取引プラットフォーム

どうやって利益が出るの

どうやって利益が出るの
よく、飲食店の原価率は30%にすべき、といわれることがあります。
でも、先ほどの居心地屋とこだわり屋の事例は、そのようなセオリーをそのまま信じると危ないという事例でもあります。
というのも、ほとんど儲かっていない居心地屋は原価率をセオリーどおり30%としています。一方で、儲かっているこだわり屋の原価率はセオリーを無視して50%としています。
このように、原価率を何%にすれば儲かるというような正解はなく、客単価や回転数、固定費などと密接に絡み合ってお店の儲けは決まってきます。

Webサービスはどうやって収益化する?インターネットの主なビジネスモデル5つを解説

Web上で商品を販売し、収益を獲得するモデルです。
販売形態としては、自社でネットショップを開設し、独自に販売を行う場合と、Amazonや楽天、などのネットショップのプラット フォーム を利用して販売を行う場合の2種類に分けることができます。
Amazonや楽天に出店すると、露出が増えるため、集客しやすくなりますが、その分の手数料が発生することと競合が多く差別化施策を強化する必要があり、独自店舗の場合は手数料は発生しないものの、新規で集客しなければいけないというように、それぞれでメリット・デメリットがあります。
ネットショップを開設する際は、自社製品の価格帯や ターゲットユーザー など様々な要素を考慮してプラット フォーム を選定しましょう。

ちなみに、同業者として見られることの多いAmazonと楽天ですが、両社の基本となるビジネスモデルは少し異なります。 どうやって利益が出るの
Amazonは、Amazonマーケットプレイスを開設し、事業者からの出店も受けてはいますが、基本的には自社で商品を保有、販売して収益を得ているのに対し、楽天はプラット フォーム としての機能がメインで、出店者から受け取る出店料や売上手数料が主な収益源となります。

3.コンテンツ/サービス課金モデル

新聞や雑誌などと同様に、提供している コンテンツ そのものに対して ユーザー が料金を支払うのが コンテンツ 課金、サービスそのものに対して料金を支払うサービス課金モデルです。
コンテンツ 課金・サービス課金共に、一定の領域までは無料で利用可能で、それ以上の機能を利用したければ課金する、というフリーミアムモデルで提供されることがほとんどです。

ほとんどのサービスや コンテンツ を無料で利用できることが常識となっているWeb上において、それらをマネタイズポイントにおくのであれば、お金を払ってでも利用したいと思われるような質の高い コンテンツ ・サービスが不可欠となります。
ファンを形成するまでに時間がかかるものの、課金 ユーザー が増えていけば安定した収益を確保しやすいビジネスモデルです。

4.マッチングサービス(手数料)モデル

  • 送客ベース(サイト誘導、資料請求、お問い合わせ フォーム ・専用ダイヤルからのお問合せなど)
  • 成約ベース(商品売買の成立など)

価格.comのような商品比較サイトなどは送客ベース、メルカリやFrillなどのプラット フォーム は売買が成立した時点で手数料発生するモデルが主流です。
個人でも行うことができるアフィリエイト プログラム も、送客ベースのマッチングモデルと言えます。

5.キャリア/ISP課金モデル

回線利用や接続自体に課金するビジネスモデルです。
従量課金、定額課金の2種類存在し、 ユーザー は利用するデータ量によって使い分けます。

携帯キャリアや インターネット プロバイダサービスなど、既にインフラを所有している事業者がひしめいているため、他のビジネスモデルに比べると新規参入のハードルは高いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる