入門講座

ETFの基本

ETFの基本
powered by

iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF 東証上場

ここに記載する情報(以下「本情報」)は、1940年投資顧問法に基づくRIAであるMSCI ESG Research LLCが提供するものであり、その関連会社(MSCI Inc.とその子会社(以下「MSCI」)を含む)、または第三者(以下「情報提供者」)から入手したデータを含むことがあり、その全部または一部を書面による事前の許可なしに複製または再配布することは禁止されています。本情報は、米国証券取引委員会(SEC)またはその他の規制当局に提出されたもの、もしくは承認を受けたものではありません。本情報は、派生商品の作成またはそれに類する目的で使用することはできません。また本情報は、いかなる有価証券、金融商品および商品、または取引戦略の売買提供、勧誘または推奨を行うものではなく、将来的な業績、分析、予測または予想を示唆または保証するものではありません。ファンドによってはMSCI指数をベースとするもの、もしくはMSCI指数に連動するものがあり、MSCIはファンドの運用資産残高やその他の指標に基づいて報酬を得ることがあります。MSCIは、株価指数調査と本情報の間に情報共有の制限を設けています。本情報を使用して、売買する有価証券または有価証券を売買するタイミングを判断することはできません。本情報は「現状のまま」提供されており、本情報の利用者は本情報の利用に際して発生するもしくは発生しうるあらゆるリスクを負うものとします。MSCI ESGリサーチおよび情報提供を行う当事者は、明示的か黙示的であるかを問わず、あらゆる保証を明示的に否認します。また、本情報の誤りや脱落またはそれらに関連する損害について責任を負いません。上記は、適用法で除外または制限できない責任を除外しようとするものはありません。

「ご投資にかかる手数料等およびリスクについてのご留意いただきたい事項」
本サイトでご紹介するiシェアーズETFにご投資いただく際には、取扱い金融商品取引業者(証券会社等)の定める手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。iシェアーズETFは、連動する指数等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。なお、iシェアーズETFへ投資をされる場合は、取扱い金融商品取引業者へお問合せいただき、金融商品取引業者から交付される法定書面・法定書類(目論見書、上場有価証券等書面その他)を予め十分にお読みいただき、投資にかかる手数料等およびリスクについてご確認の上、ご自身の判断でなさるようお願い致します。
iシェアーズETFを取引する際に、投資家の皆様が負担する主な費用には下記のものがあります。
[売買時の手数料] iシェアーズETFを売買する際の手数料は取扱い金融商品取引業者によって定められます。詳しくは取扱い金融商品取引業者までお問い合わせください。また、海外上場のiシェアーズETFの場合には、売買時の手数料の他に、為替の取引や外国金融商品市場等における費用等が別途発生することがあり、これらの費用等はお客様の負担となります。
[保有時の費用] iシェアーズETFの保有期間中は運用管理費用等を間接的にご負担いただきます。保有時の費用の率(総経費率)は個別のETF毎によって異なり、また運用状況や保有期間等に応じて異なることからその上限額を示すことはできません。個別のETFの情報については本ウェブサイトの各ファンドページにてご確認いただけます。

【資産運用の基本】ETF・日本株式・外国株式|投資信託とETFの違いって?

(株)エフピーウーマン代表取締役 ファイナンシャルプランナー。 出版社の編集者を経て、女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」を設立。講演やメディア出演のほか「お金の教養スクール」の運営を通じて正しいお金の知識を学ぶことの大切さを発信している。『なぜかお金に困らない女性の習慣』『老後に破産しないお金の話』などお金の分野での著書は50冊以上に及ぶ。 女性FPによる、個人マネーコンサルティングを受付中。

日本の企業だけに親近感が湧く!? リターンも見込める日本株式

そもそも株式投資って何?

3大メリット

画像1: 出典:西東社

世界の一流企業に投資できる外国株式は値上がりする期待大!

海外には魅力的な株式が多数

アマゾンやマクドナルドなど、 誰もが知る有名企業や強い競争力を持つ企業が多いアメリカのほか、人口が多く市場が活発な中国やインド、今後の成長が期待できるASEAN諸国なども注目 されています。

外国株式を売買する上で難しいのは、日本の企業と比べて情報が圧倒的に少ないという点です。そうしたときに頼りになるのが、証券会社です。
外国株式を扱う証券会社は利用者のために海外株情報を扱ったレポートや海外株の入門講座を提供しています。 これらは口座を持っていれば無料で利用できるので、ぜひ活用してください。

3大メリット

画像2: 出典:西東社

株式投資と投資信託を「いいとこ取り」したのがETF

株と投資信託のいいとこ取り?

投資信託の中には株式上場している商品があります。そうした投資信託をETF(「Exchange Traded Funds」(上場投資信託)です。つまり、分散投資されている投資信託でありながら、通常の株式投資のように売買ができるということが特徴です。

また、通常の投資信託とETFには違いがいくつかあります。投資信託では信託報酬を販売会社、受託会社、運用会社の3社に支払わなければいけませんが、 ETFでは販売会社に信託報酬を払わなくていいので、信託報酬が割安 です。
つまり、保有のためのコストが安くなるのです。

ETFは、通常の投資信託に比べて取引しやすいというメリットもあります。
投資信託は1日1回のみの取引ですが、ETFは証券取引所の取引時間の間であれば、いつでも売買できます。価格の面からみても、投資信託の取引では決められた基準価格でしか売買できないのに対し、 ETFは、株式と同様にリアルタイムで変動する価格を見ながら価格を指定して売買できるので、自由度が高いのも特徴のひとつです。
投資信託では、取引の申し込みを締め切ったあとに基準価格が公表されるので、基準価格がわからないまま注文を出すことになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる