デモ取引

弱いトレンドを認識するためのオシレーター

弱いトレンドを認識するためのオシレーター
  • リバーサルシグナルとは
    リバーサルシグナルは、「隠れたダイバージェンス(Hidden Divergence)」と呼ばれることもあり、ダイバージェンスと同様に値動きとRSIとの逆行現象に注目します。
    リバーサルシグナルがダイバージェンスと決定的に異なる点は、ダイバージェンスが相場の調整や反転のサインであるのに対して、リバーサルシグナルは値動きのトレンド継続を示唆するサインであることです。
  • 弱いトレンドを認識するためのオシレーター
  • リバーサルシグナルの見方
    • 値動きが上昇トレンドにある中でリバーサルシグナルが出現した場合、現在の上昇トレンドが継続することを示唆します。
      上昇トレンドの中で発生するリバーサルシグナルの確認は、値動きとRSIの安値(チャートが谷を形成したポイント)に注目します。反対に下落トレンド時のリバーサルシグナルは、値動きとRSIの高値(チャートが山を形成したポイント)に注目します。
    • 値動きが上昇トレンドにあって安値が更新されていないにもかかわらずRSIが下値を更新した場合、上昇トレンドの継続を示唆するリバーサルシグナル出現の可能性があります。反対に、下落トレンドにあって高値が更新されていないにもかかわらずRSIが上値を更新した場合、下落トレンドの継続を示唆するリバーサルシグナル出現の可能性があります。

    MACD(マックディー)とは?FXトレードでの基本的な見方と上手な使い方

    MACDは「Moving Average Convergence Divergence」の略で、「マックディー」と読みます。日本語に訳すと移動平均収束拡散となります。移動平均線を応用したテクニカルの手法で、2つの移動平均線を使用して、買いと売りのタイミングを判断することができます。移動平均線は一般的に使用されるSMA(単純移動平均線)と異なり、昨日や今日といった直近の価格の比重が重いEMA(指数平滑移動平均線)を使用します。MACDは数あるテクニカル手法の中でも比較的精度が高いとされ、特に新規売買のシグナルとトレンドの方向性を認識するのに有効とされています。

    MACDとシグナル

    MACDの見るべきポイント

    MACDとシグナルが交差するところ

    MACDとシグナルがゼロのラインと交差するところ

    ヒストグラム

    ダイバージェンス

    MACDを活用するときの注意点

    ダマシが発生する可能性がある

    トレンド終盤はトレンドレスに

    ほかのテクニカル指標を組合せて活用するとさらに強力に

    MACDを使って精度の高いトレードを

    マーケット情報

    みんなのマーケット

    お役立ちコンテンツ

    約5分で申込完了!最短当日取引可能

    今なら新規口座開設で
    最大 50,000 円キャッシュバック

    App Store アイコン Google Play アイコン

    【取引に関する注意事項】
    ■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
    ■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
    ■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
    ■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
    ■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
    ■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
    ■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
    ■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
    ■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
    ■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
    ■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

    日本証券業協会

    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
    FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

    弱いトレンドを認識するためのオシレーター

    相場には方向性を持っている「トレンド相場」と、無秩序に動いている「調整相場(ランダム相場)」がある。現在の相場が「トレンド相場」なのか、あるいは「ランダム相場」なのかを見定めるのに有効な指標は「標準偏差ボラティリティ(Standard Deviation)」と「ADX(Average Directional Index」である。

    トレンドの有無の見分け方

    日経平均(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

    みずほフィナンシャルグループ(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

    野村ホールディングス(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

    石原 順氏

    石原 順氏 プロフィール

    石原 順
    相場の周期およびボラティリティー(変動率)を利用した独自トレンド分析や情報ネットワークを活かした売買技術で多くの投資家を魅了している。
    1986年より株式・債券・CB・ワラント等の金融商品のデーリング業務に従事、1994年よりファンド・オブ・ファンズのスキームで海外のヘッジファンドの運用に携わる。為替市場のトレンドの美しさに魅了され、日本において為替取引がまだヘッジ取引しか認められなかった時代からシカゴのIMM通貨先物市場に参入し活躍する。
    現在は数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍している。
    石原順のメルマガ(外部サイトへ移動します)
    石原順の著書(外部サイトへ移動します)

    スイングトレードで勝ち続けるためのテクニカル指標の使い方

    ○ RSIが指し示している方向が株価の進む方向であると判断
    ○ 50%ラインは節目(サポート・レジスタンス)として機能する場合が多い
    ○ RSIが50%ラインより上にある場合は上昇トレンドと判断
    ○ RSIが50%ラインより下にある場合は下降トレンドと判断
    ○20%以下の安値圏でクィッと上昇に転じたら買いサイン
    ○ 80%以上の高値圏でクィッと下落に転じたら売りサイン
    ○ RSIが50%ラインを下から上に突き抜けた時は買いサイン
    ○ RSIが50%ラインを上から下に突き抜けた時は売りサイン
    ○ 逆行現象が起こった場合は大きくトレンド転換するサインと判断

    ストキャスティクスを使ってスイングトレードをする

    ストキャスティクスの重要ポイント

    DMIを使ってスイングトレードをする

    DMIとは、『Directional Movement Index』の略で、日本語では『方向性指数』と呼ばれることが多いです。この指標は、先ほどのRSIと同じくアメリカのJ.W.ワインダー氏が考案したテクニカル指標です。

    DMIの重要ポイント

    ○ +DIと-DIの乖離幅が最大になった所が利食いポイント
    ○ +DIより-DIが下にあれば上昇トレンドと判断
    ○ +DIより-DIが上にあれば上昇トレンドと判断
    ○ +DIが-DIを下から上に突き抜けたら買いサイン(補助的に使用)
    ○ +DIが-DIを上から下に突き抜けたら売りサイン(補助的に使用)
    ○ ADXが上昇してきた場合は、上昇または下降トレンドの勢いが強くなってきていると判断

    スイングトレード実践編

    銘柄選びのポイント

    ○ 値上がり率ランキングから銘柄を探す 弱いトレンドを認識するためのオシレーター
    ○ お気に入り銘柄、監視銘柄から銘柄を探す。
    ○ 5日移動平均線がクィッと上向きになっていて、きれいな陽線が出ている銘柄選ぶ
    ○ 前日より出来高が増えている、もしくは同じぐらいの銘柄を選ぶ
    ○ トレンドがはっきりしている、読みやすいきれいなチャートを選ぶ
    ○ グランビルの法則と同じパターンの動きの銘柄を選ぶ
    ○ テクニカル指標を利用して総合的にチェックする(指し示している方向を確認する)

    トレードシナリオを描くポイント

    ○ 節目となる株価をチェックする
    ○ 現在の株価より、すぐ上にある節目は上値目処と判断する
    ○ 現在の株価より、すぐ下にある節目は下値目処と判断する
    ○ 週足、月足も節目として機能することが多いためチェックを忘れない

    295円(5日移動平均線株価) ⇒ 300円(前日終値) ⇒ 320円(上値目処)

    エントリーのポイント

    ○ エントリーポイントは節目付近でする
    ○ ギャップアップで寄り付いた場合は、前日終値付近まで下落してくるのを待ってエントリー
    ○ 大きくギャップアップ(上値の節目付近)で寄り付いた場合は見送り
    ○ 大きくギャップダウンして、5日移動平均線を割り込んで寄り付いた場合は見送り
    ○ 弱いトレンドを認識するためのオシレーター ギャップアップ後も大きく上昇していく銘柄は追いかけない(高値掴みとなる)
    ○ 上値の節目まで到達したら一度、利益確定をする
    ○ エントリー後は5日移動平均線の上に乗っかるように推移していればホールドでも可
    ○ 株価が急上昇して5日移動平均線より大きく乖離した場合は1度、利益確定する
    ○ エントリー後は5日移動平均線が下向きになった場合は即撤退

    MACDを使ったトレード手法|シグナルや見方は?

    インジケーター

    MT4一括決済インジケーターFund Manager

    【10万円相当】超高性能インジケーター(EA)を全員にプレゼント

    「Fund Manager」の機能

    【FX】オシレーター系インジケーター「MACD」とは?

    MACDとは

    MACDの意味や仕組み

    MACD(Moving Average Convergence and Divergence)は1979年にジェラルド・アペル(Gerald Appel)という人が作ったオシレーター系インジケーターで、 移動平均収束乖離、移動平均収束拡散 とも呼ばれています。

    MACDは 相場の方向性やトレンド勢いを認識 するかなりメジャーなオシレーター系インジケーターで、オシレーター系では珍しくトレンド系の特徴も備えているテクニカル指標となっています。

    MACDでは移動平均線を使うのですが、SMA(単純移動平均線)ではなく、 EMA(指数平滑移動平均線) を使います。

    MACDの計算式

    【FX】MACDの基本的な見方

    MACDの見方

    ヒストグラム

    MACDは 長期と短期の移動平均線の乖離幅 弱いトレンドを認識するためのオシレーター をグラフとして表示してくれるインジケーターです。

    メインのチャートで、長期と短期のMAがクロスしたら表示が切り替わります。 短期が長期を上抜けたらゼロラインより上に表示され、下抜けたら下に表示 されます。

    シグナル線

    ゼロライン

    他のオシレーター系は0や100を上限下限とすることがほとんどですが、 MACD は%で表されるわけではないので、上限下限は決まっていなく、 0 が基準点になっています。

    テクニカル解説集

    • RSIのトレンドライン分析①
      RSIにもトレンドラインを引いて、値動きと同様にライン分析が有効に機能する場合があります。
      価格トレンドがはっきりと認識できる場面(下の画像では、下降トレンドの開始地点)から、RSIの上値同士、下値同士を結んでラインを引きます。
      値動きのトレンドライン分析と同様に、上昇トレンドではRSIの下値同士を結んだ右上がりの支持線のブレイク(突破)に注目し、反対に値動きが下降トレンドの際は、RSIの上値同士を結んだ右下がりの抵抗線のブレイクに注目します。
    • RSIのトレンドライン分析②
      下図では、RSIの上にひかれたレジスタンスライン(抵抗線)に何度か接触しているものの、値動きが下降トレンドにある期間はRSIの上方ブレイクは見られません。
      丸の箇所で値動きに反転の兆しが見られ、RSIも前後してトレンドラインを突破しており、相場の転換を示していると考えられます。

      このようにRSIにもトレンドラインによる分析が機能するケースがありますので、トレンドラインを引いて相場転換の可能性を検討することができます。

    ダイバージェンス

    • ダイバージェンスとは
      ダイバージェンス(Divergence)とは、値動きとRSIとの推移に相違が発生する逆行現象のことです。
      例えば、値動きがより高い値段を付けて高値更新したのに対してRSIが上値更新できなかったり、反対に値動きが安値更新したのに対してRSIが下値を更新しなかったりする現象は、価格トレンドの強さや勢いが弱まっていることを示唆するダイバージェンスの可能性があります。
      値動きが上昇トレンドにあってRSIが上値を切り下げていくダイバージェンスを「弱気のダイバージェンス」、反対に値動きが下向きでRSIの下値が切り上がっていくダイバージェンスを「強気のダイバージェンス」と呼び、直前までの値動きのトレンドが続かずに相場の調整や反転を示唆するサインと考えられます。
    • ダイバージェンスの見方
      • 弱気のダイバージェンス…値動きの高値同士を結んだ線とRSIの高値同士を結んだ線を比較します。値動きの高値を結んだ線が右上がり、RSIの上値を結んだ線が右下がりとなると弱気のダイバージェンスが発生していると考えられます。
      • 強気のダイバージェンス…値動きの安値同士を結んだ線とRSIの下値同士を結んだ線を比較します。値動きの安値を結んだ線が右下がり、RSIの下値を結んだ線が右上がりとなると強気のダイバージェンスが発生していると考えられます。

      リバーサルシグナル

      • リバーサルシグナルとは
        リバーサルシグナルは、「隠れたダイバージェンス(Hidden Divergence)」と呼ばれることもあり、ダイバージェンスと同様に値動きとRSIとの逆行現象に注目します。
        リバーサルシグナルがダイバージェンスと決定的に異なる点は、ダイバージェンスが相場の調整や反転のサインであるのに対して、リバーサルシグナルは値動きのトレンド継続を示唆するサインであることです。
      • リバーサルシグナルの見方
        • 値動きが上昇トレンドにある中でリバーサルシグナルが出現した場合、現在の上昇トレンドが継続することを示唆します。
          上昇トレンドの中で発生するリバーサルシグナルの確認は、値動きとRSIの安値(チャートが谷を形成したポイント)に注目します。反対に下落トレンド時のリバーサルシグナルは、値動きとRSIの高値(チャートが山を形成したポイント)に注目します。
        • 値動きが上昇トレンドにあって安値が更新されていないにもかかわらずRSIが下値を更新した場合、上昇トレンドの継続を示唆するリバーサルシグナル出現の可能性があります。反対に、下落トレンドにあって高値が更新されていないにもかかわらずRSIが上値を更新した場合、下落トレンドの継続を示唆するリバーサルシグナル出現の可能性があります。

        RSIにボリンジャーバンドを表示する

        i-NET TRADERでは、オシレーター系指標の代表格ともいえるRSI上にボリンジャーバンドを表示させるRSIボリンジャーバンドがご利用いただけます。RSIボリンジャーバンドは、RSIで分析できる相場の過熱度(買われ過ぎ、売られ過ぎ)をより詳細に分析することが出来ます。
        RSIボリンジャーバンドは、本番口座用のi-NET TRADERにてご利用いただけます。

        RSIにトレンドラインが引ける!RSIボリンジャーバンドが使える!取引ツールはこちらから。

        取引ツールのダウンロードページが開きます。

        関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる