあなたが WeWork のセールスチームとご紹介いただく方とのすべてのコミュニケーションの管理を希望される場合は、「私は WeWork がこの紹介先に連絡することを許可します」の欄にチェックを入れないでください。

紹介したクライアントが WeWork の利用を拡大した場合、追加報酬は支払われますか?

はい。同じロケーションで座席数を増やしているクライアントをご担当の場合、ビルの所在地に基づいて、契約総額の 3% あるいは 5% をお支払いいたします(米国とカナダでは 5%、EMEA、LATAM、太平洋地域では 3%)。また、他のロケーションで利用スペースを拡大するクライアントをご担当の場合、それは新規の契約とみなされます。

潜在的な報酬の上限額は、地域のサービス規約に基づいて決定されます。 - EMEA:クライアントが EMEA にあるビルのメンバーシップ契約に署名した場合、紹介手数料は、該当するメンバーシップ契約の最初の 3 年間に支払われる金額を上限とします。 現在のところ、報酬の上限は他にありません。

「ブローカー」とは?不動産での意味から英語や類語まで例文付きで解説

言葉

☆「ブローカー」をざっくり言うと……

英語表記ブローカー(broker)
意味仲買人、仲介業者、証券委託売買業者
語源サクソン語 “broc” ・英語 “break”
類義語ディーラー、エージェント
不動産ブローカー人脈を活かし、知人の間で不動産契約を成立させる人

「ブローカー」の意味をスッキリ理解!

「ブローカー」の意味を詳しく

「ブローカー」とは、 不動産や証券における、仲買人や仲介業者 のことです。

「ブローカー」の使い方

「ブローカー」の語源

まず、古代英語の1つの サクソン語が元であるという説が存在します。 サクソン語には、 “broc” という「失敗」を表す単語が存在し、この単語が元になっているのではないかと考えられています。

そして、もう一つの説は 英語の “break” が元となっているという説です。 かつて株式の大口注文を扱いやすくするために小口注文に分割していたことから、「分割する」という意味を持つbreakが元となってブローカーが誕生したのではないかとされています。

「ブローカー」の類義語

  • ディーラー:取扱業者・特約店 :代理人・代理店・仲介業者

不動産ブローカー

不動産ブローカーは、自分の人脈を活かして独自に不動産売買の取引を行う人のことです。 「不動産を売りたい」と言っている知人に対し、「不動産を買いたい」と言っている人を紹介し、そこで契約がまとまった場合に紹介料を貰うのが仕事です。

ヘッジファンドのプライムブローカー・ランキング

0120-104-359

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。「投資助言実績1032.9億円以上」について:当社の投資助言サービスにより顧客が投資決定した投資額の累計(2008年6月~2021年12末 投資決定時・円換算、長期積立投資の場合は総積立期間の投資累計額)。「投資助言会社 顧客満足度 No.1、支持率 No.1について」:調査方法:インターネット調査、調査概要:2020年5月 サイトのイメージ調査、調査提供先:日本トレンドリサーチ。「業界No.1」「第1位」について:2020年12月31日現在の金融庁公表「金融商品取引業者登録一覧」において投資助言・代理業に専業登録している業者のうち、個人向けに海外ファンド(ヘッジファンドを含むより広い対象)を助言対象とし、かつ1,000件以上の投資助言契約を有する国内所在の大手企業各社の投資助言契約額・顧客数を調査(2021年3月 TPCマーケティングリサーチ調べ)。「世界ランキング上位」について:海外の機関投資家向け調査機関(Hedge Fund Research等)が中立的に提供している賞を受賞しているファンドを指します。「世界最高水準の高利回り実績」について:当社が助言対象としている世界ランキング上位のヘッジファンド等の過去の運用実績を指します。「高利回り実績No.1」について:当社が投資助言対象とするヘッジファンドと、日本国内に流通する投資信託の過去10年間の平均年リターンを比較した結果です(2016年2月末 モーニングスター公表データを拠り所として当社調査済み、SMA/DCは除く全ファンド対象)。「約2000万円から海外著名ヘッジファンドに投資」について:ヘッジファンドへの最低投資額は運用会社の状況によって予告なく変更となる場合があります。本サイトに例示のファンドが常に2000万円から投資できるということは当社は一切保証しません。なお、当社は販売会社ではないため、運用会社となんらの契約関係も無く、運用会社の判断に何らの影響を与えることはできず、最低投資金額を含む運用会社やファンドに関する最新情報・投資機会について、投資助言契約者に対して情報を提供するという立場です。投資判断はお客様自身の判断でなさるようにお願い致します。「人工知能で開発」について:人工知能は、記憶や学習といった人間の知的な活動をコンピューターに肩代わりさせることを目的とした研究や技術のことを指します。「ヘッジファンドに投資するためのトータルコストを最大で半額」について:従来は、大手証券会社や外資系プライベートバンクを通じて、間に投信会社・海外投信会社・海外証券会社を介して海外ヘッジファンドを購入することが普通でしたが、その場合、販売手数料等の中間コストが投資家様の負担になっていました。私たちはお客様がそれらの中間業者をできるだけ回避して海外の著名ヘッジファンドに直接投資できるノウハウを提供しています。その結果、私たちのお客様(日本国内在住の個人投資家)が著名なヘッジファンドに投資するためのトータルのコスト(手数料)は、同じ著名ヘッジファンドへの投資機会を提供できる大手金融機関を介する場合と比べて最大で約半額にすることに成功しています(2015年11月末時点 当社調査済み)。「証券会社や銀行等の販売業者は販売手数料稼ぎに重点を置いた短期の乗換え販売などに偏り、売り手にとって良い商品を薦める」について:金融庁の金融検査結果事例集(平成26年7月30日付け)を参照。「最大級」について:金融庁登録の全投資助言業者における、個人投資家向け海外ファンド助言契約額累計(各社HP上公表値)を元に当社調査(2015年12月3日現在)。「顧客リピート(継続)率97.0%」について:継続率とは当社の投資助言契約に基づく投資に関して2019年度に投資助言対象資産を有するお客様の人数を分母とし、当期中(2020年1月~2020年12月末まで)に売却等により投資助言対象資産残高を有しなくなったお客様を除いた人数を分子として除算した百分率です(小数点第二位を四捨五入)。「メディア掲載事例」について:掲載事例は当社グループに関するもので、メディア名は掲載当時のものです。HPのコンテンツおよび当DVDセミナーのコンテンツでご紹介している投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利の変動により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。ヘッジファンドについて:助言対象の著名ヘッジファンドについては、ヘッジファンド側の状況や社会情勢等により日本からの投資受け入れを中止する場合があります。一般的に、ヘッジファンドに投資するためのトータルコストには、証券会社による販売手数料、各種専門家への費用・手数料等、当該ヘッジファンドに投資する際に経由するビークル(国内投資信託)にかかる信託報酬等のコストなどが含まれており、これらは各ファンド毎によって異なります。具体的な金融商品の固有名詞につきましては規制の関係上、弊社との投資助言契約を締結された方にのみ開示しております。当社サイトおよび当社サイトで紹介する資料やセミナーDVDのコンテンツについて:作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願い致します。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。知的富裕層の投資戦略DVDは、「インテリッチの投資法」の情報を一部アップデート及び改定したものです。 【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。個人、法人を問わず、当社Webサイトのコンテンツの全部または一部にかかわらず、Webサイトへのコピーや複製など、ミラーサイトまたはそれに準ずる行為ならびに、再販売、再配布、変更、出版(紙および電子的な出版を含む)などの行為を一切禁じます。インターネット上で公開する場合は、個人の運営するホームページであっても、自然に不特定多数の人が利用可能な状態となり、私的利用としての「家庭内その他これに準じる限られた範囲内での使用」を逸脱することになるため、これは無条件には認めておりません。従って、「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用していただき、引用される内容につき、当社の事前の許諾を得てください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 投資ブローカーとは何ですか 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。 当DVDのコンテンツのすべての情報について当社の許可なくご家族以外の第三者と共有することを禁じます。

不動産の転売は個人でも儲かる?違法の基準は?土地の転売で利益を出す基礎知識

不動産を利用して利益を出す方法として、不動産の転売があります。
不動産を購入(仕入れ)して転売し利益をあげている人の中には、プロである不動産業者だけでなく個人投資家の人もいます。
不動産の転売は「仕入れて売る」だけのシンプルな事業構造ですが、気を付けるべき注意点や押さえるべきチェックポイントがわかっていないと、利益どころか大幅な損失を出すこともあります。 投資ブローカーとは何ですか
今回は、不動産の転売をしようとする人へ、下記のポイントについて、詳しく解説しています。

  • そもそも土地の転売で儲けることは可能なのか?
  • 遵法性に問題はないのか?
  • 転売した場合に、税金はどのくらいかかるのか?
  • 転売で利益を出すためにはどういう方法があるのか?
  • 仕入れに必要な情報力とは?
  • 不動産業者とつながり、転売や投資向き物件の情報を回してもらう
  • 不動産一括査定サイトを利用し、高く売却してくれる不動産業者を選ぶ

不動産投資家が土地の転売で儲けることは可能か

 768

「不動産(土地)転売」が儲かるイメージになった背景

皆さんは「土地ころがし」という言葉をご存じでしょうか。 投資ブローカーとは何ですか
「ころがし」は「転がし」であり、「土地ころがし」は、ズバリ土地の転売を指す言葉です。
1980年代から1990年代初めにかけて、日本はバブル景気に沸いていました。

中には「地上げ屋」のような悪質な業者も存在し、土地を買い占めては高値で転売し、暴利を得ていたという話も挙がるほどです。
しかし、バブル景気の終焉とともに、土地ころがしをしていたほとんどの人たちが市場から消えていきました。
近年ではダウンタウンの松ちゃんこと松本人志さんが、新橋駅近くの土地を8億円で購入をし、半年後に約16億円で転売したという話が週刊誌で騒がれましたので、ご記憶の方もいるでしょう。

ちなみにその土地はバブル時代の地上げの対象地だったそうです。
このようなことから土地の転売は簡単に儲かる・・・というイメージが定着しているのです。

不動産の転売は税金がハードルに

個人が不動産の転売で得た利益は、譲渡所得として所得税と住民税が課税されます。
譲渡所得は売却した不動産の所有期間によって、長期譲渡所得と短期譲渡所得に分けられます。
不動産の転売の場合は、ほとんどが短期譲渡所得となり高い税率で課税されるため、利益が非常に圧迫されます。
具体的な税率や計算方法は、後ほど詳しく解説します。

不動産の転売は「違法」ではないのか

このように、不動産の転売には不透明でダーティーなイメージがありますが、土地など不動産の転売で利益を出すという行為自体は合法的なビジネスといえます。
次章で、不動産の転売についてのコンプライアンスや税制などについて解説します。
≪まとめ≫
バブル時代の名残や有名人の不動産転売で儲かるイメージが定着した
不動産の転売利益には高い税金がかけられている
不動産の転売は合法的ビジネスである

不動産投資バナー

不動産投資バナー

不動産の転売目的の購入や売却に「違法性」はあるのか

 768

転売目的でも不動産の購入・売却は違法ではない

土地などの不動産を購入して、自分の所有権とすることは何の違法性もない行為です。
反対に、所有している不動産を売却して対価を得ることも当然の行為であり、そこで得た譲渡益に対してきちんと納税をすれば何ら違法性はありません。
つまり、買った不動産を売るという転売で利益を得ることに違法性はなく、もちろんそれを禁止する法律もありませんのでコンプライアンスに抵触することはないのです。
また、最初から転売目的で不動産を購入し売却したとしても、そもそも商売や事業とはそういうものですし、高い税率の納税義務さえ果たせばまったく問題ないといえるでしょう。

不動産の転売は短期で利益を出すことは難しい

前章で少し触れましたが、個人の不動産の短期譲渡には高い税率で所得税と住民税が課税されるため、不動産の転売で利益を出すことは難しいといえるでしょう。
具体的には、所有している不動産を売却した場合、売却した年の1月1日時点で所有期間が5年以下の不動産を売却した場合、短期譲渡所得として転売益に対して所得税30.63%(0.63%は復興特別所得税)と住民税9%の合計39.63%が課税されます。
利益の40%を税金で持って行かれてしまうのです。
ちなみに、所有期間5年超の不動産を売却した場合は長期譲渡所得となるため、税率が所得税15.315%(0.315%は復興特別所得税)と住民税5%の合計20.315%となり、その違いは歴然です。
また同時に、不動産の購入・売却には仲介手数料や登記費用など多くの諸費用が発生するため、それらもすべてコストとなり利益を圧迫します。 投資ブローカーとは何ですか

不動産の転売にかかる高い税金は「不動産バブル」の反省から?

そうした地価の上昇を抑制するため、譲渡所得に対する期間の変更や税率の引き上げなどが行われたのです。
すでにバブル時代が終わって30年近くたちますが、長期譲渡所得および短期譲渡所得という制度は残っています。
今後も、バブル時代に行われたような投機的な不動産の転売や金儲けが、当たり前のように行われないため、反省を込めて高い税率の制度が残されているのかもしれません。

短期で不動産を転売した場合の税金の計算方法

年以内の転売は「短期譲渡所得」に当たる

ちなみに、このケースで所有期間5年超の長期譲渡所得の場合は
「所得税=1,000万円×15.315%=153万1,500円」
「住民税=1,000万円×5%=50万円」
所得税と住民税を合計して、203万1,500円となり、短期譲渡所得の場合のほぼ半分となります。

短期譲渡所得でも特例で控除されるケース

所有期間5年以下の短期譲渡所得の場合でも、適用できる特例はあります。
まず、マイホームなど自分が住むための居住用不動産を売却した場合、一定の要件を満たせば所有年数に関係なく譲渡所得から3,000万円を控除することができます。
つまり、3,000万円までの利益であれば税金は課税されません。
その他に該当しそうな特例は、以下などが挙げられます。

  • 公共事業などのために土地建物を売った場合、5,000万円の特別控除
  • 特定土地区画整理事業などのために土地を売った場合、2,000万円の特別控除
  • 特定住宅地造成事業などのために土地を売った場合、1,500万円の特別控除

このように、自分自身が住むための不動産を売却する場合や、国や自治体など公共の用に供する場合は控除が認められます。
例えば、所有期間5年以下のマイホームを売却して2,000万円の譲渡所得が出た場合、
「譲渡所得2,000万円-特別控除3,000万円<0」となるため、所得税も住民税もゼロとなります。
次に、所有期間5年以下のマイホームを売却して3,500万円の譲渡所得が出た場合

「譲渡所得3,500万円-特別控除3,000万円=500万円」
「所得税=500万円×30.63%=153万1,500円」
「住民税=500万円×9%=45万円」
所得税と住民税を合計して、198万1,500円を納税することとなります。

≪まとめ≫
転売目的で不動産を購入・売却しても違法性はない
不動産転売での短期譲渡所得は約40%の高税率である

不動産投資バナー

不動産投資バナー

不動産の転売で利益を出すための選択肢

不動産会社を立ち上げた上での転売【難易度:★★★★★】

自分自身で不動産会社を立ち上げて宅地建物取引業の免許を受け、不動産業者として不動産の転売を行う方法です。
宅地建物取引業者の免許を受けるためには、従業員5名あたり1名以上の専任の宅地建物取引士が必要となるため、自分自身で国家試験を受けて資格を取得するか、資格者を雇うかですが、自分自身で取得する方法がベストでしょう。
法人となれば、短期譲渡所得に対する課税はなく、譲渡益は会社の利益となりますので法人税が課税されることになります。

土地付き格安物件の活用【難易度:★★★★☆】

、という方法です。
地方や郊外にある古家や空き家を数百万円単位で仕入れて、リフォームや場合によってはリノベーションをして魅力的かつ機能的な物件に再生し、マイホーム購入を考えているエンドユーザーや投資用物件として個人投資家に販売します。
状況によっては、古家を解体し更地とすることで、かえって物件の価値が上がり速やかに売却できる場合もあります。
ただし、こうした転売方法では物件の目利き力や仕入れルートの確保などのハードルがあります。

主なポイントとして、古家や空き家の問題点やリスクの洗い出しおよび対策、リフォーム費用の算定、マーケットの需要動向、出口の確保など、押さえるべきポイントが数多くあります。
また、不動産業者や転売業者などのプロ、個人投資家など競合する相手も多いため、情報格差やスピード感で負けてしまうことが考えられますが、競合に対応する方法もあります。
それは、自殺や孤独死などがあった事故物件を買い取ることです。

事故物件は相場価格の50%程度(場合によってはさらに値下げ可能な場合も)で交渉可能ですので、本気で取り組めば転売の成功の確率は高いといえます。
しかし、競合が少ない利点はありますが、売れ残りのリスクや事故物件を扱うというノウハウなども求められるため、簡単に利益が得られるわけではありません。
いずれにしても、どれだけ安く仕入れられるかが転売成功のカギといえるでしょう。

不動産を一定期間所有した上での転売【難易度:★★★★☆】

所有期間5年以下の短期譲渡所得ではなく所有期間5年超の長期譲渡所得で転売すれば、税率の違いがそのまま利益となるため、転売益を出しやすくなります。
つまり、仕入れた不動産を賃貸などで運用しながら5年後に売却する方法です。

この方法であれば運用期間中は賃料収入などを得ながら、売却時期を待つために不動産の価値を効率的に利用することができます。
注意点は、最適な運用方法の見極めと事業計画、出口戦略などです。

仕入れた不動産が古家の場合は、まずリフォームして戸建て賃貸として運用できるのか、5年後に円満退去してもらえるのか、そのための対策はあるのか、売却予想価格はどのくらいか、などの事業計画を緻密に考えておかなければなりません。
また、解体して更地とし駐車場などで運用する場合、固都税が跳ね上るが収益性は担保できるのか、最終的な売却予想価格はどのくらいか、などを考えておかなければなりません。
投資計画や事業計画をきちんと策定したうえで、運用後の出口戦略まで考えておけば、失敗するリスクは下がっていきます。

人脈を活かした転売【難易度:★★★☆☆】

です。
自分の周りにいる人に「こんな不動産があったら買うよ」とアナウンスしておくことで、知人の紹介や表に出ていない不動産情報を入手できるかもしれません。
たとえば、知人から「知り合いが空き家を相続したが、使う予定がないので困っている」、「隣の家がもう長い間誰も住んでいない」などの情報があれば、直接本人に交渉することで購入できる可能性があります。
こうした口コミ戦術は、人の生活のネットワークの中で「知人の知人」というような信頼を得やすい利点があるために、場合によってトントン拍子で話が進むことがあります。

不動産の転売(個人)をインターネットで完結させるのは無理?

不動産の転売で利益をあげるため大切なことは、いかに物件を安く仕入れられるか、ということです。
「利は元にあり」と言いますが、相場より安く仕入れられれば、そのまま相場価格で売却しても利益を出すことができるのです。
そのためには効果的な仕入れのチャネルが必要であり、転売を主業務としている不動産業者などは、不動産業者のネットワークの他に弁護士や税理士など、独自の仕入れチャネルを構築しています。
インターネット上には数多くの物件情報が掲載されていますが、安く仕入れられる物件はありません

もし転売できるような土地付格安物件があれば、ネットに出てくる前に水面下で即取引されてしまうからです

そのため、不動産業者を通さずインターネットで確認できる不動産情報は、価格交渉の余地のない物件と考えるべきで、転売しても利益は望めないでしょう。
≪まとめ≫
自分で資格を取り宅建業者となる方法がベストだが、高いハードルもある
地方の土地付き格安物件は競合相手が多い
転売だけでなく不動産経営も視野に入れれば、成功の確率がアップ
個人の人脈やネットワークを利用すれば直接情報を知れることもできる

個人で「不動産転売」で利益を出すには情報力が必要

 768

転売目的の不動産を探すことは可能

インターネット上に掲載されていて誰でも見ることができる物件では、利益をあげることは難しいです。
やはり、表面に出てこない段階で情報をキャッチできるか否かが勝負の分かれ目となります。
そのために今すぐできることは何でしょうか。

個人や士業の先生方から、直接、物件を仕入れられれば理想的ですが、時間もかかりますし情報の正確性にも欠ける場合もあります。 投資ブローカーとは何ですか
自分自身の仕入れチャネルを作りながら、仕入れのネットワークを持つ不動産業者に個人で不動産転売を行う投資家として認識されれば、転売や投資向きの物件情報を回してもらえる可能性があります。

不動産の転売は価格検証が重要

不動産の転売で利益を出すためには、仕入れと同時に出口での価格検証も重要です。
最終的に売却することによって、利益を確定させることができるからです。
そのためには、高く売却してくれる不動産業者を選ぶことが大切です。

そうした不動産業者とネットワークができれば、仕入れの情報を取得できるようになり、利益の出し方なども相談できます。
≪まとめ≫
転売目的の不動産情報は、まず不動産業者から仕入れる
出口での価格検証も必要であり、不動産業者に相談する

 768

自分自身のチャネルとなる不動産業者と巡り合えれば、仕入れの情報や出口での売却、利益が出る物件か否かなど、さまざまな相談に乗ってくれることでしょう。
また、不動産をより高く売却して転売利益の最大化を狙いたいのであれば、不動産一括査定サイトを利用することがおすすめです。
不動産一括査定サイトとは、インターネットで所在地や面積などの物件情報と氏名や連絡先などの個人情報を入力するだけで、複数の不動産業者から査定を受けることができるシステムです。
複数の査定の中から、査定価格のみならず売却活動などの提案もよく確認して「ここだ!」思える不動産業者に売却を依頼しましょう。
中でもおすすめなのが「イエウール
」です。

イエウールがおすすめの理由

イエウールは1,600社以上の不動産業者と提携しており、大手仲介業者から地元密着型の不動産業者まで幅広いネットワークを持っています。
そのため、自分自身のチャネルとなる不動産業者などを見つけることができます。
また、イエウールでは厳格な審査を行っているため、しつこい営業や意味のない連絡をするような不動産業者は1社もありませんので安心して利用できます。
不動産一括査定サイトを上手に活用して、あなたの不動産転売を成功させましょう。

FINRA:ブローカーディーラーを規制し、投資家を保護する組織

FINRAは、証券取引委員会(SEC)の権限を与えられて、ブローカーが従わなければならない規則を作成し、それらの規則に対する企業のコンプライアンスを評価し、遵守しないブローカーを懲戒します。 証券を一般の人々と取引するためには、ブローカーはFINRAに登録されている必要があります。FINRAは厳格な申請と審査のプロセスを管理しています。 FINRAのオンラインBrokerCheckツールは、ブローカーが組織に登録されているかどうかを示します。

FINRAを理解する

簡単なヒント: ブローカーまたは証券会社がFINRAのBrokerCheckツールを使用してルールに従っているかどうかを確認します。

  1. ブローカーを規制および監督します。 FINRAに登録されると、ブローカーは何年にもわたって継続的な教育要件を完了する必要があります。 ブローカーは定期的な監査の対象となり、会社とその従業員が有能で誠実なビジネスを行っているかどうかをチェックします。 ブローカーが非準拠であることが判明した場合、FINRAは個人および/または会社に対して懲戒処分を行うことができます。
  2. ブローカーや会社のBrokerCheckデータベースを維持します。 FINRAのBrokerCheckツールを使用して、ブローカーが登録されているかどうかを確認できます。 BrokerCheckは、懲戒処分の履歴など、ブローカーまたは会社に関する背景情報も提供します。
  3. 顧客の苦情を受け取り、対処します。 ブローカーまたは証券会社に問題がある場合は、FINRAに苦情を申し立てることができます。苦情はFINRAが調査します。
  4. 紛争解決サービスを提供します。 顧客の苦情が訴訟に発展した場合、FINRAは、法廷に行く代わりに、顧客とブローカーの間の仲裁と調停のためのフォーラムと弁護士を提供します。
  5. 投資家にリソースとツールを提供します。 FINRAには、初心者から上級者まで、豊富な個人金融および投資記事と計算機があります。 無料のオンライン投資コースも提供しています。 FINRAにフリーダイヤルで電話をかけて、ステートメントの内容がわからない場合や、ブローカーが売り込もうとしているハードセルについて詳しく知りたい場合に、投資を理解するのに役立てることができます。 高齢者向けの専門ヘルプラインもあります。
  6. 株式市場を監視します。 FINRAの技術部門は、市場の取引と注文を毎日監視することにより、市場の完全性を維持する上で強力な役割を果たしています。 FINRAは、アルゴリズムと人工知能を通じて、相場操縦や詐欺のパターンや兆候を探します。 何かが見つかった場合は、FINRAの執行チームにフラグが立てられるか、SECや証券取引所自体などの他の関係者に送信されます。

簡単なヒント: ブローカーに関する苦情を仲裁または調停に持ち込むことは、法廷に行くよりも費用効果の高い方法です。 サービスには料金がかかりますが、FINRAは仲裁人の選択肢を提供し、プロセスを順を追って説明します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる