外国為替取引とは

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメント
他の手法と同様に、フィボナッチリトレースメントツールは、他のテクニカル分析指標と組み合わせると最も強力になります。 それ自体では買いまたは売りのシグナルではないかもしれないものは、他の指標によって確認された場合、1つに変わる可能性があります。 そのため、価格が特定のフィボナッチレベルに達すると、逆転する場合と逆転しない場合があります。 そのため、市場環境などを考慮しつつ、リスクを管理することが不可欠です。

フィボナッチリトレースメントとは何ですか?

フィボナッチリトレースメントは、金融市場の行動を予測するために使用される手法です。 フィボナッチ数列またはフィボナッチ数として知られる数列に基づいています。 理論は、このシーケンスが市場の変動とそれを「修正」する方法を反映しているというものです。 一部の情報筋は、フィボナッチのリトレースメントが効果的であると考えていますが、その信頼性は、特に金融アドバイスサービスを販売する人々によって誇張される可能性があります。

フィボナッチ数列は、ヨーロッパに導入した数学者ピサのレオナルドにちなんで命名されました。 名前はフィリウスボナシオの収縮、または「ボナシオの息子」です。 シーケンスは1つの単純なルールに従います。各番号は、シーケンス内の2つの前の番号の合計です。 したがって、シーケンスの最初の10個の数字は0、1、1、2、3、5、8、13、21、および34です。リストを段階的に進めることなくシーケンスを計算するための数式があります。 この式は、いくつかの数学的問題の解決の基礎となります。

フィボナッチリトレースメントの使用は、シーケンスの別の特性に基づいた手法です。 これは、各数値が前の数値の約1.618倍であることです。 むしろきちんと、これはまた、各数字がそれに続くものの61.8%であることを意味します。 同様に、各数字は、シーケンスの2番目の数字の38.2%、3番目の数字の23.6%です。 これらの3つの割合は、フィボナッチリトレースメントでの分析の基礎を形成します。

この手法を使用している人は、追跡される値の極端な高値と低値で始まるグラフをプロットします。これは通常、市場指数ですが、個々の株式である可能性があります。 この最高値と最低値は、分析に使用された過去の履歴の期間に記録された最高値と最低値であり、それぞれ100%と0%としてログに記録されます。 アナリストは、61.8%、38.2%、23.6%のマークを表す垂直線を描画します。 これらの割合は、高値と低値のギャップを指すことに注意することが重要です。 たとえば、上位の数字自体の61.8%を表すわけではありません。

理論では、追跡対象の値が上下に変動する場合、61.8%、38.2%、23.6%のポイントを表す値の1つに達すると、一時的に方向が反転することがよくあります。 場合によっては、一方向の動きの全体的なパターンがあるかもしれませんが、各ポイントに達すると複数の一時的な反転があります。 このパターンの発生は保証されていませんが、ほとんどの分析では、あまりにも頻繁に起こるため、単なる偶然ではないことが示唆されています。 最も一般的な説明は、各ポイント間のギャップは、市場の動きに対する投資家の心理的反応の総体的な効果、特に市場がいつ変わるかを予測しようとする方法を表しているというものです。

フィボナッチでFX相場の反転を見抜く!FX取引手法を分かりやすく解説!

アジア通貨危機とコロナショックのドル円の動き

強いトレンドでは23.6%と38.2%が押し目

(USD/JPY 4時間足)

一時的な反転をした後に上昇トレンドに乗りたい投資家たちは、早い段階で押し目買いを入れるので再度強い上昇へと転じます。浅い反発を確認出来たらその後の強い上昇を予測して買いを入れることができます。

フィボナッチ・リトレースメントで注意しなければならないこと

1.フィボナッチだけを信用して取引を行うとだましに合いやすい
フィボナッチのラインだけではエントリーの根拠としては薄いです。ラインで全く反発をせず高値や安値を更新してしまう可能性があります。大きな時間軸から押し目や戻りとして、反転する局面であるかを分析してから取り入れることが重要となります。

2.正確にラインを引く必要はない
フィボナッチ・リトレースメントはFXでテクニカル分析を行う上での目安として考えることが重要です。ラインは黄金比率の価格がどこにあたるのかを見極めるための目安になります。ライン上で正確に反発することは稀なケースになるので神経質になってラインを正確に引く必要はありません。

3.日足や4時間足などの長い時間足の方が意識されやすい
大多数のトレーダーは1分や5分などの短い時間足に比べて、日足や4時間足などの長い時間足に注目しています。長い時間足の方がより多くの投資家の注目を集め、フィボナッチも意識されるため根拠が増します。

例外として指標発表後は1分でも有効となります。要人発言や経済指標は時間が決まっているため多くのトレーダーがその時間の動きに注目します。多くのトレーダ―が同じチャートを見て判断するため大きなイベント後は1分足でもフィボナッチが意識される傾向にあります。

まとめ

まとめ

トレンド発生時にラインを引くことで、より有効なテクニカル分析ができるようになります。しかしフィボナッチだけに頼らずにあくまでも1つの根拠として捉えることが重要です。初心者であればトレンド発生時に何度もラインを引いてみて、その後の値動きを観察することで反転のパターンを理解することができます。場数をこなすことで正確なテクニカル分析を行うことが可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる