FX初心者向け

トレーディング手法

トレーディング手法

※図はTradingViewより筆者作成

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド みんなのレビュー

本書は、1980年代の後半に出された『Technical Analysis of the Future トレーディング手法 Markets』を現代の市場に合うように全面改訂した最新版です。実は、上記の書は出版されるとたちまち先物市場のテクニカル分析の書として大ヒットを飛ばし、今では古典的名著とされています。本書は、この古典的名著を現代市場の変化に合わせて改訂・追記していますので、これまで以上に役立つものとなっているはずです。この一冊があれば、先物市場のテクニカル分析の知識は十分と言えます。

投稿元:

出来高はメジャートレンドの方向に増加する。
ダウは終値に信頼を置いていた。
4週間ルール=常にポジションを持つ。

投稿元:

第1章 テクニカル分析の哲学
第2章 ダウ理論
第3章 チャートの仕組み
第4章 トレンドの基本概念
第5章 主要な反論パターン
第6章 継続パターン
第7章 出来高と取組高
第8章 長期チャート
第9章 移動平均
第10章 オシレーターとコントラリーオピニヨン
第11章 ポイント・アンド・フィギュア
第12章 ローソク足
第13章 エリオット波動理論
第14章 サイクル
第15章 コンピューターとトレードシステム
第16章 マネーマネジメントとトレーディング戦術
第17章 株式と先物の関連性―市場間分析
第18章 株式市場の指標
第19章 要点整理―チェックリスト
付録A 上級テクニカル指標 トーマス・E・アスプレイ
付録B マーケットプロファイル デニス・C・ハイネス
付録C トレードシステム構築の要点 フレッド・G・シュッツマン
付録D つなぎ足 グレッグ・モリス
用語集
参考文献
資料・ソース

投稿元:

基本的な内容なので知っている知識が多かったが
テクニカル理論について
ここまで体系立てて書かれている本は少ないと思う

■勘違いしていたことや、新しく知ったこと
・最高値より終値を重要視すること
・ダウ理論において出来高は増加でなく上昇を伴うこと
・RSIのトップフェイラースイング
・パラボリックSARは次第に加速すること
など

投稿元:

以下、引用
==============
・トレンドラインのブレイクに有効な条件
・ブレイク トレーディング手法 に関する「3%ルール」というものがある。主に長期トレンドがブレイクされたときの判定に用いられる。それは終値ベースで見て、少なくとも3%のブレイクを必要とする(このルールは金利などの金融先物には適用されない)。例えば、金が400ドルのところにあるメジャーな上昇トレンドラインをブレイクされたとするには400ドルから3%よりも下で引けなければならない。短期トレードの場合は1%を基準にしたほうがより適切。
・一般的な時間フィルターは2日間ルール。終値が2日間連続してトレンドラインをブレイクするというもの。
・ギャップ(窓開け)
・「ギャップは埋められる」という神話は誤り。埋められるものもあれば埋められないものもある。
・ブレイクアウェーギャップは抵抗線をブレイクしたときのギャップのこと。多くの場合、ブレイクアウェーギャップは埋められることがない。一部は埋められるかもしれないがすべてが埋められることはあまりない。 トレーディング手法
・フラッグとペナントは継続パターンのうち、最も信頼の置けるものの1つであり、めったにトレンド転換をもたらすようなことはない。
・出来高と取組高の増加は、現在進行中のトレンドが継続する見込みが高いことを示している
・マネーマネジメントガイドライン
・株や先物の投資に向けられる資金の総額は全体の50%に制限すべきである。
・1つの銘柄のリスク総額は、投資資金の5%に制限すべきである。

投稿元:

投稿元:

RSI
ポイントアンドフィギュア
ボリンジャーバンド
ダブルボトル、ダブルトップ
トライアングルパターン

印刷会社のM&Aの動向と事例15選、取引手法【最新版】

印刷会社 M&A 動向

印刷業 出荷額

印刷業の10年の歩みを「印刷統計」で見てみよう( JAGAT) をもとに作成

事業変革の方向性

  • 紙媒体の商業印刷やパッケージ印刷などのサービスをベースとしつつ、プロモーションやブランディングのための総合的なソリューションを提供
  • データの保管、加工、印刷物への落とし込み、印刷物製造、発送までをワンストップで請け負うDPS(データ・プリント・サービス)事業を展開
  • バックオフィスなどの業務プロセス全体を代行するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業を展開
M&A市場の現状と動向 今後の展望も解説【2021年最新】

印刷会社のM&A動向

印刷会社同士のM&A

  • 得意分野の異なる同業者(とくにパッケージ系印刷や特殊印刷を強みとする会社)の取り込みによる業容拡大
  • 顧客層(元請印刷会社・一般企業・官公庁など)の異なる同業者との統合による売上向上、事業安定化
  • 生産拠点拡大
  • 第三者への事業承継(後継者の獲得、事業・取引の継続、雇用維持)
  • 大手印刷会社傘下での事業成長
  • 経営難に陥った事業の再生
  • 不採算部門の整理とコア事業への経営資源集中

印刷会社による異業種企業の買収

異業種企業による印刷会社の買収

M&Aとは?目的・手法・メリット・流れを解説【図解でわかる】

印刷会社のM&Aで用いられる取引手法

株式譲渡

株式譲渡

株式譲渡とは?メリット・手続き・契約・税金を税理士が解説

株式譲渡とは、売却会社の株主が持つ株式を、買収会社に譲渡し、会社を売買する方法です。 中小企業のM&Aの多くは株式譲渡によって行われています。 株式譲渡のメリット・デメリット、手続き、契約書、かかる税金・価値算定 […]

事業譲渡

事業譲渡

事業譲渡とは?メリット・手続き・流れ【図解で分かる】

資本・業務提携

資本提携と業務提携

出資側の持株比率は3分の1以下にとどめるのが通例です。
3分の1を超えると、出資側が単独で株主総会の特別決議を否決できます(会社法第309条第2項[3])。
特別決議にかけられる事項には、定款変更や組織再編など、経営上の重要事項が含まれており、これを単独で否決できるとなると出資者の影響力が大きくなり過ぎる恐れがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる