仮想 通貨

株はギャンブルではないの

株はギャンブルではないの
投資全般

パチンコと株の違い

株は列記とした賭博みたいなものです。 ただ例外はありますがパチンコ・パチスロとの決定的な違いは「相場が上下(自分が玉(銘柄の株である有価証券)を仕込んだ(買った)時よりも高くなったり安くなったり)」するだけでいきなり無にはなりません。 イチカバチか・のるかそるかというのがパチンコ・パチスロで、いきなり無が訪れます。パチンコ屋は店が金儲けをするために商売でやっています。たまぁーに出るのも客が全てを支えているからです。その証拠に客が居ないと自身の資本を還元せざるおえなくなり潰れます。つまり客がみんなで運営に参加しているわけです。その大元の投資は店がやってますが・・・ 追加で株には配当金目当てもあります。元手に対してナンパーの利回りか、もちろん長期投資ですので値動きは気にしないほどの資産を持つ人の場合。 更に株は信用銘柄があり、下げて儲けるやり方もあります、えぇ!? 下げても儲けられるの?とお思いの場合調べてみて、株は面白いですよ。パチンコは株と本気で向き合ったら辞められます。

  • 2008/10/28 14:12 回答No.9

核心的な部分は既に回答が出ているので、個人的な見解を補足します。 パチンコ :当らずにやめると100%マイナス。 株取引き :下がっても保有し続けていれば上がる可能性もある。 パチンコ :いつ当るか、何回当るかは全くもって不明。 株取引き :研究・情報収集・分析である程度予測がつく場合も。 パチンコ :一日の投資金額と換金額に限界あり。(10万程度) 株取引き :基本投資金額に上限ない上、利ざやもその分高い。 パチンコ :気分転換になるだけで自分(社会)の為にはならない。 株取引き :経済・社会情勢により関心を抱くようになる。 まあ、どちらも、てきとうに手を出せば運頼みですけどね。

  • 2008/10/27 18:37 回答No.8

僕も就職前に友人と激論をしましたね。 友人も株はいいけどパチはダメみたいな考えでした。 僕の考えでは株もパチもギャンブルではない!まーやり方次第ではありますが。結局勝つ(儲ける)ことを最大の目的として行動した場合、その行動次第で勝率を上げることが出来るのですからギャンブルではないでしょう。株もパチもプロが存在することがギャンブルではないってことになるかな? ただイメージがね・・・。パチプロの人達の努力は相当なもの!もちろん株で稼げてる人達も同じ!そこに違いなんて無いと思うんですけどね。 ちなみに完全に個人的考えなのであしからずm( u u )m

  • 2008/10/27 02:14 回答No.7

簡単な言葉の使いです。 パチンコ→ギャンブル→博打→政府は薦めてない→イメージ悪い 株→投資→市場にお金を投資→政府が薦めている→イメージ良い 社会貢献度の差でしょう。 ですが自社株や損覚悟のタンス株とかで無い限り 株をギャンブルと思わないのは危険とはっきり言ったほうがいいです。

  • 2008/10/27 02:00 回答No.6

株もパチンコも手の打ち方によっては必ず儲けられるギャンブルというところでしょうか。 利益が見込めると確信した株に投資することが、パチンコでボーダーを超える台しか打たないこととほとんど同じです。どちらも必ず儲けが出ます。(株の方はよくわかりませんが、ノウハウを熟知していて、儲けを出せればの話です。)どちらも儲けを出すことができます。 あなたの親がそう言っているのは、必ず損をすると考えているから辞めろといっているのでしょうか。それとも、世間では印象の良いものではないというところから否定しているのでしょうか。 株もパチンコも、上記の立ち回りをしていればギャンブルではないと私は考えます。なぜなら、勝つか負けるかのギャンブルではなく、利益が出ることがわかっていて投資するわけですから。

  • 2008/10/26 19:14 回答No.5

射幸性の強弱・中毒性の強弱が違う様な気がします。 パチンコって、いったん打ち始めたら、 たとえ、回収っぽく見えて、なんか損しそうな気配がある時でも、 思わず打っちゃう時ってありません? 先はどうでもいい、一発の大当たりが見たい、とかの理由で。 私、株はやってませんので解りませんが、 株って、損をするのを解っている銘柄って、買うものですかね? パチンコの大当たりは、独特の抑揚感があるので、そこが違うと思います。 だけど、そこの抑揚感・期待感の処理をできる人なら、パチンコやってても、 全然問題無いと思いますよ。 早い投資額のうちに、出る・出ないの判断をして、深追いしない。 たとえハイエナされても自分が浮いた時点でやめる。 という、確固たる決意があれば、そんなに負けるものでも無いですしね。 まあ、それがみんな出来ないから、大当たりが無くなる事がないんでしょうけどね。 (私、だいぶこれが出来るようになりましたが、たまに無我夢中になってドッカ~ンと負けます。 ちまちま勝って、ドカンと勝つ。そして、ドッカ~ンと負ける。 このドッカ~ンと負ける部分が無ければプラスでしょうね。) ちなみに、私、14歳の時からパチンコ22年間、趣味でやっておりますが、(親の金でやったことはありません。自分でバイト・仕事して稼いだお金です。) 勝てる方法は、だいたい解りましたが、 株はギャンブルではないの 結局、パチンコって、出始める最初のポイントって、ピンポイントで、 そのピンポイントの台を探して、更にその台が空いてなければならない、という条件が必要で、 勝つポイントの近い台を見つける、という作業は、非常に不安定ですよね。(ほとんど他力本願) かといって、出る台が空くのを待っているのもつまらん。 パチプロになって、朝一から打つという手もあるが、 仮にパチプロになっても、今度は仕事の本収入が無くなるので、 そしたら、パチンコの収益だけじゃ足りない。 と、勝ち負けにこだわると、矛盾だらけの遊びですよね。 すいません、話が脱線してしましましたが、 回答は、内容は違うがどちらもギャンブルと思います。 でも、どちらも、自分の使える予算の範囲でまかなえるなら、 別にやっても、問題無いと思います。 ・・・パチンコ、確かにあまりやっていて、メリットはありませんが、 別に、やっていて何が悪いん出ようね。 何でみんな、悪く言うんでしょうね。 趣味にメリットが必要なら、世の中の趣味ほとんどが、 メリットなんてないと思います。 負けたらお金が減るという人もいますが、 パチンコより金のかかる趣味なんて、世の中にいくらでもあると思います。 長くなってすいませんでしたが、 質問者様も、パチンコの愛好家の1人と読み取れましたので、 ぜひ、世間の悪評に屈せず(笑)、 自分の予算の範囲内で楽しんで頂きたいと思います。頑張ってください。 おわり。

  • 2008/10/26 16:46 株はギャンブルではないの 回答No.4

考え方によってはパチンコも究極のデイトレです。 店に入って現金をパチンコ玉に交換し投資していきます。そして店から出るときには決済して店を出ます。その時投資した額より増えていれば利益になり、損をしていればその日は損切りで終わることになります。 これは株でも同じでその日その日で決済していけばパチンコと同じです。ただ株はその日に決済せずに次の日に持ち越すことも出来ます。この辺がパチンコとの違いかもしてません。

  • 2008/10/26 16:10 回答No.3

大雑把に言えば、どっちも金を増えるか減るかに賭けるギャンブルなんですけど、世間的には、株は投資、パチンコはギャンブルでイメージが悪いですよね。 大きな違いは、株は勉強や情報で勝率を100%に近い状態にできる。 パチンコはどんなに研究や努力をしても、普通に打ったら勝率は50%以上にならないってあたりですかね。 大学生とか実家で親元に居ながら家に金も入れないでパチンコばっかりやってるとかなら親に文句言う資格は無いクズだと思いますが、自分のお金で生活に困らない範囲でしたらパチンコをやるのは自由だと思います。

質問者からのお礼 2008/10/26 16:37

ありがとうございます。 社会人で妻子ありです、自分の小遣でやっていますし 金を借りたこともありません。 なんでパチンコってイメージが悪いのですかね

  • 2008/10/26 16:03 回答No.2

株式投資はギャンブルではなく、正当な経済活動の一環です。 なぜかの説明をするには、株式とは何か、という話になります。 ご存知かもしれませんが、念のため記します。 1.あなたが何か新しい商品のアイデアを思いついたとします。 それは今までにないとても便利なもので、絶対に売れる、儲かると確信できるものです。 2.ところが、それを大量に作る為には、大きなお金が必要です。 3.当然、あなた自身で準備できる金額でもなく、また、両親・親戚たちに頭を下げて回っても揃う金額ではありません。 銀行に行っても、特に担保や実績の無いあなたに融資してくれるところはありませんでした。 4.そこで、不特定多数の人に、あなたの新商品のアイデアと、いかに儲かるビジネスであるかを説明し、資金を出してくれるようにお願いします。 5.もちろん資金を出してくれた人には、将来、あなたのビジネスが儲かったら、利益の一部から分け前をお渡しします、と約束します。 6.あなたのビジネスアイデアが本当に儲かりそうだと感じたら、お金を出してくれる人がたくさん出るでしょう。その人たちに出資してくれた証として、株式を発行します。 このようにして、ビジネスを立ち上げるお金を集めます。 7.思惑通り、あなたのビジネスは大成功しました。利益もめちゃくちゃ上がりました。そしたら、当初、出資してくれた人(=株主)たちに約束どおり、分け前(=配当)を支払いましょう。 (ビジネスが失敗した場合)あなたに出資してくれた人のお金はパーです。逆に言えば、あなたは彼らにお金を返す必要はありません。 ですから、出資してくれる人はシビアにあなたのビジネスモデルを観察するでしょう。 8.そんな大成功したあなたのビジネスを見て、もっと成功するだろうと予想して、あなたの会社の株式を欲しがる人も出てきます。 逆に、今、あなたの会社の株式を持っている株主の中にも、「まあそろそろこのビジネスもピークか」と考えて、売りたいと考える人が出てきます。 株はギャンブルではないの 9.こうして、株式の買い手と売り手が出てきます。 もちろん買い手が多ければ(=ビジネスの先行き期待がよければ)、値段、すなわち株価は上がります。 売り手が多ければ(=ビジネスの先行き不安が多ければ)、株価は下がります。 このように、日本の、また、世界の経済活動の根幹ともなっている部分でもありますので、株式投資はギャンブルではありません。 もしも、それでも株がギャンブルだと言うならば、年金基金や銀行、保険会社は皆から預かったお金をギャンブルで勝負していることになります。 彼らは株式運用は行っていますが、パチンコでの運用は行っていると聞いたことはありません。

「投資」と「投機」の違い、言えますか? 投資初心者が最初に押さえるべきこと

getty images

getty images

投資と投機の違いは「プラスサムゲーム」かどうか

初心者はまず投資信託を買ってみよう

資産形成1年生

小林 亮平

小林 亮平 KOBAYASHI RYOHEI

東京→水戸に移住しました。bizble編集部員が東京を離れて働く3つの理由

ワクワクする企画をつくるために、やってはいけないこと #12

【ポカリスエット】目指したのは「飲む点滴」 新ジャンル切り開いた科学の力

「空箱」のまま上場? アメリカで進む「SPAC」とは 日本でも検討が始まる

「空箱」のまま上場? アメリカで進む「SPAC」とは 日本でも検討が始まる

読まれています

ライフ・マネー

まず疑うことから始めよう。FIRE達成の極意とは【後編】

まず疑うことから始めよう。FIRE達成の極意とは【後編】

iDeCo(イデコ)って何? つみたてNISAと迷ったら? 人気YouTuberが解説

iDeCo(イデコ)って何? つみたてNISAと迷ったら? 人気YouTuberが解説

進化するZ世代の地元愛 「地元にいたい=内向き志向」がもう古い理由

進化するZ世代の地元愛 「地元にいたい=内向き志向」がもう古い理由

リモート時代の仕事とキャリア

リモート時代の仕事とキャリア

リーダーの若手時代

リーダーの若手時代

FIRE論

FIRE論

三菱系の大手企業に勤めながら徹底した倹約と資産運用を続け、30歳でFIRE(Financial Independence, Retire Early=経済的自立と早期退職)を実現した穂高唯希さん。FIREという生き方の魅力やFIREがいま注目される理由、FIREと従来の早期退職の違い、FIREの目指し方などについて、実体験を元にお伝えします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる