FXのやり方紹介

個人事業主の方必見

個人事業主の方必見

※480月以降は、110%に、480月を越える6ヶ月ごとに0.25%ずつ加えた割合となります(ただし120%を上限とします。)。

起業したての経営者や個人事業主の方、必見!知って得する小規模企業共済

経営者や個人事業主であれば、節税の方法について検討したことがあるのではないでしょうか?
節税のために、不要なものを購入したり、無駄に資金をキャッシュアウトするような方法では、効果のある節税にはなりません。
しかし、実は小規模企業や個人事業主、共同経営者にとって効果のある、節税しながら将来の生活資金を確保できる国の制度があるのです。
この制度は、創業期の起業家や個人事業主などにとってはメリットが大きく、活用されています。
今回はこの「小規模企業共済」についてお話ししたいと思います。

小規模企業共済とは?

主な特徴としては、以下の3点が挙げられます

掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲(500円刻み)で自由に選ぶことができます。掛金は税法上、全額が課税対象となる所得から控除されます。
つまり、上限である月額7万円の掛金を選択した場合、年間で84万円の所得控除を受けることができます。
掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲内(500円単位)で、増額または減額できます。初めは無理のない掛金で加入して、状況に応じて増額していくことをお薦めします。

○共済金の受け取り

共済金は廃業や退職時に受け取ることができ、満期はありません。
個人事業主であれば、個人事業を廃業したり、お子様に事業を全部譲渡した場合などに共済金を受け取ることができます。また、会社等役員であれば、会社等の解散や役員退任の場合に共済金を受け取ることができます。
共済金の受取方法は基本的に一括受取りとなりますが、場合によっては分割受取りや一括受取りと分割受取りの併用も可能です。

○契約者貸付制度

小規模企業共済の契約者貸付制度は、一定の要件を満たすことにより、納付した掛金合計額の範囲内で事業資金等の貸付を受けることができます(担保・保証人不要)。
一般の金融機関からの借入に比べて手続きが早く、臨時的な資金調達に便利です。節税をしながら、いざというときの資金調達にも備えられるという点でも、加入のメリットは大きいと言えます。なお、貸付制度には以下のようなものがあります。
(1) 一般貸付
簡易迅速に事業資金または事業に関連する資金を貸付ける制度です。
(2) 緊急経営安定貸付け
一時的な売上減少により資金繰りに著しい支障をきたしている場合において、経営の安定を図るための事業資金を貸し付ける制度です。
(3) 傷病災害時貸付
疾病・負傷により一定期間入院をした場合等において、経営の安定に支障が生じたときに事業資金を貸し付ける制度です。
(4) 個人事業主の方必見 福祉対応貸付
共済契約者や同居親族の福祉向上のために必要な住宅改造資金、福祉機器購入等の資金を貸し付ける制度です。
(5) 創業転業時・新規事業展開等貸付
新規開業・転業を行う場合や、事業多角化に要する資金を貸し付ける制度です。
(6) 事業承継貸付け
事業承継に要する資金を貸し付ける制度です。
(7) 廃業準備貸付け
個人事業の廃業、または会社の解散を円滑に行うために必要な資金を貸し付ける制度です。

加入するにはどうすればいいの?

  1. 建設業、製造業、運輸業、サービス業(宿泊業・娯楽業に限る)、不動産業、農業などを営む場合は、常時使用する従業員の数が20人以下の個人事業主または会社の役員
  2. 商業(卸売業・小売業)、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)を営む場合は、常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主または会社の役員
  3. 上記1、2に該当する個人事業主が営む事業の経営に携わる共同経営者(個人事業主1人につき2人まで)

さらに言うと、要件を満たしている時に一度加入しておけば続けることは可能ですが、事業規模が加入要件を超えてしまうと、加入することはできなくなってしまいます。

このような理由から、制度に興味がある起業家は、創業したらすぐに(会社が大きくなる前に)加入を検討しておくべきだと言えるでしょう。

受けられるメリットとは?

(1)掛金を払い込むときの節税効果
払い込んだ掛金は、その全額が「小規模企業共済等掛金控除」として、所得控除の対象となります。この所得控除は、所得税だけではなく、住民税においても同額が控除されるため、節税効果がより高くなります。
つまり、「貯金のつもりで積立てると、税金が安くなる」というわけです。
生命保険料控除の上限が120,000円(住民税においては84,000円)であることに比べると、その節税効果の大きさが分かります。

(2)共済金を受け取るときの節税効果
将来において共済金を受け取るときは、「一括」もしくは「分割」(又は併用)を選ぶことができますが、「一括」受取りの場合、共済金は「退職所得」扱いとなり、退職所得控除などのメリットを受けることができます。

「事業所得」の場合:収益-費用=所得
「退職所得」の場合:(退職金-控除額)×1/2=所得

(加入期間と共済金支払額 中小機構HPより)

デメリットとは?

「元本割れのリスクがある」のが最大のデメリットです。
掛金納付月数が240ヵ月(20年)未満の場合は元本割れとなってしまいます。
共済に加入したが、数年で(任意)解約してしまった場合などは「節税効果 < 元本割れの金額」となってしまうので注意が必要です。

(加入期間と任意解約金支給割合 中小機構HPより)


※480月以降は、110%に、480月を越える6ヶ月ごとに0.25%ずつ加えた割合となります(ただし120%を上限とします。)。

個人事業主は必見!経費にできるものとは?税金対策についても解説

個人事業主は必見!経費にできるものとは?税金対策についても解説

個人事業主による経費の計上はメリット・デメリットがあります。両者を詳しく把握して、経費にすべきかどうか的確に判断しましょう。
経費計上の大きなメリットは税金を安く抑えられる点です。個人事業主の場合、売上から経費を引いた残りが事業所得となり、そこに所得税がかかります。事業に関係するさまざまな出費を経費計上することで、税額を最小限に抑えられます。支払うべき税金が安ければ、その分手もとに多くのお金が残り、経営しやすくなるでしょう。
一方、経費計上のデメリットは、計上した額が多すぎたり、正当な経費だと証明できる書類がなかったりすると、脱税などが疑われ、税務署から調査される可能性がある点です。領収書やレシートなど、経費として支払った証明となる書類は必ず残しておきましょう。また、経費が多すぎると黒字収支で締められなくなり、銀行からの融資額が減る可能性もあります。

判断に迷う経費

判断に迷う経費

個人事業主の経費として計上できるもの

広告宣伝費

旅費交通費

水道光熱費

飲食代(条件付き)

事業に関連する団体の年会費

出張時の朝食代(宿泊代に含まれる場合のみ)

個人事業主の経費として計上できないもの

個人事業主の経費として計上できないもの

福利厚生費

健康診断費

事業主のための支払い

家庭用の支払い

10万円以上のもの

個人事業主と生計をひとつにする家族・親族への支払い

家事按分とは?

個人事業主の経費はいくらまで計上できる?

経費計上するために必要なものとは?

経費を計上するためには「この費用が事業目的である」と証明できるような証拠が必要です。一般的に証拠として用いられるものはレシートや領収書で、費用を支払ったときに受け取って保管しておきます。個人事業主として活動するならば、普段から捨てたり断ったりせずに必ずもらって保管しておく癖をつけましょう。現金払い以外の方法で支払うときはそれぞれの方法に対応した証拠を用意します。クレジットカードなら利用伝票を、銀行振込なら振込明細・請求書・納品書などを使用しましょう。また、 ウェブサイトで商品を購入した場合、取引画面や注文確認メールのプリントアウトも、領収書として利用可能です。
領収書などがもらえない、あるいは紛失した場合は出金伝票が利用できます。市販の用紙に日付・利用先の名称・金額・目的やサービス内容を記載して保管します。出金伝票を使うことが多い交通費では出金内容を裏付ける業務日報の保管も必要です。現金で支払った場合は現金出納帳にも記載しておくとしっかりした証拠になります。

経費計上で節税効果を高める方法

青色確定申告を行う

必要経費を多く計上する

減価償却の特例を利用する

JCB CARD Bizで個人事業主の経費処理を簡単に

そこでおすすめなのが、JCBのクレジットカード「JCB 個人事業主の方必見 CARD Biz」です。JCB CARD Bizは個人事業主・法人代表者専用クレジットカードです。会員専用WEBサービス「My JCB」から利用した明細を一覧で参照でき、月々の経費を確認できます。さらに、会計ソフトと連動させることで、クレジットカードの利用明細データを取り込み、自動で会計処理を実行することができます。経費管理にお困りの個人事業主の方は、ぜひご検討ください。

【個人事業主の方必見!】所得税の計算方法をしっかりと理解しましょう。

所得税率

「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス(個人事業主の方必見 東証1部上場、証券コード:9757)の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。…もっと見る

船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。
現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 個人事業主の方必見 「つぐなび」では、相続でお困りの皆様が、相続の”プロ”である専門家と一緒に相続の課題解決をしていけるようサポートいたします。

・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。
・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。
・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。
・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。
・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。
…閉じる

会社設立をする方必見!失敗しない会社設立のポイントとは?

会社設立するか個人事業主でいくか? メリット、デメリットとは

会社を設立すると法人税、個人事業主には所得税が課税されます。
どちらの税金も利益に対して課税されるのは同じですが、法人税は利益が増えても原則一定税率なのに対し、所得税は利益が増えるほど税率が高くなる累進税率で課税されます。
そのため、利益が大きい場合は、法人税が有利になります。
目安としては、年間の利益が500万を超えると法人が有利になります。
また個人事業にはなく、法人にのみ認められている節税などもあります。
具体的には下記のような点で法人が有利になります。

メリット3 資金調達が楽になる

創業時の融資については、会社設立の方が有利になることがあります。
これは金融機関が法人の方が社会的な信用力高いことを認めているからです。
また銀行融資以外でも、株式会社では、出資という形でお金を集めることができます。
個人事業には出資と言う概念はありません。

メリット4 優秀な人材が集まりやすい

採用難の昨今、求職者が会社を選ぶ時代です。 個人事業主の方必見
選ばれる会社とは、安定した労働環境で待遇も良いイメージがある会社です。
そのため、個人事業よりも法人の方がイメージ的に選ばれやすいです。
特に大企業で働いていた優秀な人材は、個人事業よりも法人への応募の確率が高まっています。

メリット5 決算日を自由に設定できる

メリット6 事業承継がしやすい

メリット7 個人資産が差押えを受けない

仕入先への支払いなどを支払うことができなくなった場合には、個人事業では事業主が個人財産を使って返済をしなければいけません。
これに対して法人では、法律上出資の範囲内での責任に留まります。
ただし中小企業の場合は、銀行融資には代表者個人の保証を求めるケースが多いため、個人としての返済義務が発生します。

3.会社設立5つのデメリット

デメリット1 時間やコストがかかる。

会社設立をする際には、時間としては2週間から1ヶ月程度かかります。
これに対して個人事業は、税務署に開業届を提出するだけですので、1日あれば開業できます。
費用面では、会社設立には登記代や定款認証料など最低でも20万円程度(※)がかかりますが、個人事業は費用がかかりません。
また設立後は、法人の場合は赤字であっても最低7万円前後の住民税均等割という税金が発生します。
個人事業の場合は、赤字になると税金は発生しません。

デメリット2 社会保険に強制加入

デメリット3 事務負担の増加

デメリット4 会社のお金を自由に使えない

4.最新情報!2022年は会社設立がお得!

①定款認証手数料の改定

②代表者住所がインターネットで非開示に。

令和4年9月1日から登記情報をネットで閲覧できるサービスについて、代表者の住所が非開示となります。
法務局で登記簿謄本を取得する場合は、従来通り、代表者住所が記載されています。
ただし、DV等の事情がある場合には、登記官に申し出ることで、法務局での閲覧も非開示にできます。

③起業に失敗した時の失業給付期間が最長4年に

今回は、会社設立を検討するときのポイントおよび会社設立のメリット、デメリット、2022年の改正点について解説しました。
弊社の会社設立のご相談の現場では、当記事のように理論的に検討を進める一方、起業される方のモチベーション面も重視しています。
損得を超えて「ワクワクする起業=後悔しない起業」と考えているからです。
「自分は法人と個人事業のどちらが良いのか?」のご相談は、無料でお受けしておりますので、お気軽にお電話ください。

この記事の目次

補助金ポータル編集部

①公募発表

②申請
審査までに、聞き取り調査などがある場合もあります。

③審査
書面による審査 個人事業主の方必見 で採択される場合と、 現地調査 や 面接 、 プレゼン などが必要な場合もあります。
また、補助金は予算が決まっている為、もらえない場合もあります(審査合格率は40%)。

④採択発表
実際の事業の開始は、この交付決定日から です。

⑤交付申請
補助金交付規定を確認し、補助金交付申請書の提出。

⑥事業実施
いよいよ補助事業を実施します。
補助対象期間※は、補助金により異なり、半年~2年間です。
※実際に補助事業を実施して経費(補助対象経費)を支払う期間
証憑書類などは、目的通りに使われていることを明確にするため、 捨てずに必ず保管 すること。

⑦事業終了
事業は、必ず期間内に終了しなければなりません。

⑧実績報告
事業報告書の書面を提出した後に、実施状況を 書類・ヒアリング などで成果確認検査があります。

⑨確定通知書
報告書に不備等がない場合、補助金額が記載された確定通知書が郵送されます。

⑩補助金請求書
確定通知書で決定した額を請求します。

⑪補助金入金
請求書提出後、事務局で確認を行い、指定口座に入金されます。

3.補助事業に必要な事業資金は自社で調達する!

“補助金を使って、機械や設備を購入したいけど、高額すぎてとても用意できないなぁ”
“資金繰りが悪いから、補助金を活用して新規事業を始めたいのに、手持ち資金なんて無いよ”

「公的融資」 という方法で、解決できることをご存じですか?
公的融資とは、日本政策金融公庫(政府系金融機関)、民間金融機関からの信用保証協会の保証付き融資のことです。


分かりやすく言うと、国や 地方自治体などの、公的金融機関が行っている融資制度 のことです。
国によって作られた公的機関 のため、銀行や信用金庫などの民間金融機関と比べて、 利息も低く、返済の負担も少ない ことが、大きな魅力でもあります。

(1)公的融資の内容・特徴

■民間金融に比べて 低金利 、 後払
■固定金利
■長期(個人事業主の方必見 5年~10年)が多い
■条件によっては、無担保保証も可能
■ 税制面での優遇措置 もあり

4.補助金の審査に採択(合格)されるということの意味

補助金の審査に採択(合格)し交付決定されると、国から補助金が支給されることが確定するため、金融機関が積極的に融資してくれます。
交付決定された企業は、金融機関からすれば、 優良な融資先 個人事業主の方必見 となるためです。


5.もうひとつの秘策は?


経済産業省の中小企業向け支援制度として、「 経営革新計画 」や「 経営力向上計画 」といった認定制度です。こうした認定制度を取得している会社が、公的融資を申請すると 融資の審査で優遇される特別優遇措置 があります。
特に日本政策金融公庫は、金利も低利(通常よりマイナス0.9%程度下がる)のため、有利です。

(1)経営革新計画とは

「経営革新」とは、「中小企業新事業活動促進法」と呼ばれる法律により、新商品の開発や新たなサービス展開などの取組と具体的な数値目標を含んだ、3年~5年のビジネスプランのことです。
既存事業に加え、計画には 「新しい事業活動」に取り組む内容 と、継続的に売上高、収益、付加価値を増やすなどの 個人事業主の方必見 「実現性のある数値目標」の設定と実行 が必要です。

経営革新の承認企業になることによるメリット

①PR効果がある
経営革新計画の承認を受けると、下記のような媒体に掲載されることにより、対外的な宣伝効果があります。
・日刊工業新聞(工業系大手新聞)
・各都道府県のホームページ
・経営革新事例集
②社会の信用度の向上に役立つ
経営革新計画の承認企業は、全国で0.数パーセントしかなく、希少価値があります。また、都道府県の審査に合格した事業を行っているということで、会社の信用度を向上させることができ、営業的にも有利になります。

(2)経営力向上計画とは

「経営力向上計画」は、人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や、設備投資など、
事業者の生産性を向上させる為の計画を策定 し、取り組む 中小企業を全業種にわたって資金調達、補助金、税制等で支援 するものです。

経営力向上計画の認定によるメリット

①固定資産税が3年間半額になる
②各種金融支援を受けることができる
③ものづくり補助金で加点される

6.「ものづくり補助金」では多くの採択企業が活用してます!



いかがでしたか?
資金調達はあまり馴染みがなく、方法やタイミングなどの判断も難しいですよね。
しかし、資金調達に失敗してしまうと、「ヒト」「モノ」といった経営資源が確保できず、事業そのものが立ち行かなくなってしまう可能性もあります。
経営者の判断とスピード感が命なので、今回の記事を参考にして頂き、補助金の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる