FX動画

トレンドラインの引き方手法

トレンドラインの引き方手法
なので、ライントレード初心者の方は、まずトレンドラインを引ける状態になるのを待ち、トレンドラインの方向に沿ったトレードをしていけば、だいぶ楽にトレードが出来るようになります。

必見!初歩のテクニカル分析ガイド

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の四本で構成され、相場の方向性・転換点・力強さの程度を知る手掛かりとなります。始値に対して終値が高い物を「陽線」、始値に対して終値が安い物を「陰線」と呼びます。
上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。陽線、陰線は罫線とも呼ばれ、価格の足どりを見る上で欠かせないツールと言えます。ローソク足の上についた線を「上ヒゲ」、下についた線を「下ヒゲ」といいます。
また、ヒゲのついていないローソク足を「丸坊主」と呼び、ヒゲを伴う線の、実体の別や長さでも大まかな強さのニュアンスをみることができます。

Step3 トレンドライン

トレンドラインの引き方

チャンネル

Step4 サポート(支持線)&レジスタンス(抵抗線)

レジスタンス

トレンド転換のシグナル

上昇トレンドの転換 上昇トレンドにおいては、価格はレジスタンス・レベルで一時的に下がった後、通常は、再度そのレベルを超えて上昇します。 前回の高値を抜けなかった場合はトレンド転換のシグナルと見ることができます。

Step5 移動平均線

グランビルの法則

  • 1 . 平均線が長期下落ないし横ばいの後、上昇に転じた場合は買いの第一段。
  • 2 . 上昇中の平均線を価格が下回っても、平均線の上昇基調に変化がないと思われる時は押し目買い。
  • 3 . 価格が足踏みののち、上昇中の平均線とクロスしないで再騰し始めたときは買い乗せ。
  • 4 . 平均線が下降中でも価格が異常にかけ離れて下落した場合は、自律反騰の公算大。
  • 5 . 平均線が長期上昇ののち、横ばいかあるいは低落し始める場合は買い手仕舞いの第一段。
  • 6 . 下降中の平均線を価格が上回っても、平均線の下降を食い止められないと思われる時は戻り売り。
  • 7 . 価格が保ち合いののち、下降中の平均線とクロスするまでに至らずに、再下落した場合は売り乗せ。
  • 8 . 平均線が上昇中でも価格が異常にかけ離れて上昇した場合は、自律反落の公算大。要するに、株式にはトレンドと修正リズム、つまり趨勢としての方向と、時には価格行き過ぎの修正運動があり、それを移動平均線の動きを軸として分析し、売買のタイミングを捉えようとするものです。

ゴールデンクロス/デッドクロス

移動平均線の種類

加重移動平均線 昨日と今日の終値を比べ、今日の終値にウェート置くように計算して出したもの。
移動平均の先端がより値動きに素早く反応すると考えられます。

指数平滑移動平均線 一定期間の平均を求めるのではなく、過去全ての価格が計算対象。
単独で使うことはなく、他の指標の基礎データとして使われることが多い。

変位移動平均線 単純移動平均を先行させたもの。
交差までに時間を要するのでその分ダマシのシグナルが少なくなります。

Step6 MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)

MACD構成

  • 短期指数平滑移動平均線
  • 長期指数平滑移動平均線
  • MACD=(短期指数平滑移動平均線)-(長期指数平滑移動平均線)
  • トレンドラインの引き方手法
  • Signal=MACDの移動平均線

通常は 短期 12日、長期 26日、Signal 9日 で計算されることが多い。

MACDの見方

  • MACDがSignal(MACD平均線)を下から上に抜いたら買い
  • MACDがSignal(MACD平均線)を上から下に抜いたら売り
  • 買いシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを上回ればシグナルの有効性追認
  • 売りシグナル発生後→MACD、Signalとも0ラインを下回ればシグナルの有効性追認

3.MACDとシグナルとの差(乖離)が最大となった場合も絶好の売買タイミング 以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安。0ラインの前後での反転も多い。
価格の動きと照らし合わせても、トレンド転換の予兆を察知できます。

4.ダイバージェンス(逆行)による反騰・下落の示唆 上昇の示唆 価格は下落中だが、MACDは上昇、又はMACDラインのボトムが切り上がっている。 下落の示唆 価格は上昇中だが、MACDは下落、又はMACDラインのトップが切り下がっている。

  • 上昇トレンド入り→価格が上昇に向かう、MACDも上昇に向かう。
  • 下降トレンド入り→価格が下落に向かう、MACDも下落に向かう。

Step7 RSI (相対力指数・Relative Strength Index)

MRSI(相対力指数・Relative Strength Index)は価格の上昇・下落に変動した値幅を考慮したうえで計算したものです。通常、過去14日間のデータをもとに計算されることが多い。

計算式は以下のような式
RSI = 過去14日間の上昇幅の合計 ÷ 過去14日間の値幅の合計 × 100%

RSIの一般的見方

  • 70%を超えると買われ過ぎ
  • 30%を下回ると売られ過ぎ

RSIの弱点

価格が上昇&RSI下降 → 上昇力は弱い 上昇相場でRSI(70%以上)の山が直前の山を越えられないで、その後、直前の谷を割りこんだ場合は売りシグナル

価格が下落&RSI上昇 → 下落は弱い 下降相場でRSI(30%以下)が直前の谷を割り込まないで、直前の山を越えた場合は買いシグナル

Step8 エリオット波動分析

エリオット波動の構成

第1波:上昇 →第2波:下降 →第3波:上昇 →第4波:下降 →第5波:上昇
a波:下降 →b波:戻し →c波:下降
以上8つの波(5つが上昇、3つが下降)を1サイクルとしている。

エクステンション(延長波) トレンドラインの引き方手法 エリオット波動の理想的な上昇トレンドは5つの波から構成されます。
そのうちの一つの推進波(第1波、第3波、第5波)がさらに5つの波に分かれて拡張する様相をエクステンション(拡張、延長)といいます。
エクステンションが起きるのは珍しいことではなく、大多数の波は3つの推進波のうちのどれかにエクステンションが発生します。 第1波がエクステンションを起こすことは珍しいが、第3波のエクステンションは株式市場で、商品市場では第5波のエクステンションがよく見られます。エリオットの波動には、エクステンション以外にも、ダイアゴナル・トライアングル(斜め三角形)やフェイラー(未達成)といった他の変形波もあります。
エクステンションを伴う推進波は第1波、第3波、第5波のうち一つの推進波だけです。よって第3波がエクステンションしたら、第5波のエクステンションはなく、第5波は第1波と類似したものになり第1波と第3波にエクステンションがなければ、第5波はエクステンションしやすいと予想できます。

様々なエクステンションのパターン 第5波がエクステンションした場合、2回復帰(ダブル・リトレイスメント)が起きる。
第5波のエクステンション完了後、

    トレンドラインの引き方手法
  • 1 . まず3つの調整波によりエクステンションの開始時点まで下降が起こる
  • 2 . 次にエクステンションが終わった水準までの戻しが起こる
  • トレンドラインの引き方手法
  • 3 . その先、上昇トレンドに戻るかあるいはトップを形成するのかは、長期サイクルにおける現在の価格の位置による。

Step9 フィボナッチ級数(数列)とエリオット波動

フィボナッチ級数の構成

  • 1 . 連続する2つの数の和はその上位の数(上記の2つの連続する数字の合計)は、次の数に一致する。 トレンドラインの引き方手法
    〈例〉1+1=2、 1+2=3、 2+3=5、 3+5=8、 5+8=13、・・・という具合です。
  • 2 . どの数もその下位の数に対しては1.618倍
    (フィボナッチ数列の数値を1つ前の数値で割ると、1.618という数値になる)。
    ※ 数値が大きくなればなるほど、1.618に近づく。
    〈例〉13÷8=1.625、 21÷13=1.615、 55÷34=1.6176、 144÷89=1.6179
  • 3 . どの数もその上位の数に対しては0.618倍
    (1つ後の数値で割ると、0.618という数値になる)
    ※ 数値が大きくなればなるほど、0.618に近づく。
    〈例〉8÷13=0.6153、 13÷21=0.6190、 トレンドラインの引き方手法 34÷55=0.6181、 89÷144=0.6180
  • 4 . どの数も2つ下位の数に対しては2.618倍
    (フィボナッチの系列の数値を2つ前の数値で割ると、2.618という数値になる)。
    〈例〉34÷13=2.6153、 55÷21=2.6190、 89÷34=2.6176、 トレンドラインの引き方手法 トレンドラインの引き方手法 144÷55=2.6181
  • 5 . どの数も2つ上位の数に対しては0.382倍
    (2つ後の数値で割ると、0.382という数値になる)。
    〈例〉34÷89=0.3820、 21÷55=0.3818、 34÷89=0.3820、 55÷144=0.3819
  • 6 . 0.618を2乗すると0.382、1.618を2乗すると2.618となる。
    1.618や0.618、0.382といった数値は、黄金分割とか黄金比率、平均律と呼ばれた数値です。その比率はピラミッドや古代ギリシャのパルティノン神殿の建築様式にも使用されています。
    この比率は、エリオット波動理論では目標値を定めるのに欠かせない数値です。日本でも昔から2/3戻し(0.618=61.8%)1/3戻し(0.382=38.2%)といった様に使用されています。
    その他に重要な数値は、1÷2(0.5=50%)、1÷1(1.00=100%)。これらの数値は、重要なサポートやレジスタンスとなります。

第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

あい証券株式会社
第一種・第二種金融商品取引業(関東財務局長(金商)第236号)、商品先物取引業(店頭商品デリバティブ取引)
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、日本商品先物取引協会、日本投資者保護基金
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会 会員 会員番号1033

トレンドラインの引き方手法

投資哲学から生み出した厳格なルールに従って取引する手法です。
ギャン分析においては、時間と価格の間に比例関係があるとする「ギャンライン」「ギャンファン(ギャンアングル)」が良く用いられています。
ギャンはこの時間と価格の比、そして、サイクル理論(後述)トレンドラインの引き方手法 を大切にしています。
時間と価格の間に示す比例関係をどの様に見つけるかが重要なポイントとなります。

ギャンライン

トレンドを早く見つけるためのテクニカル指標です。
普通トレンドラインは2点(高値或いは安値)を結んだものになりますが、ギャンはそのトレンドをいち早く見つけるために一つの点でラインを引きます。ギャンのラインはギャンアングルと呼ばれ、1×1(45度)以外にも何本かラインがあります。
最も重要なのは1×1になるが、上昇或いは下降の角度に合わせて設定する必要があります。
45度のラインは長期トレンドを意味します。相場が上昇のラインの上にあり、維持しているときは強気相場として見ます。
逆に下げラインの場合、相場がラインを下回っている時は弱気相場として見ます。ラインをクロスしたときはトレンドの終了を意味します。

ギャンファン

ギャンファンのラインは重要なピック(高値或いは安値)を基に違う角度をつけた複数のラインになります。
ギャンファンもまた1×1(45度)が最も重要なラインとされ、ラインの上に価格があるなら強気相場、ラインの下にある場合は弱気相場として見ます。1×1の他に、1×8(82.5度)、1×4(75度)、1×3(71.25度)、1×2(63.75度)、2×1(26.25度)、3×1(18.75度)、4×1(15度)、8×1(7.5度)とあります。上昇している相場では1×1のラインは強いサポートラインとされ、これをブレイクすると、重要な転換点として見られます。
ラインの下にある場合は弱気相場として認識されます。

ギャングリッド

Gann Grid(ギャングリッド)では、1x1 単位の対角線を結んだラインをチャート全体に点線で表示します。
1x1 単位の上昇勾配、下降勾配がわかるようになっています。
指定した点からギャン・ラインを描き、そのラインをベースに格子を描きます。格子の幅は標準で17本のローソク足が入る幅となり、価格がこの格子(grid)に従って動く傾向が多いとされています。

【実践で使える】トレンドラインの引き方とエントリー方法【徹底解説】

トレンドラインとは

トレンドラインとは

トレンドライン とは、相場のトレンドを把握するために、ローソク足の高値どうしまたは安値どうしを結んだ線のことをいいます。また、トレンドラインはテクニカル指標の一つとして機能し、支持線や抵抗線としても機能します。

  • 上昇トレンドライン
  • 下降トレンドライン


この2種類に分けられます。

下図の赤のラインがトレンドラインになります。

上昇トレンドラインと下降トレンドライン

相場には上 昇トレンド・下降トレンド・レンジ(横ばい)の3種類 しか存在せず、現在のチャートが一体どの相場に当てはまるのか、上昇が強いのか、下降が強いのか、動きが少なく揉み合い相場なのかといったように、相場の状況を把握するための必須ツールが トレンドライン となります。

トレンドラインの有効な時間足とは

トレンドラインの有効な時間足

トレンドラインの正しい引き方とは

トレンドラインの正しい引き方とは

トレンドライン とは|初心者でも簡単!正しい 引き方 で株価の動きを読んで利益を上げる方法

【応用編】
トレンドライン は「チャネルライン」と
一緒に使うと売買タイミングが分かる

チャネルラインの 引き方

チャネルラインの 引き方 は、下記のようになります。

    1、 トレンドライン と平行に トレンドライン の反対側に引いた直線。
    つまり上昇トレンドでは波動の上に描き、下降トレンドでは波動の下に描く。
    2、そして波動が全て収まるようにという条件の下に波動に一番近いところに引く。

【上昇トレンドの トレンドライン とチャネルライン】

【下降トレンドの トレンドライン とチャネルライン】

価格は上がったり下がったりを繰り返しており、チャート上で価格だけを見ていてもイマイチ動きが分かりづらいですが、 トレンドライン とチャネルラインを引くことで、ゾーンがはっきりして、そのゾーン内での価格の動きを見てみると、格段に流れが分かりやすくなります。

トレンドライン とチャネルラインを使ったもみあい時の分析方法

もみ合いのトレンドでは、上昇トレンド(または下降トレンド)のように、どちらが トレンドライン 、どちらがチャネルラインとは正確に識別されていません。

しかし、上昇トレンドの後に出てきたもみあい相場は下限が トレンドライン 、上限がチャネルライン、下降トレンドの後に出てきたもみあい相場では上限が トレンドライン 、下限がチャネルラインと呼ばれることが一般的です。

つまり、 トレンドライン とチャネルラインは端的に言えば、支持線と抵抗線の関係をあらわしています。これを踏まえて、もみあい時を考えて見ます。

トレンドライン とチャネルラインを使ったもみあい時の売買サイン

価格は トレンドライン (支持線)とチャネルライン(抵抗線)の間で変動していくので、支持線まで下がったら買う、抵抗線まで上がったら売るという逆張り戦法が有効となります。

これはトレンドがある時も同じ考え方をします。例えば、上昇トレンドなら トレンドライン 近辺で買い、チャネルライン近辺で売り抜けるというトレードが有効となります。また、下降トレンドなら トレンドライン 近辺で売り、チャネルライン近辺で買い戻すというトレードが有効となります。

そして、重要なポイントとして、価格の変動には「もみあい相場の後、 トレンドライン であれチャネルラインであれ、破った方に新しいトレンドができやすい」という特徴があります。

    ・トレンドの初期・中期:大相場につながりやすい。
    ・トレンドの終盤:天井(或いは底)が近いというシグナル。
    ・上昇トレンドにおいて加速した相場は天井を付けた後に暴落しやすい。

チャネルラインを使ってトレンドの転換を見極める

【トレンド破綻の予兆】
その1、チャネルラインを未達成。
その2、 トレンドライン を割り込む。
その3、(上昇トレンド時)前回の安値を下回る。
(下降トレンド時)前回の高値を上回る。

チャネルラインの 引き方 &見方 まとめ

・チャネルラインとは トレンドライン と平行に波動の反対側に引く線。
・ トレンドライン とチャネルラインは支持線と抵抗線をあらわす。
・もみ合い相場の後にどちらかの線を価格がブレイクするとそちらへ新しいトレンドができやすい。
・トレンド終了の予兆は、チャネルラインの未達成、 トレンドライン のブレイクという順番であらわれ、上昇トレンドは前回の安値(下降トレンドは前回の高値)を更新することによってトレンドは終了とみなす。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

【最強FXライントレード極意まとめ】勝てないなんて言わせない!勝てる引き方とコツ

なので、ライントレード初心者の方は、まずトレンドラインを引ける状態になるのを待ち、トレンドラインの方向に沿ったトレードをしていけば、だいぶ楽にトレードが出来るようになります。

トレンドラインの角度・引き方・使い方でFXエントリー・利益確定ポイントを導き出す トレンドラインはFXの手法に欠かせない!使い方で見えてくるチャート攻略法! トレンドラインを引いてみるだけでFXの勝率が上がる! .

トレンドを軸に分析するとトレードは圧倒的に楽になる!

投資家は「トレンドの発生」「トレンドの継続」「トレンドの終了」に最も注目しており 「トレンドの流れ」 を基準に相場を見ています。

なのでトレンドが発生したら 「トレンドがどこで継続していくか?」「どこで崩れて行くか?」 の2点に注目して分析して生きましょう。

特にトレンド中に付けた「最高値」「最安値」はその後も意識されやすく、トレンドが押し戻しをつけた時、そしてトレンドが崩れたとき 「最高値」「最安値」引いた水平ラインが目安にされやすくなります。

レンジ相場はブレイクしてからエントリーポイントを探す

いわゆる 「レンジ相場」 の時です。

高安値を追ってラインを引いてるうちに「気が付いたらラインだらけになって、どのラインが重要なラインかわからなくなった」なんてことありませんでしたか?。

こういう場合は、レンジ相場内を無理して分析しようとするより「最高値」と「最安値」の2本だけにラインを引き 「レートがレンジ外へブレイクしてから改めてエントリーポイントを探す方が優位性はグッと高くなります。」 トレンドラインの引き方手法

ライントレードのブレイクの基本と投資家心理を読むコツ

ブレイクすることでレートが伸びやすくなるポイントとは?

レートがある一定の価格帯を抜けることで大きく伸びる「ブレイクポイント」を押さえておくと、ライントレードはかなり有利になります。

その目安になるのが 「押し安値」と「戻し高値」 です。

押し安値・戻し高値は 「新規注文が一点集中して大きく伸びたポイント」 であると同時に 「損切りの注文」 も同じ数だけ入っている、いわば 「売買注文が集中している価格帯」 だからです。

また、押し安値・戻し高値は「利益確定」の目安にされやすいポイントでもあります。

押し安値・戻し高値を抜けられることで、それより以前にポジションを取っていたトレーダーは「流れが転換した」とみなし、保持していたポジションの手仕舞いを決め込みやすいのです。

ブレイクされることで感じる投資家心理とは?

その次の押し安値・戻し高値が節目の役割を持ち、そこで価格がストップすれば転換のきっかけになっていきます。

しかし、次の押し安値・戻し高値もブレイクされると、 そのポイントからポジションを持ち始めたトレーダーの損切り注文を撒き込んで更にレートは加速していくことになります。

ライントレードのエントリーポイントを見つけるコツ!勝率の高い最強パターンとは?

エントリーのコツはラインでの反転・反発

エントリーポイントを見つけるコツは 「レジ・サポの逆転が起きたポイント」 です。

つまり 「それまでレジスタンスラインとして機能していたラインが今度はサポートラインとして機能すること。」

または 「それまでサポートラインとして機能していたラインが今度はレジスタンスラインとして機能すること。」

トレンドラインの引き方手法

反転・反発部分のチャートパターンに注目!

レートがラインに反応し、反転・反発が起きた部分には 「ダブルトップ・ボトム」「ヘッドアンドショルダー」といったチャートパターンが出来やすくなります。

例えば、4時間足・日足のような大きな時間足で反転・反発が起きた部分を 1時間足や15分足のような小さな時間足で見ると、反転・反発部分がチャートパターンが出来ることが多いです。

チャートパターンが出来るということは 「その価格帯が大勢の投資家に意識された」 ということですので、かなり勝率は高いものになります。

移動平均線との組み合わせは鉄板!

ライントレードの勝てない理由を検証!

ライントレード勝てない理由①上位時間足を無視してる

例えば 5分足でエントリーするからと言って、5分足チャートだけにラインを引いてもダメなのです。

5分足で価格が伸びるには 、より上の時間足である1・4時間足チャートで意識されるラインにレートが反応するからこそ、小さな時間足で伸びて行きやすくなるのです。

ですが、5分足だけにラインを引いてしまうと、そのラインを意識するのは「5分足チャートだけ見てる人」だけになり、より上の時間足でトレードしている投資家から注文が集まってこないのです。

ライントレード勝てない理由②自分よがりのラインを引いていないか?

ラインと言うのは 「他大勢の投資家もそのラインを意識して初めてラインとして機能します。」

ですので、引き方が全くわからないという相場に出会った場合は、無理してラインを引くのではなく 「どうやってもここにしか引きようがないだろ」 と思えるぐらいハッキリとわかりやすいパターンになるまで待った方が良いでしょう。

ブレイク即エントリーはダマシの元!押し目・戻し目を待つ!

ブレイクアウトしたと思ったら、元の価格に戻ってきてしまう 「ダマシ」 によく会ってしまったという方は多いと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる