テクニカル指標

通貨オプション

通貨オプション
  • 東京為替:ドル・円は反落、円売りの巻き戻しで
  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 「肥料」が9位にランク、JA全農の大幅値上げ発表で関心高まる<注目テーマ>
  • 通貨オプション
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月09日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):メルカリ、INPEX、日テレHD
  • 積水ハウス、2-4月期(1Q)経常は55%増益で着地
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月9日)

為替TARFの取り組み事例

TARFとは「Target Redemption Forward」の略称で、為替TARFは日本語で言うとターゲット条項付為替予約あるいは早期終了目標設定型フォワード取引等と呼ばれます。為替デリバティブの一種で、消滅条件付のフラット型の為替予約(ノックアウト・フォワード)と比較するとレンジ相場において有利なレートで為替予約を締結できると言われております。近年では地方銀行様が取引先の企業の為替リスクヘッジのための商品として提供されるケースが増えてきております。

  • Full型:累積が目標に到達した回において決済が発生。
  • None型:累積が目標に到達した回では決済は発生しない。
  • Exact型: 累積が目標に達した回で 累積収益がちょうど累積目標分相当になるように決済。

この他にも、累積収益ではなく収益が発生した決済回数を目標とする回数判定型(Digital)TARF、トリガー条件を付与し為替レートがストライクとトリガーの間の場合はポジションが出来ないEKI(European Knock-In)TARF、損失が一定額(あるいは回数)に達すると早期終了するLoss Cap付のTARF等様々なバリエーションが存在します。

TARF商品を取り扱うための課題

TARFのシステム対応事例

こうした背景を踏まえ、システム対応のコストや開発期間の短縮化さらにお客様の事務の効率化を目的として、為替デリバティブ評価の分野において豊富な実績を持つFENICS Software社(以下FENICS社)とアライアンスを結び、弊社市場系パッケージPrélude Enterprise(プレリュードエンタープライズ)とのデータ連携機能の提供を進めております。FENICS社が提供するサービスはプレーンなものからエキゾチックなものまで70種類以上の為替デリバティブに対応しております。取引管理、プライシング、時価評価、リスク分析、評価レート配信機能が強みであり、国内でも多くの金融機関が採用しております。

具体的には、FENICS社システムでTARFを含めた様々な為替デリバティブの取引管理、時価評価を行い、バックシステムであるPrélude Enterpriseへデータ連携を行います。これにより、約定管理、時価評価、期日管理、決済為替の管理、会計処理、CSA担保管理、関連システムへのインターフェース処理等、フロントオフィスからバックオフィスまでの一連の業務に対応いたしました。Prélude Enterpriseの対応をバックオフィス周辺に集中させたことで、コストや開発期間を大幅に圧縮することが出来たと考えております。弊社は当該機能をパッケージ標準の「FENICS連携モジュール」として整備を行っており、他金融機関様の実績に基づいた業務フローをセットにして各金融機関様へご提案、提供を進めております。

【通貨】 NY為替:[通貨オプション]OP買い後退、RRはまちまち

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

■変動率
・1カ月物10.13%⇒9.75%(08年10/24=31.044%)
・3カ月物9.70%⇒9.67%(08年10/24=31.044%)
・6カ月物9.39%⇒9.39%(08年10/24=25.50%)
・1年物9.05%⇒9.00%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)

■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1カ月物+0.06%⇒+0.12%(08年10/27=+10.90%)
・3カ月物+0.11%⇒+0.13%(08年10/27=+10.90%)
・6カ月物+0.12%⇒+0.12%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+0.14%⇒+0.13%(08年10/27=+10.71%)

  • ・NY為替:ユーロ買い継続 (22/06/03)
  • ・NY為替:【NY午前外為概況】ドル・円は129円51銭から130円04銭で推移 (22/06/03)
  • ・NY為替:【市場反応】米・4月製造業受注、4月耐久財受注改定値 (22/06/02)
  • ・NY為替:ドル・円は129円51銭から129円76銭で推移 (22/06/02)
  • ・NY為替:【市場反応】米・先週分新規失業保険申請件数、ドル買い (22/06/02)

株探からのお知らせ

    通貨オプション
  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 東京為替:ドル・円は反落、円売りの巻き戻しで
  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 「肥料」が9位にランク、JA全農の大幅値上げ発表で関心高まる<注目テーマ>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月09日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):メルカリ、INPEX、日テレHD
  • 積水ハウス、2-4月期(1Q)経常は55%増益で着地
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月9日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 話題株ピックアップ【昼刊】:INPEX、三菱UFJ、トヨタ
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 今朝の注目ニュース! ★ホープ、ミアヘルサ、エネチェンジなどに注目!

お薦めコラム・特集

  • 明日の株式相場に向けて=黒田日銀総裁がカギを握る相場に
  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 通貨オプション <株探トップ特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

為替デリバティブ取引で優良中小企業が窮地に!

2004年から2007年頃にかけて、一時1ドル115円から120円くらいまで円安が進行しましたが、その頃大手の銀行は、優良な中小企業等に対して、 円安時に利益が受けられる商品として為替デリバティブと呼ばれる商品を大量に販売 しました。ところが、2008年のリーマンショックの頃から一転して円高が進んだために、 多額の損失を受ける企業が続出 し、本業が順調であるにもかかわらず会社の維持が難しくなるという事態も発生しています。

為替デリバティブ商品のパターン

ギャップ・レシオ型①とギャップ・レシオ型②

ギャップ・レシオ型① ギャップ・レシオ型②

ノックアウト型とノッチ型

ノックアウト型 ノッチ型

一般的な為替予約

(参考までに) 一般的な為替予約

為替デリバティブ取引の問題点

商品設計の問題

これらの商品は、限られた円安の局面では利益が得られる一方で、一定限度以上に円高が進むと利益が一気にゼロになったり一時に多額の損失が発生し( ギャップレート )、しかも円高の局面では為替相場の2倍ないし3倍に比例した損失を発生する( レシオ、レバレッジ )というのが典型ですが、条件が複雑で、リスクの質・量が理解しづらいです。一般的な為替予約と異なり利益と損失が非対称であり、為替リスクヘッジの手段としての合理性も大いに疑われます。

また、長期の為替変動を予測することは困難であるにもかかわらず、これらの契約は契約期間が極めて長期に設定されているため、 円高に振れた場合のリスクは際限がなく、中途解約しようとすれば多額の違約金を請求される ため、事後的なリスクコントロールが不可能です。

さらに、契約時の費用がゼロに設定されていることから( ゼロコスト )、リターンとリスクが互いに見合っているはずですが、顧客はそれを検証することが不可能です。

オプション取引基礎知識

オプション取引とは

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,通貨オプション 000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 通貨オプション 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

JP5613755B2 - 通貨オプションプレミアム計算システム及びプログラム - Google Patents

Publication number JP5613755B2 JP5613755B2 JP2012274513A JP2012274513A JP5613755B2 JP 5613755 B2 JP5613755 B2 JP 5613755B2 JP 通貨オプション 2012274513 A JP2012274513 A JP 2012274513A JP 2012274513 A JP2012274513 A JP 2012274513A JP 5613755 B2 JP5613755 B2 JP 5613755B2 Authority JP Japan Prior art keywords option volatility currency premium value Prior art date 2012-12-17 Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes 通貨オプション no representation as to the accuracy 通貨オプション of the status listed.) Expired - Fee Related Application number JP2012274513A Other languages English ( en ) Other versions JP2013054781A ( ja Inventor 育也 松川 育也 松川 学 薬師神 学 薬師神 Current Assignee (The listed assignees may be 通貨オプション inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.) MUFG Bank Ltd Original Assignee Bank of Tokyo Mitsubishi UFJ Trust Co Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of 通貨オプション the date listed.) 2012-12-17 Filing date 2012-12-17 Publication date 2014-10-29 2012-12-17 Application filed by Bank of Tokyo Mitsubishi UFJ Trust Co filed Critical Bank of Tokyo Mitsubishi UFJ Trust Co 2012-12-17 Priority to JP2012274513A priority 通貨オプション Critical patent/JP5613755B2/ja 2013-03-21 Publication of JP2013054781A publication Critical patent/JP2013054781A/ja 2014-10-29 Application granted granted Critical 2014-10-29 Publication of JP5613755B2 publication Critical patent/JP5613755B2/ja Status Expired - Fee Related legal-status Critical Current 2028-03-28 Anticipated expiration legal-status Critical

Links

  • Espacenet
  • Global Dossier
  • Discuss
  • 238000004364 calculation method Methods 0.000 title claims description 113
  • 230000000875 corresponding Effects 0.000 claims description 22
  • 238000000034 method Methods 0.000 description 31
  • 238000011156 evaluation Methods 0.000 description 18
  • 238000004891 communication Methods 0.000 description 4
  • 230000001186 cumulative Effects 0.000 description 4
  • 238000010586 diagram Methods 0.000 description 4
  • 230000002441 reversible Effects 0.000 description 4
  • 101700068145 AP25 Proteins 0.000 description 1
  • 241000854491 Delta Species 0.000 description 1
  • 230000000694 effects Effects 0.000 description 1
  • 238000005516 engineering process Methods 0.000 description 1
  • 239000007788 liquid Substances 0.000 description 1
  • 230000002093 peripheral Effects 0.000 description 1

Images

Description

上記問題を解決するため本願出願人は、特許文献1において、評価対象オプションと、該評価対象オプションと同一期間のATM(At The Money)プレインオプション、25デルタコール・プレインオプション及び25デルタプット・プレインオプションの3種類のプレインオプションについてベガ、ボルガ、バンナを計算し、上記3種類のプレインオプションを組み合わせたポートフォリオのベガ、ボルガ、バンナが評価対象オプションのベガ、ボルガ、バンナと一致するようにポートフォリオ構成比率を計算し、25デルタコール・プレインオプション及び25デルタプット・プレインオプションについて、ATMフラットボラティリティσATMから計算したプレミアムと、25デルタコール・プレインオプション及び25デルタプット・プレインオプションのボラティリティの市場値σC25P25から計算したプレミアムとの間の差額を計算し、上記構成比率を重みとする前記差額の重み付け和により、σATMから計算した評価対象オプションのプレミアムを補正する技術を提案している。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる