FX入門〜初心者におすすめ

アクティブに投資したい方へ

アクティブに投資したい方へ
※ グラフはシミュレーションであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。数字は表示桁未満は四捨五入しています。
税金・手数料は考慮しておりません

【つみたてNISA】初心者でも理解しておきたい3つのデメリットについて解説!

誰でも始めやすい投資として、つみたてNISAは大人気です。 ・ 投資できる商品は金融庁が認めた優良ファンドのみ 元記事で画像を全てみる ・ ドルコスト平均法を自動的に活かせる ・ 20年間非課税 こういった特徴から、実際につみたてNISAを活用されている方も多いのではないでしょうか。 実際に筆者もつみたてNISAを活用して、長期的視点で投資を行っております。 ですが、つみたてNISAも万能な投資手法ではありません。 どんな投資にもデメリットは必ず存在しています。 アクティブに投資したい方へ 今回は初心者でも理解しておきたい、つみたてNISAの3つのデメリットについて解説したいと思います。

デメリット1:投資できる商品が限定されている

1つ目のデメリットは 「どんな商品にも投資できるわけではない」 という点です。 つみたてNISAで投資できる商品は、「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託」と金融庁のHPで定められています。 つまり金融庁がOKといった投資信託にしか投資できないということです。 販売手数料や信託報酬などの手数料にも一定の制限が設けられているため、基本的に投資できるファンドのほとんどがインデックスファンドということになります。 裏返せば、インデックスファンドよりも優れた運用成績を目指すアクティブファンドについては、そのほとんどがつみたてNISAでは投資できないということです。 またトヨタやソニー、任天堂などの個別株式には投資できないことはもちろんのこと、ETF(上場投資信託)にも投資できません。 「現在〇〇社の株が大きく値下がりしているから集中して投資したい」 「投資信託よりも経費の安いETFに投資したい」 といったことはできません。 最初から投資信託しか考えていない方にとってはさほど問題ではありませんが、投資できる商品が限定されているというのはデメリットです。 対して、一般NISAであれば個別株式やETFにも投資可能です。 例えば ・ 値下がりしているマザーズ市場の株式に投資して値上がりを待とう ・ アクティブに投資したい方へ 経費の安い米国ETFに投資してより高いリターンを狙おう ・ 高配当株に投資して非課税で配当を受け取ろう などさまざまな選択肢があります。 つみたてNISAの場合は、こういった選択肢はないということは理解しておくべきです。 言い換えると「選択肢が狭い分、失敗も少なく、長期的に見て期待値の高い商品にしか投資できない」ということなので、初心者には安心ということもできます。 ですが、慣れてきて「他の金融商品にも投資したい」となっても、つみたてNISAを活用できない可能性が高いということは理解しておいたほうがよいでしょう。

つみたてNISAってどんな制度?

毎月1,000円 (*) から始められます。

毎月決まった日に自動振替で購入するから、 タイミングに悩まない!

つみたてならではの 「ドル=コスト平均法」で賢く運用!

インターネットバンキングで、 いつでもどこでもカンタンお手続き。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)をご利用のお客さまは、お取引内容に応じてPontaポイントが毎月たまります!

  • ※NISA口座・つみたてNISA口座、課税口座での取引が対象です。

投信つみたて(1万円ごと・上限300Pontaポイント/月)30Pontaポイント/月 運用商品残高 (50万円以上)50Pontaポイント/月

  • ※Pontaポイントをためるには、「三菱UFJダイレクト」のご利用(ログインパスワード・Eメールアドレス登録)とポイントサービスのお申し込みが必要です。

非課税投資枠設定可能期間

ポイント1 投資対象は「投信つみたて」のみ、年間上限40万円までです。 ポイント1 投資対象は「投信つみたて」のみ、年間上限40万円までです。 ポイント2 すでに利用した非課税投資枠の再利用はできません。 ポイント2 すでに利用した非課税投資枠の再利用はできません。 ポイント3 残りの枠を翌年以降に繰り越すことはできません。 ポイント3 残りの枠を翌年以降に繰り越すことはできません。

つみたてNISAファンドラインアップ

「どの商品を購入すればよいかわからない」という方へ あなたに合う投資スタイルを診断して、おススメの商品をご紹介します!山崎賢人さんと一緒にトライ!資産運用タイプ診断

購入時手数料無料の全12ファンドをご用意しました!

■ インデックスファンド

なじみのある日本株に投資したい

つみたて日本株式(日経平均)

購入する

つみたて日本株式(TOPIX)

(運用会社:三菱UFJ国際投信)

購入する

iFree JPX日経400インデックス

(運用会社:大和投資信託)

購入する

世界の成長と円安時の為替差益を
期待したい

つみたて先進国株式

MSCI Kokusai Index(MSCI コクサイ インデックス) * と連動する投資成果をめざして運用を行う。 アクティブに投資したい方へ
* 日本を除く先進国の株式を対象とした指数。

購入する

つみたて新興国株式

MSCI エマージング・マーケット・インデックス * と連動する投資成果をめざして運用を行う。
* 世界の新興国の株式を対象とした指数。

購入する

iFree S&P500インデックス

(運用会社:大和投資信託)

S&P500指数 * (円換算ベース)と連動する投資成果をめざして運用を行う。
* 米国に上場されている代表的な500銘柄で構成された指数。

つみたてNISA

将来のためのコツコツ非課税投資! つみたてNISA

図:申込手数料0円、低い水準の信託報酬

※ 上図はあくまでもイメージであり、実際の信託報酬率を表したものではありません。

つみたて投資のコツ

早い時期にはじめて、長く続けよう!

図:例えば、運用利回りが年率3%の条件の下、65歳で1,000万円を目指す場合

※ グラフはシミュレーションであり、将来の運用成果をお約束するものではありません。数字は表示桁未満は四捨五入しています。
税金・手数料は考慮しておりません

毎月決まった日に自動で投資 してくれるので、
タイミングに悩むことはありません。

図:毎月決まった日に銀行口座から引落し

定期的に継続して購入することで リスクを分散 する効果が期待できます。

つみたてNISAをはじめたい方はこちら!

つみたてNISA専用ファンド・おすすめプラン

アクティブに投資したい方へ
投資対象 ファンド名 運用会社 分類 ファンドの特徴
国内
株式
〈つみたてNISA用〉つみたて日本株式(日経平均) 〈つみたてNISA用〉つみたて日本株式(日経平均) 三菱UFJ国際投信 インデックス わが国の株式を主要投資対象とし、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指して運用を行います。
ひふみプラス ひふみプラス レオス・キャピタルワークス アクティブ 国内外の上場株式の中から、市場価格が割安と考えられる銘柄を選別して長期的に投資します。
〈つみたてNISA用〉コモンズ30ファンド 〈つみたてNISA用〉コモンズ30ファンド コモンズ投信 アクティブ 国内外の30銘柄程度の企業に集中投資で高い運用成果をめざします。また、銘柄選択は、30年目線の長期的な視点で行います。
〈つみたてNISA用〉年金積立 Jグロース 〈つみたてNISA用〉年金積立 Jグロース 日興アセットマネジメント アクティブ 成長性が高く、株主への利益還元が期待できる株式に投資します。徹底したボトムアップ・リサーチで、勝ち組成長企業の選定を行ないます。
外国
株式
〈つみたてNISA用〉つみたて先進国株式 〈つみたてNISA用〉つみたて先進国株式 三菱UFJ国際投信 インデックス 日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉つみたて新興国株式 〈つみたてNISA用〉つみたて新興国株式 三菱UFJ国際投信 インデックス 新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉セゾン資産形成の達人ファンド 〈つみたてNISA用〉セゾン資産形成の達人ファンド セゾン投信 アクティブ 投資対象ファンドを通じて主として海外および日本の株式に幅広く分散投資します。市場の過熱により有望な投資先がないと判断した場合は、債券にも投資する場合があります。短期的な市場の動向ではなく投資対象の価値を重視して選別投資を行うことにより、長期的な資産形成に適したファンドをめざします。
〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用) 〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用) キャピタル・インターナショナル アクティブ キャピタル世界株式マザーファンド受益証券への投資を通じて、内外の投資信託証券に投資を行ない、実質的に世界各国の株式等へ分散投資をすることで信託財産の中長期的な成長を目指します。
〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンド 〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンド フィデリティ投信 アクティブ 米国の取引所に上場されている株式を主要な投資対象とします。個別企業分析により、国際的な優良企業や将来の優良企業に投資を行ないます。原則として外貨建資産の為替ヘッジは行ないません。
〈つみたてNISA用〉フィデリティ・欧州株・ファンド 〈つみたてNISA用〉フィデリティ・欧州株・ファンド フィデリティ投信 アクティブ 英国および欧州大陸の取引所に上場(これに準ずるものを含みます。)されている株式を主要な投資対象とします。個別企業分析により、優良企業を選定し、利益成長性等と比較して妥当と思われる株価水準で投資を行ないます。原則として外貨建資産の為替ヘッジは行ないません。
外国
バランス
〈つみたてNISA用〉つみたて4資産均等バランス 〈つみたてNISA用〉つみたて4資産均等バランス 三菱UFJ国際投信 インデックス 日本を含む先進国の株式および公社債の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉つみたて8資産均等バランス 〈つみたてNISA用〉つみたて8資産均等バランス 三菱UFJ国際投信 インデックス 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信 アクティブ 日本を含む世界各国の株式と債券に分散投資します。株式と債券の投資比率を原則50:50にすることで、リスクを抑えながら安定したリターンの獲得を目指します。
つみたてNISAをはじめたい方はこちら!
ファンド選びに迷われているかたはこちら!

投資信託の区分ごとの要件

インデックス投資 アクティブ投資
信託期限 信託期限が無期限又は20年以上
決算回数 毎月分配型を除く
運用実績 投資信託として5年以上の運用実績がある
資金流出入の状況 信託の設定以来、2/3の年数で資金流入超
規模(純資産) 50億円以上
販売手数料 販売手数料が不要(ノーロード投資)
信託報酬 国内資産のみに投資する場合:年0.50%以内(税抜き) 国内資産のみに投資する場合:年1.00%以内(税抜き)
海外資産も組み入れる場合:年0.75%以内(税抜き) 海外資産も組み入れる場合:年1.50%以内(税抜き)

おすすめ! 「つみたてNISAプラン(3コース)」

つみたてNISA アクティブに投資したい方へ 50

  • 世界株式 50%
  • 世界債券 50%
    〈つみたてNISA用〉セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

過去の運用実績

  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料はインデックスファンドと当プラン共に0%で計算しています。
    アクティブに投資したい方へ
  • ※インデックスファンドと当プランの比較がファンドの性質上、困難であるため、実績のみ掲載しております。

つみたてNISA 100(1銘柄)

  • 世界株式 100%
    〈つみたてNISA用〉キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用)

過去の運用実績

    アクティブに投資したい方へ アクティブに投資したい方へ
  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料は0%で計算しています。
  • ※インデックスファンドと当プランの比較がファンドの性質上、困難であるため、実績のみ掲載しております。

つみたてNISA 100(2銘柄)

  • 国内株式 50%
  • 海外株式 50%
    〈つみたてNISA用〉ひふみプラス〈つみたてNISA用〉フィデリティ・米国優良株・ファンド

インデックスファンドとの
過去の運用実績比較

  • 1:積立のシミュレーションにあたっては分配金再投資基準価額を使用しています。
  • 2:毎月末積立を行い、直近月末時点での評価額を計算しています。
  • 3:積立期間は当プラン採用ファンドの設定来から計算しています。ただしひふみプラスのみ欠けている期間はひふみ投信のデータで補完しています。
  • 4:積立金額は毎月3万円で計算しています。
  • 5:購入時手数料はインデックスファンドと当プラン共に0%で計算しています。
  • 6:インデックスファンドはJA TOPIXオープンとMSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオを使用しています。

つみたてNISA Q&A

NISAを選ぶポイント

■どんな商品を利用して投資をしたいのか?
『NISA』は投資信託以外に株・REIT等さまざまな商品に投資できます。
一方、『つみたてNISA』は、金融庁に届出を行った長期の積立による資産運用に向いた投資信託・ETFのみ投資ができます。
※「NISA」、「つみたてNISA」で当行が取り扱う商品は「公募株式投資信託」のみです。

■年間に投資する金額はどれくらいか?
NISAは年間に投資できる金額は年間120万円ですが、つみたてNISAは年間40万円までとなっています。
NISAの非課税投資枠を大きく活用したい場合は通常のNISAを、まずは少額からで始めてみたいという方は、「つみたてNISA」を活用してみてはいかがでしょうか。

■運用に対するスタンスは?
つみたてNISAは、積立投資による長期での資産形成を目的とした制度です。定期的に継続して購入することで、平均購入単価を引き下げる効果が期待できます。
このようなスタンスがご自身に合うということであれば、つみたてNISAを選択してみてはいかがでしょうか。

■メリット
運用できる商品があらかじめ限定されているので、投資する商品の選択時に迷いが少ない。
運用時にかかるコストが低い。

■デメリット アクティブに投資したい方へ
年間の投資上限金額はNISA120万円/年に対して、つみたてNISAは40万円/年と限定されている。(ただしトータルで運用できる金額は最大、NISA:600万円・つみたてNISA:800万円)

アクティブに投資したい方へ

FUND OF THE YEAR 2021 MORNINGSTAR AWARD 受賞ファンドの詳細はこちら

〈はまぎん〉資産運用パッケージ 窓口専用プラン

〈はまぎん〉資産運用パッケージ インターネット専用プラン

投資信託データ・ニュース配信サービス 投信Infoメール サービス詳細・ログインはこちら インターネットバンキング投資信託サービス限定

オンライン開催(参加費無料/事前申込制) 資産運用フェア2022 in 横浜 開催日時:2022年6月11日(土)10:00~6月19日(日)23:59

オンライン開催(参加費無料/事前申込制) 資産運用フェア2022 in 横浜 開催日時:2022年6月11日(土)10:00~6月19日(日)23:59

横浜銀行の投資信託の特長

これからはじめるお客さま

メリット1 いつもの銀行、いつもの窓口で相談できる

メリット2 インターネットで口座開設・お取り引きができる

メリット3 インターネットバンキングなら、お申込手数料10%キャッシュバック

投資信託は、将来の資産づくりが期待できる金融商品

 さまざまなライフイベント:就職、結婚、マイホーム、出産、教育、退職、セカンドライフ、相続。私たちを取り巻く環境:低金利、物価上昇、少子高齢化、年金問題、人生100年時代、財政赤字。現在:「将来にそなえて今のうちから投資信託で資産づくりしよう!」投資、投資信託 (ファンド)から分散投資、さまざまな投資対象(国内、海外:債券、株式、リート等)投資先は専門家が選定。運用による損益・分配金等、将来、「あのとき、投資信託を はじめてよかった!」※投資信託は、元本・分配金が保証された商品ではなく、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。

投資信託での資産づくりをおすすめする理由

理由1 少額から投資できる

株の場合、1社の株を買うのに 数十万円必要なことも。投資信託の場合、1万円程度から投資可能。

理由2 専門家が運用してくれる

理由3 分散投資ができる

タマゴはひとつのカゴに盛るな。タマゴはひとつのカゴに盛るよりも、複数のカゴに盛った方が、ひとつのカゴを落とした時の影響は少なくて済みます。

投資信託における各社の役割と資金の流れ

お客さまが投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)にお申込金。投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)がお客さまに、分配金/ 償還金等。投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)は、お客さまからのお申し込みを受け付けるほか、運用の相談を承ります。投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)から信託財産の運用をしている投資信託委託会社にお申込金。信託財産の運用をしている投資信託委託会社から投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)に、分配金/償還金等。信託財産の運用をしている投資信託委託会社は、信託財産(ファンド) を運用します。運用の指示を受託会社に出します。信託財産の運用をしている投資信託委託会社から信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)に、信託金/運用の指図。信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)から信託財産の運用をしている投資信託委託会社に、運用成果。信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)は、信託財産の保管と管理をおこないます。委託会社の指示に従い証券市場で 売買事務をおこないます。信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)から証券市場等に、投資。証券市場等から信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)に、運用成果。

今、どんなファンドをお持ちですか?それともまったく初めてですか?

イメージ図

投資対象ごとでリスク・リターンは異なります

グラフイメージ図。縦軸、リターン大小。横軸、リスク大小。リターン小、リスク小から、国内債券、先進国債券、新興国債券、先進国リート、新興国リート、国内リート、国内株式、先進国株式、新興国株式。それらが投資信託。

投資対象を知る

窓口で購入

投資信託口座開設申込サービスで購入

インターネットバンキングで購入

ファンドをさがす

分類:バランス

おすすめファンド

口座開設の流れ

STEP1 確認書類をご準備ください。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カードと運転免許証

STEP2 「スマホで完結 投資信託口座開設申込サービス」ボタンより、「投資信託口座開設申込サービス」画面へお進みください。

STEP3 お客さまの状況に合わせて、ボタンを選択してください。

STEP4 口座情報を入力してください。

STEP5 暗証番号・確認パスワードを入力してください。

STEP6 確認書類情報を入力してください。

STEP7 受付完了後、最短2営業日以内に口座開設完了メールまたは開設不可メールがとどきます。

税務署での確認の結果、他金融機関にてすでにNISA口座を開設されている等の理由により、当行でNISA口座を開設できない場合は、NISA口座を無効とする手続きをおこない、ご連絡いたします。
税務署での確認は、2~3週間程度かかります。
つみたてNISAをご契約の場合、初回引き落とし日は、税務署での確認後となります。

インターネットバンキングで投資信託をはじめる

来店不要、インターネットバンキングで24時間お取引、お申込手数料10%キャッシュバック

お申込手数料の10% キャッシュバック。インターネットバンキングで株式投資信託を1取引につき10万円以上購入されると、お支払いになったお申込手数料(税別)の10%をキャッシュバック

投資信託手数料キャッシュバックのご案内

  • 投資信託のお申し込みにあたっては、当行所定の申込手数料がかかるほか、保有期間中は信託報酬がかかります。
  • また、一部のファンドは換金時に信託財産留保額が基準価額から差し引かれます。
  • 投資信託は預金商品ではなく、元本の保証はありません。
  • 投資信託の基準価額は、組入れ有価証券等の値動きにより変動するため、換金時のお受け取り額が投資元本を割り込むリスクがあります。
  • 外貨建て資産に投資するものは、この他に通貨の価格変動により基準価額が変動するため、換金時のお受け取り額が投資元本を割り込むリスクがあります。
  • これらのリスクはお客さまご自身が負担することとなります。
キャッシュバック対象となるお客さま

〈はまぎん〉マイダイレクトをご利用中のお客さま

キャッシュバック対象の条件
  • 投信自動積立の場合は、5,000円以上購入されたお客さまが対象となります。
  • 対象となる株式投資信託は、対象ファンド一覧でご確認ください。
キャッシュバック方法
  • 入金日にマイダイレクト代表口座が解約されている場合は、対象となりません。
  • キャッシュバックの金額は実際にお支払いになったお申込手数料額の10%(1円未満切り捨て)となります。消費税相当額はキャッシュバックの対象とはなりません。

お取扱時間

お取り引き開始までの流れ

STEP1 インターネットバンキングで投資信託のお取り引きをはじめるにあたり、初回のみ利用設定が必要です

STEP2 投資信託口座・投資信託の指定預金口座が、代表口座・サービス利用口座と同一のお取り引き店に開設されていない場合のみ 投資信託口座を開設されているお取り引き店の円貨預金口座または投資信託口座の指定預金口座をサービス利用口座に追加する

STEP3 投資信託サービスを「利用する」に変更

STEP2の操作が完了した後、インターネットバンキングにログインし、上部メニュー「投資信託 外貨預金 国債」の「投資信託・外貨預金サービスの利用設定」から投資信託サービスを「利用する」に変更してください。当日からお取り引きが可能となります。

投資信託口座を開設されるお客さまへ

インターネットバンキングで投資信託口座を開設されるには〈はまぎん〉マイダイレクトのご契約が必要です。

STEP1 インターネットバンキングにログイン
STEP2 投資信託サービスを「利用する」に変更

上部メニュー「投資信託 外貨預金 国債」の「投資信託・外貨預金サービスの利用設定」から投資信託サービスを「利用する」に変更してください。

STEP3 投資信託口座を開設する

上部メニュー「投資信託 外貨預金 国債」の「投資信託サービス」を選択のうえ、「投信口座開設」ボタンをクリックしてください。

STEP4 同意のご確認とお客さま情報のご入力
STEP5 本人確認資料を同封のうえ、ご返送ください。
STEP6 お取り引き開始

ご返送から約1週間後、インターネットバンキングにログイン後、上部メニュー「投資信託 外貨預金 国債」の「投資信託サービス」から、お取り引きください。

投資信託・投信積立

投資信託 初心者コーナー Q&A

投資信託

メリット

毎日つみたて

マネックス証券の投資信託なら

購入時申込手数料がすべて無料(ノーロード)

購入時申込手数料がすべて無料(ノーロード)

100円からつみたて可能

100円からつみたて可能

豊富なラインナップ

豊富なラインナップ

おトクなポイントサービス「マネックスポイント」

マネックスポイント

投資信託を探す

週間ランキング

月間ランキング

分配金利回りランキング

新規取扱ファンド

マネックス証券のおすすめファンド

マネックス・シリーズ

投資信託関連商品・サービス

外貨建てMMF

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる