基本情報

相場分析の見極めに必要な4つの視点

相場分析の見極めに必要な4つの視点
(引用:介護労働安定センター) 相場分析の見極めに必要な4つの視点

リスクマネジメントによって介護事故を防ぐための4つの対応

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

(引用:介護労働安定センター)

ヒヤリハットとは、「浴室の床が滑りやすく転倒しそうになった」など、重大な事故には発展していないものの、いつ発展してもおかしくないような事象を指します。

②リスクアセスメント

なお分析にあたっては、人的要因・設備的要因・作業環境的要因・管理的要因の4つの視点から行うのが通常です。例として「入浴介助中、利用者が浴室で転倒した」という報告があった場合、以下のように分析します。

人的要因…職員が床の状態をチェックせず、利用者には障害があり片足が不自由だった

設備的要因…床の水はけが悪く、しばらく水が溜まるような状態となっていた

作業環境的要因…対応する職員数が足らず、利用者一人一人に目を向ける余裕が無かった

管理的要因…作業フローが統一されておらず、職員間での役割分担も不明確だった

③リスク対応

次に、事故発生時の対応内容や対応手順についてマニュアルを定めます。

対応内容や対応手順は、事故の内容によって異なるため、 起こり得る事故内容ごとに対応マニュアルを作成しておく必要があります。 特に、損害賠償が発生するような事故やクレームにつながりやすい事故における対応は、弁護士にアドバイスを受けながら法的に不利な立場にならないようなマニュアルを作成しなければなりません。

④リスクコントロール

最後に、事故の未然防止や事故発生時の被害軽減に向けて、リスク管理についてシステム化を行って現場へ落とし込みます。主な対応内容としては、③で定めた決定事項への対応や、業務マニュアルの整備などが挙げられます。

対応後に行うべきこと

体制が構築できても、それによってあらゆるリスクに対応できるとは言い切れず、構築時には想定していなかったリスクが出現する可能性もあります。事故リスクなどを極力回避するためには、PDCAサイクルの実施が効果的と言えます。

PDCAサイクルとは、業務遂行のためのマネジメント手法の一つで、計画の立案(Plan)計画の実行(Do)・実行内容の評価(Check)・今後の改善(Action)の取り組みを指します。これら4つの取り組みを繰り返し行うことで、新たなリスク要因の発見や運用状況の改善など、業務内容の継続的な改善が見込めます。

リスクマネジメントによって介護事故を防ぐための視点

リスクマネジメントを行う際は、利用者の保護だけでなく組織・職員の保護なども意識した上で取り組む必要があります。これら2つの視点から取り組むことで、効果的なリスクマネジメントの実現が望めます。

利用者の保護

経営にあたっては、利用者が安心して利用できるよう利用者の尊厳・安全の保護などの視点から、施設環境を構築する必要があります。

発生率の多い転倒・転落などの事故が発生しないよう、ヒヤリハット事例の十分な共有などがポイントと言えるでしょう。対応時は、利用者一人一人とコミュニケーションを取るなどして、利用者の尊厳を損なわないよう十分配慮することも必要です。

組織・職員の保護

介護事故の中には、訴訟などの法的問題へと発展して、損害賠償が求められるケースなどもあります。経営にあたっては、未然防止策の策定や事故発生時の対応規定などはもちろん、法的責任に関する回避・軽減対応などの組織・職員の保護という視点から取り組むことも必要です。

主な対応としては、事故の発生現場を写真に撮ったり、関係者の会話内容を録音したりするなどの証拠の記録が挙げられます。これらの対応が不十分な場合、組織や職員にとって大きな不利益が生じる可能性もあります。

  • 様々な法的な面から徹底的にリスクをあぶりだせる
  • リスクマネジメントの具体的な対策について相談できる
  • 利用者からのクレームなどを相談できる
  • 紛争が起きた場合に対応を任せることができる
  • その他、従業員の雇用条件・体制に関する相談 など

クレーム・不祥事が得意な弁護士を都道府県から探す

リスクマネジメントに関する不安は弁護士に相談

リスクマネジメント対応にあたっては、業界共通のリスクだけでなく、それぞれが抱える特有のリスクなども十分把握した上で、継続的に改善対応を行う必要があります。細かい対応内容はケースごとに異なるため、企業法務に注力している弁護士に相談すると良いでしょう。

弁護士であれば、それぞれが抱えるリスクなどを把握した上で、 リスクマネジメント対応に関する効果的な助言 が期待できます。また、クレーム対応に関する相談や万が一事故が発生して訴訟へと発展した際は、裁判書類の準備や出廷代理など、 裁判手続きに関するサポート を依頼することもできます。

介護事故を防ぐためのリスクマネジメントとして、リスク特定・リスクアセスメント・リスク対応・リスクコントロールなどの対応が挙げられます。これらの対応を行って体制構築した後は、PDCAサイクルを実施して定期的な改善・見直しを行うことで、より実践的なリスク管理が可能となります。

さらに細かい対応内容はケースごとに異なるため、特に「これまで対応したことがない」という場合は、企業法務に注力している弁護士に相談すると良いでしょう。

バイナリーオプションで使える!ローソク足のヒゲ分析3つの視点を解説

必勝法

  • ローソク足の分析根拠がより高まる
  • 相場全体の圧力や方向性を理解できる

バイナリーオプションで、ローソク足という言葉を知っていても チャート分析にうまく使えていない 人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ローソク足の基本的な見方から、その本質を読み解くための実践的な方法、そして 「ヒゲ」に着目した相場分析の方法 について解説します。

ヒゲの役割やどのように分析に利用すればいいのか を具体的に解説していますのでぜひご覧くだい。

  • 1 ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く
    • 1.1 ローソク足の見方
    • 1.2 ローソク足の名称
    • 1.3 ローソク足ができるまでの過程
    • 1.4 ローソク足の本質とは
    • 3.1 勢いを示す大陽線と大陰線の見方
    • 3.2 転換点となる大陽線と大陰線の見方
    • 3.3 実際のチャートで解説
      相場分析の見極めに必要な4つの視点
    • 5.1 ローソク足単体のヒゲ分析
    • 5.2 ローソク足複数のヒゲ分析

    ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く

    ローソク足の見方

    • 『始値』:最初に取引された価格
    • 『終値』:最後に取引された価格
    • 『高値』:その時間の中で一番高い価格
    • 『安値』:その時間の中で一番安い価格

    ローソク足の名称

    • 『実体』:ローソク足の太いバーの部分を“実体”といいます。
      実体は、始値と終値の価格差をあらわしています。
    • 『ヒゲ』:ヒゲを一言で表すと、高値と実体との価格差、安値と実体との価格差です。前者を上ヒゲ、後者を下ヒゲといいます。

    ローソク足ができるまでの過程

    大切なことはローソク足を見た時にこのような
    価格推移のイメージを想い描き、進行形の大衆心理を理解する事にあります。

    ローソク足の本質とは

    つまり 実体は買い勢力・売り勢力の優劣を示しています。

    ローソク足の種類

    【大陽線・大陰線】
    その名の通り、大きな陽線(陰線)をつけたものです。上記の図では上ヒゲを書いていますがし、上ヒゲが無かったり下ヒゲがあったとしても大陽線(大陰線)として捉えることができます。
    非常に強い買い(または売り)を示唆しています。

    大陽線・大陰線

    勢いを示す大陽線と大陰線の見方

    ただ、大陽線、大陰線が出現するシチュエーションによっては、
    全く逆の捉え方、つまり反転のサインになることがあります。

    転換点となる大陽線と大陰線の見方

    ではどういったシチュエーションで大陽線・大陰線が出現したら「 転換点 相場分析の見極めに必要な4つの視点 」として捉えることができるのかというと

    実際のチャートで解説

    以下のチャートでは、
    下降トレンドの中で大陰線が出現し上昇に転換、
    その後価格が上昇し大陽線の出現で下降に転換しているのが分かると思います。

    • 買いポジションを持つ人の心理:安く買って高く売りたい
    • 売りポジションを持つ人の心理:高く売って安く買い戻したい

    上記の考えを前提にすると、
    下記のチャートの赤い四角内で売りポジションを持った人たちは、
    この後価格が下がると予想して売りポジションを持ったことになります。

    その大陽線手前のローソク足がライン付近で 長い上ヒゲを連続でつけている ことも注目点です。長い上ヒゲをつけたという事は上からの抵抗が強い価格帯と見ることができるので、やはりこのレジスタンスラインが意識されていることが伺えます

    買いの勢力が強い中で長い上ヒゲをつけていることから、一定数の売りの圧力が確認できる

    その中で売りポジションを持った人たちが一斉に決済の買い注文を入れたことで大陽線をつける

    元々新規の買い勢力はレジスタンスライン手前で力を使い果たしてるため、決済の買いが最後入った後に、新規の売りの勢力が強くなり下降トレンドに入った

    また、僕の[email protected]に登録してくれた方限定で「 鉄板ローソク足の特典動画 」をプレゼント中です。

    新規事業開発のステップごとに活用したい30のフレームワーク

    vrio

    引用:VRIO分析とは?経済価値・希少性・模倣困難性・組織の質問:無料テンプレートあり

    1. 分析対象になる経営資源を決めます
    2. 経営価値の問いに答えます(その経営資源は機会や脅威に適応できるか?)
    3. 希少性の問いに答えます(どれくらい多くの競合がその資源を持っているか?)
    4. 模倣困難性の問いに答えます(他社が同じ経営をした場合のコストは?)
    5. 組織の問いに答えます(フルに活用できる組織か?)

    3. ビジネスプラン査定に役立つ「3C分析」

    • Customer(市場・顧客):どのような人がどのようなニーズを求めているか
    • Competitor(競合):現在の競合の状況や市場のシェア、競合他社の評価
    • Company(自社):自社の特徴、評価を観点として、新規事業の立ち上げを検討
    1. 3C分析に用いるための情報収集をします
    2. 収集した情報を3C分析にあてはめます
    3. 実際の分析は「SWOT分析」を用いて行います
    4. 上記で分析した情報をもとに、戦略を練り具体的な施策を立てていきます

    4. アドバンテージ・マトリックス

    事業タイプ特徴
    分散型事業競合が多く、優位性確保が難しい
    特化型事業競合が多く、優位性確保の可能性が高い
    特定の分野で強みを持つことが必須
    規模型事業競合が少ないが、優位性確保の可能性は大きい
    それだけの投資が必要
    手詰まり型事業競合が少なく、優位性の確保も難しい
    事業としては「衰退期」に属する段階
    分散型や特化型に移行する必要がある

    5. 市場とサービスの分析なら「STP」

    項目内容
    セグメンテーション
    (Segmentation、市場細分化)
    市場の全体像を把握する
    4つの指標を基にする
    ターゲティング
    (Targeting、狙う市場の決定)
    事業を進めようと考えている市場を決定する
    3つのタイプがある
    ポジショニング
    (Positioning、自社の立ち位置の明確化)
    競合の製品やサービスを見て自社の立ち位置を決定する

    【アイデア出し】で使うべきフレームワーク・ツール5選

    フレームワーク用途
    SCAMPER(スキャンパー)より多くのアイデアを生み出すための質問表
    ステークホルダー(体制図)プロジェクトに対する弊害や成功のコツを把握する
    MVV自社の理念やビジョンを定義し、メンバーで共有する
    ペルソナ分析架空の顧客を設定して、顧客のニーズをもとに、製品やサービスを考える
    5W1H論理的に物事を整理し考える

    1. アイデア発想に役立つ「SCAMPER」

    項目質問内容
    Substitude(代える)他のものに置き換えられるか?
    他にどのような材料を使うことができるか?
    Combine(組み合わせる)複数の製品をどのように組み合わせることができるか?
    どれだけの応用が可能か
    Adapt(適応させる)他に類似したものはあるか?
    過去のアイデアは使えるか?
    Modify(修正する)大きさや色の変更は可能か?
    Put to other uses(他の使い道)他の使い方がないか?
    Eliminate(削減)現在の製品から取り除けるものはあるか?
    最低、どの程度のパーツで機能するか?
    Reverse・Rearrange(逆転・再編成)逆にしても可能か?
    並べ替えをしても可能か?

    2. ステークホルダー(体制図)

    • ステークホルダーとなり得る人物を書きだす
    • プロジェクトに対する影響度と関心度を考えてマトリクスに配置する
    • マトリクスに配置した個々の情報を表に言語化する
    • それぞれどのようなアプローチが必要なのか検討する

    3. 事業理念を表現するなら「MVV」

    • ミッション:自社が存在する意義・役割
    • ビジョン:自社が目指すべき姿
    • バリュー:ミッション・ビジョンの実現に必要な行動指針

    MVV

    引用:組織の存在意義は何か?ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)を考える

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる