おすすめ記事

ストップロスとしての逆指値注文とは

ストップロスとしての逆指値注文とは
WEEK
注文を発注いただいた週の最終営業日まで有効となる注文です。
取引が終了するまでに注文が成立しない場合、自動的にその注文は取消されます。

「ストップロス」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「ストップロス」の意味は以下の通りとなります。
(1)指値注文の「リミットオーダー」と逆な考えで、新規注文の場合なら指定した価格よりも高くなったら買い注文、又下がったら売り注文を入れる方法。
(2)株やFX取引の際、新規注文なら相場の勢いに乗って注文ができ、決済注文なら損失限定や利益確定の手段として好まれる取引方法。
(3)日本語訳では「逆指値注文」で、「損切りライン」や「損切りオーダー」等と同義扱い。
逆指値注文「ストップロス」の理屈は、指値注文「リミットオーダー」と比較すると分かり易いです。例えば、株やFX取引の場合で、これから新規の買い注文を入れるとします。買い注文とは、これから値が上がると予想するもので、その後実際に値を上げたならある程度のところで決済すると利益になります。買い注文を入れる時に、投資家の考える方法は二つです。一つは指値注文「リミットオーダー」で、価格が少し下がったところに注文を入れて、その後決済をする。しかし、この注文だと下がるというのは勢いがない場合もあるので、そのままズルズルと下がる可能性も秘めています。対する、今回の逆指値注文「リミットオーダー」は、価格がさらに上がったところで注文を入れているので、「高い値段を勢いに乗って買う」という考えになります。理屈としては、そのままさらに価格が上がると思っているので、買い注文を入れたのです。もちろん、先ほど同様に買い注文が通った後に一転して下がる事もあるので、どちらの取引方法が正しくて間違っているとは言えません。しかし、相場の勢いに乗る所謂「ブレイク」を狙った方法である「ストップロス」は、変動が激しい相場の時にはこちらを好む投資家も大勢います。

ストップロスの由来

ストップロスの文章・例文

ストップロスとしての逆指値注文とは 例文1. ストップロスとリミットオーダーを駆使して、今年の相場に参戦したが、無残にも失敗続きと損失膨らみで退場した。
例文2. ストップロスとはブレイクアウトを狙った手法であり、勝率は低くなるが一度の利益は大きくなり、長期的には有効な方法とされている。
例文3. ストップロスは下げ相場で新規注文を入れるのが、合っている気がする。
例文4. ストップロスを組み合わせたOCO注文がより実践で使える。
例文5. FX取引ではストップロスやリミットオーダーは、最早定番中の定番注文である。

FXにおけるストップロスとは?設定方法もわかりやすく解説!

FXにおけるストップロスとは、最初の取引とは逆方向に変動するボラティリティの高い市場において、損失を抑えるためにブローカーが提供する機能です。これは、エントリー価格から一定のpips分離れた額(ストップロスレベル)を設定することで機能します。ストップロスは、ロングにもショートにも設定できるため、あらゆるFX戦略に役立つツールです。 trading strategy.

なぜストップロス注文が重要なのでしょうか?

ご覧のように、一般的な通貨ペアのほとんどで、半分以上の勝率となっていますが、 資金管理 が悪かったため、全体のバランス的にはまだ損失を出しています。

多くのトレーダーがお金を失う理由の記事で、デイビット・ロドリゲス氏は、トレーダーがこの問題を克服するには、 少なくとも ストップロスと同じくらいの利益目標を探すだけでよいと説明しています。つまり、トレーダーが50 pipsのストップでポジションをオープンした場合は、最低でも50 pipsの利益目標を探します。

FXのストップロス戦略

このトレーダーは、万が一予測が外れた場合には、あまり多くの資金を失わないよう、取引がうまくいくように十分な余裕を持たせたいと考えています。そのため、開始したすべてのポジションに50 pipsの逆指値を設定しました。ストップまでの距離と同じくらいの利益目標を設定したいので、すべての指値注文は最低でも50 pipsに設定されています。すべてのエントリーに対してリスクとリターンの比率を1対2に設定したい場合は、開始するすべての取引について、逆指値を50 pipsに、指値を100 pipsに設定すればよいのです。

つまり、先ほどの例のように、トレーダーが100 pipsのリミットで50 pipsのストップロスを設定している場合、ボラティリティの高い市場と安定した市場では、その50 pipsのストップはどのような意味を持つのでしょうか?

安定した市場の場合50 pipsは大きな動きとなりますが、ボラティリティの高い市場では、同じ50 pipsでも小さな動きと考えられます。アベレージ・トゥルー・レンジやピボットポイント、価格変動のようなインジケーターを使うことで、トレーダーは最近の市場情報を使って、より正確にリスク管理オプションを分析することができます。

average true range (ATR) in forex

これはトレーダーにとっていくつかの利点があり、ブレイクイーブン と呼ばれるエントリー価格にストップを移します。 これにより、EUR/USDが反転してトレーダーに不利な動きをしても、ストップが最初のエントリー価格に設定されているため、少なくとも損失を被ることはありません。

仮に、トレーダーがEUR/USDを1.3100で購入し、最初のストップを1.3050に設定した場合、EUR/USDが1.3110まで上昇すると、ストップが10 pips上の1.3060に調整されます。EUR/USDがさらに1.3120まで、つまり10 pips上昇すると、ストップは再び10 pips、1.3070まで調整されます。このプロセスは、ストップレベルに到達するか、トレーダーが手動で取引を終了するまで続きます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる