テクニカル分析指標

上昇、トレンド転換のサインを掴もう

上昇、トレンド転換のサインを掴もう
ノーリツ鋼機 <日足> 「株探」多機能チャートより

スイングトレードで勝ち続けるためのテクニカル指標の使い方

○ RSIが指し示している方向が株価の進む方向であると判断
○ 50%ラインは節目(サポート・レジスタンス)として機能する場合が多い
○ RSIが50%ラインより上にある場合は上昇トレンドと判断
○ RSIが50%ラインより下にある場合は下降トレンドと判断
○20%以下の安値圏でクィッと上昇に転じたら買いサイン
○ 80%以上の高値圏でクィッと下落に転じたら売りサイン
○ RSIが50%ラインを下から上に突き抜けた時は買いサイン
○ RSIが50%ラインを上から下に突き抜けた時は売りサイン
○ 逆行現象が起こった場合は大きくトレンド転換するサインと判断

ストキャスティクスを使ってスイングトレードをする

ストキャスティクスの重要ポイント

DMIを使ってスイングトレードをする

DMIとは、『Directional Movement Index』の略で、日本語では『方向性指数』と呼ばれることが多いです。この指標は、先ほどのRSIと同じくアメリカのJ.W.ワインダー氏が考案したテクニカル指標です。

DMIの重要ポイント

○ +DIと-DIの乖離幅が最大になった所が利食いポイント 上昇、トレンド転換のサインを掴もう
○ +DIより-DIが下にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIより-DIが上にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIが-DIを下から上に突き抜けたら買いサイン(補助的に使用)
○ +DIが-DIを上から下に突き抜けたら売りサイン(補助的に使用)
○ ADXが上昇してきた場合は、上昇または下降トレンドの勢いが強くなってきていると判断

スイングトレード実践編

銘柄選びのポイント

○ 値上がり率ランキングから銘柄を探す
○ お気に入り銘柄、監視銘柄から銘柄を探す。
○ 5日移動平均線がクィッと上向きになっていて、きれいな陽線が出ている銘柄選ぶ
○ 前日より出来高が増えている、もしくは同じぐらいの銘柄を選ぶ
○ 上昇、トレンド転換のサインを掴もう トレンドがはっきりしている、読みやすいきれいなチャートを選ぶ
○ グランビルの法則と同じパターンの動きの銘柄を選ぶ
○ テクニカル指標を利用して総合的にチェックする(指し示している方向を確認する)

トレードシナリオを描くポイント

○ 節目となる株価をチェックする
○ 現在の株価より、すぐ上にある節目は上値目処と判断する
○ 現在の株価より、すぐ下にある節目は下値目処と判断する
○ 週足、月足も節目として機能することが多いためチェックを忘れない

295円(5日移動平均線株価) ⇒ 300円(前日終値) ⇒ 320円(上値目処)

エントリーのポイント

○ エントリーポイントは節目付近でする
○ ギャップアップで寄り付いた場合は、前日終値付近まで下落してくるのを待ってエントリー
○ 大きくギャップアップ(上値の節目付近)で寄り付いた場合は見送り
○ 大きくギャップダウンして、5日移動平均線を割り込んで寄り付いた場合は見送り
○ ギャップアップ後も大きく上昇していく銘柄は追いかけない(高値掴みとなる)
○ 上値の節目まで到達したら一度、利益確定をする
○ エントリー後は5日移動平均線の上に乗っかるように推移していればホールドでも可
○ 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 株価が急上昇して5日移動平均線より大きく乖離した場合は1度、利益確定する
○ エントリー後は5日移動平均線が下向きになった場合は即撤退

【特集】 上昇トレンドに乗る【低PER&低PBR】 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 26社選出 <テクニカル特集> 10月23日版

ノーリツ鋼機 <日足> 「株探」多機能チャートより

東証1部平均の予想PERが 20倍、PBRが 1倍を下回る上昇余力があるとみられる 26社を選出。調整では下値抵抗線となる移動平均線に接近し、絶好の買い場となる可能性がある銘柄になると思われる。テクニカル指標も併せて吟味し、注目してはいかがでしょう。

銘柄名 PER PBR
スペースVH 7.8 0.80
大豊建 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 9.2 0.88
NIPPO 11.7 0.93
東亜建 8.2 0.54
アルコニクス 16.3 0.98

レスターHD 13.5 0.96
三栄建築 6.0 0.86
北興化 8.9 0.88
富士興 14.4 0.75
日コン 17.0 0.49

上昇、トレンド転換のサインを掴もう ヨータイ 7.9 0.62
Gキッズ 16.9 0.93
やまびこ 12.9 0.98
前沢給装 15.3 0.73
コジマ 15.0 0.97

ノーリツ鋼機 8.上昇、トレンド転換のサインを掴もう 7 0.81
上昇、トレンド転換のサインを掴もう 東都水 17.0 0.93
西華産 10.2 0.66
イワキ 9.9 0.84
クレオス 8.9 0.52

三谷産業 17.8 0.70
東北銀 11.9 0.28
明治海 18.3 0.74
JKHD 15.2 0.60
アルテック 9.2 0.46

  • ・均衡表【買いシグナル】低PBR 21社選出 <テクニカル特集> 10月23日版
  • ・利益成長【青天井】銘柄リスト〔6-8月期〕 21社選出 <成長株特集> (10/22)
  • ・「株探」の歩き方 ― (30)大株主の動きから、株式市場のトレンドをつかもう.. (10/23)
  • ・本日の【ゴールデンクロス/デッドクロス】引け GC= 100 銘柄 DC= 106 銘柄 (10/23)
  • ・本日の【25日線|上抜き/下抜き】引け 上抜け= 204 銘柄 下抜け= 206 銘柄 (10/23)
  • ・本日の【MACD|買い/売りサイン】引け 買い= 91 銘柄 売り= 96 銘柄 (10月23日)
  • ・本日の【パラボリック|買い/売り・転換】引け 買い= 136 銘柄 売り= 207.. (10/23)
  • ・本日の【均衡表 《雲》|上抜け/下抜け】引け 上抜け= 95 銘柄 下抜け= 11.. (10/23)
  • ・本日の【均衡表|3役好転/逆転】引け 好転= 48 銘柄 逆転= 93 銘柄 (10月23日)
  • ・本日の【ボリンジャー|±3σブレイク】引け 上昇、トレンド転換のサインを掴もう 上抜け= 20 銘柄 下抜け= 11.. (10/23)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 今日の注目スケジュール:設備投資、製造業PMI、米ISM製造業景況指数など
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月31日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=したたかに立ち回る個人投資家
  • 人気回復なるか6月IPO、ナスダック反発なら強含み展開に期待も <株探トップ特集>
  • 前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?―
  • ダウ平均は7日ぶりに反落 インフレと景気後退への懸念根強い=米国株概況
  • 「サイバーセキュリティ」が9位、デジタルトラスト時代に熱視線<注目テーマ>
  • MACD【買いシグナル】低PER&低PBR 50社選出 <テクニカル特集> 5月31日版

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月31日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=したたかに立ち回る個人投資家
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):明治海、INPEX、デクセリ
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月31日)
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月31日)上昇、トレンド転換のサインを掴もう

お薦めコラム・特集

  • 人気回復なるか6月IPO、ナスダック反発なら強含み展開に期待も <株探トップ特集>
  • MACD【買いシグナル】低PER&低PBR 50社選出 <テクニカル特集> 5月31日版
  • 明日の株式相場に向けて=したたかに立ち回る個人投資家
  • 「サイバーセキュリティ」が9位、デジタルトラスト時代に熱視線<注目テーマ>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月31日記)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

MACDの設定方法と使い方|トレンド転換点とFXトレード売買ポイント

MACDを使ってビットコインFXのトレンドの転換点と売買ポイントを判断する

オシレーター系指標

チャートでは様々なテクニカル指標を使うことができますが、今回は代表的なインジケーターである「MACD(移動平均収束拡散法)」の設定方法とトレード方法を、ダイバージェンスの具体事例なども交えてご紹介したいと思います。

仙人

ビットコイン価格チャートでも、MACDはかなり有効に機能します。
最も押さえておきたいオシレーター系のインジケーターといっても過言ではないでしょう。
ビットコインFXで活躍するインディケーターの組み合わせも記事末にまとめています。

MACDとはどんなテクニカル指標か

MACDとは

「Moving 上昇、トレンド転換のサインを掴もう Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、直訳すると「移動平均収束拡散法」という小難しい感じですが、 上昇、トレンド転換のサインを掴もう
MACDを一言でいうと、短期移動平均線と長期移動平均線の差からトレンドを判断するインジケーターです。

  1. インジ名と同じMACDという線
  2. MACDシグナルという線
  3. ヒストグラム(補助的に使う)

MACDの売買サイン

MACDの設定方法と見方

MACDの基本的な見方

MACDとシグナルの位置・傾き・幅

緑色の〇の部分です。MACDがシグナルより上で上向きであると上昇トレンド、下にあり下向きであると下落トレンド、MACDとシグナルの線の幅が大きければ大きいほどトレンドに勢いがあることを表しています。

ゴールデンクロス・デッドクロス

MACDとシグナルの交差が売買ポイントになるという見方です。
MACDがシグナルを上抜けるとゴールデンクロス(買いシグナル)、MACDがシグナルを下抜けるとデッドクロス(売りシグナル)と見ることができます。

0ゼロライン

ヒストグラムの色と大きさ

ヒストグラムは視覚的な補助機能だと思ってください。ヒストグラムはMACDからシグナルをマイナスすることで算出されます。
0ライン下でゴールデンクロスすると上昇トレンド=緑、
0ライン上でデッドクロスすると下落トレンド=赤、
MACDとシグナルの線幅が大きくなればヒストグラムも大きくなり、売買シグナルが分かりやすくなっています。

MACDの計算式

なにやら難しそうですがMACDの計算式の肝は 短期移動平均線-長期移動平均線 ということです。

MACDの一般的な設定数値

MACDの一般的数値

ビットコインFXにおいてのMACDの数値は、 0を基準として±100くらいの幅 で動きます。
ドル円などの為替相場のMACDは±1くらいなので、ビットコインFXの動く値幅の大きさは為替などのチャートに比べて100倍くらい大きい、ということが数値的にわかります。

MACDでトレンドの転換点をいち早く察知する

0ラインと線の位置でトレンドを判断

ゴールデンクロス・デッドクロスの位置にも注目

トレンドの継続を判断する

MACDのダイバージェンス

MACDのダイバージェンスはよく効く

以下のビットコイン(BTCUSD)週足チャートではMACDがダイバージェンスを形成した時に大きな反発が起きていることが分かります。
ダイバージェンスのトレンドラインとでもいいましょうか。ビットコインが近い将来大きく反発上昇することを示唆しています。※実際に急上昇し予想的中

ビットコインチャートではMACDがダイバージェンス

他のテクニカル指標と組み合わせて使うと確度が高まる

MACD×ボリンジャーバンド

MACDはトレンドの転換点を把握するオシレーター系指標 ですが、
ボリンジャーバンドは 上下のバンド帯で買われ過ぎ、売られ過ぎ を判断するトレンド系指標です。

この二つを組み合わせることで、トレンドの転換点とそのトレンドの強さ(安定さ)を測ることが出来ます。
実際に検証してみましたが、MACDのクロスでエントリーサイン、ボリンジャーバンドの上下弦タッチで利確、という使い方が合うと思います。

MACDとボリンジャーバンド併用

MACD×RSI

MACD×RSIの場合も相性がいいです。
MACDよりもRSIの方が売買サイン点灯の反応が早いということが分かります。多少ダマシも回避できているように見えますね。

MACD×RSIの場合

MACD×ストキャスティクス

動画でもMACDについて解説しています

TradingViewでMACDを設定する方法

ログインしチャート上に表示されているグラフのようなマークをクリックします。
インジケーターの一覧が表示されるので入力欄に「MACD」と入力すると見つかります。(TradingViewでも操作はほぼ同じ)
追加すると以下の図のようにMACDが追加されます。

MACDの数値を調整する方法

MACDの数値を調整する方法

MACDの数値は、インジケーターの「フォーマット」から変更することができますが、基本的には初期設定のままで使えばいいと思います。

MACDインジケータを消す方法

MACDインジケータを消す方法

インジケーターの消し方も説明しておきます。
以下のチャート内のマークをクリック。メニュー一番下の「削除」をクリックすると消すことが出来ます。

移動平均線の見方と使い方

移動平均線は、もっともメジャーかつポピュラーなテクニカル分析で、相場のトレンドを把握したり、売買のタイミングをはかる指標として広く利用されています。移動平均線は、過去にさかのぼって株価の終値を合計し平均したものを折れ線グラフにしてあらわしたものです終値を合計する日数には、5日、25日、75日、100日、200日などがよく使われます。5日は株式市場が開いている月曜日から金曜日までのおよそ1週間をあらわす単位で、25日はおよそ1か月をあらわす単位、75日はおよそ3か月を表す単位、200日はおよそ1年を表す単位と言われています。
このうち25日移動平均線はもっともよく使われることが多いことから人気線とも言われています。そのほか75日線は需給を占う需給線、200日線は景気を占う景気線といわれています。

株の練習

1・移動平均線の見方

25日移動平均線を例に移動平均線の見方を解説をします。
25日移動平均線よりも株価が上にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい利益が出ています。売り圧力よりも買い圧力が強いことを示しています。このような時は心にゆとりができ、まだ上がるかもしれないのでもう少し持ち続けてみようとする心理が働きやすくなります。
逆に25日移動平均線よりも株価が下にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい損をしています。これ以上下がる前に株を早く売りたいという心理が働きやすく、売り圧力が買い圧力よりも強いことを示しています。。

移動平均線が右肩上がりにあるときは上昇トレンドにあるといい、右肩下がりにあるときは下降トレンドにあるといいます。

シティグループの移動平均線

2・移動平均線の使い方

移動平均線を上値支持線または下値支持線として使う方法。
上昇トレンドまたは下降トレンドを描いているときに、株価が移動平均線に近づいたとき、または離れたときに買いや売りを仕掛けるトレード手法。
上図のシティグーループの4月20日ごろを見ると、上向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反落しています。このように株価が移動平均線に近づいたポイントは小さな変化点になりやすく、売りや買いを仕掛ける一つの目安となります。
上向きに転じた株価が移動平均線で押さえつけられて反転する場合の移動平均線を上値支持線(またはレジスタンス)といいます。
シティグーループの9月5日や10月4日あたりを見ると、下向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反転しています。
このように下向きに転じた株価が移動平均線で戻されて反発する場合の移動平均線を下値支持線(なたはサポート)といいます。

株価が移動平均線よりも上方向に離れていることを上方にかい離しているといい、株価が小さく反落しやすいポイントの一つとなります。これも売買を仕掛ける一つの目安となります。
株価が移動平均線よりも下方向に離れていることを、下方にかい離しているといい、株価が小さく反転しやすいポイントのひとつとなります。

株価チャートは日足だけでなく、分足や時間足、週足などもあります。このようなとき移動平均線の計算に使う数字は、日数でなく、分や時、週などの単位が使われます。
分足チャートはデイトレードでよく使われ、移動平均線の計算には、12本、24本、48本の数字がよく使用されます。5分単位で計算すると、1時間は12本、2時間は24本、4時間は48本にあたります。週足チャートでは、13週、26週、52週、月足チャートでは、12か月、24か月、60か月がよくつかわれます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

株価が下降トレンドを描いているときは、短期移動平均線の上に中期移動平均線がきて、上昇トレンドを描いているときは、中期移動平均線の上に短期移動平均線がきます。下落していた中期移動平均線が横ばいまたは上向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を下から上へと抜けていった交点をゴールデンクロス(GC)といい、下降トレンドから上昇トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。逆に上昇していた中期の移動平均線が横ばいまたは下向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を上から下へと抜けていくとき交点をデッドクロス(DC)といいます。上昇トレンドから下降トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。

上昇、トレンド転換のサインを掴もう

(画像=編集部作成)

2.移動平均線の基本的な知識

2-1.移動平均線の種類

・単純移動平均線
一定期間の株価を単純に平均した値をつないだ線です。3種類の移動平均線のなかでも最も容易に計算することができる基本的な指標のひとつになります。

・加重移動平均線
単純移動平均線は設定した計算期間のうち最も古い株価と最新の株価を同様に扱って平均を求めますが、実際は直近の株価ほどファンダメンタルズの変化を反映していると考えられます。

・指数平滑移動平均線 加重移動平均は株価が新しくなるにつれ、線形的に比重が大きくなるように計算されます。一方、この指数平滑移動平均線は、この株価の比重を“指数関数的”に変化させるため、3つの移動平均線のなかで最も直近の株価に影響を受けやすい指標となっており、トレンドの変化をより迅速に把握することができます。

2-2.移動平均線の算出方法

計算期間株価終値単純移動平均
(5日)
加重移動平均
(5日)
平滑指数移動平均
(5日)
1日目500円
2日目520円
3日目550円
4日目520円
5日目540円526円531円526円
6日目580円542円549円544円
7日目600円558円569円562円

【単純移動平均線】
・5日目の5日単純移動平均
(500円+520円+550円+520円+540円)÷5=526円

・6日目の5日単純移動平均
(520円+550円+520円+540円+580円)÷5=542円

・7日目の5日単純移動平均
(550円+520円+540円+580円+600円)÷5=558円

【加重移動平均線】
加重移動平均では新しい株価ほど、平均値への影響が大きくなるように比重を置いて平均を求めます。以下の例では、最新の株価を5倍、古くなるにつれ4倍、3倍、2倍、1倍に処理してから合計し、最後に1日あたりの平均値を求めるために15で割っています。

・5日目の5日加重移動平均
(500円×1+520円×2+550円×3+520円×4+540円×5)÷15=531円

・6日目の5日加重移動平均
(520円×1+550円×2+520円×3+540円×4+580円×5)÷15=549円

・7日目の5日加重移動平均
(550円×1+520円×2+540円×3+580円×4+600円×5)÷15=569円

【指数平滑移動平均線】
指数平滑移動平均線は、以下の計算式により指数関数的に比重が変化します。この比重の度合いは「平滑定数」によって変化するため、まずこの定数を求める必要があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる