FX初心者

株の仕組みを世界一わかりやすく解説

株の仕組みを世界一わかりやすく解説
その新たな仕組みを作り出すために、「グレートリセット」は、未来の国際関係や国家経済のあり方社会の優先順位、そしてすべての人をサポートするための洞察を提供するものとして注目されているのです。

VIX指数(恐怖指数)とは?わかりやすく解説します

担当:西尾

上のチャートは、「国際のETF VIX短期先物指数(1552)」の2か月間の値動きを表したものです。2020年2月24日付近から、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて株式市場が下落していました。 それに対して、 VIX短期先物指数は右肩上がりで上昇 を続け、1口あたり6,000円だったのが18,000円になっています。このように、相場の急落局面で値上がり益が手に入るので、 リスクヘッジ先として有効 です。

4.日本版VIX指数「日経平均VI」

4-1.日経平均VIとは?

日経平均VIは、“ 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 投資家が予想する日経平均株価の変動幅 ”を指数にしたものです。VIX指数の日本版と考えておけばよいでしょう。この指数はSBI証券でチェックできます。

日経平均VI

上のチャートは、日経平均VIの2か月間の動きを表したものです。VIX短期先物指数と同じで、2020年2月24日付近から新型コロナウイルスの影響を受けて、日経平均VIが上昇しています。そして、2020年3月17日には「 56.47 」を付けています。

一般的に警戒領域と言われる「30」を大きく超えており、相場が急落で 大荒れ となっているのがわかりますね。

4-2.日経平均VIに連動する金融商品

銘柄コード 銘柄名
2035 NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN

このETNは、 日経平均VIが上がると利益が出る 仕組みです。そのため、「国際のETF VIX短期先物指数(1552)」と同じで、 市場が不安定なときのリスクヘッジ として使えます。 長期保有に向かない点も同じです。 長期保有するとどんどん価値が小さくなる ため、あくまで短期的なリスクヘッジに向いている商品である点に注意しましょう。

国際のETF VIX短期先物指数

上のチャートは、「NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)」の2か月間の値動きを表したものです。日経平均VIに合わせて、 右肩上がりで上昇 しており、1口あたり500円だったものが2,500円になっています。「国際のETF VIX短期先物指数(1552)」と同じで、相場が急落した際の リスクヘッジ先として使えます 。

VIX指数や日経平均VIは、 株式市場の温度感を知る のに役立つほか、 投資タイミングを見極める のにも使えます。株式市場の暴落時は、これらの指数が急上昇します。優良企業が割安な株価まで下がる場合があるので、絶好の投資タイミングになるかもしれません。

また、 VIX指数や日経平均VIに連動した金融商品 があります。この金融商品は、VIX指数や日経平均VIが上昇することで、利益が出る仕組みです。株式市場が暴落したときは、保有株で大きな含み損を抱えるかもしれませんが、このような金融商品を リスクヘッジ として買うことで、含み損を相殺できます。暴落時にはうまく使って、損失を最小限に抑えたいですね。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? 意味・定義をわかりやすく解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは? 意味・定義をわかりやすく解説

2025年までにシステム刷新を行えなかった場合に想定されるシナリオ

①市場の変化に合わせて柔軟かつ迅速にビジネスモデルを変更できず、デジタル競争の敗者になってしまう
②システムの維持管理費が高額化することで技術的負債を抱え、業務基盤そのものの維持・継承が困難になる
③保守運用の担い手が不足することで、サイバーセキュリティや事故・災害によるシステムトラブルやデータ滅失などのリスクが高まる

(出典)DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~/経済産業省

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進にむけた企業の現状と課題

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進には経営戦略が不可欠

DXレポートでは、DX推進には「新たなデジタル技術を活用して、どのようにビジネスを変革していくかの経営戦略そのものが不可欠である」と言及しています。

しかし、DXの必要性に対する認識は高まっているものの、具体的な方向性に関してはまだまだ模索中…という企業が多いのが現状。明確なビジョンが無いまま「AIを活用して何かできないか」といった 株の仕組みを世界一わかりやすく解説 曖昧な指示が出され、PoCを繰り返すだけになってしまっているケースが多々報告されている そうです。

その一方で、いち早く既存システムを刷新する判断を下し、DXを推進している企業には「必ずと言っていいほど経営層のコミットがある」と言及されています。

スピーディーな変革が求められている状況ではありますが、まず最初の課題は経営層を巻き込んでしっかりと自社の経営戦略を固めることと言えるでしょう。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に必要な“DX人材”とは?

経済産業省のDXレポートを皮切りに、DXという概念はビジネス界隈に浸透。言葉の意味や重要性を理解した企業は増加したものの、 DX推進を担うDX人材の不足が課題になるケースが増加 しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる