投資助言

レジスタンスレベルとは

レジスタンスレベルとは
FF14

Raceoptionでサポートとレジスタンスレベルを引き出してトレードする方法

Raceoptionでサポートとレジスタンスレベルを引き出してトレードする方法

Raceoptionでサポートとレジスタンスレベルを引き出してトレードする方法

チャートに水平線を追加する

まず、グラフィカルツール機能(1)をクリックします。 次に、「水平線」を選択します。 線がチャートに表示されます。 今、あなたはそれを正しい場所に置く必要があるだけです。 サポートラインを描画する場合は少なくとも2つのローを接続し、レジスタンスラインが必要な場合は2つのハイを接続します。 クリックするとそこにとどまります。

Raceoptionでサポートとレジスタンスレベルを引き出してトレードする方法

ラインのプロパティのカスタマイズ

もう1つの方法は、傾向線を使用することです。 同じ方法で選択します。つまり、グラフィカルツール機能をクリックしてから[トレンドライン]を選択します。 ラインを開始する場所を選択してから、ラインを終了するポイントまで水平方向に延長します。 それが「水平線」と「トレンド線」の違いです。 最初のものは、チャートの両方向で無限です。 2つ目は限られています。

サポートとレジスタンスレベルを取引する際に留意すべきこと

Raceoptionでサポートとレジスタンスレベルを引き出してトレードする方法

GBPUSD500万チャートのサポートラインとレジスタンスライン

価格がサポート/レジスタンスレベルを打ち破った後はどうなりますか? さて、新しいサポート/レジスタンスが作成されます。 通常、前者のサポートレベルが抵抗に変わるか、抵抗がサポートに変わります。

Raceoptionでの取引中にサポートとレジスタンスを使用する

Raceoptionでサポートとレジスタンスレベルを引き出してトレードする方法

5mの有効期限の可能なトレードエントリ

上のチャートを見ると、サポートとレジスタンスのレベルがかなり強いことが確かにわかります。 これが、これらのレベルから価格を破る確率が低い理由です。 ポジションを配置する時期は、価格がサポート/レジスタンスラインに触れている瞬間です。

要約すると、サポートラインとレジスタンスラインを認識して描画するスキルは非常に重要です。 すべてのトレーダーはそれを学ぶ必要があります。 特に、ご覧のとおり、複雑な作業ではありません。 一方、サポート/レジスタンスレベルで取引することのメリットは信じられないほどです。

無料のRaceoption練習アカウントで描画サポート/レジスタンスラインをトレーニングします。 彼らと取引してください。 ほら、それがどんな利益をもたらすのか。 次に、実際のP​​ocketOptionアカウントに移動します。 コメントセクションで私たちとあなたの経験を共有してください。

FF14 レジスタンスランクが15に到達しました。そこまでよく扱っていたロスト・アクションのこと

FF14

死亡時のペナルティはエウレカに比べると軽くなっていた

事前情報にてこのデスペナルティが蘇生を受けずに拠点に戻ってしまっただけでなく、通常通りに死亡しただけで戦果が減少してしまうというらしく、あまり気楽に遊べないのではと少々心配に感じたのですが、実際に遊んでみるとこのペナルティについては以前と比べれば軽いもののようでした。

というのもこの戦果については減少量が以前のエウレカと比べればかなり小さい量で、さらに言えば減少するのは戦果のみでレジスタンスランクの方は下がらないので、ランクアップの報告を忘れなければほとんど気にならない要素でした。

フィールドで死亡してすぐデジョンで拠点へ戻ってみたところ、死亡時に2872ポイント拠点へ戻った際に14360ポイントを失いました。

よく扱っていたロストアクションについて

とは言ってもみんなが良く使ってそうな定番の物しかなさそうですが、まず一番使っていたアクションが「背水の境地」でした。

自身が受ける一部を除く回復効果が100%減少すると説明文にありますが、回復が受けれない時間が15秒と短いことと、アイテム枠にあるレジスタンスポーション・ポーションキットでは通常通り回復できるので意外と気楽に使えてしまいあまりデメリットの方は気にならない感じでした。

これより効果が少し強いもので「捨身の境地」というものもありますが、そっちは自身のHPが凄い勢いで減っていくデメリットがあって事前にポーションキットなどを使っておけばフォローなどは出来ますが、事故があったり同じPTや周りのヒーラーさんを焦らせてしまうこともあるので、ソロや野良PTで使うならやっぱり気楽に扱える「背水の境地」の方がいいかもしれません。

あと今回のボズヤ戦線については戦闘中にロストアクションを入れ替えることも出来るので何かの保険にこういった回復系のアクションを入れて置いても良さそうでした。

ヒーラーやDPSでよく使っていたアクションについて

ここからジョブ別に少々分けて紹介していくと、まず物理DPSやあと一応タンクロールでもですがよく使っていたのが「ロスト・パワーフォント」でした。

ヒーラーを含むキャスター職で使っていたアクションは「ロスト・マジックフォント」でした。

タンク(戦士)でよく扱っていたアクションは・・・・・・

普通に扱う分には90秒に1回使える威力800の強力な範囲攻撃という物なのですが、このアクションなんと!クリティカルヒットでダメージがさらに3倍になります。

まあとにかくあれです、前回のエウレカもそうなのですがこの「南方ボズヤ戦線」については通常のFF14コンテンツとは異なりゲームバランス崩壊要素が満載です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる